震災が起きたら葬儀はどうなる?東日本から約11年目

最新編集日:2022年03月17日

震災が起きたら葬儀はどうなる?東日本から約11年目

東日本大震災から約11年が経とうとしています。
この震災では約16,000人が亡くなり、約2000人もの方がいまだに行方不明です。

震災の時には、様々な部分で混乱が生じますが葬儀も例外ではありません。
同時に多くの方が亡くなる大震災。その時葬儀や火葬はどのように行われるのでしょうか?

この記事では東日本大震災のときの状況を振り返り、万が一首都直下が起きたときにどうなるかを各種資料から見てみましょう。

  

東日本大震災の時葬儀はどうなった?

それではまず、東日本大震災の時に葬儀や火葬がどのように行われたのかを振り返ります。

被災地では?

津波により甚大な被害を受けた東北地方。
中でも宮城県の沿岸部は特に大きな被害を受けました。

一度に数十人、数百人という死者が発生する中、沿岸部の各自治体の火葬場も被災していたため遺体を火葬することができないという状況に。
そこで「仮埋葬」という形で一度棺に納めて、土葬をし、改めて掘り起こして火葬を行うという措置が行われました。

東京都や内陸部の火葬場へ搬送され、そちらで火葬が行われることも。
2011年5月ごろには現地の火葬場も少しずつ復旧してきたため、掘起しが行われ始めました。
宮城県の葬儀社「清月記」の担当者によると、石巻市では、5月から8月中旬までの間で700人以上の遺体の掘り起こし作業が行われたとのことです。

仮埋葬が行われる際には、遺族が手を合わせることができましたが、掘起しの際には遺体の状況がよくないことなどから立ち合いができませんでした。
火葬を行った後の、拾骨は通常通り遺族の手によって行われました。

関東地方では?

関東地方では4月15日から10日間の間、葛飾区の四ツ木斎場を被災遺体専用斎場として、宮城県の身元不明のご遺体約500体を受け入れました。

関東地方では大きな揺れが発生し、建物の崩壊や火災などで東京都内だけでも100以上の方が、死傷しました。

首都直下型地震が来たら葬儀はどうなる?

万が一首都直下地震が起きたら火葬や、葬儀はどうなるでしょうか?
各種資料から抜粋して予測をご紹介します。

首都圏では、通常時でも火葬場の数が人口に対して足りておらず、冬場になると火葬場の予約が取れずに5日~10日ほど待つことも珍しくありません。

そのため震災が起き、一度に多くの方が亡くなった場合その処理が追い付かなくなることは容易に想像できます。
またもし火葬場自体が被災して火葬が行えなくなった場合には処理ができない遺体がより多くなることでしょう。
それでも追いつかない場合には、東日本大震災のときのように仮埋葬のことが行われる可能性もありますが、首都圏には土葬ができるような場所が少ないです。
そのためそもそも火葬場の被害を最小限に抑えるための、耐震、そして遺体が大量に発生してもとどめて置けるような安置設備の整備をすることが急務だとしている学者もいます。

東京都ではそのような事態に備えて、東京都広域火葬体制というものを備えています。
火葬の処理能力をいち早く把握し、対応しきれない場合には他の自治体への協力要請をし、円滑に火葬を進めるという方針です。
東日本大震災の時と同じように、他の都府県に協力を要請することになるでしょう。

被災した時の葬儀費用は?

被災をしたら、着の身着のままの状態で火葬のためのお金を持っていないこともあるでしょう。
その時葬儀費用はどうしたらいいのでしょうか?
そんな時のために「災害救助法」というものがあります。

この法律では災害時に、火葬など以外にも住民に必要な支援をすることが定められています。
その中に「埋葬」に関する項目があるので、火葬料金など最低限のところに関しては支援を受けることが可能。
しかし判断は自治体によるため、東日本大震災では支給がある自治体とない自治体があったり、支給があっても、火葬料のみだったりその搬送にかかる費用も含まれていたりと適用範囲も自治体ごとに異なります。


また東日本大震災では、葬儀社ごとにも対応が異なりました。
遺族に一切請求しなかった葬儀社もあれば、逆に震災時の対応ということで過大に請求した葬儀社などもあったようです。

この記事を書いた人

亀井 洋一 (葬儀の口コミ編集部)

東京都出身。親の葬儀を経験したことで葬儀業界に興味をもち、大学を卒業後葬儀社で勤務。10年の現場経験を経て、退職。
消費者に有益な情報を届けたいという想いから、現在「葬儀の口コミ」を運営している。

