家族葬とは?家族葬のメリットデメリットを一挙公開

最新編集日:2022年03月14日

家族葬とは?家族葬のメリットデメリットを一挙公開

「家族葬」
インターネットなどで安価な値段で紹介されていることから、漠然と「うちもいざとなったら家族葬で」と思っていませんか?
しかし、その内容をきちんと知らないと、想像していた葬儀とは全く違うモノになり、後悔することに。
たった一回の葬儀で後悔することのないよう、ここでは家族葬とは何か、メリットやデメリット、注意点を紹介します。

  

火葬式(直葬)

火葬式(直葬)

火葬式(直葬)とは、家族葬の中でも最も簡素な形で行われるものです。

祭壇を飾ったり、お経を読んでもらったりするなどの儀式的なことは行わずに、亡くなった場所から安置場所、安置場所から火葬場に直行をして火葬を行います。

儀式的なことをしないため費用が抑えられ、時間的な負担も少なくないのが火葬式(直葬)の特徴です。
故人の身寄りが少ない場合(~5人程度)や、経済的余裕があまりない方によく選ばれています。

一日葬

一日葬

一日葬とは、通夜を行わずに、葬儀・火葬とを一日のみで行う葬儀です。

火葬式では少し寂しいけれども、負担を少し抑えたいという場合によく選ばれています。
通夜を行わない分、費用・時間の負担を軽減しつつも、しっかりと見送りの時間が取れるのが一日葬の特徴です。

二日葬

二日葬

二日葬とは、従来の葬儀形式通り、通夜・葬儀・告別式・火葬を二日間にかけて行う葬儀です。

家族だけで2日間かけてゆっくりとお別れの時間を過ごすことができます。
通夜の宗教的な意味合いを重視する方、ゆっくりとお別れの時間を過ごしたいという方に選ばれています。


大きく3種類の「家族葬」を紹介しました。
あなたがイメージしている家族葬はどれだったでしょうか?
一口に家族葬と言っても、様々なパターンがあります。どんな葬儀を行いたいのかを明確にして、葬儀社に伝えましょう。

家族葬のメリット

家族葬のメリット

それでは、家族葬のメリットを紹介します。

費用や時間の負担が少ない

家族葬では、費用や時間の負担が少なくなります。

葬儀費用は、参列者が多くなればなるほど、香典返しや飲食代の費用が大きくなります。
ま規模の大きい葬儀だと、大きな式場を借りたり大きな祭壇を飾る必要があるためその費用も当然かかります。
しかし家族葬であれば人数が少なく小規模になるため、比較的費用の負担を抑える事ができるのです。

また規模が大きければ、参列者への挨拶などもあり、比較的喪主が拘束される時間が長くなります。
しかし家族葬では、長時間拘束される心配はありません。
火葬式や一日葬の場合には、特に時間的負担は小さくなります。

参列者に気を遣わず気兼ねなく過ごせる

参列者を呼んでの葬儀となると、来てくださった方に挨拶をしたり、受付や会計の人を置いたり......とかなり気を遣います。

しかし家族葬では、身内や比較的近しい方々のみなので、気を遣っての形式的な挨拶などは必要ありません。
気兼ねなくお別れの時間を過ごすことができます。

事前準備の負担も軽減される

参列者を呼ぶとなると、失礼のないようにしっかりと準備をする必要があり、香典返しや料理を決めたりと諸々の事前準備に時間や頭を割かなければなりません。
また故人の関係者への連絡を行ったり、葬儀社と参列人数についての連絡を行ったりと、大切な方が亡くなって精神的につらい中でも相当な負担がかかります。

