【知っておけば怖くない】創価学会の友人葬の流れやマナー

最新編集日:2022年04月30日

【知っておけば怖くない】創価学会の友人葬の流れやマナー

創価学会員の方が亡くなった場合に行われる「友人葬」についてどのくらい知っていますか?
「どんなことをするのかが分からなくて参列が不安」
「なんだか怖いイメージがある」
「香典とかどうしたいいのか分からない」
学会員でない人からすると不安が多いのではないでしょうか。

そこでここでは友人葬の葬儀の流れやマナーなどを詳しく説明します。

友人葬とは?

友人葬とは、創価学会員の方が亡くなった際に行われる葬儀のことを指します。
その名前から、友人だけで送る葬儀と勘違いされがちですが、全く異なるものです。

友人葬には独自のスタイルがあり、仏式の葬儀といくつか異なる点があります。

友人葬の特徴

友人葬にはいくつか一般的な葬儀と異なる特徴があります。

お坊さんを呼ばない

友人葬の特徴の1つに「お坊さんを呼ばない」ということあります。
友人葬ではお坊さんを呼ぶ代わりに、学会員の中でも冠婚葬祭の儀式に精通した部門の人が代表が「導師」として進行役を務めます。

全員で題目を唱える

友人葬の最も特徴的な点は、参列した人全員で南無妙法蓮華経の題目を唱えることです。
お坊さんが読経を行う仏式の葬儀と違って、参列者全員で唱えます。

樒(しきみ)が使われる

葬儀の祭壇と言えば、白い菊の祭壇を思い浮かべる方が多いのではないでしょうか。
友人葬では一般的に樒(しきみ)を使った祭壇を利用します。
樒だけを用いるだけでなく、生花と合わせた祭壇を利用することもあります。

友人葬の流れ

友人葬はどのような流れになるのでしょうか?
大きな流れは一般的な葬儀と変わりません。もちろんいくつか友人葬特有の式次第もあります。
ここでは友人葬の流れについて紹介をします。

御祈念文・題目三唱

全員の焼香が終わると、導師が唱題終了の合図として鈴を鳴らします。
導師が御祈念文を行い、鈴の合図に合わせて参列者全員で「南無妙法蓮華経」を三唱します。

弔電紹介

弔電や弔慰文が紹介されます。
弔慰文は、次の導師の挨拶の際に一緒に紹介されることもあります。

導師の挨拶

導師からの挨拶があります。

遺族の挨拶

喪主、または遺族代表からの挨拶があります。

題目三唱

再び、導師の鈴の合図に合わせて、参列者全員で「南無妙法蓮華経」を三唱します。

閉式の辞

司会者から、葬儀終了の案内があります。

出棺

最後に導師、遺族、参列者全員で「南無妙法蓮華経」を唱えながら、樒などを棺の中に収めます。
棺をしめたら、男性近親者により棺を霊柩車に運びます。

開式の辞

司会から、開式の案内があります。

読経・唱題

導師を中心に読経・唱題を行います。
友人葬の特徴にあった通り、全員で行うものです。

読経とは、読経とは法華経の経文を読誦することです。
法華経の「方便衣」と「寿量品」の自我偈を2回読誦します。創価学会員の方が参列する場合には唱えなくても大丈夫です。
また唱題とは南無妙法蓮華経の題目を唱えることです。

焼香

焼香は読経中に行われます。
一般的に2回読まれる自我偈のうち、1回目に入ると同時に始まります。
焼香の順番は、導師⇒副導師⇒親族⇒参列者の順です。
スタッフなどが案内をしてくれるので、それに従えば問題ありません。

友人葬のマナー

友人葬のマナーは一般的な葬儀とあまり変わりません。
ただし独自のルールもあるので把握しておきましょう。

お布施はいらない

お坊さんを呼ばないのでお布施は必要ありません。
導師に対してもお布施などのお礼を払う必要はないとされています。

香典はいらない

一般的な葬儀では香典を持参するものですが、友人葬では創価学会の方針により「香典は持参しなくてもいい」となっています。

事前に香典辞退の連絡がこず持参するか迷った際には、一応持参をしておいても問題ありません。
もし式場で受け取りを断られた場合には、辞退の意向を受け入れて持ち帰りましょう。

数珠は自分のもので問題なし

創価学会の方が使う数珠は、両手に掛けるために長めに作られている独自のものです。
非学会員の方は、自身で使用しているもので問題ありません。

もし学会員の方が使用している数珠と違うことが気になる場合には、数珠を持参しないという手もあります。

服装は一般的な葬儀と同じ

服装に関しては、友人葬独自のルールや慣習はありません。
一般的な葬儀に参列する際と同じように、喪服で参列しましょう。

「怖い」と思われるのはなぜ?

