日本初の映画葬「さらば!千葉真一」お別れ会の概要と運営会社をご紹介

最新編集日:2022年02月01日

日本初の映画葬「さらば!千葉真一」お別れ会の概要と運営会社をご紹介

2022年1月22日(土)、東京都港区「増上寺 光摂殿」にて映画俳優の千葉真一さん(享年82)のお別れ会が開かれました。
『さらば!千葉真一』と名付けられ、過去の映像や写真がふんだんに映し出されたお別れ会。
その概要と、そんなお別れ会を実現した運営会社「株式会社セロニアス」についてご紹介します。

  

千葉さんが描いた富士山の祭壇

お別れ会で飾られた祭壇は、千葉真一さんが生前に書いた油絵を元に、白い富士山をモチーフにしたもの。
約4000本の菊や桔梗が用いられた豪華な祭壇で、千葉真一さんの壮大さが表現されていました。

千葉さんの人柄を表した遺影

千葉さんの人柄を表した遺影

遺影に使用された写真は、映画「戦国自衛隊」の撮影の際にオフショットとして撮影されたもの。
青空のもと、筋骨隆々の上半身裸でほほ笑む写真は、千葉真一さんの力強さと優しさが一枚で感じられるものとなっていました。

数々の映画や写真が映し出されたスクリーン

数々の映画や写真が映し出されたスクリーン

祭壇上に設置されたLEDスクリーンには、千葉真一さんが生前出演された映画作品、息子である新田真剣佑さん、眞栄田郷敦さんと肩を組む姿、またまだ2人が幼いころに親子3人でお風呂に入る姿などの写真が映し出されました。

また千葉真一さんの人生を振り返るメモリアルムービー、そして生前行われた千葉さんの芸能生活60周年記念パーティーの一部映像も公開。

60周年記念パーティーの映像の中では、千葉さんが恩人である高倉健さん、深作欣二監督、大山倍達さんへ感謝のメッセージを述べ、また眞栄田郷敦さんが吹くサックスに合わせて歌唱する姿。
まるでそこに千葉さんがいるような臨場感のある映像作品でした。

弔辞やコメントと連動したスクリーン

スクリーンには、弔辞やコメントが読まれている間、その所縁の画像が映し出されました。

息子である新田真剣佑さん、眞栄田郷敦さんはそれぞれ別の仕事のため、お別れ会には欠席でしたが、両名からの連名でのコメントが発表されました。
その際スクリーンに映し出されたのは、三人で肩を組んでいる写真、そして三人でお風呂に入っていると思われる幼少期の写真。


他にも、岡崎二朗さん、若山騎一郎さん、清水節子さん、義家弘介さんが弔辞を読まれた際には、スクリーンに千葉真一さんと弔辞を読まれている方々との所縁の写真が映し出されました。

故人の人生を作品にする「映画葬」

故人の人生を作品にする「映画葬」

今回のお別れ会は千葉真一さんの人生を映像や写真で振り返る日本初の「映画葬」として行われました。
手掛けたのは東京都大田区、稲城市に事務所を構える「株式会社セロニアス」です。


”感動葬儀”をモットーに遺族、参列者になにか温かいものを持って帰ってほしいという想いのもと、数々の葬儀を手掛けてきました。
音楽事業や映像事業も手掛けている株式会社セロニアスならではの、他にはない心に残る演出の葬儀を行うことができます。
写真を繋ぎ合わせたスライドショーのようなものは様々な葬儀社で作ることができますが、「映画」のような作品に仕立ててくれるのは、株式会社セロニアスだけ。
スタッフの中には、元大手テレビ局で映像編集をしていた方もいらっしゃいます。

今回の千葉真一さんのお別れ会でも、スクリーンにはまるで千葉真一さんの人生を表した「一本の映画」が映し出されているかのようでした。

一般の方でも、故人の生前の映像や写真をまとめて「映画」のような作品を作ることが可能。
「映像は持っていない」「写真が10枚ちょっとぐらいしかない」という場合でも、5分ほどの作品に仕上げくれるそうです。
葬儀で流すことで、遺族や参列者が故人を思い出し、偲ぶことができます。


また昨今では新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため、大人数を呼んでの葬儀ができなかったり、本来は呼びたかったはずの方を呼べないということもあるかもしれません。
そんな時でも故人の人生をあらわした映像をお送りして見ていただくことで、故人との思い出を振り返っていただくこともできます。

大切な人の映像作品を作ってみたい、自分自身の人生を振り返った映像を葬儀で流してほしい、そうお考えの方は一度株式会社セロニアスに問合せをしてみてはいかがでしょうか。

この記事を書いた人

亀井 洋一 (葬儀の口コミ編集部)

