年末年始の帰省で、親に終活の話を切り出すには?

最新編集日:2021年12月21日

年末年始の帰省で、親に終活の話を切り出すには?

年末年始の帰省、昨年はコロナの状況を鑑みて自粛をしたことで、久しぶりに実家に顔を出すという方も少なくないのではないでしょうか。

社会人になるとゆっくりと親と話す機会はなかなかありません。
年末年始の帰省の際に終活について話してみようと考える方もいます。
この記事では親と年末年始に終活についての話をする際に、どのように切り出し、どんな話をしたらいいのかをご紹介します。

  

年末年始に終活の話は不謹慎?

年末年始は家族団らんでゆっくりする時間、特に年始はおめでたいときなので終活の話をするなんて不謹慎と思われるかもしれません。

しかし大人になってから親とゆっくり向き合える時間はなかなかとれるものではありません。
年末年始の帰省は親とじっくり話ができるいい機会。
そして終活は全く暗い話ではなく、むしろ今生きている人生を見つめて人生を明るくするものです。
そのため、終活の話なんて……と暗い気持ちになる必要はありません。

確かに1月1日の元旦ぐらいは避けてもいいかもしれませんが、年末年始での終活の話をするのが必ずしも不謹慎とは言えないのでご安心ください。

どうやって切り出す?

しかし親に対して終活の話は切り出しにくいですよね。
どうやって切り出したらいいものなのでしょうか?
いくつか例をご紹介します。

健康状態について聞いてみる

急に終活の話から切り出すのではなく「最近体調はどう?」などと体調を気遣う会話から始めると、自然と老後のことなども話しやすくなります。
親としても子供が体調を気遣ってくれているという安心感につながりやすいです。

自分も終活をしていると話をする

自分自身も自分の終活をして、その話をしてみるのもいいでしょう。
「最近流行ってるから終活を始めてさ」とどんなことをやったのか等を話してみるといいでしょう。
自分の子供が終活をしているということで、親も自然とやってみようという気になる可能性が高いです。

周りの人の話を出してみる

近所の方や知り合いなどの、病気・介護・葬儀の苦労話などを見聞きしたことがあれば、それを話題にしてみたらいいでしょう。
すると自然と自分のことに置き換えて考えるようになり、終活の話をしやすくなります。

「終活って知ってる?」と率直に切り出す

普段からなんでも話し合える関係性であれば、率直に「終活って知ってる?」と切り出してしまってもいいでしょう。
近年テレビなどで特集されることも多く、終活に関する情報は親も目にしたことがあるかもしれません。
既になにか自身の終活について考えなどを持っていたり、なにか始めている可能性もあります。

聞いておくべきことは?

終活についての会話ではどんなことを聞いたらいいのでしょうか?

具体的にはエンディングノートを利用して、一緒に埋めていく作業をすることをオススメします。
もちろん年末年始の会話をきっかけとするだけで、年末年始の帰省中に全てを埋めてもらったり聞いたりする必要はありません。

下記にエンディングノートの項目としてよく見られる代表的なものを紹介します。
これらの項目を軸に聞いていくといいでしょう。

家族や親戚のこと

家族や親戚関係は、葬儀や相続のことに関わってきます。
自分の知らない親戚関係などもあるかもしれません。

また親の親戚関係を知ることで生い立ちなどについて改めて知り、親としても自身の家族や親戚関係を整理できるいいきっかけとなります。

友人や知人のこと

訃報の連絡をする際には、友人や知人関係を把握していないと「誰に連絡をしたらいいのか」が全く分からなくなってしまいます。
もしもの際には必ず知らせてほしい人、または趣味で習い事をしていたりしたら、所属している団体などの情報は聞いておくといいでしょう。

介護や延命治療について

介護が必要になった際にどのようにしてほしいのか、病気などで危篤状態になった時に、延命治療が必要かどうか、などの希望を明確にしておくと、いざという時に判断がしやすくなります。

