葬儀社をキャンセルするとキャンセル料がかかる?

最新編集日:2022年03月10日

葬儀社をキャンセルするとキャンセル料がかかる?

大切な方が亡くなって慌てて葬儀社に搬送をお願いしたけど、出してもらった見積もりが高かった......。

そこで葬儀社をキャンセルしたいと思ったときに気になるのが、キャンセル料を取られるのか、そもそもキャンセルができるのかどうかではないでしょうか。
この記事では葬儀社をキャンセルする際にかかる費用や注意点について解説をします。

  

契約書がなければ「キャンセル料」はかからない

契約書がなければ「キャンセル料」はかからない

まず搬送を頼んだ後に金額の折り合いが合わなかったり、担当者とそりが合わない場合などに葬儀社をキャンセルすることは全く問題のないことです。

その場合、正式にキャンセル料などについて書かれた契約書などを交わしていない場合にはキャンセル料を払う必要はありません。
もしキャンセル料という名目で納得のいかない請求があった場合には、消費者センターに相談をしましょう。

使ったものは請求される

使ったものは請求される

しかし搬送から安置にかけて使った備品や人件費などは請求されます。
亡くなった場所から安置場所までの搬送料金(寝台車や人件費など)、遺体の腐敗を防ぐためのドライアイス代、安置室を使用した場合の使用料、枕飾りなどです。

費用は葬儀社によって異なりますが、通常プラン料金に入っているものから単品計算で清算した場合割高になる可能性もあります。

県をまたぐような長い搬送距離だったり1週間以上安置していた場合を除いては、相場としては約5~10万円ほどです。
あまりに相場からそれた高い費用を請求された場合にはきちんと明細をもらい、納得がいかない場合には消費者センターに相談してみましょう。

「費用面」でキャンセルする場合には総額で判断

「費用面」でキャンセルする場合には総額で判断

もし「見積もりしてもらった費用が高い」という理由でキャンセルを考えている場合には、新たに依頼する葬儀社に払う費用+搬送を依頼した葬儀社に払わなければならない費用の総額で判断をしましょう。

最初に出された見積りが法外の費用でない限り、同じ内容であればキャンセルをして2つの葬儀社に払う費用が、最初に出してもらった見積もりよりも高いということは十分にあり得ます。

もし金額面ではなく「スタッフの態度が悪かった」「そりが合わなかった」という理由であれば、多少金額がオーバーしたとしても変更を検討してもいいでしょう。
後悔のない葬儀のためには担当者との相性はとっても重要です。

「スタッフ」が原因なら会社に電話

「スタッフ」が原因なら会社に電話

もし「スタッフの態度が悪かった」「そりが合わなかった」という場合、もし個人や少人数の葬儀社でない場合には、キャンセルをする前に一度担当ではなく葬儀社に直接連絡をしてみましょう。
場合によっては、担当を変えてくれて解決するかもしれません。
葬儀社としてもキャンセルをされることは避けたいので、手を打ってくれる可能性があります。

また担当者に直接キャンセルを伝えると、当然担当としてはキャンセルされたくないので、高くなるとか予約が引き継げないなどと言って、断れない状況を作ってくる場合もあります。

そのため担当を変えてもらうにせよ、キャンセルするにせよ会社に直接連絡をすることをオススメします。

日程が変更になる可能性に注意

日程が変更になる可能性に注意

現在依頼している葬儀社が式場や火葬場を予約している場合、そのまま予約を引き継げる場合もあれば、一度キャンセルをして新しい葬儀社が予約をし直す必要があることもあります。

またもし葬儀社の自社式場を使用する予定だった場合などには、そこが使えなくなりますので式場を選びなおして予約をする必要があります。
葬儀日程が変更になる可能性もあるので、その点は新たに依頼をする葬儀社に確認をしておきましょう。

キャンセルの手続き・引継ぎは葬儀社に任せる

キャンセルの手続き・引継ぎは葬儀社に任せる

搬送してもらった葬儀社をキャンセルして新しい葬儀社に依頼をする場合、遺体を受け渡したり、式場や火葬場の予約を引き継いだり、予約を取り直したりする必要があります。

引継ぎなどは葬儀社同士の方がスムーズにいくため、基本的に新しく依頼する葬儀社に状況を話して、搬送をお願いした葬儀社名や連絡先を伝えたうえで直接連絡をしてもらった方がいいでしょう。
もちろんキャンセルする旨と、新たに依頼した葬儀社の名前、直接連絡が行く旨は自身で伝える必要があります。

事前相談をオススメ

事前相談をオススメ

家族が亡くなった後は、悲しみに暮れる中でも急いで葬儀社を決めなければなりません。
そのような状況では冷静な判断ができずに、検討をする暇もなく病院などに紹介された葬儀社に依頼をすることになるでしょう。

