葬儀の生前予約とは?|メリットデメリットや費用をご紹介

最新編集日:2022年03月17日

葬儀の生前予約とは?|メリットデメリットや費用をご紹介

「生前予約」という言葉を聞いたことがありますか?
生前予約とは、生きているうちに「この葬儀社にお願いする」と決めておき、葬儀社とも話をつけておくことです。

人はいつ亡くなるか分かりません。でも絶対に人は死にます。
皆さんはご家族が亡くなった時に、まず何をしたいいのか、どこに連絡したらいいのかという心構えはできていますか?

「災害が起きたら、この場所に非難する。」「もし家族とはぐれたらここに連絡して安否を確認する。」というような事を決めておくように、「もしも家族が亡くなった時にはこの葬儀社に連絡する。」という事を事前に決めておいてもいいですよね。

「葬儀社に葬儀の予約を入れておく。」ということをしておけば、もしもの時の心理や行動が大きく変わるでしょう。

この記事では生前予約の方法やメリット、デメリットを紹介します。

  

葬儀の生前予約とは?

葬儀の生前予約とは、その名の通り「亡くなる前」に葬儀の予約をすることです。

本人や家族が葬儀社を選び、葬儀の内容(場所・人数・演出など)や費用などを決定して「もしもの時はこの内容でお願いします」と依頼をしておきます。

ただしいつ亡くなるか、その時の火葬場の空き状況は分からないため、結婚式などのように「×月×日×時から行います。」という日付の予約はできません。

葬儀の生前予約方法

まずは葬儀社を探します。
葬儀社を探す際には「自宅からの近さ」「HPにきちんと情報があるか」「口コミや評判」を参考にしましょう。

そしてまずは電話をしてみることをオススメします。
「葬儀の事前相談をしたい」と伝えたうえで話をして、その時の電話の担当者の反応や対応などで、自分に合うかどうかを判断します。
「この人話しにくいな」「この人頼りない」と思ったら、他を検討してみましょう。
葬儀は分からなにことだらけので、話しやすく頼りがいのある人と話を進めていくべきです。

葬儀社を決めたら、次に葬儀を行う場所や人数を決めて、見積もりを出してもらいます。
また「こんな葬儀をしたい」という希望があれば、伝えておきましょう。

見積りを見て、納得いかないところや疑問に思うところは質問をしながら調整を行います。
亡くなった後では、ゆっくり見積りを眺めて疑問を解消して、調整して、、、という事が難しいです。生前予約だからこそできることですね。

そしてもし自分の葬儀であれば「この葬儀社に頼んである」という旨と、葬儀社の連絡先を家族に伝えておく必要があります。
エンディングノートに書き込んでおく、直接伝える、どんな方法でも構いませんが、せっかくの予約が無駄にならないように家族に確実に伝わる方法をとりましょう。

自分以外の家族の葬儀であれば、葬儀社の連絡先を自分で控えておきます。
本人に知られたくない場合でも、自分以外にも知っている人がいると安心です。

葬儀の生前予約にかかる費用は?

多くの葬儀社が生前の相談を無料としていますので、実際に葬儀を行うまでは生前予約だけで費用が掛かることは滅多にありません。

会員制度などがあり、特典として自身の葬儀はもちろんのこと親族の葬儀費用も安くなったりする場合もあります。
入会金や月額費用などは一切かからない場合もあれば、入会金がある場合や月額費用が掛かる場合もあります。
入会金は葬儀社にもよりますが、高くても1万円ほどの場合が多いです。
1万円を最初に払うと、自身から3親等以内の親族みんなが特典を受けられるなどがよく見られます。

葬儀社に直接連絡をして、確認をしてみましょう。

生前予約のメリット

生前予約のメリットは大きく3つあります。

想定外の追加費用が少ない

生前予約をする最大のメリットは、事前にだいたいの葬儀費用を把握できるという点です。
生前予約の段階では、亡くなった直後よりも時間的にも心理的にも余裕があるため、費用をしっかり比較検討することができます。

祭壇はどんなものにするか、返礼品や料理はどうするか、どこの斎場を使うか?などが決まれば、費用はだいたい決まります。
亡くなった後、火葬まで時間がかかった場合の安置料やドライアイス代などは、実際の状況によって変動するものの「どのくらい変動しうるか」が事前に分かるので、それだけでも安心です。