資産のこと

相続に関係する資産関係は整理しておいてもらうことをオススメします。
目に見える家や車はもちろんの事、株式や投資信託などの金融商品、保険やローン、または債権目に見えない資産も含めてです。
また最近ではデジタル資産と呼ばれるものもあるかもしれません。
これらは各IDやパスワードなどがないと、相続や遺品整理の際にかなり困ります。
それらも含めてすべてまとめておいてもらいましょう。

葬儀・お墓のこと

葬儀はどのような形で行ってほしいのか、どの範囲まで呼んでほしいのかなどは希望を聞いておくといいでしょう。
もし互助会などで既に積み立てを行っていたり、どこかの葬儀社で事前相談を行って会員になっていたりする可能性もあります。
それを知らずして、いざという時を迎えてしまうと親の取り組みを無駄にしてしまうことになりかねません。

親子で終活をするメリット

「親に終活をしてもらう」というよりは一緒にやる、自分も終活をするという方が反感も買いにくく、話を切り出しやすくなります。
親子で終活をするメリットには以下のようなことがあげられます。
これらを念頭に置いたうえで親子での終活を切り出してみてください。

老後の不安の対策ができる

病気、介護、葬儀と自身の老後にも親の老後にも不安がつきもの。
早めの終活により、現状を把握して対策を打つ事ができます。

反対に不安に駆り立てられて無駄に入ってしまった保険などの見直しなどをしてみても良いでしょう。

万が一の際に慌てずに済む

介護が必要になったり、認知症になったり、亡くなってしまった後では親に意思表示してもらうことが難しいです。
資産の状況や、希望などを元気なうちに残しておけば万が一の際に慌てず判断をすることができます。

お互いの意向を共有できる

介護や延命治療、葬儀や相続に関して親子で意見が分かれることは多々あります。
介護を受ける側と行う側、遺す側と遺される側で意見が異なるのは当然です。

それらの意向を事前にすり合わせをしておくことで、万が一の際のトラブルを防ぐ事ができます。

残りの人生を明るく計画できる

終活は自分の過去を振り返り、現在の人間関係や資産状況などを把握して整理する作業でもあります。
やり残していることや、今後どう生きていきたいかをスッキリした状態で考えられるようになるのも終活のメリットです。

親がどうしても終活を嫌がるときは?

親が終活の話をどうしてもしたがらない、話をしても終活を嫌がるという場合もあるでしょう。
その場合には本人の意思を尊重して、無理強いをしないようにしましょう。

自分が実践をして、終活を楽しんでいる様子を見せていればもしかしたら「やってみよう」と心変わりをする可能性もあります。

まとめ

年末年始は、ゆっくりと親と話すいい機会です。
そこで終活の話をする際には「終活をしてほしい」という意見を押し付けるのではなく、親の意見を聞きながら「一緒にやる」という姿勢が重要です。
自分自身の終活を一緒にしてみることがとってもオススメです。

この記事を書いた人

亀井 洋一 (葬儀の口コミ編集部)

東京都出身。親の葬儀を経験したことで葬儀業界に興味をもち、大学を卒業後葬儀社で勤務。10年の現場経験を経て、退職。
消費者に有益な情報を届けたいという想いから、現在「葬儀の口コミ」を運営している。

