【救急車と警察どっちを呼ぶ?】自宅で家族が亡くなったときの流れと対処法

最新編集日:2022年03月15日

【救急車と警察どっちを呼ぶ?】自宅で家族が亡くなったときの流れと対処法

日本人の8割が病院で亡くなると言われていますが、ときに入浴中の事故や、突然の発作などで自宅で亡くなることも。
「朝起きたら亡くなっていた」
「お風呂で突然の発作で亡くなった」

そんな時には救急車を呼ぶべきなのか?警察を呼ぶべきなのか?動かしてもいいのか?など混乱してしまうものです。

その時の対応を間違えてしまうと、下手したら殺人の疑いをかけられてしまう可能性もあります。
万が一のことがあった時に困らないよう、自宅でご家族が亡くなったときの対処法をご紹介します。

  

自宅療養中に亡くなった場合

最近では自宅療養で、終の棲家に自宅を選択する人が多くいます。

かかりつけの医師に連絡

病院と連携して、在宅医療をすすめているなか亡くなった場合には直ちにかかりつけの医師に連絡をします。
医師が死亡を確認し、死亡宣告というものを下します。
医師が到着する前に死亡していたとしても、医師が死亡宣告するまでは正式に死亡とは認められません。

そして「死亡診断書」を書いてもらい、葬儀の準備を始めます。
葬儀社に連絡をしても「死亡診断書」がないと何もできないので必ずもらってください。

また在宅医療でなく、通院で治療をしていた方が自宅で亡くなった場合も同様です。

自宅で突然亡くなった場合

事故や突然死、自死などによって自宅で亡くなった場合には注意が必要です。

具体的には、朝起きたら亡くなってた、お風呂の事故で亡くなったなどの場合。
一歩間違えると悲しみに暮れている中、殺人の疑いをかけられてしまうことにもなりかねません。

まだ息がありそうなら救急車を呼ぶ

まだ息がある、亡くなっているように思えても死後時間が経っていない場合は救急車を呼びましょう。蘇生する可能性もあります。

万が一蘇生出来なかったら、救急隊から警察に連絡がいくことになります。
亡くなっているかどうか分からないときには、とりあえず救急車を呼んでおくことをお勧めします。

確実に亡くなっていたら警察を呼ぶ

死後何日か経っていたり、明らかに亡くなっているという場合には警察に連絡をします。

警察が現場や死亡に至った経緯を確認します。
そして明らかに事件性がない場合以外には、「検視」に回されます。

医師の立会いの下、検視官が事件性の有無を検証します。
検視では「死因や死亡推定日時」「遺体の姿勢や損傷具合」「犯罪行為の証拠となる遺留品があるか」など外から判断できるもののみで事件性の有無を判断します。

事件性がないと判断された場合には、病院に引き渡され、医師が「死体検案書」というものを作成します。
これは死亡診断書とほとんど同じようなものです。
この死体検案書をもらわないと、葬儀を行うことができません。

事件性が疑われる場合には、遺体が司法解剖に回されます。

死因が特定されて死体検案書が出るまでは、葬儀の手配をすることができません。
葬儀社に連絡をして、費用などの相談をすることはできるものの、葬儀社も具体的に動くことはできませんので、注意してください。

一般的に事件性がなければ遺体は早ければ半日、一日程度で戻ってきます。

関連する記事 関連記事画像 警察から紹介された葬儀社の断り方 警察から突然、身内の死亡の連絡が入ったら、誰でも動揺するものです。 そのような状況の中でも葬儀行うために葬儀社を手配しなければならず、警察から葬儀社を紹介されることもあります。 この記事では、もし紹介された葬儀社に不安を感じた場合にどのように対応をしたらいいのかを解...(続きを読む

【要注意】遺体は動かさないで!

遺体や周りのものが動かされてしまっていると、事件性の有無の判断が難しくなるだけでなく、あらぬ疑いを掛けられてしまう可能性があるので気を付けましょう。

例えば入浴中の事故の場合。
救急車を呼んだとしても「裸の状態ではかわいそう」と思って服を着せてしまったり、ベッドに運んでしまったりしてしまいがちです。
救急隊により蘇生すれば問題はありませんが、万が一亡くなっていた場合には面倒なことになります。
遺体を動かしたことを証拠隠滅と受け取られかねず、警察から取り調べを受けることになります。
事件性があると思われてしまうのです。
場合によっては周囲にも聞き込みなどが行われ、近所の方を巻き込むことにもなりかねません。

そうなると、事件性がないと判断されて死体検案書が作成されるまでに数日間かかることになってしまいます。
先述した通り、死体検案書がなければ葬儀を行うことができません。大切な人を送り出してあげられないどころか、犯人扱いされてしまうことも。
そんなことにならないよう、とにかく、自宅で突然家族が亡くなったら、動かさずに救急車や警察を呼んでそのまま待ちましょう。