生前何も準備をしていなかった場合、余裕もなく、よく分からず葬儀社の言われるがままに物事を決定してしまい、最終的に想定外の多額の費用がかかってしまうことが多いです。

もしもの時に慌てなくてすむ

人が亡くなると、すぐに葬儀社の検討・手配を行わなければいけません。
家族が亡くなって悲しいうえに、何も決まっていない。何をしたらいいか分からない。でも早く病室を空けなきゃ...。

このように時間的にも心理的にも余裕がなくなると、じっくり葬儀社を比較検討することが難しくなります。
その結果、複数社の金額の見積もりや担当者の良し悪しを十分比較することもなく、病院から紹介された葬儀社や最初に連絡した葬儀社バタバタと依頼することに。

ゆっくりとお別れの時間を過ごすこともできません。
生前予約をしておけば、もしもの時にに予約しておいた葬儀社へすぐ連絡が出来ます。
そうすれば慌てふためくことなく、大切な人とのお別れの時間をゆっくり過ごすことができます。

送られる人の希望を取り入れられる

葬儀といえば、残された家族が内容などを決めていくものですが、生前予約をしておけば亡くなった本人の希望を葬儀に反映することができます。

数年前に流通ジャーナリストの金子哲雄さんが、余命宣告を受けてから葬儀の事やお墓のことなど全て自分で手配していたということで話題になりました。
金子さんは、葬儀の場所や遺影の写真を自身で決めていました。また葬儀の司会進行を友人のDJに依頼し、葬儀で流す映像を用意しておくなど、葬儀の進行などについても手配していたそうです。
自分で会葬者への手紙を作成し、会葬者に出す料理や返礼品の内容も細かく決定していたのです。
まさに葬儀の自己プロデュースですね。

ここまでしないにしても「遺影の写真はこれがいい。」「これを棺に入れてほしい。」「この斎場が綺麗だからここでやってほしい。」など本人の希望を葬儀に反映できるのは、生前予約ならではのことです。

生前予約デメリット・注意すること

メリットの多い生前予約ですが、デメリットや注意すべき点もあります。

家族に知らせておく必要がある

本人が生前予約をしていた場合、本人が亡くなった時に、家族が知らなければ予約していた葬儀社に連絡をすることができません。

家族が知らずに他の葬儀社に依頼してしまったら、せっかくの本人の希望が反映されなくなってしまいます。
また前払金などを支払っていた場合にはそれも無駄に。

生前予約をしたら、どんな内容の葬儀でこのような希望を葬儀社に話している、ということを家族に伝えておきましょう。

家族との話し合いが必要

本人が小規模の葬儀を希望していたとしても、家族は大規模に盛大に送り出したいと考えている場合もあります。

家族の理解を得られないまま一人で予約すると後にトラブルになる可能性も。
規模が違うと費用が大きくかわってくるので、本人が生前予約をする場合も家族と相談して決めることが大切です。

予約していた葬儀社が倒産することも

生前予約をしていた会社が倒産してしまうというのも、あり得る話です。

予約だけをしていたならば諦めて他の葬儀社を探すということになるでしょう。
もし前払金を払っていたら、葬儀社がしっかりとした保障制度を持っていない場合、払ったお金が返ってこない可能性があります。

前払金のシステムがある場合には、万が一倒産したときには保証があるのかなどきちんと確認しておきましょう。

まとめ

以上、葬儀の生前予約の方法やメリット・デメリットを紹介しました。

人が亡くなった後はとても忙しいです。
なにも準備がなかった場合、悲しむ暇もなく葬儀社、そして葬儀の内容などを決定していかなければなりません。
じっくり検討もできずにとりあえず決定し、全て終えてから金額や内容を振り返って後悔する人が多くいます。

事前にそれらのことを決めておくと、焦ることなく納得いく葬儀を行うことができるでしょう。
葬儀の予約「生前予約」は注意するべきことをきちんと注意すれば、本人にとっても家族にとっても納得いくお別れをするためのとてもいい手段です。

家族と話し合いながら検討してみてください。

この記事を書いた人

亀井 洋一 (葬儀の口コミ編集部)

東京都出身。親の葬儀を経験したことで葬儀業界に興味をもち、大学を卒業後葬儀社で勤務。10年の現場経験を経て、退職。
消費者に有益な情報を届けたいという想いから、現在「葬儀の口コミ」を運営している。

