葬儀のニュース|「葬儀の口コミ」 サイトマップ

意外と知らない「通夜」と「告別式」の違い

意外と知らない「通夜」と「告別式」の違い

一度は耳にしたことはある「通夜」「告別式」ですが、どのような違いがあるのでしょうか?

「通夜」は、親族や親類、そして縁者が集まり、故人との最後の夜を過ごすことを言います。以前は夜通し行われていたのですが、最近では18時から一時間ほどの通夜を行う、「半通夜」が多くなってきました。

故人が本当に亡くなったのか「死の確認」をするために夜通し行って確認していたことが形式化したとの一説もあります。

「告別式」は、故人の友人や知人が最期の別れをするための儀式です。本来は遺骨を墓地に埋葬する際に行われていた儀式でしたが、足を運ぶことの不便さや生活習慣の変化に伴って、葬儀と一緒に行われることになりました。


さて参列するのは「通夜」「告別式」どちらがいいのか?

ひと昔前は「通夜は身内だけ」「一般の弔問客は告別式」などと言われていましたが、仕事の都合などによって参列できないことも多くあるため、あまり気にすることはありません。もし「通夜」「告別式」のどちらに参列すべきなのかを迷われているなら、故人との“親交の深さ”によって、どちらに参列すべきかを検討するとよいでしょう。親交が深かった場合は、「通夜」「告別式」両方に参列しても問題ありません。またはどちらか一方でも構いません。

特に深い親交もなく、例えば会社の同僚の祖父母が亡くなったなどの場合は、「通夜」に参列するとよいでしょう。「通夜」に参列できない場合は「告別式」に参列しましょう。

コメントを閲覧する

コメントする