葬儀費用が払えないときどうする?|葬儀費用を抑えるコツも紹介

最新編集日:2021年08月22日

葬儀費用が払えないときどうする?|葬儀費用を抑えるコツも紹介

「家族が亡くなったけど、葬儀費用が払えない」
家族が亡くなり、葬儀を行うとなると、まとまった費用が必要になります。葬儀費用相場は最近下がりつつあるものの、数十万~数百万円はかかってしまいます。

そんな金額を用意できそうにない場合には、どうしたらいいのでしょうか?
この記事では、葬儀費用が払えない時の対処法について紹介します。

葬儀費用っていくらぐらい?

葬儀費用の平均額は、121万円と言われています。(※第11回「葬儀についてのアンケート調査」日本消費者協会)
家族葬なども増えているので、この平均値よりは低価格で収まることが多いですが、とはいえ100万円前後はかかります。
「火葬のみ」でも20~30万円ほどはかかるものです。

これだけのまとまったお金を急に用意するのは、難しい。そんな出費だと生活が苦しくなってしまう。
そのような場合でも安心してください。対処法を紹介します。

葬祭扶助制度を利用する

葬祭扶助制度とは、喪主が生活保護を受給しているなど、経済的に困窮状態にある場合や、故人に身寄りがなく葬儀費用が出せない場合などでも、必要最低限の葬儀を行えるよう、国が葬儀費用を負担してくれる制度です。

「生活保護葬」とも呼ばれ、生活保護法18条で定められています。
遺族が最低限度の生活を維持できないレベルで困窮をしている、故人に身寄りがおらず、家主や民生委員さんなどが葬儀を行う場合などに利用できるとされています。

しかし生活保護を受給していれば必ず利用できるわけではありません。
もし、故人や喪主になる人が生活保護を受けていたとしても、家族や親族が葬儀費用を準備できると判断された場合には利用することができません。

生活保護葬では火葬のみしか行えませんが、自己負担なしで最低限の弔いをすることができます。

関連する記事関連記事画像「生活保護でも葬儀できる?」自己負担”0円”の生活保護葬とは「生活保護を受給していて、葬儀代が払えない」 「故人が生活保護受給者だった」 という場合でも、葬儀を行える制度があるのを知っていますか? 日本では、人が亡くなったら適切に火葬・埋葬を行うことが義務付けられているので、どんなにお金がない方でもきちんと行え...(続きを読む

葬儀ローンを利用する

葬儀社によっては、クレジットカード会社などと連携をして「葬儀ローン」という形で借り入れを行えるところもあります。
対応できるか否か、分割手数料や金利についてはよく確認しましょう。

クレジットカードで支払う

クレジットカードに対応している葬儀社であれば、クレジットカード払いも検討しましょう。
クレジットカードであれば、分割払いやボーナス払い、リボ払いなどが審査なしで利用できます。
またポイントもつくというメリットも。
最近ではクレジットカード払いに対応している葬儀社も増えてきているので、確認してみましょう。

カードローンを利用する

カードローンを利用する、という選択肢もあります。葬儀用に作られた葬儀ローンと違って使い道が自由なので、葬儀後にかかる墓や仏壇などの諸経費にも利用できます。
また葬儀ローンに対応していない葬儀社でも利用できる点もメリットです。
こちらも金利や手数料などをよく確認しましょう。

故人の口座から「預貯金仮払い制度」を利用して支払う

故人の口座にお金が残っている場合、そのお金を使って葬儀費用を払えばいい、と考える方もたくさんいますが、注意が必要です。
家族が亡くなった時点「相続」という問題が発生します。故人の口座に入っているお金は故人の財産。相続の対象になり、勝手に好きなだけ引き出せるわけではありません。

その制限などが決められているのが「預貯金仮払い制度」です。この制度により、一定額までは他の相続人の同意が得られていない状態でも引き出せるようになっています。
もし故人に預貯金が残っている場合には、この制度を利用して葬儀費用に充てることも検討しましょう。

関連する記事関連記事画像故人の銀行口座から葬儀費用を引き出すには?|葬儀代の足しにしてもいいの?「葬儀費用を故人の口座から出したい」 そう思う方に向けて、葬儀費用を故人の口座から引き出す方法、その注意点について解説します。 葬儀費用は、結婚式などと違って突然用意しなければならず、自分で用意するのは大変。入院などしていたらその治療費や入院費もかかってくること...(続きを読む