創価学会の友人葬が怖いと思われることもあるかもしれません。

その理由は、恐らく友人葬の流れやマナーが分からないことや、全員で題目を唱えている様子や声に迫力があることからでしょう。
しかし友人葬の流れやマナーを理解し、題目を唱える意義などを知っておけば怖いと思うことはありません。

友人葬に参列する前には、どのようなものなのか、流れやマナーなどを確認してから望みましょう。
そうすれば決して怖くありません。

この記事を書いた人

亀井 洋一

東京都出身。親の葬儀を経験したことで葬儀業界に興味をもち、大学を卒業後葬儀社で勤務。10年の現場経験を経て、退職。
消費者に有益な情報を届けたいという想いから、現在「葬儀の口コミ」を運営している。

【知らなきゃ損】葬儀の情報一覧

トップ画像家族葬・葬儀の見積書を見ても理解できない!見積りを簡単に比較する方法少し前までは「葬儀の事前準備をするなんて不謹慎な!」という方も多くいらっしゃいましたが、「終活」という言葉も生まれ、事前に葬儀の相談をするのが当たり前の時代になりました。 ただ、数社から葬儀社から見積書を取り寄せたのはいいが「何を比較すれば良いかわからない」「どの...(続きを読むトップ画像【業界激震】東京23区で火葬場に直接葬儀を依頼できるようにー東京博善と公益社が提携通常、火葬場を利用する際には葬儀社に依頼をする必要があり、火葬場に連絡をしても「葬儀社さんを通してください」と言われることがほとんどです。 しかし2022年7月から東京23区内の6つの火葬場で、火葬場に直接連絡をしても葬儀を行うことができるようになります。 どう...(続きを読むトップ画像葬儀社をキャンセルするとキャンセル料がかかる?大切な方が亡くなって慌てて葬儀社に搬送をお願いしたけど、出してもらった見積もりが高かった......。 そこで葬儀社をキャンセルしたいと思ったときに気になるのが、キャンセル料を取られるのか、そもそもキャンセルができるのかどうかではないでしょうか。 この記事では葬...(続きを読むトップ画像葬儀社を始めるのに許可はいらない?葬儀社を認可制にする動き特別な資格が必要な葬儀社ですが、実は認可制・届け出制ではないことをご存知でしょうか? そのため実際に葬儀社がどのくらいあるのかが分からなかったり、災害時や今回のコロナ禍などに情報伝達がうまくいかないことも。 そこで葬儀社を届け出制にする、という動きが少しずつ始ま...(続きを読むトップ画像2021年の葬儀から見る「今年の葬儀の決め方」2022年になり、既に1か月が経ちました。未だコロナの脅威は衰えず、思ったように行動できない日々を過ごしていることと思います。 今回は2021年を振り返り、去年の葬儀形式のトレンド、今後葬儀業界がどうなっていくかを調査していきましょう。なお、今回の調査は過去1年の当社...(続きを読むトップ画像親の葬儀に参列しないのは非常識?どうしても参列できない時の対処法血のつながった親でも、何らかの理由で葬儀に参列できない、したくないこともあるかもしれません。 その時にはどのように対処したらいいでしょうか? 親の葬儀に参列しない例や、その時の対処法についてご紹介します。...(続きを読むトップ画像日本初の映画葬「さらば!千葉真一」お別れ会の概要と運営会社をご紹介2022年1月22日(土)、東京都港区「増上寺 光摂殿」にて映画俳優の千葉真一さん(享年82)のお別れ会が開かれました。 『さらば!千葉真一』と名付けられ、過去の映像や写真がふんだんに映し出されたお別れ会。 その概要と、そんなお別れ会を実現した運営会社「株式会社セロ...(続きを読むトップ画像雪が降ったら葬儀はどうなる?今年も1月に雪が降りました。 雪が降ると公共交通機関や道路状況に様々な影響が及びます。 葬儀当日に雪が降った場合にはどのような影響があるのでしょうか? 雪が葬儀に及ぼす影響や対処法、葬儀に参列する際の注意点などをご紹介します。...(続きを読むトップ画像震災が起きたら葬儀はどうなる?東日本から約11年目東日本大震災から約11年が経とうとしています。 この震災では約16,000人が亡くなり、約2000人もの方がいまだに行方不明です。 震災の時には、様々な部分で混乱が生じますが葬儀も例外ではありません。 同時に多くの方が亡くなる大震災。その時葬儀や火葬はどのよう...(続きを読むトップ画像遺言書の強制力は?葬儀について書かれてたらどうする?亡くなる前に故人が残した遺言書。 それにはどのくらいの効力があるのか、遺言書に書かれている内容に従わなかった時にどうなるのか、気になる方が多いのではないでしょうか。 ここでは遺言書の強制力について葬儀について書かれていた場合なども含めて詳しく解説していきます。...(続きを読む
▶すべての記事を見る