【救急車と警察どっちを呼ぶ?】自宅で家族が亡くなったときの流れと対処法

最新編集日:2022年03月15日

【救急車と警察どっちを呼ぶ?】自宅で家族が亡くなったときの流れと対処法

日本人の8割が病院で亡くなると言われていますが、ときに入浴中の事故や、突然の発作などで自宅で亡くなることも。
「朝起きたら亡くなっていた」
「お風呂で突然の発作で亡くなった」

そんな時には救急車を呼ぶべきなのか?警察を呼ぶべきなのか?動かしてもいいのか?など混乱してしまうものです。

その時の対応を間違えてしまうと、下手したら殺人の疑いをかけられてしまう可能性もあります。
万が一のことがあった時に困らないよう、自宅でご家族が亡くなったときの対処法をご紹介します。

自宅療養中に亡くなった場合

最近では自宅療養で、終の棲家に自宅を選択する人が多くいます。

かかりつけの医師に連絡

病院と連携して、在宅医療をすすめているなか亡くなった場合には直ちにかかりつけの医師に連絡をします。
医師が死亡を確認し、死亡宣告というものを下します。
医師が到着する前に死亡していたとしても、医師が死亡宣告するまでは正式に死亡とは認められません。

そして「死亡診断書」を書いてもらい、葬儀の準備を始めます。
葬儀社に連絡をしても「死亡診断書」がないと何もできないので必ずもらってください。

また在宅医療でなく、通院で治療をしていた方が自宅で亡くなった場合も同様です。

自宅で突然亡くなった場合

事故や突然死、自死などによって自宅で亡くなった場合には注意が必要です。

具体的には、朝起きたら亡くなってた、お風呂の事故で亡くなったなどの場合。
一歩間違えると悲しみに暮れている中、殺人の疑いをかけられてしまうことにもなりかねません。

まだ息がありそうなら救急車を呼ぶ

まだ息がある、亡くなっているように思えても死後時間が経っていない場合は救急車を呼びましょう。蘇生する可能性もあります。

万が一蘇生出来なかったら、救急隊から警察に連絡がいくことになります。
亡くなっているかどうか分からないときには、とりあえず救急車を呼んでおくことをお勧めします。

確実に亡くなっていたら警察を呼ぶ

死後何日か経っていたり、明らかに亡くなっているという場合には警察に連絡をします。

警察が現場や死亡に至った経緯を確認します。
そして明らかに事件性がない場合以外には、「検視」に回されます。

医師の立会いの下、検視官が事件性の有無を検証します。
検視では「死因や死亡推定日時」「遺体の姿勢や損傷具合」「犯罪行為の証拠となる遺留品があるか」など外から判断できるもののみで事件性の有無を判断します。

事件性がないと判断された場合には、病院に引き渡され、医師が「死体検案書」というものを作成します。
これは死亡診断書とほとんど同じようなものです。
この死体検案書をもらわないと、葬儀を行うことができません。

事件性が疑われる場合には、遺体が司法解剖に回されます。

死因が特定されて死体検案書が出るまでは、葬儀の手配をすることができません。
葬儀社に連絡をして、費用などの相談をすることはできるものの、葬儀社も具体的に動くことはできませんので、注意してください。

一般的に事件性がなければ遺体は早ければ半日、一日程度で戻ってきます。

関連する記事関連記事画像警察から紹介された葬儀社の断り方警察から突然、身内の死亡の連絡が入ったら、誰でも動揺するものです。 そのような状況の中でも葬儀行うために葬儀社を手配しなければならず、警察から葬儀社を紹介されることもあります。 この記事では、もし紹介された葬儀社に不安を感じた場合にどのように対応をしたらいいのかを解...(続きを読む

【要注意】遺体は動かさないで!

遺体や周りのものが動かされてしまっていると、事件性の有無の判断が難しくなるだけでなく、あらぬ疑いを掛けられてしまう可能性があるので気を付けましょう。

例えば入浴中の事故の場合。
救急車を呼んだとしても「裸の状態ではかわいそう」と思って服を着せてしまったり、ベッドに運んでしまったりしてしまいがちです。
救急隊により蘇生すれば問題はありませんが、万が一亡くなっていた場合には面倒なことになります。
遺体を動かしたことを証拠隠滅と受け取られかねず、警察から取り調べを受けることになります。
事件性があると思われてしまうのです。
場合によっては周囲にも聞き込みなどが行われ、近所の方を巻き込むことにもなりかねません。

そうなると、事件性がないと判断されて死体検案書が作成されるまでに数日間かかることになってしまいます。
先述した通り、死体検案書がなければ葬儀を行うことができません。大切な人を送り出してあげられないどころか、犯人扱いされてしまうことも。
そんなことにならないよう、とにかく、自宅で突然家族が亡くなったら、動かさずに救急車や警察を呼んでそのまま待ちましょう。