【知らなきゃ損】葬儀の情報一覧

トップ画像 亡くなってから葬儀までの日数と葬儀の流れを解説!葬儀まで1週間かかるって本当? この記事では ・亡くなってから葬儀までの日数 ・亡くなってから葬儀までが長時間の場合どうするのか について書いています。 皆さんは、亡くなってから葬儀まではどのくらいの日数がかかるか知っていますか? 地域や時期の差もありますが、ところによっては1週間以上か...(続きを読む トップ画像 コロナで亡くなっても普通の葬儀が可能に。納体袋も不要。厚労省ガイドラインを見直し。 1月6日、「コロナで亡くなった方の葬儀に関するガイドライン」が改訂されました。 このガイドラインの改定により、コロナで亡くなった方でも納体袋に収めずに普通に葬儀ができるようになっていきます。 詳しく見ていきましょう。...(続きを読む トップ画像 「葬儀しない、墓もいらない」ときの供養の方法とは?遺族への頼み方・お墓を持たない方法を解説。 この記事では、 ・自分の葬儀をシンプルにしたい人 ・葬儀も墓も要らないとき、家族への伝え方が分からない人 ・お墓を持たずに供養する方法 について書いています。 日本の葬儀の平均費用は約190万円と言われています。 親族をはじめ、友人や会社関係の人まで参列...(続きを読む トップ画像 喪中の読み方、意味とは?忌中と喪中の違い、やってはいけないこと この記事では、 ・喪中・忌中の読み方と意味 ・喪中と忌中の違いについて ・喪中・忌中の間にやってはいけないこと ・喪中はがきの出し方 について紹介しています。 「喪中」や「忌中」という言葉は知っていても、 どのような意味なのか、どのように過ごせばいいの...(続きを読む トップ画像 戒名を付けるお金がないときどうする?戒名なしでの葬儀、安く戒名を付ける方法を解説 この記事は、 「戒名を付けるお金がないとき、どのような対処ができるのか」 「戒名を付けずに荼毘に付すことはできるのか」 「安く戒名を付けることはできるのか」 という疑問にお答えします。 戒名を付けるにはまとまったお金を僧侶にお支払いしなければなりません。 ...(続きを読む トップ画像 【解説】火葬場に行ってはいけない人とは?火葬に参列できるのはどこまで? 葬儀のあとに故人を荼毘にふす火葬場。 実は火葬場には誰でも入れるわけではありません。 火葬場に入れる人と入れない人がいることを知っているでしょうか。 この記事では、 ・火葬場に行ってはいけない人は誰か ・火葬場に行ってはいけない理由とは何か ・火葬場に参...(続きを読む トップ画像 喪服はしまむらで安く買える!お手頃でマナーを守ったアイテムを紹介【靴・小物もOK】 葬儀のお知らせは突然入ります。 昔購入した喪服が入らなかったり、持っていなかったりすると、早急に喪服を購入しなければなりません。 でも喪服ってなかなか高価で出費も痛いですよね…。 そこで、喪服を調達するのにオススメなのが「しまむら」です! 今回は、しまむ...(続きを読む トップ画像 喪服にタイツはOK!女性用喪服の足元マナー、最適なストッキングのデニール数は? 葬儀に参列するとなると、悩んでしまいがちな葬儀の足元マナー。 タイツやストッキングを履いていいのか、どのような色やデニールにしたらいいのか、マナーを守った服装を選ぶのは難しいですよね。 結論から言うと、葬儀にタイツは着用OKです。 今回は、 「葬儀にタイ...(続きを読む トップ画像 亡くなる前の兆候は目に現れる!そのとき家族ができること。後悔しない別れをするには 大切な人とのお別れはだれでも悲しいものです。 目が濁る・手が冷たくなるなど、人は亡くなる前になるといくつかの変化や予兆が見られる場合があります。 予兆の現れ方などを知っておくことで、心の準備や今できることがわかります。 この記事では、 「人が亡くなる前の兆候...(続きを読む トップ画像 葬儀費用の平均と安く抑える方法7選!誰が負担するのか、払えないときの対処法まで この記事は、 「葬儀の平均費用について知りたい」 「葬儀の費用を抑える方法について知りたい」 という方に向けて書いています。 葬儀社から見積もりを取ったものの、その金額か妥当かなかなか分かりづらいですよね。 今回は葬儀の平均費用と葬儀費用の抑え方も紹介しま...(続きを読む
▶すべての記事を見る