国葬とは?歴史や国民葬との違いをご紹介

最新編集日:2022年07月22日

国葬とは?歴史や国民葬との違いをご紹介

銃撃により亡くなった安倍晋三元総理の葬儀が、9月27日に国葬の形で行われる方向で調整されているという報道が話題になっています。

話題になっているものの「国葬ってなんだろう?」と疑問をお持ちの方も多いのではないでしょうか。
そこでこの記事では、国葬とは何か?国葬の歴史や過去に国葬が行われた例などをご紹介します。

  

国葬の歴史

古来から天皇が亡くなった際などには国全体が喪に服する慣習はあったものの、制度として「国葬」が出てきたのは明治時代です。

明治時代

明治時代以降は、国家への功労者が亡くなった際には個別の勅令として「国葬」が行われていました。

大正時代

大正15年には「国葬令」が公布され、その法律を元に国費によって皇族や政府関係者など国家に功労があった人たちの葬儀を行うようになりました。

対象となるのは、皇族、朝鮮王族、明治維新の功労者、総理大臣や元帥の経験者などです。
上記の条件に当てはまれば必ず国葬になるわけではなく、個別に判断がされます。

第二次世界大戦後

第二次世界大戦後には、国葬令が廃止されました。

しかし吉田茂が亡くなった際に、当時の首相であった佐藤栄作の強い要望もあり、例外として閣議決定され、国葬が行われました。

その後は「国葬」という言葉は使われずに、「国民葬」または党や内閣などで「合同葬」という名のもとに主に政治家の葬儀が国費の一部の費用を使って行われています。

佐藤栄作は国民葬という形で行われましたが、それ以降はほとんど内閣と党の合同葬です。
そのため今回安倍晋三元総理の葬儀が「国葬」という形で行われるのは、異例なことだと言えます。

※天皇が亡くなった際は、国葬ではなく「大喪の礼」として別格の形式で行われます。

国葬と国民葬の違い

国葬と国民葬の大きな違いは、全額国費によって行われるか、一部国費を用いて行われるかという点です。
国葬の場合には、葬儀の全額が国費によって行われます。

それ以外には明確な定義の違いはありません。

国葬の日は休日になる?

戦前の国葬令の中では「国民は喪に服すこと」と明記されていて、国葬の日は学校や官公庁などが休日となっていました。

しかし今回の安倍晋三元総理の国葬は「戦前の国葬令に基づく国葬のように、国民一般に喪に服することを求めるものではない」と、休日にはしない方向だと発表されています。

過去に国葬された著名人

過去に国葬が執り行われた主な著名人は下記の通りです。

戦前

・大久保利通(1878年5月)
・岩倉具視(1883年7月)
・島津久光(1887年12月)
・伊藤博文(1909年11月)
・山縣有朋(1922年2月)
・松方正義(1924年7月)
・東郷平八郎(1934年6月)
・西園寺公望(1940年12月)
・山本五十六(1943年6月)

戦後

戦戦後に国葬が行われたのは、吉田茂の時だけです。
それ以外の方は、国民葬または合同葬の形で執り行われています。

・吉田茂(1967年10月)
・大隈重信(1922年1月:国民葬)
・幣原喜重郎(1951年3月:衆議院葬)
・佐藤栄作(1975年6月:国民葬)
・大平正芳(1980年7月:内閣・自民党合同葬)
・岸信介(1987年9月:内閣・自民党合同葬)
・小渕恵三(2000年6月:内閣・自民党合同葬)
・橋本龍太郎(2006年8月:内閣・自民党合同葬)
・宮澤喜一(2007年8月:内閣・自民党合同葬)
・中曽根康弘(2020年10月:内閣・自民党合同葬)

この記事を書いた人

亀井 洋一 (葬儀の口コミ編集部)

東京都出身。親の葬儀を経験したことで葬儀業界に興味をもち、大学を卒業後葬儀社で勤務。10年の現場経験を経て、退職。
消費者に有益な情報を届けたいという想いから、現在「葬儀の口コミ」を運営している。