死は突然に訪れるもので、自分の身の回りでこのようなことが起こらないとは言い切れません。
自宅で身近な人が突然亡くなったら気が動転してしまうかもしれません。
ただそんな時に、「絶対に動かさない。」という事だけは覚えておいた方がいいでしょう。

この記事を書いた人

亀井 洋一

東京都出身。親の葬儀を経験したことで葬儀業界に興味をもち、大学を卒業後葬儀社で勤務。10年の現場経験を経て、退職。
消費者に有益な情報を届けたいという想いから、現在「葬儀の口コミ」を運営している。

【知らなきゃ損】葬儀の情報一覧

トップ画像家族葬・葬儀の見積書を見ても理解できない!見積りを簡単に比較する方法少し前までは「葬儀の事前準備をするなんて不謹慎な!」という方も多くいらっしゃいましたが、「終活」という言葉も生まれ、事前に葬儀の相談をするのが当たり前の時代になりました。 ただ、数社から葬儀社から見積書を取り寄せたのはいいが「何を比較すれば良いかわからない」「どの...(続きを読むトップ画像【業界激震】東京23区で火葬場に直接葬儀を依頼できるようにー東京博善と公益社が提携通常、火葬場を利用する際には葬儀社に依頼をする必要があり、火葬場に連絡をしても「葬儀社さんを通してください」と言われることがほとんどです。 しかし2022年7月から東京23区内の6つの火葬場で、火葬場に直接連絡をしても葬儀を行うことができるようになります。 どう...(続きを読むトップ画像葬儀社をキャンセルするとキャンセル料がかかる?大切な方が亡くなって慌てて葬儀社に搬送をお願いしたけど、出してもらった見積もりが高かった......。 そこで葬儀社をキャンセルしたいと思ったときに気になるのが、キャンセル料を取られるのか、そもそもキャンセルができるのかどうかではないでしょうか。 この記事では葬...(続きを読むトップ画像葬儀社を始めるのに許可はいらない?葬儀社を認可制にする動き特別な資格が必要な葬儀社ですが、実は認可制・届け出制ではないことをご存知でしょうか? そのため実際に葬儀社がどのくらいあるのかが分からなかったり、災害時や今回のコロナ禍などに情報伝達がうまくいかないことも。 そこで葬儀社を届け出制にする、という動きが少しずつ始ま...(続きを読むトップ画像2021年の葬儀から見る「今年の葬儀の決め方」2022年になり、既に1か月が経ちました。未だコロナの脅威は衰えず、思ったように行動できない日々を過ごしていることと思います。 今回は2021年を振り返り、去年の葬儀形式のトレンド、今後葬儀業界がどうなっていくかを調査していきましょう。なお、今回の調査は過去1年の当社...(続きを読むトップ画像親の葬儀に参列しないのは非常識?どうしても参列できない時の対処法血のつながった親でも、何らかの理由で葬儀に参列できない、したくないこともあるかもしれません。 その時にはどのように対処したらいいでしょうか? 親の葬儀に参列しない例や、その時の対処法についてご紹介します。...(続きを読むトップ画像日本初の映画葬「さらば!千葉真一」お別れ会の概要と運営会社をご紹介2022年1月22日(土)、東京都港区「増上寺 光摂殿」にて映画俳優の千葉真一さん(享年82)のお別れ会が開かれました。 『さらば!千葉真一』と名付けられ、過去の映像や写真がふんだんに映し出されたお別れ会。 その概要と、そんなお別れ会を実現した運営会社「株式会社セロ...(続きを読むトップ画像雪が降ったら葬儀はどうなる?今年も1月に雪が降りました。 雪が降ると公共交通機関や道路状況に様々な影響が及びます。 葬儀当日に雪が降った場合にはどのような影響があるのでしょうか? 雪が葬儀に及ぼす影響や対処法、葬儀に参列する際の注意点などをご紹介します。...(続きを読むトップ画像震災が起きたら葬儀はどうなる?東日本から約11年目東日本大震災から約11年が経とうとしています。 この震災では約16,000人が亡くなり、約2000人もの方がいまだに行方不明です。 震災の時には、様々な部分で混乱が生じますが葬儀も例外ではありません。 同時に多くの方が亡くなる大震災。その時葬儀や火葬はどのよう...(続きを読むトップ画像遺言書の強制力は?葬儀について書かれてたらどうする?亡くなる前に故人が残した遺言書。 それにはどのくらいの効力があるのか、遺言書に書かれている内容に従わなかった時にどうなるのか、気になる方が多いのではないでしょうか。 ここでは遺言書の強制力について葬儀について書かれていた場合なども含めて詳しく解説していきます。...(続きを読む
▶すべての記事を見る