家族葬であれば、がちがちに準備を整える必要もなく、精神的につらい葬儀までの時間を比較的ゆっくりと過ごせます。

家族葬のデメリット

家族葬のデメリット

メリットも多い家族葬ですが、もちろんデメリットもあります。

葬儀後に対応に追われる

家族や親族だけで葬儀を行った後に、知人や関係者に亡くなったことを連絡すると、
後日になって自宅へ弔問にいらっしゃる人や、郵送で香典を送られる方もいます。

葬儀に招いていれば、その当日だけで済む弔問客の対応。
家族葬にしただけで、相続や遺品整理の手続きなどで忙しい葬儀後にバラバラのタイミングで対応しなければならなくなる可能性も。

これを防ぐためには、葬儀前に訃報をお知らせし「弔問や香典、供花などは辞退する」ことをしっかり伝える必要があります。

親族とのトラブルの可能性

葬儀に対して、伝統的な考え方を重んじる親族がいた場合、家族葬にしたことに対して文句を言われるなどのトラブルになることも。
特に火葬式や一日葬の場合、宗教的な考えや伝統を重んじる方からは理解が得られにくいです。

葬儀の内容を決める権利は喪主にありますが、事前にしっかり相談をしておくことをオススメします。

自分の葬儀のせいで親族の関係にひびが入るは、故人としても浮かばれませんし、遺族としても気持ちの良いものではありません。

思ったよりも費用が安くならない

参列者を招いての葬儀の場合、いただいた香典を葬儀費用に充てることができます。

家族葬はそもそもかかる総額が少ない分、費用の負担は軽減されますが、香典がないためそのほぼ全てを負担しなければなりません。

参列者を招いて総額が大きくなっても、香典収入でまかなった結果、結局実質負担する金額はそこまで変わらない場合があります。
そのため単純に「費用が安くなるから」という理由だけで家族葬を選ぶ際には、少し検討をしてみてください。

家族葬はこんな人にオススメ

家族葬はこんな人にオススメ

家族葬とはなにか、そのメリットとデメリットを紹介しました。
これらを考慮に入れると家族葬は次のような方にオススメです。

・故人が高齢で、関係性のある方が少なくなっている
・火葬式や一日葬で費用や時間の負担を軽減したい
・親族の理解が得られる

反対に、故人がまだ若く関係性のある方が多い場合、家族葬はオススメできません。
※2020年以降、新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、故人の顔が広かった場合でも人をたくさん招いての葬儀は行わず、家族だけで見送ることが多くなっています。

家族葬については葬儀社に相談を

家族葬については葬儀社に相談を

「家族葬」=「安くて楽」
そのようなイメージだけで家族葬にしようとしている方は要注意です。
デメリットとして紹介した通り、一概に「安くて楽」とは言いきれません。

故人の生前の人間関係や、葬儀費用の予算、故人の生前の希望などがあれば、それらを総合して家族葬にするか、広く人を呼ぶかを判断しましょう。

どうしても判断がつかない場合には、状況を正直に葬儀社に話して相談をしてみましょう。
葬儀社はこれまで様々なケースを経験しているので、あなたの状況に合わせて提案をしてくれます。

「葬儀の口コミ」では、経験豊富でなんでも相談できる葬儀社を多数紹介しています。
葬儀を行う地域に近い葬儀社、口コミ・評判のいい葬儀社を選んで相談をしてみましょう。

この記事を書いた人

亀井 洋一 (葬儀の口コミ編集部)

東京都出身。親の葬儀を経験したことで葬儀業界に興味をもち、大学を卒業後葬儀社で勤務。10年の現場経験を経て、退職。
消費者に有益な情報を届けたいという想いから、現在「葬儀の口コミ」を運営している。

