葬儀社をキャンセルするとキャンセル料がかかる?

最新編集日:2022年03月10日

葬儀社をキャンセルするとキャンセル料がかかる?

大切な方が亡くなって慌てて葬儀社に搬送をお願いしたけど、出してもらった見積もりが高かった......。

そこで葬儀社をキャンセルしたいと思ったときに気になるのが、キャンセル料を取られるのか、そもそもキャンセルができるのかどうかではないでしょうか。
この記事では葬儀社をキャンセルする際にかかる費用や注意点について解説をします。

  

契約書がなければ「キャンセル料」はかからない

契約書がなければ「キャンセル料」はかからない

まず搬送を頼んだ後に金額の折り合いが合わなかったり、担当者とそりが合わない場合などに葬儀社をキャンセルすることは全く問題のないことです。

その場合、正式にキャンセル料などについて書かれた契約書などを交わしていない場合にはキャンセル料を払う必要はありません。
もしキャンセル料という名目で納得のいかない請求があった場合には、消費者センターに相談をしましょう。

使ったものは請求される

使ったものは請求される

しかし搬送から安置にかけて使った備品や人件費などは請求されます。
亡くなった場所から安置場所までの搬送料金(寝台車や人件費など)、遺体の腐敗を防ぐためのドライアイス代、安置室を使用した場合の使用料、枕飾りなどです。

費用は葬儀社によって異なりますが、通常プラン料金に入っているものから単品計算で清算した場合割高になる可能性もあります。

県をまたぐような長い搬送距離だったり1週間以上安置していた場合を除いては、相場としては約5~10万円ほどです。
あまりに相場からそれた高い費用を請求された場合にはきちんと明細をもらい、納得がいかない場合には消費者センターに相談してみましょう。

「費用面」でキャンセルする場合には総額で判断

「費用面」でキャンセルする場合には総額で判断

もし「見積もりしてもらった費用が高い」という理由でキャンセルを考えている場合には、新たに依頼する葬儀社に払う費用+搬送を依頼した葬儀社に払わなければならない費用の総額で判断をしましょう。

最初に出された見積りが法外の費用でない限り、同じ内容であればキャンセルをして2つの葬儀社に払う費用が、最初に出してもらった見積もりよりも高いということは十分にあり得ます。

もし金額面ではなく「スタッフの態度が悪かった」「そりが合わなかった」という理由であれば、多少金額がオーバーしたとしても変更を検討してもいいでしょう。
後悔のない葬儀のためには担当者との相性はとっても重要です。

「スタッフ」が原因なら会社に電話

「スタッフ」が原因なら会社に電話

もし「スタッフの態度が悪かった」「そりが合わなかった」という場合、もし個人や少人数の葬儀社でない場合には、キャンセルをする前に一度担当ではなく葬儀社に直接連絡をしてみましょう。
場合によっては、担当を変えてくれて解決するかもしれません。
葬儀社としてもキャンセルをされることは避けたいので、手を打ってくれる可能性があります。

また担当者に直接キャンセルを伝えると、当然担当としてはキャンセルされたくないので、高くなるとか予約が引き継げないなどと言って、断れない状況を作ってくる場合もあります。

そのため担当を変えてもらうにせよ、キャンセルするにせよ会社に直接連絡をすることをオススメします。

日程が変更になる可能性に注意

日程が変更になる可能性に注意

現在依頼している葬儀社が式場や火葬場を予約している場合、そのまま予約を引き継げる場合もあれば、一度キャンセルをして新しい葬儀社が予約をし直す必要があることもあります。

またもし葬儀社の自社式場を使用する予定だった場合などには、そこが使えなくなりますので式場を選びなおして予約をする必要があります。
葬儀日程が変更になる可能性もあるので、その点は新たに依頼をする葬儀社に確認をしておきましょう。

キャンセルの手続き・引継ぎは葬儀社に任せる

キャンセルの手続き・引継ぎは葬儀社に任せる

搬送してもらった葬儀社をキャンセルして新しい葬儀社に依頼をする場合、遺体を受け渡したり、式場や火葬場の予約を引き継いだり、予約を取り直したりする必要があります。

引継ぎなどは葬儀社同士の方がスムーズにいくため、基本的に新しく依頼する葬儀社に状況を話して、搬送をお願いした葬儀社名や連絡先を伝えたうえで直接連絡をしてもらった方がいいでしょう。
もちろんキャンセルする旨と、新たに依頼した葬儀社の名前、直接連絡が行く旨は自身で伝える必要があります。

事前相談をオススメ

事前相談をオススメ

家族が亡くなった後は、悲しみに暮れる中でも急いで葬儀社を決めなければなりません。
そのような状況では冷静な判断ができずに、検討をする暇もなく病院などに紹介された葬儀社に依頼をすることになるでしょう。

