葬儀社を始めるのに許可はいらない?葬儀社を認可制にする動き

最新編集日:2022年02月20日

葬儀社を始めるのに許可はいらない?葬儀社を認可制にする動き

特別な資格が必要な葬儀社ですが、実は認可制・届け出制ではないことをご存知でしょうか?

そのため実際に葬儀社がどのくらいあるのかが分からなかったり、災害時や今回のコロナ禍などに情報伝達がうまくいかないことも。
そこで葬儀社を届け出制にする、という動きが少しずつ始まっています。

この記事で詳しく解説します。

葬儀社を始めるのに許可はいらない?

葬儀社を行うために、特別な許可や届け出は必要ありません。
資本金があり道具が用意出来れば、開業届を出して誰でも始めようと思えば始めることはできます。

※故人を搬送する寝台車を運用するためには、許可が必要です。

葬儀社が許認可制・届け出制でないことの弊害

葬儀社の届け出制が検討し始められた背景には、葬儀社を始めるにあたって許認可や特別な届け出が必要ないことによって、様々な弊害が生じたことがあります。

どのような弊害があったのでしょうか。

災害時の連絡網がない

届け出制でないことから、どこにどのくらいの規模の葬儀社が何社あるのか、ということを把握することが困難な状況になっています。

そのため、地震などの災害が起きて一度にたくさんの方が亡くなったり、火葬場が使えない状況になった場合などに、葬祭業者に網羅的に連絡を取ることができません。
また反対に現場の状況を政府などに伝える際に、一元的に情報を集められる体制になっておらず現場の声がしかるべきところに届かない可能性もあります。

昨今の新型コロナウイルス感染症蔓延の際にも、葬儀社はどのような対応をしたらいいのかなどの情報が、すべての葬儀社に円滑に届く仕組みがなかったため、混乱に陥りました。
また自治体ごとのことなで亡くなった方の状況や、葬儀社がどのような対応をしているかなどの現場の状況を円滑に然るべき場所に情報を集める仕組みもなく、ある程度個別の葬儀社がそれぞれの判断で動くことが求められることに。


遺体の処置や搬送、火葬は衛生に大きく関わる問題です。
それを担う葬儀社と国で、一元的に情報の交換をできる仕組みが構築されていないことは、災害時の混乱を考えると大きな課題と言えるでしょう。

消費者トラブルの増加

許認可制ではないため、葬儀社を行うための一定の条件などもありません。
そのため葬儀社ごとにサービスの品質や価格に大きなばらつきがあるのが事実です。

また高齢化社会を迎える中で、他業種からも葬儀業への参入が相次いでいます。
中でも低価格をうたうネット系の葬儀サービスが台頭し、HP上で実際とは異なる「追加費用なし」などの不当表示などが問題となりました。
そうしたことから費用やサービス内容による消費者トラブルが増加。

葬儀社をやることに一定の条件などが設けられていないことから、サービスの低下などの事態が起きてしまい、消費者の不利益に繋がりかねない状況になっています。

葬儀社の届け出制に関する動き

葬儀社を届け出制にする流れは、全国の葬儀社の組合である全日本葬祭業協同組合連合会からの提言から始まりました。
全日本葬祭業協同組合連合会が数年前から厚労省などの様々な機関に、葬儀社の届け出制の必要を要請してきており、2020年の1月に経済産業省、厚労省、消費者庁の3庁と会合を行い、ヒアリングを受けました。

そして2020年12月の参議院予算委員会において、公明党の山本香苗参議が葬儀社の届け出制などの法規制についての政府の対応を尋ねました。
国会において、葬儀社の届け出制に関して言及されたのはこれが初めてのことです。

それに対して厚労省の佐藤英道副大臣が「国内外の実態調査に取り組んでいく」と明言をしました。

国会の審議での言及されたことは届け出制導入への大きな一歩となったと言えます。

安心できる葬儀社を選ぶには?

葬儀社を行うにあたって許認可や届け出が必要ないため、葬儀社のサービスの質や費用には大きなばらつきがあります。
そんななかでどのように安心できる葬儀社を選べばいいのでしょうか?

