葬儀社に問い合わせる前に考えておくポイント

最新編集日:2022年03月23日

葬儀社に問い合わせる前に考えておくポイント

葬儀は一生のうちにそう何度も経験をするものではありません。
そのため葬儀に関して「何が分からないかも分からない」という状態の人が多いはずです。

葬儀社に問い合わせると言っても何を聞けばいいのだろう?
予算の見積もりをするときには何を聞かれるのだろう?
という方のために、葬儀社に相談する前に考えておくべきポイントをお伝えします。

  

どんな形式で葬儀を行うか?

どのような形式で葬儀を行うかどうかを検討しておきましょう。

葬儀の形式は大きく分けると3種類です。
1つは通夜や葬儀などの式を行わずに、火葬だけを行う直葬・火葬式です。
もっとも時間と費用がかかりません。

2つ目は通夜を行わずに葬儀と火葬だけを1日で行う一日葬です。
火葬だけだと味気ない、寂しいけれども少し費用は抑えたいという方に選ばれています。
コロナ禍では、集まる時間が短くて済むことから一日葬を行う方が大幅に増えました。

3つ目は従来通り、通夜・葬儀と二日間にかけて行う葬儀です。
ゆっくりとお別れの時間を過ごすことができます。

詳細は打合せの中で決めていくにせよ、ある程度の形式は決めておいた方が見積もりなどが出しやすくなるでしょう。

どれくらいの人を呼ぶか

お葬式に呼ぶ人数によって、お葬式の規模が変わってきます。

会葬者の人数によって、料理や香典返しなど用意する量や式場の大きさ、それに合う祭壇の大きさなども変わってくるため、料金の変動も大きいです。

参列者を呼ばずに、家族や親しい友人だけで「家族葬」を行うのも選択肢の一つ。

故人の年齢や生前のお付き合いの広さなども鑑みて判断をしましょう。

どこに安置するか?

病院からご遺体を搬送する場所を考えておきましょう。

まずご自宅に安置できるかです。高層マンションに住んでいたり、ご近所の目に触れたくないなどの理由でご自宅に安置できない場合には、民間業者の安置施設や公営の安置施設、葬儀社の安置施設に搬送することになります。

安置場所を決めていないと、なりゆきで病院に紹介された葬儀社の安置所に搬送することになり、十分検討できぬまま葬儀を依頼するということにもなりかねないので注意しましょう

どこで葬儀を行うか?

どこで葬儀をするかも考えておきましょう。

最近では自宅で葬儀をすることが減り、葬儀社や自治体が運営する式場を借りて行うことが多いです。
式場を借りるとなると、その使用料がかかります。

故人や喪主となる人がその自治体の住民ならば、公営の斎場を利用すれば費用を抑えることができますが、人気が高いため混雑している可能性が高いです。

火葬場に併設、または隣接されているところを選べば移動や手間がかからずに済みますが、こちらも混雑している。

また、遠方からの参列者が多いようならば、アクセス面や宿泊の可否なども考慮に入れるといいでしょう。

宗教・宗派

家の宗教や宗派は確認しておきましょう。

菩提寺があれば、そちらに葬儀やその後の法要などをお願いすることが多いです。

菩提寺がなかったり、菩提寺があっても遠方でお坊さんを呼ぶことが難しければ葬儀社が同じ宗教・宗派のお坊さんを手配してくれます。
また、最近では宗教にこだわらない自由なスタイルで行う「無宗教葬」というのも増えているので、検討してみてもいいかもしれません。

ある程度の予算

葬儀の費用は何にどれくらいの費用がかかるのかが分かりずらく、何も要望を言わぬままに葬儀社の言いなりに決めていってしまうと、必要以上の費用がかかってしまう可能性があります。

お布施、会葬者へ振る舞う料理や返礼品などの値段を含めた、準備できる総額の予算をあらかじめきちんと伝えておきましょう。
もちろん予算内で必ず収まるとは限りませんが、あまりにも想定外の金額になることは防ぐことができます。

まとめ

問合せをする段階である程度、希望や要望などを考えて伝えておかないと、葬儀社の言いなりに物事を決めてしまいがちです。

特に、亡くなった後に葬儀社の検討をするとなると、なおさらです。
家族が亡くなった悲しみの中で色々なことを決めなくてはならず、悲しみと焦りの感情から色々考えるのが面倒くさくなってしまいがち。
「とりあえず無事に葬儀が終わればいい」という感情になる人が少なくないはずです。
そうして葬儀が終わって落ち着いてから、ああすればよかったと思い返して後悔したり、請求書を見て予想外の費用に驚愕するというのはよく聞く話。
そうならない為にも、事前にきちんと考えておくべきです。

上記のポイントを中心に考えをまとめてみましょう。

この記事を書いた人

亀井 洋一 (葬儀の口コミ編集部)

