【業界激震】東京23区で火葬場に直接葬儀を依頼できるようにー東京博善と公益社が提携

最新編集日:2022年09月08日

【業界激震】東京23区で火葬場に直接葬儀を依頼できるようにー東京博善と公益社が提携

通常、火葬場を利用する際には葬儀社に依頼をする必要があり、火葬場に連絡をしても「葬儀社さんを通してください」と言われることがほとんどです。
しかし2022年7月から東京23区内の6つの火葬場で、火葬場に直接連絡をしても葬儀を行うことができるようになります。

どういうことか。
東京23区の6つの火葬場、町屋斎場四ツ木斎場桐ケ谷斎場代々幡斎場落合斎場堀ノ内斎場を運営する東京博善の親会社である、廣済堂HDが大手葬儀社である「公益社」と業務提携をすることが発表されました。

つまり火葬場と葬儀社が提携したため、火葬場に直接連絡をしても葬儀を行えるようになったのです。
この記事ではさらに詳しく解説します。

  

廣済堂HDと公益社が合弁会社を設立

廣済堂HDと公益社が合弁会社を設立

23区内の火葬場を運営する東京博善は、印刷事業を主業としていた廣済堂HDの100%子会社です。
そして、公益社は3つの葬儀社を子会社としてもつ燦HD株式会社の子会社の1つ。
首都圏、近畿圏で年間1万件以上の葬儀を執り行う大手葬儀社です。

2022年2月28日、廣済堂HDと燦HDが業務提携、新たに合弁会社「株式会社グランセレモ東京」を設立し、葬儀の施行を行うと発表されました。

火葬場を運営する企業と、葬儀社が提携をすることによって、火葬場に直接連絡をしても葬儀を行えるようになるのです。

葬儀業界内の懸念

葬儀業界内の懸念

今回の提携発表は葬儀業界、特に東京23区の葬儀社に激震もたらしました。
そしてこの提携に大きな懸念を持つ業界関係者も少なくありません。
「自社で葬儀を行う人に優先的に火葬枠をあてがうことができてしまわないか」という懸念です。

火葬場は公共性の高い事業であり、運営するには自治体の許可が必要です。
そのため他の地域ではほとんどの火葬場が自治体が運営する公営施設となっています。

しかし東京23区内にある7つの火葬場のうち6つは廣済堂HDの子会社東京博善が運営する民営施設。
公共性の高い火葬場施設と、いち葬儀社が提携を結んで火葬場自体が葬儀の施行も行うようになると自社で施行を行う人に有利になるように操作ができてしまう可能性もあると言われているのです。

消費者にとっては便利になる?

消費者にとっては便利になる?

東京博善が運営する6つの火葬場は、駅チカで近代的なデザインなうえ、式場と火葬場が併設されていて大変便利です。
そのため近隣の方からの知名度も評判もよく「四ツ木斎場を使いたい」「代々幡斎場での葬儀を考えている」という方も少なくありません。

そんな時に葬儀社を自ら探すことなく、火葬場に直接連絡をすれば葬儀ができるので、さらに便利になります。
また提携先の公益社は大手葬儀社。実績が豊富で、高品質な葬儀ができるでしょう。

廣済堂HDと燦HDが今回提携、設立をする合弁会社グランセレモ東京は次のような4つのコンセプトを発表しています。
①ご遺族の”望む”葬儀を明瞭な費用で実現します。
②長年の経験から高いレベルで整備された研修制度をおき、高品質の葬儀を提供します。
③グリーフケアを含めて葬儀後もご遺族に寄り添います。
④多様な宗教、宗派、様々な規模の葬儀に対応します。

2022年7月以降、東京23区の葬儀事情がどう変化していくのか、注目が集まります。

葬儀社と廣済堂HDの関係の歴史

葬儀社と廣済堂HDの関係の歴史

今回の提携により、東京23区の葬儀社の中には廣済堂HDへの不信感を強めたところもあるようです。
廣済堂HDは以前地元の葬儀社に「自社で葬儀施行は行わない」と言っていたとのことなのです。

ここで地元の葬儀社と廣済堂HDの歴史を振り返ってみましょう。

現在廣済堂の子会社である東京博善が運営する火葬場は、江戸時代に地域の寄り合いやお寺などで運営をしていました。
明治に入ると、元薩摩藩の商人だった木村荘平が旧東京博善株式会社を立ち上げ、その後東京都内の6か所の火葬場を運営することに。
大正に入って、現在の東京博善株式会社が発足し、旧東京博善株式会社から営業権をすべて譲渡されました。

当時は、周りの葬儀社やお寺が東京博善の株を少しずつ持っていたようです。
そこに1984年、出版やゴルフ場経営などを行ってきた廣済堂HDが一部の株式を保有し、経営支援を開始しました。
そして1994年、廣済堂HDは他の株主から株を買い占めて、東京博善株式会社を100%子会社化。
現在では廣済堂HDの利益の90%以上が東京博善株式会社によるものです。