【知らなきゃ損】葬儀の情報一覧

トップ画像 戒名を付けるお金がないときどうする?戒名なしでの葬儀、安く戒名を付ける方法を解説 この記事は、 「戒名を付けるお金がないとき、どのような対処ができるのか」 「戒名を付けずに荼毘に付すことはできるのか」 「安く戒名を付けることはできるのか」 という疑問にお答えします。 戒名を付けるにはまとまったお金を僧侶にお支払いしなければなりません。 ...(続きを読む トップ画像 【解説】火葬場に行ってはいけない人とは?火葬に参列できるのはどこまで? 葬儀のあとに故人を荼毘にふす火葬場。 実は火葬場には誰でも入れるわけではありません。 火葬場に入れる人と入れない人がいることを知っているでしょうか。 この記事では、 ・火葬場に行ってはいけない人は誰か ・火葬場に行ってはいけない理由とは何か ・火葬場に参...(続きを読む トップ画像 喪服はしまむらで安く買える!お手頃でマナーを守ったアイテムを紹介【靴・小物もOK】 葬儀のお知らせは突然入ります。 昔購入した喪服が入らなかったり、持っていなかったりすると、早急に喪服を購入しなければなりません。 でも喪服ってなかなか高価で出費も痛いですよね…。 そこで、喪服を調達するのにオススメなのが「しまむら」です! 今回は、しまむ...(続きを読む トップ画像 喪服にタイツはOK!女性用喪服の足元マナー、最適なストッキングのデニール数は? 葬儀に参列するとなると、悩んでしまいがちな葬儀の足元マナー。 タイツやストッキングを履いていいのか、どのような色やデニールにしたらいいのか、マナーを守った服装を選ぶのは難しいですよね。 結論から言うと、葬儀にタイツは着用OKです。 今回は、 「葬儀にタイ...(続きを読む トップ画像 亡くなる前の兆候は目に現れる!そのとき家族ができること。後悔しない別れをするには 大切な人とのお別れはだれでも悲しいものです。 目が濁る・手が冷たくなるなど、人は亡くなる前になるといくつかの変化や予兆が見られる場合があります。 予兆の現れ方などを知っておくことで、心の準備や今できることがわかります。 この記事では、 「人が亡くなる前の兆候...(続きを読む トップ画像 葬儀費用の平均と安く抑える方法7選!誰が負担するのか、払えないときの対処法まで この記事は、 「葬儀の平均費用について知りたい」 「葬儀の費用を抑える方法について知りたい」 という方に向けて書いています。 葬儀社から見積もりを取ったものの、その金額か妥当かなかなか分かりづらいですよね。 今回は葬儀の平均費用と葬儀費用の抑え方も紹介しま...(続きを読む トップ画像 【男女別】葬儀にふさわしい靴とは?喪服に合う最適な靴の選び方(チェックリスト付) 突然葬儀に参列することになったとき、どのような靴を履けばいいか迷ってしまいますよね。 葬儀は故人の冥福を祈る儀式であるため、必要なドレスコードが存在します。 靴は小さなアイテムに見えて実は目立つものです。 今回は 「葬儀にどのような靴を履いていけばいいのかわ...(続きを読む トップ画像 遺族へのお悔やみの言葉はなんて言ったらいいの?葬儀のマナーと気遣いのある一言 この記事では、 「葬儀で亡くなった遺族へのお悔やみの言葉ってどうしたらいいの?」 「マナーを守ったお悔やみの言葉って?」 という疑問にお答えします。 葬儀に参列する際、遺族に会う機会は結構あります。 その際黙って通りすぎるのではなく、大切な人が亡くなって悲...(続きを読む トップ画像 喪服にコートは着ていいの?色や素材、着用時の葬儀マナーを解説 この記事では 「喪服にコートは着ていいのか」 「自分のコートを着ていきたいけど、葬儀にふさわしいのかわからない」 「葬儀にふさわしいコートとは」 という疑問にお答えします。 寒い日の葬儀の服装は悩みますよね。 今回はマナーを守りながら防寒対策できる服装に...(続きを読む トップ画像 国葬って実際いくらかかるの?何をするか、過去の国葬費用も紹介 2022年9月27日に日本武道館で安倍元首相の国葬が執り行われます。 元総理大臣を国費で弔うことやその費用が巨額であることから話題を集めている国葬。 今回は国葬とは実際にどのくらいの費用がかかるのか、国葬とはどんなことをするのか紹介します。...(続きを読む
▶すべての記事を見る