東京都出身。親の葬儀を経験したことで葬儀業界に興味をもち、大学を卒業後葬儀社で勤務。10年の現場経験を経て、退職。
消費者に有益な情報を届けたいという想いから、現在「葬儀の口コミ」を運営している。

【知らなきゃ損】葬儀の情報一覧

トップ画像 亡くなってから葬儀までの日数と葬儀の流れを解説!葬儀まで1週間かかるって本当? この記事では ・亡くなってから葬儀までの日数 ・亡くなってから葬儀までが長時間の場合どうするのか について書いています。 皆さんは、亡くなってから葬儀まではどのくらいの日数がかかるか知っていますか? 地域や時期の差もありますが、ところによっては1週間以上か...(続きを読む トップ画像 コロナで亡くなっても普通の葬儀が可能に。納体袋も不要。厚労省ガイドラインを見直し。 1月6日、「コロナで亡くなった方の葬儀に関するガイドライン」が改訂されました。 このガイドラインの改定により、コロナで亡くなった方でも納体袋に収めずに普通に葬儀ができるようになっていきます。 詳しく見ていきましょう。...(続きを読む トップ画像 「葬儀しない、墓もいらない」ときの供養の方法とは?遺族への頼み方・お墓を持たない方法を解説。 この記事では、 ・自分の葬儀をシンプルにしたい人 ・葬儀も墓も要らないとき、家族への伝え方が分からない人 ・お墓を持たずに供養する方法 について書いています。 日本の葬儀の平均費用は約190万円と言われています。 親族をはじめ、友人や会社関係の人まで参列...(続きを読む トップ画像 喪中の読み方、意味とは?忌中と喪中の違い、やってはいけないこと この記事では、 ・喪中・忌中の読み方と意味 ・喪中と忌中の違いについて ・喪中・忌中の間にやってはいけないこと ・喪中はがきの出し方 について紹介しています。 「喪中」や「忌中」という言葉は知っていても、 どのような意味なのか、どのように過ごせばいいの...(続きを読む トップ画像 戒名を付けるお金がないときどうする?戒名なしでの葬儀、安く戒名を付ける方法を解説 この記事は、 「戒名を付けるお金がないとき、どのような対処ができるのか」 「戒名を付けずに荼毘に付すことはできるのか」 「安く戒名を付けることはできるのか」 という疑問にお答えします。 戒名を付けるにはまとまったお金を僧侶にお支払いしなければなりません。 ...(続きを読む トップ画像 【解説】火葬場に行ってはいけない人とは?火葬に参列できるのはどこまで? 葬儀のあとに故人を荼毘にふす火葬場。 実は火葬場には誰でも入れるわけではありません。 火葬場に入れる人と入れない人がいることを知っているでしょうか。 この記事では、 ・火葬場に行ってはいけない人は誰か ・火葬場に行ってはいけない理由とは何か ・火葬場に参...(続きを読む トップ画像 喪服はしまむらで安く買える!お手頃でマナーを守ったアイテムを紹介【靴・小物もOK】 葬儀のお知らせは突然入ります。 昔購入した喪服が入らなかったり、持っていなかったりすると、早急に喪服を購入しなければなりません。 でも喪服ってなかなか高価で出費も痛いですよね…。 そこで、喪服を調達するのにオススメなのが「しまむら」です! 今回は、しまむ...(続きを読む トップ画像 喪服にタイツはOK!女性用喪服の足元マナー、最適なストッキングのデニール数は? 葬儀に参列するとなると、悩んでしまいがちな葬儀の足元マナー。 タイツやストッキングを履いていいのか、どのような色やデニールにしたらいいのか、マナーを守った服装を選ぶのは難しいですよね。 結論から言うと、葬儀にタイツは着用OKです。 今回は、 「葬儀にタイ...(続きを読む トップ画像 亡くなる前の兆候は目に現れる!そのとき家族ができること。後悔しない別れをするには 大切な人とのお別れはだれでも悲しいものです。 目が濁る・手が冷たくなるなど、人は亡くなる前になるといくつかの変化や予兆が見られる場合があります。 予兆の現れ方などを知っておくことで、心の準備や今できることがわかります。 この記事では、 「人が亡くなる前の兆候...(続きを読む トップ画像 葬儀費用の平均と安く抑える方法7選!誰が負担するのか、払えないときの対処法まで この記事は、 「葬儀の平均費用について知りたい」 「葬儀の費用を抑える方法について知りたい」 という方に向けて書いています。 葬儀社から見積もりを取ったものの、その金額か妥当かなかなか分かりづらいですよね。 今回は葬儀の平均費用と葬儀費用の抑え方も紹介しま...(続きを読む
▶すべての記事を見る