【知らなきゃ損】葬儀の情報一覧

トップ画像 亡くなってから葬儀までの日数と葬儀の流れを解説!葬儀まで1週間かかるって本当? この記事では ・亡くなってから葬儀までの日数 ・亡くなってから葬儀までが長時間の場合どうするのか について書いています。 皆さんは、亡くなってから葬儀まではどのくらいの日数がかかるか知っていますか? 地域や時期の差もありますが、ところによっては1週間以上か...(続きを読む トップ画像 コロナで亡くなっても普通の葬儀が可能に。納体袋も不要。厚労省ガイドラインを見直し。 1月6日、「コロナで亡くなった方の葬儀に関するガイドライン」が改訂されました。 このガイドラインの改定により、コロナで亡くなった方でも納体袋に収めずに普通に葬儀ができるようになっていきます。 詳しく見ていきましょう。...(続きを読む トップ画像 「葬儀しない、墓もいらない」ときの供養の方法とは?遺族への頼み方・お墓を持たない方法を解説。 この記事では、 ・自分の葬儀をシンプルにしたい人 ・葬儀も墓も要らないとき、家族への伝え方が分からない人 ・お墓を持たずに供養する方法 について書いています。 日本の葬儀の平均費用は約190万円と言われています。 親族をはじめ、友人や会社関係の人まで参列...(続きを読む トップ画像 喪中の読み方、意味とは?忌中と喪中の違い、やってはいけないこと この記事では、 ・喪中・忌中の読み方と意味 ・喪中と忌中の違いについて ・喪中・忌中の間にやってはいけないこと ・喪中はがきの出し方 について紹介しています。 「喪中」や「忌中」という言葉は知っていても、 どのような意味なのか、どのように過ごせばいいの...(続きを読む トップ画像 戒名を付けるお金がないときどうする?戒名なしでの葬儀、安く戒名を付ける方法を解説 この記事は、 「戒名を付けるお金がないとき、どのような対処ができるのか」 「戒名を付けずに荼毘に付すことはできるのか」 「安く戒名を付けることはできるのか」 という疑問にお答えします。 戒名を付けるにはまとまったお金を僧侶にお支払いしなければなりません。 ...(続きを読む トップ画像 【解説】火葬場に行ってはいけない人とは?火葬に参列できるのはどこまで? 葬儀のあとに故人を荼毘にふす火葬場。 実は火葬場には誰でも入れるわけではありません。 火葬場に入れる人と入れない人がいることを知っているでしょうか。 この記事では、 ・火葬場に行ってはいけない人は誰か ・火葬場に行ってはいけない理由とは何か ・火葬場に参...(続きを読む トップ画像 喪服はしまむらで安く買える!お手頃でマナーを守ったアイテムを紹介【靴・小物もOK】 葬儀のお知らせは突然入ります。 昔購入した喪服が入らなかったり、持っていなかったりすると、早急に喪服を購入しなければなりません。 でも喪服ってなかなか高価で出費も痛いですよね…。 そこで、喪服を調達するのにオススメなのが「しまむら」です! 今回は、しまむ...(続きを読む トップ画像 喪服にタイツはOK!女性用喪服の足元マナー、最適なストッキングのデニール数は? 葬儀に参列するとなると、悩んでしまいがちな葬儀の足元マナー。 タイツやストッキングを履いていいのか、どのような色やデニールにしたらいいのか、マナーを守った服装を選ぶのは難しいですよね。 結論から言うと、葬儀にタイツは着用OKです。 今回は、 「葬儀にタイ...(続きを読む トップ画像 亡くなる前の兆候は目に現れる!そのとき家族ができること。後悔しない別れをするには 大切な人とのお別れはだれでも悲しいものです。 目が濁る・手が冷たくなるなど、人は亡くなる前になるといくつかの変化や予兆が見られる場合があります。 予兆の現れ方などを知っておくことで、心の準備や今できることがわかります。 この記事では、 「人が亡くなる前の兆候...(続きを読む トップ画像 葬儀費用の平均と安く抑える方法7選!誰が負担するのか、払えないときの対処法まで この記事は、 「葬儀の平均費用について知りたい」 「葬儀の費用を抑える方法について知りたい」 という方に向けて書いています。 葬儀社から見積もりを取ったものの、その金額か妥当かなかなか分かりづらいですよね。 今回は葬儀の平均費用と葬儀費用の抑え方も紹介しま...(続きを読む
▶すべての記事を見る