冷静になって見積りをもらってから、他と比較検討してキャンセルを検討して、新しいところに引継ぎをしてもらって……。となると精神的にも負担になります。


そうならないように、生前から事前相談をしておくことをオススメします。
「葬儀の口コミ」では事前相談に対応している葬儀社を、地域ごとに検索をすることができ、口コミ・評判から比較が可能。
無料で相談もできるので、葬儀をしたい地域に近いところから、口コミ・評判を参考に選んで問合せをしてみてください。

この記事を書いた人

亀井 洋一 (葬儀の口コミ編集部)

東京都出身。親の葬儀を経験したことで葬儀業界に興味をもち、大学を卒業後葬儀社で勤務。10年の現場経験を経て、退職。
消費者に有益な情報を届けたいという想いから、現在「葬儀の口コミ」を運営している。

【知らなきゃ損】葬儀の情報一覧

トップ画像 亡くなってから葬儀までの日数と葬儀の流れを解説!葬儀まで1週間かかるって本当? この記事では ・亡くなってから葬儀までの日数 ・亡くなってから葬儀までが長時間の場合どうするのか について書いています。 皆さんは、亡くなってから葬儀まではどのくらいの日数がかかるか知っていますか? 地域や時期の差もありますが、ところによっては1週間以上か...(続きを読む トップ画像 コロナで亡くなっても普通の葬儀が可能に。納体袋も不要。厚労省ガイドラインを見直し。 1月6日、「コロナで亡くなった方の葬儀に関するガイドライン」が改訂されました。 このガイドラインの改定により、コロナで亡くなった方でも納体袋に収めずに普通に葬儀ができるようになっていきます。 詳しく見ていきましょう。...(続きを読む トップ画像 「葬儀しない、墓もいらない」ときの供養の方法とは?遺族への頼み方・お墓を持たない方法を解説。 この記事では、 ・自分の葬儀をシンプルにしたい人 ・葬儀も墓も要らないとき、家族への伝え方が分からない人 ・お墓を持たずに供養する方法 について書いています。 日本の葬儀の平均費用は約190万円と言われています。 親族をはじめ、友人や会社関係の人まで参列...(続きを読む トップ画像 喪中の読み方、意味とは?忌中と喪中の違い、やってはいけないこと この記事では、 ・喪中・忌中の読み方と意味 ・喪中と忌中の違いについて ・喪中・忌中の間にやってはいけないこと ・喪中はがきの出し方 について紹介しています。 「喪中」や「忌中」という言葉は知っていても、 どのような意味なのか、どのように過ごせばいいの...(続きを読む トップ画像 戒名を付けるお金がないときどうする?戒名なしでの葬儀、安く戒名を付ける方法を解説 この記事は、 「戒名を付けるお金がないとき、どのような対処ができるのか」 「戒名を付けずに荼毘に付すことはできるのか」 「安く戒名を付けることはできるのか」 という疑問にお答えします。 戒名を付けるにはまとまったお金を僧侶にお支払いしなければなりません。 ...(続きを読む トップ画像 【解説】火葬場に行ってはいけない人とは?火葬に参列できるのはどこまで? 葬儀のあとに故人を荼毘にふす火葬場。 実は火葬場には誰でも入れるわけではありません。 火葬場に入れる人と入れない人がいることを知っているでしょうか。 この記事では、 ・火葬場に行ってはいけない人は誰か ・火葬場に行ってはいけない理由とは何か ・火葬場に参...(続きを読む トップ画像 喪服はしまむらで安く買える!お手頃でマナーを守ったアイテムを紹介【靴・小物もOK】 葬儀のお知らせは突然入ります。 昔購入した喪服が入らなかったり、持っていなかったりすると、早急に喪服を購入しなければなりません。 でも喪服ってなかなか高価で出費も痛いですよね…。 そこで、喪服を調達するのにオススメなのが「しまむら」です! 今回は、しまむ...(続きを読む トップ画像 喪服にタイツはOK!女性用喪服の足元マナー、最適なストッキングのデニール数は? 葬儀に参列するとなると、悩んでしまいがちな葬儀の足元マナー。 タイツやストッキングを履いていいのか、どのような色やデニールにしたらいいのか、マナーを守った服装を選ぶのは難しいですよね。 結論から言うと、葬儀にタイツは着用OKです。 今回は、 「葬儀にタイ...(続きを読む トップ画像 亡くなる前の兆候は目に現れる!そのとき家族ができること。後悔しない別れをするには 大切な人とのお別れはだれでも悲しいものです。 目が濁る・手が冷たくなるなど、人は亡くなる前になるといくつかの変化や予兆が見られる場合があります。 予兆の現れ方などを知っておくことで、心の準備や今できることがわかります。 この記事では、 「人が亡くなる前の兆候...(続きを読む トップ画像 葬儀費用の平均と安く抑える方法7選!誰が負担するのか、払えないときの対処法まで この記事は、 「葬儀の平均費用について知りたい」 「葬儀の費用を抑える方法について知りたい」 という方に向けて書いています。 葬儀社から見積もりを取ったものの、その金額か妥当かなかなか分かりづらいですよね。 今回は葬儀の平均費用と葬儀費用の抑え方も紹介しま...(続きを読む
▶すべての記事を見る