【業界激震】東京23区で火葬場に直接葬儀を依頼できるようにー東京博善と公益社が提携

最新編集日:2022年09月08日

【業界激震】東京23区で火葬場に直接葬儀を依頼できるようにー東京博善と公益社が提携

通常、火葬場を利用する際には葬儀社に依頼をする必要があり、火葬場に連絡をしても「葬儀社さんを通してください」と言われることがほとんどです。
しかし2022年7月から東京23区内の6つの火葬場で、火葬場に直接連絡をしても葬儀を行うことができるようになります。

どういうことか。
東京23区の6つの火葬場、町屋斎場四ツ木斎場桐ケ谷斎場代々幡斎場落合斎場堀ノ内斎場を運営する東京博善の親会社である、廣済堂HDが大手葬儀社である「公益社」と業務提携をすることが発表されました。

つまり火葬場と葬儀社が提携したため、火葬場に直接連絡をしても葬儀を行えるようになったのです。
この記事ではさらに詳しく解説します。

  

廣済堂HDと公益社が合弁会社を設立

廣済堂HDと公益社が合弁会社を設立

23区内の火葬場を運営する東京博善は、印刷事業を主業としていた廣済堂HDの100%子会社です。
そして、公益社は3つの葬儀社を子会社としてもつ燦HD株式会社の子会社の1つ。
首都圏、近畿圏で年間1万件以上の葬儀を執り行う大手葬儀社です。

2022年2月28日、廣済堂HDと燦HDが業務提携、新たに合弁会社「株式会社グランセレモ東京」を設立し、葬儀の施行を行うと発表されました。

火葬場を運営する企業と、葬儀社が提携をすることによって、火葬場に直接連絡をしても葬儀を行えるようになるのです。

葬儀業界内の懸念

葬儀業界内の懸念

今回の提携発表は葬儀業界、特に東京23区の葬儀社に激震もたらしました。
そしてこの提携に大きな懸念を持つ業界関係者も少なくありません。
「自社で葬儀を行う人に優先的に火葬枠をあてがうことができてしまわないか」という懸念です。

火葬場は公共性の高い事業であり、運営するには自治体の許可が必要です。
そのため他の地域ではほとんどの火葬場が自治体が運営する公営施設となっています。

しかし東京23区内にある7つの火葬場のうち6つは廣済堂HDの子会社東京博善が運営する民営施設。
公共性の高い火葬場施設と、いち葬儀社が提携を結んで火葬場自体が葬儀の施行も行うようになると自社で施行を行う人に有利になるように操作ができてしまう可能性もあると言われているのです。

消費者にとっては便利になる?

消費者にとっては便利になる?

東京博善が運営する6つの火葬場は、駅チカで近代的なデザインなうえ、式場と火葬場が併設されていて大変便利です。
そのため近隣の方からの知名度も評判もよく「四ツ木斎場を使いたい」「代々幡斎場での葬儀を考えている」という方も少なくありません。

そんな時に葬儀社を自ら探すことなく、火葬場に直接連絡をすれば葬儀ができるので、さらに便利になります。
また提携先の公益社は大手葬儀社。実績が豊富で、高品質な葬儀ができるでしょう。

廣済堂HDと燦HDが今回提携、設立をする合弁会社グランセレモ東京は次のような4つのコンセプトを発表しています。
①ご遺族の”望む”葬儀を明瞭な費用で実現します。
②長年の経験から高いレベルで整備された研修制度をおき、高品質の葬儀を提供します。
③グリーフケアを含めて葬儀後もご遺族に寄り添います。
④多様な宗教、宗派、様々な規模の葬儀に対応します。

2022年7月以降、東京23区の葬儀事情がどう変化していくのか、注目が集まります。

葬儀社と廣済堂HDの関係の歴史

葬儀社と廣済堂HDの関係の歴史

今回の提携により、東京23区の葬儀社の中には廣済堂HDへの不信感を強めたところもあるようです。
廣済堂HDは以前地元の葬儀社に「自社で葬儀施行は行わない」と言っていたとのことなのです。

ここで地元の葬儀社と廣済堂HDの歴史を振り返ってみましょう。

現在廣済堂の子会社である東京博善が運営する火葬場は、江戸時代に地域の寄り合いやお寺などで運営をしていました。
明治に入ると、元薩摩藩の商人だった木村荘平が旧東京博善株式会社を立ち上げ、その後東京都内の6か所の火葬場を運営することに。
大正に入って、現在の東京博善株式会社が発足し、旧東京博善株式会社から営業権をすべて譲渡されました。

当時は、周りの葬儀社やお寺が東京博善の株を少しずつ持っていたようです。
そこに1984年、出版やゴルフ場経営などを行ってきた廣済堂HDが一部の株式を保有し、経営支援を開始しました。
そして1994年、廣済堂HDは他の株主から株を買い占めて、東京博善株式会社を100%子会社化。
現在では廣済堂HDの利益の90%以上が東京博善株式会社によるものです。

