葬儀の用語集|「葬儀の口コミ」 サイトマップ

気になるキーワード

【は】で始まるキーワード

  • 箸渡し(はしわたし)

    死者を火葬した後に、骨壷へお骨を竹や木の箸で収骨する方法の事です。

  • 般若心経(はんにゃしんぎょう)

    大乗仏教の空・般若思想を説いた般若経の経典の事です。正式名称「般若波羅蜜多心経」という。

【ひ】で始まるキーワード

  • 彼岸会(ひがんえ)

    一般的に言われている「お彼岸」の事です。
    彼岸の期間中には各寺院が彼岸会の法要を営み、また人々は先祖の墓に詣で、家庭では彼岸団子やおはぎを作って仏壇に供え、先祖の供養を行います。

  • 引き出物(ひきでもの)

    法事で御招きしたお客様に施主から贈る物。

  • 百か日(ひゃっかにち)

    命日から数えて100日目の法事の事です。四十九日一周忌法要の間にある重要な法事です。

【ふ】で始まるキーワード

  • 袱紗(ふくさ)

    香典など不祝儀袋を包むのに使う、贈物を包む布の事です。

  • 布施(ふせ)

    仏や僧・貧者に、衣服・食物などの品物や金銭などを施し与える事です。

  • 仏陀(ぶっだ)

    仏教用語で、目覚めた者、悟ったものの意味の事です。

  • 仏壇(ぶつだん)

    一般家屋の中に常設された、仏教の礼拝施設で、仏像や祖先の位牌を安置する厨子(ずし)の事です。 仏壇(ぶつだん)とは、どこで行うの?
    仏壇は自宅に置きます。
    仏壇(ぶつだん)の用意は、誰がするの?
    仏壇の購入は、葬儀社や僧侶は介さずに、自分で購入・購入手配するのが一般的です。
    仏壇(ぶつだん)の費用は、いくらぐらい?
    仏壇の相場はピンキリですが、最近では10万円前後の仏壇を購入する人が増えているようです。

  • 仏飯(ぶっぱん)

    仏壇に供える炊き立ての御飯の事です。仏飯は、朝お供えして昼下げるのが一般的です。

  • プロテスタント(ぷろてすたんと)

    16世紀にルターの宗経改革でローマ教会に反抗して成立した教会の事です。

  • 分骨(ぶんこつ)

    死者の骨を二ヶ所以上に分けて納める事です。

【ほ】で始まるキーワード

  • 法号(ほうごう)

    日蓮宗での呼び方で、僧が死者につける名前の事です。
    本来、法号は二字でしたが、それに院号や道号、日号などを加えて現在のような様式になってきました。

  • 法事(ほうじ)

    一般的に法要の事を指す意味で使います。
    厳密には、お経をあげてもらう追善供養の事を「法要」と呼び、後席の会食まで含むものを「法事」と言います。

  • 奉書紙(ほうしょし)

    中世以来使われている、弔辞の用紙として多く使われている"こうぞ紙"の事です。

  • 法名軸(ほうみょうじく)

    真宗で使われている法名がかかれたものを軸表装にした物の事です。命日や年忌法要に取り出し、故人を偲ぶために仏壇内部の左側にかけます。

  • 墓誌(ぼし)

    時代が移っても、墓の主が誰かかを明らかにする墓碑銘の事です。

  • 墓石(ぼせき)

    寺院の墓地や、霊園のお墓の石の事を指します。

  • 菩提寺(ぼだいじ)

    代々その寺の宗旨帰依して、先祖の位牌を納めてある寺の事です。

  • 墓地・霊園(ぼち・れいえん)

    死者を埋葬して墓を作るところの事を指します。

  • 本山(ほんざん)

    江戸時代に宗流制度が確立し、定められた一宗一派の宗務を統括する寺院の事です。

  • 本葬(ほんそう)

    仮葬儀や密葬をとりあえず済ませ、後に行う正式な葬儀の事です。

  • 本尊(ほんぞん)

    一般的に、寺院などで、礼拝の対象として安置される、最も主要な仏像・菩薩像の事です。