一番大切なのは「直接話を聞くこと」です。
葬儀費用やサービスの質内容はある程度の相場はあるものの、家族の状況や要望によって大きく変わってきます。
そのため電話でも会ってでもいいので、2、3社ほどは実際に話をしてみることをオススメします。

そして実際の葬儀の内容や費用はもちろんのこと、電話に出た人の応対や話を聞いてくれるかなど「ここに大切な人の最後を任せても大丈夫そう」と思えるかどうかも重要です。

まずは電話で問合せをしてみましょう。
その際には、葬儀を行いたい地域に近い葬儀社の中から口コミや評判を元にピックアップしてみてください。

「葬儀の口コミ」では、地域別に口コミや評判のいい葬儀社を紹介しています。
該当の地域から探してみてください。

この記事を書いた人

亀井 洋一

東京都出身。親の葬儀を経験したことで葬儀業界に興味をもち、大学を卒業後葬儀社で勤務。10年の現場経験を経て、退職。
消費者に有益な情報を届けたいという想いから、現在「葬儀の口コミ」を運営している。

【知らなきゃ損】葬儀の情報一覧

トップ画像家族葬・葬儀の見積書を見ても理解できない!見積りを簡単に比較する方法少し前までは「葬儀の事前準備をするなんて不謹慎な!」という方も多くいらっしゃいましたが、「終活」という言葉も生まれ、事前に葬儀の相談をするのが当たり前の時代になりました。 ただ、数社から葬儀社から見積書を取り寄せたのはいいが「何を比較すれば良いかわからない」「どの...(続きを読むトップ画像【業界激震】東京23区で火葬場に直接葬儀を依頼できるようにー東京博善と公益社が提携通常、火葬場を利用する際には葬儀社に依頼をする必要があり、火葬場に連絡をしても「葬儀社さんを通してください」と言われることがほとんどです。 しかし2022年7月から東京23区内の6つの火葬場で、火葬場に直接連絡をしても葬儀を行うことができるようになります。 どう...(続きを読むトップ画像葬儀社をキャンセルするとキャンセル料がかかる?大切な方が亡くなって慌てて葬儀社に搬送をお願いしたけど、出してもらった見積もりが高かった......。 そこで葬儀社をキャンセルしたいと思ったときに気になるのが、キャンセル料を取られるのか、そもそもキャンセルができるのかどうかではないでしょうか。 この記事では葬...(続きを読むトップ画像葬儀社を始めるのに許可はいらない?葬儀社を認可制にする動き特別な資格が必要な葬儀社ですが、実は認可制・届け出制ではないことをご存知でしょうか? そのため実際に葬儀社がどのくらいあるのかが分からなかったり、災害時や今回のコロナ禍などに情報伝達がうまくいかないことも。 そこで葬儀社を届け出制にする、という動きが少しずつ始ま...(続きを読むトップ画像2021年の葬儀から見る「今年の葬儀の決め方」2022年になり、既に1か月が経ちました。未だコロナの脅威は衰えず、思ったように行動できない日々を過ごしていることと思います。 今回は2021年を振り返り、去年の葬儀形式のトレンド、今後葬儀業界がどうなっていくかを調査していきましょう。なお、今回の調査は過去1年の当社...(続きを読むトップ画像親の葬儀に参列しないのは非常識?どうしても参列できない時の対処法血のつながった親でも、何らかの理由で葬儀に参列できない、したくないこともあるかもしれません。 その時にはどのように対処したらいいでしょうか? 親の葬儀に参列しない例や、その時の対処法についてご紹介します。...(続きを読むトップ画像日本初の映画葬「さらば!千葉真一」お別れ会の概要と運営会社をご紹介2022年1月22日(土)、東京都港区「増上寺 光摂殿」にて映画俳優の千葉真一さん(享年82)のお別れ会が開かれました。 『さらば!千葉真一』と名付けられ、過去の映像や写真がふんだんに映し出されたお別れ会。 その概要と、そんなお別れ会を実現した運営会社「株式会社セロ...(続きを読むトップ画像雪が降ったら葬儀はどうなる?今年も1月に雪が降りました。 雪が降ると公共交通機関や道路状況に様々な影響が及びます。 葬儀当日に雪が降った場合にはどのような影響があるのでしょうか? 雪が葬儀に及ぼす影響や対処法、葬儀に参列する際の注意点などをご紹介します。...(続きを読むトップ画像震災が起きたら葬儀はどうなる?東日本から約11年目東日本大震災から約11年が経とうとしています。 この震災では約16,000人が亡くなり、約2000人もの方がいまだに行方不明です。 震災の時には、様々な部分で混乱が生じますが葬儀も例外ではありません。 同時に多くの方が亡くなる大震災。その時葬儀や火葬はどのよう...(続きを読むトップ画像遺言書の強制力は?葬儀について書かれてたらどうする?亡くなる前に故人が残した遺言書。 それにはどのくらいの効力があるのか、遺言書に書かれている内容に従わなかった時にどうなるのか、気になる方が多いのではないでしょうか。 ここでは遺言書の強制力について葬儀について書かれていた場合なども含めて詳しく解説していきます。...(続きを読む
▶すべての記事を見る