東京都出身。親の葬儀を経験したことで葬儀業界に興味をもち、大学を卒業後葬儀社で勤務。10年の現場経験を経て、退職。
消費者に有益な情報を届けたいという想いから、現在「葬儀の口コミ」を運営している。

【知らなきゃ損】葬儀の情報一覧

トップ画像 亡くなってから葬儀までの日数と葬儀の流れを解説!葬儀まで1週間かかるって本当? この記事では ・亡くなってから葬儀までの日数 ・亡くなってから葬儀までが長時間の場合どうするのか について書いています。 皆さんは、亡くなってから葬儀まではどのくらいの日数がかかるか知っていますか? 地域や時期の差もありますが、ところによっては1週間以上か...(続きを読む トップ画像 コロナで亡くなっても普通の葬儀が可能に。納体袋も不要。厚労省ガイドラインを見直し。 1月6日、「コロナで亡くなった方の葬儀に関するガイドライン」が改訂されました。 このガイドラインの改定により、コロナで亡くなった方でも納体袋に収めずに普通に葬儀ができるようになっていきます。 詳しく見ていきましょう。...(続きを読む トップ画像 「葬儀しない、墓もいらない」ときの供養の方法とは?遺族への頼み方・お墓を持たない方法を解説。 この記事では、 ・自分の葬儀をシンプルにしたい人 ・葬儀も墓も要らないとき、家族への伝え方が分からない人 ・お墓を持たずに供養する方法 について書いています。 日本の葬儀の平均費用は約190万円と言われています。 親族をはじめ、友人や会社関係の人まで参列...(続きを読む トップ画像 喪中の読み方、意味とは?忌中と喪中の違い、やってはいけないこと この記事では、 ・喪中・忌中の読み方と意味 ・喪中と忌中の違いについて ・喪中・忌中の間にやってはいけないこと ・喪中はがきの出し方 について紹介しています。 「喪中」や「忌中」という言葉は知っていても、 どのような意味なのか、どのように過ごせばいいの...(続きを読む トップ画像 戒名を付けるお金がないときどうする?戒名なしでの葬儀、安く戒名を付ける方法を解説 この記事は、 「戒名を付けるお金がないとき、どのような対処ができるのか」 「戒名を付けずに荼毘に付すことはできるのか」 「安く戒名を付けることはできるのか」 という疑問にお答えします。 戒名を付けるにはまとまったお金を僧侶にお支払いしなければなりません。 ...(続きを読む トップ画像 【解説】火葬場に行ってはいけない人とは?火葬に参列できるのはどこまで? 葬儀のあとに故人を荼毘にふす火葬場。 実は火葬場には誰でも入れるわけではありません。 火葬場に入れる人と入れない人がいることを知っているでしょうか。 この記事では、 ・火葬場に行ってはいけない人は誰か ・火葬場に行ってはいけない理由とは何か ・火葬場に参...(続きを読む トップ画像 喪服はしまむらで安く買える!お手頃でマナーを守ったアイテムを紹介【靴・小物もOK】 葬儀のお知らせは突然入ります。 昔購入した喪服が入らなかったり、持っていなかったりすると、早急に喪服を購入しなければなりません。 でも喪服ってなかなか高価で出費も痛いですよね…。 そこで、喪服を調達するのにオススメなのが「しまむら」です! 今回は、しまむ...(続きを読む トップ画像 喪服にタイツはOK!女性用喪服の足元マナー、最適なストッキングのデニール数は? 葬儀に参列するとなると、悩んでしまいがちな葬儀の足元マナー。 タイツやストッキングを履いていいのか、どのような色やデニールにしたらいいのか、マナーを守った服装を選ぶのは難しいですよね。 結論から言うと、葬儀にタイツは着用OKです。 今回は、 「葬儀にタイ...(続きを読む トップ画像 亡くなる前の兆候は目に現れる!そのとき家族ができること。後悔しない別れをするには 大切な人とのお別れはだれでも悲しいものです。 目が濁る・手が冷たくなるなど、人は亡くなる前になるといくつかの変化や予兆が見られる場合があります。 予兆の現れ方などを知っておくことで、心の準備や今できることがわかります。 この記事では、 「人が亡くなる前の兆候...(続きを読む トップ画像 葬儀費用の平均と安く抑える方法7選!誰が負担するのか、払えないときの対処法まで この記事は、 「葬儀の平均費用について知りたい」 「葬儀の費用を抑える方法について知りたい」 という方に向けて書いています。 葬儀社から見積もりを取ったものの、その金額か妥当かなかなか分かりづらいですよね。 今回は葬儀の平均費用と葬儀費用の抑え方も紹介しま...(続きを読む
▶すべての記事を見る