遺言書の強制力は?葬儀について書かれてたらどうする?

最新編集日:2022年02月15日

遺言書の強制力は?葬儀について書かれてたらどうする?

亡くなる前に故人が残した遺言書。
それにはどのくらいの効力があるのか、遺言書に書かれている内容に従わなかった時にどうなるのか、気になる方が多いのではないでしょうか。

ここでは遺言書の強制力について葬儀について書かれていた場合なども含めて詳しく解説していきます。

  

遺言書にはどのくらいの強制力がある?

遺言書とは、故人が自分の財産の処分を死後にどのように処理をするかを指示するための文書です。

財産や相続の関係については、基本的には遺言書に書かれた内容が優先されます。

遺言には様々な事項が書かれることがありますが、中でも法律で定められた
①財産に関すること
②相続権に関すること
③遺言の実現に関すること
については法律よりも優先されます。

そのため上記に関することは強制力が強いです。
ただし相続人全員が遺言書の内容と異なる相続内容に同意をすれば、遺言の内容を拒否することができるとされています。
一人でも遺言書と異なる内容の相続に異議を唱えた場合には遺言書を拒否することはできません。

また遺言書によって、遺留分(民法で定められてた法定相続人に最低限保証された遺産額)が侵害されている場合には、その相続人は遺留分減殺請求を行うことができます。

上記に関すること以外であれば、法的に効力を持たないことが多く、たとえ遺言通りに実行されなくても問題がないとされています。

有効な遺言書の条件は?

遺言書には、大きく自筆証書遺言、公正証書遺言があります。
公正証書遺言は、公証人に作成してもらうので、無効となる心配はほとんどなく有効な遺言となる可能性が高いです。
しかし自筆証書遺言は自身で作成するため有効な遺言書の条件を満たさず、無効となってしまうことも。
有効な遺言書の条件は下記のとおりです。

日付が書いてある

日付が書いていないと、遺言書は無効になります。
他に不備がなくても、日付がない時点で遺言の内容はすべて無効です。

全文自筆で書いてある

自筆証書遺言は、全文自筆で記入しなければなりません。
しかし財産目録の部分に関しては、パソコンで作ったり、通帳コピーなどの添付資料でも問題ないとされています。
財産目録の自筆で記載していないものには、必ず1枚1枚自筆での署名と押印が必要です。

自筆の氏名と押印がある。

自筆で署名をし、押印をします。
押印は実印でなく認印でも問題ありません。
最高裁判所の見解では、拇印・指印でもいいとされています。

遺言内容を拒否することはできる?

基本的に遺言書の内容は、一番に優先されます。
ただし法定相続人全員が、遺産分割協議にて遺言の内容と異なる相続内容に同意した場合には、遺言内容を拒否することができます。

ただし法的に効力がある項目は
①財産に関すること
②相続権に関すること
③遺言の実現に関すること
です。
たとえば「私の死後はみんな仲良く過ごすこと」「私の命日には毎年集まること」などの上記と関係のないことの場合には効力を持ちませんので拒否することができます。

後から遺言書に気付いた場合はどうする?

もし遺産相続などの手続きを終えた後に遺言書を見つけた場合にはどうしたらいいでしょうか?
実は遺言書には時効がなく、遺産分割を終えたからと言って無効にはなりません。

そのためもし遺言書が見つかった場合には、改めて遺言書の通りに遺産分割を行わなければなりません。
ただし相続人全員が同意した場合には、すでに完了したとおりの分配をそのまま有効とするのも認められます。
一度行った財産分配を再度行うのは相続人にとっても負担となるため、よっぽど大きく遺言と実際が異なる場合を除いては、そのまま有効とすることが多いです。

しかし相続人の中で一人でも同意をしない人がいれば改めて遺言に沿った財産分割を行う必要があります。

遺言書を見つけたら、すぐに家庭裁判所に提出をして検認を請求しなければなりません。
遺言書に封印されていた場合には、家庭裁判所の検認を受ける前に勝手に開封をしてはいけないので注意しましょう。

葬儀に関することが書いてあったらどうする?

遺言書に「こんな葬儀をしてほしい」または「自分の葬儀はしないでほしい」などと書かれている可能性もあります。
その場合には、どのくらいの強制力があるのでしょうか?

結論から申しますと、葬儀に関することには法的な効力がありません。
つまり極端な話、完全に無視をしても問題はありません。

ただし「祭祀の継承者の指定」という項目で、葬儀を行う人つまり喪主となる人を指定することができ、こちらは法的な効力を持ちます。

葬儀をどのように行うかまたは行わないかについては、強制力がありませんので故人の遺志を尊重するとしても、完全に書いてある通りにする必要はありません。

また遺言に書いてある故人の遺志を尊重するにせよ「遺体を自宅の庭に埋めてほしい」「大好きだった山に埋めておいてほしい」など法律に反することを行うと死体遺棄の罪に問われてしまうので注意しましょう。

葬儀後に気付いたらどうなる?