【知らなきゃ損】葬儀の情報一覧

トップ画像 亡くなってから葬儀までの日数と葬儀の流れを解説!葬儀まで1週間かかるって本当? この記事では ・亡くなってから葬儀までの日数 ・亡くなってから葬儀までが長時間の場合どうするのか について書いています。 皆さんは、亡くなってから葬儀まではどのくらいの日数がかかるか知っていますか? 地域や時期の差もありますが、ところによっては1週間以上か...(続きを読む トップ画像 コロナで亡くなっても普通の葬儀が可能に。納体袋も不要。厚労省ガイドラインを見直し。 1月6日、「コロナで亡くなった方の葬儀に関するガイドライン」が改訂されました。 このガイドラインの改定により、コロナで亡くなった方でも納体袋に収めずに普通に葬儀ができるようになっていきます。 詳しく見ていきましょう。...(続きを読む トップ画像 「葬儀しない、墓もいらない」ときの供養の方法とは?遺族への頼み方・お墓を持たない方法を解説。 この記事では、 ・自分の葬儀をシンプルにしたい人 ・葬儀も墓も要らないとき、家族への伝え方が分からない人 ・お墓を持たずに供養する方法 について書いています。 日本の葬儀の平均費用は約190万円と言われています。 親族をはじめ、友人や会社関係の人まで参列...(続きを読む トップ画像 喪中の読み方、意味とは?忌中と喪中の違い、やってはいけないこと この記事では、 ・喪中・忌中の読み方と意味 ・喪中と忌中の違いについて ・喪中・忌中の間にやってはいけないこと ・喪中はがきの出し方 について紹介しています。 「喪中」や「忌中」という言葉は知っていても、 どのような意味なのか、どのように過ごせばいいの...(続きを読む トップ画像 戒名を付けるお金がないときどうする?戒名なしでの葬儀、安く戒名を付ける方法を解説 この記事は、 「戒名を付けるお金がないとき、どのような対処ができるのか」 「戒名を付けずに荼毘に付すことはできるのか」 「安く戒名を付けることはできるのか」 という疑問にお答えします。 戒名を付けるにはまとまったお金を僧侶にお支払いしなければなりません。 ...(続きを読む トップ画像 【解説】火葬場に行ってはいけない人とは?火葬に参列できるのはどこまで? 葬儀のあとに故人を荼毘にふす火葬場。 実は火葬場には誰でも入れるわけではありません。 火葬場に入れる人と入れない人がいることを知っているでしょうか。 この記事では、 ・火葬場に行ってはいけない人は誰か ・火葬場に行ってはいけない理由とは何か ・火葬場に参...(続きを読む トップ画像 喪服はしまむらで安く買える!お手頃でマナーを守ったアイテムを紹介【靴・小物もOK】 葬儀のお知らせは突然入ります。 昔購入した喪服が入らなかったり、持っていなかったりすると、早急に喪服を購入しなければなりません。 でも喪服ってなかなか高価で出費も痛いですよね…。 そこで、喪服を調達するのにオススメなのが「しまむら」です! 今回は、しまむ...(続きを読む トップ画像 喪服にタイツはOK!女性用喪服の足元マナー、最適なストッキングのデニール数は? 葬儀に参列するとなると、悩んでしまいがちな葬儀の足元マナー。 タイツやストッキングを履いていいのか、どのような色やデニールにしたらいいのか、マナーを守った服装を選ぶのは難しいですよね。 結論から言うと、葬儀にタイツは着用OKです。 今回は、 「葬儀にタイ...(続きを読む トップ画像 亡くなる前の兆候は目に現れる!そのとき家族ができること。後悔しない別れをするには 大切な人とのお別れはだれでも悲しいものです。 目が濁る・手が冷たくなるなど、人は亡くなる前になるといくつかの変化や予兆が見られる場合があります。 予兆の現れ方などを知っておくことで、心の準備や今できることがわかります。 この記事では、 「人が亡くなる前の兆候...(続きを読む トップ画像 葬儀費用の平均と安く抑える方法7選!誰が負担するのか、払えないときの対処法まで この記事は、 「葬儀の平均費用について知りたい」 「葬儀の費用を抑える方法について知りたい」 という方に向けて書いています。 葬儀社から見積もりを取ったものの、その金額か妥当かなかなか分かりづらいですよね。 今回は葬儀の平均費用と葬儀費用の抑え方も紹介しま...(続きを読む
▶すべての記事を見る