【知らなきゃ損】葬儀の情報一覧

トップ画像 葬儀費用の平均と安く抑える方法7選!誰が負担するのか、払えないときの対処法まで この記事は、 「葬儀の平均費用について知りたい」 「葬儀の費用を抑える方法について知りたい」 という方に向けて書いています。 葬儀社から見積もりを取ったものの、その金額か妥当かなかなか分かりづらいですよね。 今回は葬儀の平均費用と葬儀費用の抑え方も紹介しま...(続きを読む トップ画像 遺族へのお悔やみの言葉はなんて言ったらいいの?葬儀のマナーと気遣いのある一言 この記事では、 「葬儀で亡くなった遺族へのお悔やみの言葉ってどうしたらいいの?」 「マナーを守ったお悔やみの言葉って?」 という疑問にお答えします。 葬儀に参列する際、遺族に会う機会は結構あります。 その際黙って通りすぎるのではなく、大切な人が亡くなって悲...(続きを読む トップ画像 喪服にコートは着ていいの?色や素材、着用時の葬儀マナーを解説 この記事では 「喪服にコートは着ていいのか」 「自分のコートを着ていきたいけど、葬儀にふさわしいのかわからない」 「葬儀にふさわしいコートとは」 という疑問にお答えします。 寒い日の葬儀の服装は悩みますよね。 今回はマナーを守りながら防寒対策できる服装に...(続きを読む トップ画像 国葬って実際いくらかかるの?何をするか、過去の国葬費用も紹介 2022年9月27日に日本武道館で安倍元首相の国葬が執り行われます。 元総理大臣を国費で弔うことやその費用が巨額であることから話題を集めている国葬。 今回は国葬とは実際にどのくらいの費用がかかるのか、国葬とはどんなことをするのか紹介します。...(続きを読む トップ画像 葬儀に供える花「供花」とは?送り方・花代の相場・名前の書き方のマナーを解説 この記事では、 「葬儀に供える供花とは?」 「葬儀に供花を送る方法」 「供花の種類、相場、失礼にならないマナー」 について紹介しています。 葬儀に行くと会場内や祭壇まわりなどに名札のついた美しい花が飾られていますよね。 それらの花のことを「供花」といいま...(続きを読む トップ画像 【高額】互助会の解約には手数料がかかる!?トラブル例や解約方法を紹介 インターネットでは「やばい」と評されることもある互助会。 便利なサービスですが、昨今の葬儀形態の変化や掛け金が満期になったために解約を考える方もいるでしょう。 しかし、互助会の解約には解約手数料がかかる場合があります。 解約手数料が高額なために解約をやめる方もいま...(続きを読む トップ画像 コロナ禍でも葬儀はできる?コロナ禍での葬儀事例・具体的な感染症対策を紹介 この記事は、 ・コロナ禍でも葬儀を行う方法を知りたい ・家族がコロナで亡くなった際の葬儀の方法を知りたい ・コロナ禍の葬儀に呼ばれた時の断り方を知りたい という疑問にお答えする記事です。 新型コロナウイルス感染症が広がって約3年。 コロナ禍になってから葬...(続きを読む トップ画像 国葬とは?歴史や国民葬との違いをご紹介 銃撃により亡くなった安倍晋三元総理の葬儀が、9月27日に国葬の形で行われる方向で調整されているという報道が話題になっています。 話題になっているものの「国葬ってなんだろう?」と疑問をお持ちの方も多いのではないでしょうか。 そこでこの記事では、国葬とは何か?国葬の...(続きを読む トップ画像 【男女・年代別】ユニクロで喪服は買える!マナーを守ったお手頃な略喪服を紹介 この記事では、 ・ユニクロで喪服は購入できるのか? ・ユニクロの喪服は葬儀でのマナー違反にならないのか? ・ユニクロ以外で安価にすぐ喪服を用意する方法は? という疑問にお答えします。 急に葬儀が入るも喪服がすぐ調達できないときや喪服をもっていないとき、身近...(続きを読む トップ画像 夏の葬儀の正しい服装とは?マナーと暑さ対策を解説 この記事では、 <b>・夏の葬儀での正しい服装とは何か ・マナーを守りながら暑さ対策する方法</b> について書いています。 どんどん気温が上がっていく夏の日。 悲しいことですが、猛暑の夏は人が亡くなりやすい時期でもあります。 もし夏の日の葬儀に参列...(続きを読む
▶すべての記事を見る