親の葬儀に参列しないのは非常識?どうしても参列できない時の対処法

最新編集日:2022年02月05日

親の葬儀に参列しないのは非常識?どうしても参列できない時の対処法

血のつながった親でも、何らかの理由で葬儀に参列できない、したくないこともあるかもしれません。
その時にはどのように対処したらいいでしょうか?

親の葬儀に参列しない例や、その時の対処法についてご紹介します。

親の葬儀に参列できない場合

まずは事情により親の葬儀に参列「できない」場合です。

親の葬儀に参列できない事情として考えられるのは、仕事の都合、体調の問題、新型コロナウイルスの影響を考えて......などです。
実際コロナ禍で、仕事で海外にいるときに親が亡くなり、葬儀に参列できなかったというケースは少なくありません。
新型コロナウイルスで亡くなった千葉真一さんの長男である真剣佑さんも、海外での撮影があったために火葬や四十九日法要に立ち会うことができませんでした。

もし仕事の都合などで、葬儀の日程をずれせるのであればそれに越したことはありませんが、どうしても無理な場合は仕方ないことです。
他の親族に事情を説明して理解を得るしかありません。

葬儀前後で故人を供養できるタイミングがあれば、そのときにしっかりと弔ってあげましょう。

関連する記事関連記事画像日本初の映画葬「さらば!千葉真一」お別れ会の概要と運営会社をご紹介2022年1月22日(土)、東京都港区「増上寺 光摂殿」にて映画俳優の千葉真一さん(享年82)のお別れ会が開かれました。 『さらば!千葉真一』と名付けられ、過去の映像や写真がふんだんに映し出されたお別れ会。 その概要と、そんなお別れ会を実現した運営会社「株式会社セロ...(続きを読む

親の葬儀に参列したくない場合

次に親の葬儀に参列「したくない」場合です。

「親との関係性が悪かった」「兄弟と仲が悪い」「宗教が合わない」などの理由で、どうしても葬儀に出たくないという理由が考えられます。

もちろん周りから見たら「非常識」と思われるかもしれませんが、葬儀に参列したくないということは周りの人には分からない事情があるのでしょうから、周りの声を気にする必要はありません。
ただ考えなければならないのは「今後の親族との関係性」と「自分が後悔しないか」の2つです。

親の葬儀に参列しないというのは、親に暴力を受けていた、お金をしきりにせびられていたなどの事情があり、それを親族が知っていた場合などを除いたら、反感を買う行為かもしれません。
今後の親戚づきあいに亀裂が入ってしまうことも考えられます。

また遺産相続の際にももめる可能性があります。
士業の方を通して形式的・事務的に進めていくという方法もありますが、もし今後有効な親戚づきあいを継続していこうと考えているのであれば、葬儀に参列することを検討してみましょう。

2つ目の「自分が後悔しないか」
こちらに関しては「後悔先に立たず」なので、判断できるものではないかもしれません。
少しでも「後悔するかな」と思うのであれば行くべきでしょう。
葬儀が終わってしまった後では、供養をすることはできますが、もう直接「故人の顔」を見ることはできません。

反対に「行くことでトラウマが蘇る可能性がある」など葬儀に参列した後のメンタルに悪い影響を及ぼす危険性があるのであれば参列をしなくていいと考えられます。

もし参列をしなかったことに後悔をしたなら、お墓参りに行くなど出来うる最大限の供養をしましょう。

自分が喪主になる立場だったら?

親の葬儀に参列しないけど、長男、長女などで自分が本来喪主になる立場だった場合にはどう対処したらいいでしょうか?

自分以外の親族がいる場合

喪主は一般的には故人から一番近い立場の人が行うとされていますが「誰がしなければならない」という決まりはありません。
自分以外に親族がいれば、事情を分かってくれる、または次に故人に近い立場の人に依頼をしましょう。

自分しか身内がいない場合

身寄りがいないと思われる方が亡くなった場合、役所で生活保護葬というものを行うことがあります。
しかしそれは税金を用いるものということもあり、役所は身内を探そうとします。
そして見つけると引き取って葬儀を行ってほしいという連絡をします。

もしその連絡が自分に来て、どうしてもそれを拒否したい場合はどうしたらいいでしょうか。
戸籍上親子であれば、基本的には拒否はできず火葬をすることは義務となります。
ただ完全に「知らない」を貫けば、結局各市区町村で火葬を行い、無縁墓に入ることになります。