葬儀を行った後に遺言書の存在に気付き、そこに葬儀に関することが書いてあったというパターンもあるかもしれません。
その場合でも葬儀をやり直すことはできませんし、法的拘束力もないため仕方ないと割り切るしかないと言えます。
もし「どうしても故人の遺志通りの葬儀を行いたい」という場合には、お別れ会のような形であたらめて故人のやりたかった葬儀内容を行うということも可能です。

この記事を書いた人

亀井 洋一 (葬儀の口コミ編集部)

東京都出身。親の葬儀を経験したことで葬儀業界に興味をもち、大学を卒業後葬儀社で勤務。10年の現場経験を経て、退職。
消費者に有益な情報を届けたいという想いから、現在「葬儀の口コミ」を運営している。

【知らなきゃ損】葬儀の情報一覧

トップ画像 葬儀費用の平均と安く抑える方法7選!誰が負担するのか、払えないときの対処法まで この記事は、 「葬儀の平均費用について知りたい」 「葬儀の費用を抑える方法について知りたい」 という方に向けて書いています。 葬儀社から見積もりを取ったものの、その金額か妥当かなかなか分かりづらいですよね。 今回は葬儀の平均費用と葬儀費用の抑え方も紹介しま...(続きを読む トップ画像 遺族へのお悔やみの言葉はなんて言ったらいいの?葬儀のマナーと気遣いのある一言 この記事では、 「葬儀で亡くなった遺族へのお悔やみの言葉ってどうしたらいいの?」 「マナーを守ったお悔やみの言葉って?」 という疑問にお答えします。 葬儀に参列する際、遺族に会う機会は結構あります。 その際黙って通りすぎるのではなく、大切な人が亡くなって悲...(続きを読む トップ画像 喪服にコートは着ていいの?色や素材、着用時の葬儀マナーを解説 この記事では 「喪服にコートは着ていいのか」 「自分のコートを着ていきたいけど、葬儀にふさわしいのかわからない」 「葬儀にふさわしいコートとは」 という疑問にお答えします。 寒い日の葬儀の服装は悩みますよね。 今回はマナーを守りながら防寒対策できる服装に...(続きを読む トップ画像 国葬って実際いくらかかるの?何をするか、過去の国葬費用も紹介 2022年9月27日に日本武道館で安倍元首相の国葬が執り行われます。 元総理大臣を国費で弔うことやその費用が巨額であることから話題を集めている国葬。 今回は国葬とは実際にどのくらいの費用がかかるのか、国葬とはどんなことをするのか紹介します。...(続きを読む トップ画像 葬儀に供える花「供花」とは?送り方・花代の相場・名前の書き方のマナーを解説 この記事では、 「葬儀に供える供花とは?」 「葬儀に供花を送る方法」 「供花の種類、相場、失礼にならないマナー」 について紹介しています。 葬儀に行くと会場内や祭壇まわりなどに名札のついた美しい花が飾られていますよね。 それらの花のことを「供花」といいま...(続きを読む トップ画像 【高額】互助会の解約には手数料がかかる!?トラブル例や解約方法を紹介 インターネットでは「やばい」と評されることもある互助会。 便利なサービスですが、昨今の葬儀形態の変化や掛け金が満期になったために解約を考える方もいるでしょう。 しかし、互助会の解約には解約手数料がかかる場合があります。 解約手数料が高額なために解約をやめる方もいま...(続きを読む トップ画像 コロナ禍でも葬儀はできる?コロナ禍での葬儀事例・具体的な感染症対策を紹介 この記事は、 ・コロナ禍でも葬儀を行う方法を知りたい ・家族がコロナで亡くなった際の葬儀の方法を知りたい ・コロナ禍の葬儀に呼ばれた時の断り方を知りたい という疑問にお答えする記事です。 新型コロナウイルス感染症が広がって約3年。 コロナ禍になってから葬...(続きを読む トップ画像 国葬とは?歴史や国民葬との違いをご紹介 銃撃により亡くなった安倍晋三元総理の葬儀が、9月27日に国葬の形で行われる方向で調整されているという報道が話題になっています。 話題になっているものの「国葬ってなんだろう?」と疑問をお持ちの方も多いのではないでしょうか。 そこでこの記事では、国葬とは何か?国葬の...(続きを読む トップ画像 【男女・年代別】ユニクロで喪服は買える!マナーを守ったお手頃な略喪服を紹介 この記事では、 ・ユニクロで喪服は購入できるのか? ・ユニクロの喪服は葬儀でのマナー違反にならないのか? ・ユニクロ以外で安価にすぐ喪服を用意する方法は? という疑問にお答えします。 急に葬儀が入るも喪服がすぐ調達できないときや喪服をもっていないとき、身近...(続きを読む トップ画像 夏の葬儀の正しい服装とは?マナーと暑さ対策を解説 この記事では、 <b>・夏の葬儀での正しい服装とは何か ・マナーを守りながら暑さ対策する方法</b> について書いています。 どんどん気温が上がっていく夏の日。 悲しいことですが、猛暑の夏は人が亡くなりやすい時期でもあります。 もし夏の日の葬儀に参列...(続きを読む
▶すべての記事を見る