その利益をさらに増益するべく、2021年1月から火葬料の値上げ、2022年4月からは東京博善の火葬場を使う際に必ず購入しなければならない骨壺の値上げと値上げが続き、地元の葬儀社からは困惑の声が広がっていました。
そこに今回の、公益社との業務提携と、地元葬儀社と廣済堂HDの溝はさらに深まってしまいそうです。

今後の動きに注目をしたいと思います。

この記事を書いた人

亀井 洋一 (葬儀の口コミ編集部)

東京都出身。親の葬儀を経験したことで葬儀業界に興味をもち、大学を卒業後葬儀社で勤務。10年の現場経験を経て、退職。
消費者に有益な情報を届けたいという想いから、現在「葬儀の口コミ」を運営している。

【知らなきゃ損】葬儀の情報一覧

トップ画像 亡くなってから葬儀までの日数と葬儀の流れを解説!葬儀まで1週間かかるって本当? この記事では ・亡くなってから葬儀までの日数 ・亡くなってから葬儀までが長時間の場合どうするのか について書いています。 皆さんは、亡くなってから葬儀まではどのくらいの日数がかかるか知っていますか? 地域や時期の差もありますが、ところによっては1週間以上か...(続きを読む トップ画像 コロナで亡くなっても普通の葬儀が可能に。納体袋も不要。厚労省ガイドラインを見直し。 1月6日、「コロナで亡くなった方の葬儀に関するガイドライン」が改訂されました。 このガイドラインの改定により、コロナで亡くなった方でも納体袋に収めずに普通に葬儀ができるようになっていきます。 詳しく見ていきましょう。...(続きを読む トップ画像 「葬儀しない、墓もいらない」ときの供養の方法とは?遺族への頼み方・お墓を持たない方法を解説。 この記事では、 ・自分の葬儀をシンプルにしたい人 ・葬儀も墓も要らないとき、家族への伝え方が分からない人 ・お墓を持たずに供養する方法 について書いています。 日本の葬儀の平均費用は約190万円と言われています。 親族をはじめ、友人や会社関係の人まで参列...(続きを読む トップ画像 喪中の読み方、意味とは?忌中と喪中の違い、やってはいけないこと この記事では、 ・喪中・忌中の読み方と意味 ・喪中と忌中の違いについて ・喪中・忌中の間にやってはいけないこと ・喪中はがきの出し方 について紹介しています。 「喪中」や「忌中」という言葉は知っていても、 どのような意味なのか、どのように過ごせばいいの...(続きを読む トップ画像 戒名を付けるお金がないときどうする?戒名なしでの葬儀、安く戒名を付ける方法を解説 この記事は、 「戒名を付けるお金がないとき、どのような対処ができるのか」 「戒名を付けずに荼毘に付すことはできるのか」 「安く戒名を付けることはできるのか」 という疑問にお答えします。 戒名を付けるにはまとまったお金を僧侶にお支払いしなければなりません。 ...(続きを読む トップ画像 【解説】火葬場に行ってはいけない人とは?火葬に参列できるのはどこまで? 葬儀のあとに故人を荼毘にふす火葬場。 実は火葬場には誰でも入れるわけではありません。 火葬場に入れる人と入れない人がいることを知っているでしょうか。 この記事では、 ・火葬場に行ってはいけない人は誰か ・火葬場に行ってはいけない理由とは何か ・火葬場に参...(続きを読む トップ画像 喪服はしまむらで安く買える!お手頃でマナーを守ったアイテムを紹介【靴・小物もOK】 葬儀のお知らせは突然入ります。 昔購入した喪服が入らなかったり、持っていなかったりすると、早急に喪服を購入しなければなりません。 でも喪服ってなかなか高価で出費も痛いですよね…。 そこで、喪服を調達するのにオススメなのが「しまむら」です! 今回は、しまむ...(続きを読む トップ画像 喪服にタイツはOK!女性用喪服の足元マナー、最適なストッキングのデニール数は? 葬儀に参列するとなると、悩んでしまいがちな葬儀の足元マナー。 タイツやストッキングを履いていいのか、どのような色やデニールにしたらいいのか、マナーを守った服装を選ぶのは難しいですよね。 結論から言うと、葬儀にタイツは着用OKです。 今回は、 「葬儀にタイ...(続きを読む トップ画像 亡くなる前の兆候は目に現れる!そのとき家族ができること。後悔しない別れをするには 大切な人とのお別れはだれでも悲しいものです。 目が濁る・手が冷たくなるなど、人は亡くなる前になるといくつかの変化や予兆が見られる場合があります。 予兆の現れ方などを知っておくことで、心の準備や今できることがわかります。 この記事では、 「人が亡くなる前の兆候...(続きを読む トップ画像 葬儀費用の平均と安く抑える方法7選!誰が負担するのか、払えないときの対処法まで この記事は、 「葬儀の平均費用について知りたい」 「葬儀の費用を抑える方法について知りたい」 という方に向けて書いています。 葬儀社から見積もりを取ったものの、その金額か妥当かなかなか分かりづらいですよね。 今回は葬儀の平均費用と葬儀費用の抑え方も紹介しま...(続きを読む
▶すべての記事を見る