また遺体の引き取りを拒否することと、相続関係は別問題です。
もし相続も放棄する場合には、死亡を知ってから3か月以内に家庭裁判所に届け出をする必要があります。

まとめ

親の葬儀に参列するか否か、参列「できない」事情があるならば心苦しいですが「仕方ない」と割り切るしかありません。
参列「したくない」場合には、今後の親族との関係性、自分が後悔しないかどうかをじっくり考えましょう。

この記事を書いた人

亀井 洋一

東京都出身。親の葬儀を経験したことで葬儀業界に興味をもち、大学を卒業後葬儀社で勤務。10年の現場経験を経て、退職。
消費者に有益な情報を届けたいという想いから、現在「葬儀の口コミ」を運営している。

【知らなきゃ損】葬儀の情報一覧

トップ画像家族葬・葬儀の見積書を見ても理解できない!見積りを簡単に比較する方法少し前までは「葬儀の事前準備をするなんて不謹慎な!」という方も多くいらっしゃいましたが、「終活」という言葉も生まれ、事前に葬儀の相談をするのが当たり前の時代になりました。 ただ、数社から葬儀社から見積書を取り寄せたのはいいが「何を比較すれば良いかわからない」「どの...(続きを読むトップ画像【業界激震】東京23区で火葬場に直接葬儀を依頼できるようにー東京博善と公益社が提携通常、火葬場を利用する際には葬儀社に依頼をする必要があり、火葬場に連絡をしても「葬儀社さんを通してください」と言われることがほとんどです。 しかし2022年7月から東京23区内の6つの火葬場で、火葬場に直接連絡をしても葬儀を行うことができるようになります。 どう...(続きを読むトップ画像葬儀社をキャンセルするとキャンセル料がかかる?大切な方が亡くなって慌てて葬儀社に搬送をお願いしたけど、出してもらった見積もりが高かった......。 そこで葬儀社をキャンセルしたいと思ったときに気になるのが、キャンセル料を取られるのか、そもそもキャンセルができるのかどうかではないでしょうか。 この記事では葬...(続きを読むトップ画像葬儀社を始めるのに許可はいらない?葬儀社を認可制にする動き特別な資格が必要な葬儀社ですが、実は認可制・届け出制ではないことをご存知でしょうか? そのため実際に葬儀社がどのくらいあるのかが分からなかったり、災害時や今回のコロナ禍などに情報伝達がうまくいかないことも。 そこで葬儀社を届け出制にする、という動きが少しずつ始ま...(続きを読むトップ画像2021年の葬儀から見る「今年の葬儀の決め方」2022年になり、既に1か月が経ちました。未だコロナの脅威は衰えず、思ったように行動できない日々を過ごしていることと思います。 今回は2021年を振り返り、去年の葬儀形式のトレンド、今後葬儀業界がどうなっていくかを調査していきましょう。なお、今回の調査は過去1年の当社...(続きを読むトップ画像親の葬儀に参列しないのは非常識?どうしても参列できない時の対処法血のつながった親でも、何らかの理由で葬儀に参列できない、したくないこともあるかもしれません。 その時にはどのように対処したらいいでしょうか? 親の葬儀に参列しない例や、その時の対処法についてご紹介します。...(続きを読むトップ画像日本初の映画葬「さらば!千葉真一」お別れ会の概要と運営会社をご紹介2022年1月22日(土)、東京都港区「増上寺 光摂殿」にて映画俳優の千葉真一さん(享年82)のお別れ会が開かれました。 『さらば!千葉真一』と名付けられ、過去の映像や写真がふんだんに映し出されたお別れ会。 その概要と、そんなお別れ会を実現した運営会社「株式会社セロ...(続きを読むトップ画像雪が降ったら葬儀はどうなる?今年も1月に雪が降りました。 雪が降ると公共交通機関や道路状況に様々な影響が及びます。 葬儀当日に雪が降った場合にはどのような影響があるのでしょうか? 雪が葬儀に及ぼす影響や対処法、葬儀に参列する際の注意点などをご紹介します。...(続きを読むトップ画像震災が起きたら葬儀はどうなる?東日本から約11年目東日本大震災から約11年が経とうとしています。 この震災では約16,000人が亡くなり、約2000人もの方がいまだに行方不明です。 震災の時には、様々な部分で混乱が生じますが葬儀も例外ではありません。 同時に多くの方が亡くなる大震災。その時葬儀や火葬はどのよう...(続きを読むトップ画像遺言書の強制力は?葬儀について書かれてたらどうする?亡くなる前に故人が残した遺言書。 それにはどのくらいの効力があるのか、遺言書に書かれている内容に従わなかった時にどうなるのか、気になる方が多いのではないでしょうか。 ここでは遺言書の強制力について葬儀について書かれていた場合なども含めて詳しく解説していきます。...(続きを読む
▶すべての記事を見る