その利益をさらに増益するべく、2021年1月から火葬料の値上げ、2022年4月からは東京博善の火葬場を使う際に必ず購入しなければならない骨壺の値上げと値上げが続き、地元の葬儀社からは困惑の声が広がっていました。
そこに今回の、公益社との業務提携と、地元葬儀社と廣済堂HDの溝はさらに深まってしまいそうです。

今後の動きに注目をしたいと思います。

この記事を書いた人

亀井 洋一 (葬儀の口コミ編集部)

東京都出身。親の葬儀を経験したことで葬儀業界に興味をもち、大学を卒業後葬儀社で勤務。10年の現場経験を経て、退職。
消費者に有益な情報を届けたいという想いから、現在「葬儀の口コミ」を運営している。

【知らなきゃ損】葬儀の情報一覧

トップ画像 葬儀費用の平均と安く抑える方法7選!誰が負担するのか、払えないときの対処法まで この記事は、 「葬儀の平均費用について知りたい」 「葬儀の費用を抑える方法について知りたい」 という方に向けて書いています。 葬儀社から見積もりを取ったものの、その金額か妥当かなかなか分かりづらいですよね。 今回は葬儀の平均費用と葬儀費用の抑え方も紹介しま...(続きを読む トップ画像 遺族へのお悔やみの言葉はなんて言ったらいいの?葬儀のマナーと気遣いのある一言 この記事では、 「葬儀で亡くなった遺族へのお悔やみの言葉ってどうしたらいいの?」 「マナーを守ったお悔やみの言葉って?」 という疑問にお答えします。 葬儀に参列する際、遺族に会う機会は結構あります。 その際黙って通りすぎるのではなく、大切な人が亡くなって悲...(続きを読む トップ画像 喪服にコートは着ていいの?色や素材、着用時の葬儀マナーを解説 この記事では 「喪服にコートは着ていいのか」 「自分のコートを着ていきたいけど、葬儀にふさわしいのかわからない」 「葬儀にふさわしいコートとは」 という疑問にお答えします。 寒い日の葬儀の服装は悩みますよね。 今回はマナーを守りながら防寒対策できる服装に...(続きを読む トップ画像 国葬って実際いくらかかるの?何をするか、過去の国葬費用も紹介 2022年9月27日に日本武道館で安倍元首相の国葬が執り行われます。 元総理大臣を国費で弔うことやその費用が巨額であることから話題を集めている国葬。 今回は国葬とは実際にどのくらいの費用がかかるのか、国葬とはどんなことをするのか紹介します。...(続きを読む トップ画像 葬儀に供える花「供花」とは?送り方・花代の相場・名前の書き方のマナーを解説 この記事では、 「葬儀に供える供花とは?」 「葬儀に供花を送る方法」 「供花の種類、相場、失礼にならないマナー」 について紹介しています。 葬儀に行くと会場内や祭壇まわりなどに名札のついた美しい花が飾られていますよね。 それらの花のことを「供花」といいま...(続きを読む トップ画像 【高額】互助会の解約には手数料がかかる!?トラブル例や解約方法を紹介 インターネットでは「やばい」と評されることもある互助会。 便利なサービスですが、昨今の葬儀形態の変化や掛け金が満期になったために解約を考える方もいるでしょう。 しかし、互助会の解約には解約手数料がかかる場合があります。 解約手数料が高額なために解約をやめる方もいま...(続きを読む トップ画像 コロナ禍でも葬儀はできる?コロナ禍での葬儀事例・具体的な感染症対策を紹介 この記事は、 ・コロナ禍でも葬儀を行う方法を知りたい ・家族がコロナで亡くなった際の葬儀の方法を知りたい ・コロナ禍の葬儀に呼ばれた時の断り方を知りたい という疑問にお答えする記事です。 新型コロナウイルス感染症が広がって約3年。 コロナ禍になってから葬...(続きを読む トップ画像 国葬とは?歴史や国民葬との違いをご紹介 銃撃により亡くなった安倍晋三元総理の葬儀が、9月27日に国葬の形で行われる方向で調整されているという報道が話題になっています。 話題になっているものの「国葬ってなんだろう?」と疑問をお持ちの方も多いのではないでしょうか。 そこでこの記事では、国葬とは何か?国葬の...(続きを読む トップ画像 【男女・年代別】ユニクロで喪服は買える!マナーを守ったお手頃な略喪服を紹介 この記事では、 ・ユニクロで喪服は購入できるのか? ・ユニクロの喪服は葬儀でのマナー違反にならないのか? ・ユニクロ以外で安価にすぐ喪服を用意する方法は? という疑問にお答えします。 急に葬儀が入るも喪服がすぐ調達できないときや喪服をもっていないとき、身近...(続きを読む トップ画像 夏の葬儀の正しい服装とは?マナーと暑さ対策を解説 この記事では、 <b>・夏の葬儀での正しい服装とは何か ・マナーを守りながら暑さ対策する方法</b> について書いています。 どんどん気温が上がっていく夏の日。 悲しいことですが、猛暑の夏は人が亡くなりやすい時期でもあります。 もし夏の日の葬儀に参列...(続きを読む
▶すべての記事を見る