冷静になって見積りをもらってから、他と比較検討してキャンセルを検討して、新しいところに引継ぎをしてもらって……。となると精神的にも負担になります。


そうならないように、生前から事前相談をしておくことをオススメします。
「葬儀の口コミ」では事前相談に対応している葬儀社を、地域ごとに検索をすることができ、口コミ・評判から比較が可能。
無料で相談もできるので、葬儀をしたい地域に近いところから、口コミ・評判を参考に選んで問合せをしてみてください。

この記事を書いた人

亀井 洋一 (葬儀の口コミ編集部)

東京都出身。親の葬儀を経験したことで葬儀業界に興味をもち、大学を卒業後葬儀社で勤務。10年の現場経験を経て、退職。
消費者に有益な情報を届けたいという想いから、現在「葬儀の口コミ」を運営している。

【知らなきゃ損】葬儀の情報一覧

トップ画像 葬儀費用の平均と安く抑える方法7選!誰が負担するのか、払えないときの対処法まで この記事は、 「葬儀の平均費用について知りたい」 「葬儀の費用を抑える方法について知りたい」 という方に向けて書いています。 葬儀社から見積もりを取ったものの、その金額か妥当かなかなか分かりづらいですよね。 今回は葬儀の平均費用と葬儀費用の抑え方も紹介しま...(続きを読む トップ画像 遺族へのお悔やみの言葉はなんて言ったらいいの?葬儀のマナーと気遣いのある一言 この記事では、 「葬儀で亡くなった遺族へのお悔やみの言葉ってどうしたらいいの?」 「マナーを守ったお悔やみの言葉って?」 という疑問にお答えします。 葬儀に参列する際、遺族に会う機会は結構あります。 その際黙って通りすぎるのではなく、大切な人が亡くなって悲...(続きを読む トップ画像 喪服にコートは着ていいの?色や素材、着用時の葬儀マナーを解説 この記事では 「喪服にコートは着ていいのか」 「自分のコートを着ていきたいけど、葬儀にふさわしいのかわからない」 「葬儀にふさわしいコートとは」 という疑問にお答えします。 寒い日の葬儀の服装は悩みますよね。 今回はマナーを守りながら防寒対策できる服装に...(続きを読む トップ画像 国葬って実際いくらかかるの?何をするか、過去の国葬費用も紹介 2022年9月27日に日本武道館で安倍元首相の国葬が執り行われます。 元総理大臣を国費で弔うことやその費用が巨額であることから話題を集めている国葬。 今回は国葬とは実際にどのくらいの費用がかかるのか、国葬とはどんなことをするのか紹介します。...(続きを読む トップ画像 葬儀に供える花「供花」とは?送り方・花代の相場・名前の書き方のマナーを解説 この記事では、 「葬儀に供える供花とは?」 「葬儀に供花を送る方法」 「供花の種類、相場、失礼にならないマナー」 について紹介しています。 葬儀に行くと会場内や祭壇まわりなどに名札のついた美しい花が飾られていますよね。 それらの花のことを「供花」といいま...(続きを読む トップ画像 【高額】互助会の解約には手数料がかかる!?トラブル例や解約方法を紹介 インターネットでは「やばい」と評されることもある互助会。 便利なサービスですが、昨今の葬儀形態の変化や掛け金が満期になったために解約を考える方もいるでしょう。 しかし、互助会の解約には解約手数料がかかる場合があります。 解約手数料が高額なために解約をやめる方もいま...(続きを読む トップ画像 コロナ禍でも葬儀はできる?コロナ禍での葬儀事例・具体的な感染症対策を紹介 この記事は、 ・コロナ禍でも葬儀を行う方法を知りたい ・家族がコロナで亡くなった際の葬儀の方法を知りたい ・コロナ禍の葬儀に呼ばれた時の断り方を知りたい という疑問にお答えする記事です。 新型コロナウイルス感染症が広がって約3年。 コロナ禍になってから葬...(続きを読む トップ画像 国葬とは?歴史や国民葬との違いをご紹介 銃撃により亡くなった安倍晋三元総理の葬儀が、9月27日に国葬の形で行われる方向で調整されているという報道が話題になっています。 話題になっているものの「国葬ってなんだろう?」と疑問をお持ちの方も多いのではないでしょうか。 そこでこの記事では、国葬とは何か?国葬の...(続きを読む トップ画像 【男女・年代別】ユニクロで喪服は買える!マナーを守ったお手頃な略喪服を紹介 この記事では、 ・ユニクロで喪服は購入できるのか? ・ユニクロの喪服は葬儀でのマナー違反にならないのか? ・ユニクロ以外で安価にすぐ喪服を用意する方法は? という疑問にお答えします。 急に葬儀が入るも喪服がすぐ調達できないときや喪服をもっていないとき、身近...(続きを読む トップ画像 夏の葬儀の正しい服装とは?マナーと暑さ対策を解説 この記事では、 <b>・夏の葬儀での正しい服装とは何か ・マナーを守りながら暑さ対策する方法</b> について書いています。 どんどん気温が上がっていく夏の日。 悲しいことですが、猛暑の夏は人が亡くなりやすい時期でもあります。 もし夏の日の葬儀に参列...(続きを読む
▶すべての記事を見る