死亡保険金で支払う

故人が死亡保険などに加入しており、保険金が入る場合にはそちらを利用することもできます。
しかし、保険金が支払われるまでには時間がかかり、葬儀費用の支払に間に合わないことも。
その場合には、カードローンなどを利用して借り入れをして葬儀費用を支払い、保険金が入ったらすぐに返済をします。
すぐに返済をすれば、金利や手数料などがあまりかからずに済みます。

支給される葬祭費で補填する

国民健康保険や後期高齢者医療保険に加入していた方が亡くなった場合、申請により自治体から5万~7万円ほど支給されます。(自治体によって異なり、東京23区は7万円、その他地域では5万円が多いです。)
また企業などの社会保険に加入していた場合でも、5万円前後をもらうことができます。
こちらも葬儀後に申請を行い、支給までに時間がかかる可能性があるので、まずはローンなどで借り入れをしてから後から補填する、ということになります。

関連する記事関連記事画像【知らなきゃ損】お金がもらえる?火葬代が戻ってくる給付金制度葬儀にかかったお金の一部を国や自治体が喪主に支給してくれる制度があることはご存知でしょうか? 少しでもお金が返ってくるのは嬉しいことですよね 今回は「葬祭費給付金制度」というものについて紹介したいと思います。これを申請することで、火葬代程度の金額は戻ってくることにな...(続きを読む

葬儀費用を抑えるには?

そもそも葬儀費用をできるだけ抑えるにはどうしたらいいのでしょうか?
いくつか方法を紹介します。

市民葬・区民葬を利用する

市民葬・区民葬とは、自治体と協定を結んだ葬儀社が葬儀サービスを提供する制度です。
住民の負担軽減を目的とした制度で、あらかじめ自治体と協定を結んだ費用体系で葬儀を行うため、比較的費用負担を抑える事ができます。

関連する記事関連記事画像安く葬儀ができる!?市民葬・区民葬頼む前にメリットデメリットを知っておこう市民葬・区民葬とは、各自治体が葬儀社と提携して葬儀を行う制度です。比較的低価格で葬儀を行うことができます。住民の経済的負担を軽減することを目的としたこの制度。しかし必ずしも「最低価格」で利用できるという訳ではありません。 「低価格で葬儀ができる」というイメージだけで選...(続きを読む

火葬式(直葬)を行う

通夜や告別式などを行わずに、火葬のみを行う「火葬式(直葬)」という葬儀形式にすると、費用はかなり抑えられます。
葬儀社の火葬式プランは約10万円~25万円ほど、そこに火葬料金や安置料などを追加しておおよそ15~30万円ほどの負担になります。

関連する記事関連記事画像「直葬(火葬式)」とは?メリットデメリット一覧葬儀といえば通夜・葬儀・告別式・火葬を行うのが一般的でしたが、最近では「直葬」というものを耳にすることも増えてきました。 人があまり集まらず、短時間で行えることから、コロナ禍では直葬を選択する人も急増していました。 葬儀社のホームページなどで「直葬プラン15万~...(続きを読む

一日葬を行う

火葬だけではちょっと寂しい、という場合には「一日葬」がオススメです。
通夜を行わずに、一日で葬儀を終えます。通夜後の料理などの費用がかからないため、通常の二日葬を行うより費用を抑えられます。

まとめ

葬儀費用を払えない時の対処法と、葬儀費用を抑える方法を紹介しました。
葬儀費用をどうしても払えない場合には
・葬祭扶助(生活保護葬)を利用する
・葬儀ローンを利用する
・クレジットカードで支払う
・カードローンを利用する
・「預貯金仮払い制度」を利用する
・保険金から充当する
・葬祭費から充当する

葬儀費用を抑えるには
・市民葬/区民葬を利用する
・火葬式(直葬)を行う
・一日葬を行う

日本では、お金がなく場合でもきちんと弔いができる制度がきちんと整っています。
葬儀社や自治体に相談をすれば「お金がないから葬儀ができない」ということはありませんので、安心してください。
時々「親の葬儀代が払えないから、遺体を放置してしまった」なんて事件もあります。そんなことにならないよう、まずは相談をすることが重要です。