死は突然に訪れるもので、自分の身の回りでこのようなことが起こらないとは言い切れません。
自宅で身近な人が突然亡くなったら気が動転してしまうかもしれません。
ただそんな時に、「絶対に動かさない。」という事だけは覚えておいた方がいいでしょう。

この記事を書いた人

亀井 洋一 (葬儀の口コミ編集部)

東京都出身。親の葬儀を経験したことで葬儀業界に興味をもち、大学を卒業後葬儀社で勤務。10年の現場経験を経て、退職。
消費者に有益な情報を届けたいという想いから、現在「葬儀の口コミ」を運営している。

【知らなきゃ損】葬儀の情報一覧

トップ画像 亡くなってから葬儀までの日数と葬儀の流れを解説!葬儀まで1週間かかるって本当? この記事では ・亡くなってから葬儀までの日数 ・亡くなってから葬儀までが長時間の場合どうするのか について書いています。 皆さんは、亡くなってから葬儀まではどのくらいの日数がかかるか知っていますか? 地域や時期の差もありますが、ところによっては1週間以上か...(続きを読む トップ画像 コロナで亡くなっても普通の葬儀が可能に。納体袋も不要。厚労省ガイドラインを見直し。 1月6日、「コロナで亡くなった方の葬儀に関するガイドライン」が改訂されました。 このガイドラインの改定により、コロナで亡くなった方でも納体袋に収めずに普通に葬儀ができるようになっていきます。 詳しく見ていきましょう。...(続きを読む トップ画像 「葬儀しない、墓もいらない」ときの供養の方法とは?遺族への頼み方・お墓を持たない方法を解説。 この記事では、 ・自分の葬儀をシンプルにしたい人 ・葬儀も墓も要らないとき、家族への伝え方が分からない人 ・お墓を持たずに供養する方法 について書いています。 日本の葬儀の平均費用は約190万円と言われています。 親族をはじめ、友人や会社関係の人まで参列...(続きを読む トップ画像 喪中の読み方、意味とは?忌中と喪中の違い、やってはいけないこと この記事では、 ・喪中・忌中の読み方と意味 ・喪中と忌中の違いについて ・喪中・忌中の間にやってはいけないこと ・喪中はがきの出し方 について紹介しています。 「喪中」や「忌中」という言葉は知っていても、 どのような意味なのか、どのように過ごせばいいの...(続きを読む トップ画像 戒名を付けるお金がないときどうする?戒名なしでの葬儀、安く戒名を付ける方法を解説 この記事は、 「戒名を付けるお金がないとき、どのような対処ができるのか」 「戒名を付けずに荼毘に付すことはできるのか」 「安く戒名を付けることはできるのか」 という疑問にお答えします。 戒名を付けるにはまとまったお金を僧侶にお支払いしなければなりません。 ...(続きを読む トップ画像 【解説】火葬場に行ってはいけない人とは?火葬に参列できるのはどこまで? 葬儀のあとに故人を荼毘にふす火葬場。 実は火葬場には誰でも入れるわけではありません。 火葬場に入れる人と入れない人がいることを知っているでしょうか。 この記事では、 ・火葬場に行ってはいけない人は誰か ・火葬場に行ってはいけない理由とは何か ・火葬場に参...(続きを読む トップ画像 喪服はしまむらで安く買える!お手頃でマナーを守ったアイテムを紹介【靴・小物もOK】 葬儀のお知らせは突然入ります。 昔購入した喪服が入らなかったり、持っていなかったりすると、早急に喪服を購入しなければなりません。 でも喪服ってなかなか高価で出費も痛いですよね…。 そこで、喪服を調達するのにオススメなのが「しまむら」です! 今回は、しまむ...(続きを読む トップ画像 喪服にタイツはOK!女性用喪服の足元マナー、最適なストッキングのデニール数は? 葬儀に参列するとなると、悩んでしまいがちな葬儀の足元マナー。 タイツやストッキングを履いていいのか、どのような色やデニールにしたらいいのか、マナーを守った服装を選ぶのは難しいですよね。 結論から言うと、葬儀にタイツは着用OKです。 今回は、 「葬儀にタイ...(続きを読む トップ画像 亡くなる前の兆候は目に現れる!そのとき家族ができること。後悔しない別れをするには 大切な人とのお別れはだれでも悲しいものです。 目が濁る・手が冷たくなるなど、人は亡くなる前になるといくつかの変化や予兆が見られる場合があります。 予兆の現れ方などを知っておくことで、心の準備や今できることがわかります。 この記事では、 「人が亡くなる前の兆候...(続きを読む トップ画像 葬儀費用の平均と安く抑える方法7選!誰が負担するのか、払えないときの対処法まで この記事は、 「葬儀の平均費用について知りたい」 「葬儀の費用を抑える方法について知りたい」 という方に向けて書いています。 葬儀社から見積もりを取ったものの、その金額か妥当かなかなか分かりづらいですよね。 今回は葬儀の平均費用と葬儀費用の抑え方も紹介しま...(続きを読む
▶すべての記事を見る