この記事を書いた人

亀井 洋一

東京都出身。親の葬儀を経験したことで葬儀業界に興味をもち、大学を卒業後葬儀社で勤務。10年の現場経験を経て、退職。
消費者に有益な情報を届けたいという想いから、現在「葬儀の口コミ」を運営している。

【知らなきゃ損】葬儀の情報一覧

トップ画像家族葬・葬儀の見積書を見ても理解できない!見積りを簡単に比較する方法少し前までは「葬儀の事前準備をするなんて不謹慎な!」という方も多くいらっしゃいましたが、「終活」という言葉も生まれ、事前に葬儀の相談をするのが当たり前の時代になりました。 ただ、数社から葬儀社から見積書を取り寄せたのはいいが「何を比較すれば良いかわからない」「どの...(続きを読むトップ画像【業界激震】東京23区で火葬場に直接葬儀を依頼できるようにー東京博善と公益社が提携通常、火葬場を利用する際には葬儀社に依頼をする必要があり、火葬場に連絡をしても「葬儀社さんを通してください」と言われることがほとんどです。 しかし2022年7月から東京23区内の6つの火葬場で、火葬場に直接連絡をしても葬儀を行うことができるようになります。 どう...(続きを読むトップ画像葬儀社をキャンセルするとキャンセル料がかかる?大切な方が亡くなって慌てて葬儀社に搬送をお願いしたけど、出してもらった見積もりが高かった......。 そこで葬儀社をキャンセルしたいと思ったときに気になるのが、キャンセル料を取られるのか、そもそもキャンセルができるのかどうかではないでしょうか。 この記事では葬...(続きを読むトップ画像葬儀社を始めるのに許可はいらない?葬儀社を認可制にする動き特別な資格が必要な葬儀社ですが、実は認可制・届け出制ではないことをご存知でしょうか? そのため実際に葬儀社がどのくらいあるのかが分からなかったり、災害時や今回のコロナ禍などに情報伝達がうまくいかないことも。 そこで葬儀社を届け出制にする、という動きが少しずつ始ま...(続きを読むトップ画像2021年の葬儀から見る「今年の葬儀の決め方」2022年になり、既に1か月が経ちました。未だコロナの脅威は衰えず、思ったように行動できない日々を過ごしていることと思います。 今回は2021年を振り返り、去年の葬儀形式のトレンド、今後葬儀業界がどうなっていくかを調査していきましょう。なお、今回の調査は過去1年の当社...(続きを読むトップ画像親の葬儀に参列しないのは非常識?どうしても参列できない時の対処法血のつながった親でも、何らかの理由で葬儀に参列できない、したくないこともあるかもしれません。 その時にはどのように対処したらいいでしょうか? 親の葬儀に参列しない例や、その時の対処法についてご紹介します。...(続きを読むトップ画像日本初の映画葬「さらば!千葉真一」お別れ会の概要と運営会社をご紹介2022年1月22日(土)、東京都港区「増上寺 光摂殿」にて映画俳優の千葉真一さん(享年82)のお別れ会が開かれました。 『さらば!千葉真一』と名付けられ、過去の映像や写真がふんだんに映し出されたお別れ会。 その概要と、そんなお別れ会を実現した運営会社「株式会社セロ...(続きを読むトップ画像雪が降ったら葬儀はどうなる?今年も1月に雪が降りました。 雪が降ると公共交通機関や道路状況に様々な影響が及びます。 葬儀当日に雪が降った場合にはどのような影響があるのでしょうか? 雪が葬儀に及ぼす影響や対処法、葬儀に参列する際の注意点などをご紹介します。...(続きを読むトップ画像震災が起きたら葬儀はどうなる?東日本から約11年目東日本大震災から約11年が経とうとしています。 この震災では約16,000人が亡くなり、約2000人もの方がいまだに行方不明です。 震災の時には、様々な部分で混乱が生じますが葬儀も例外ではありません。 同時に多くの方が亡くなる大震災。その時葬儀や火葬はどのよう...(続きを読むトップ画像遺言書の強制力は?葬儀について書かれてたらどうする?亡くなる前に故人が残した遺言書。 それにはどのくらいの効力があるのか、遺言書に書かれている内容に従わなかった時にどうなるのか、気になる方が多いのではないでしょうか。 ここでは遺言書の強制力について葬儀について書かれていた場合なども含めて詳しく解説していきます。...(続きを読む
▶すべての記事を見る