コロナ禍でも葬儀はできる?コロナ禍での葬儀事例・具体的な感染症対策を紹介

最新編集日:2022年08月01日

コロナ禍でも葬儀はできる?コロナ禍での葬儀事例・具体的な感染症対策を紹介

この記事は、
・コロナ禍でも葬儀を行う方法を知りたい
・家族がコロナで亡くなった際の葬儀の方法を知りたい
・コロナ禍の葬儀に呼ばれた時の断り方を知りたい
という疑問にお答えする記事です。

新型コロナウイルス感染症が広がって約3年。
コロナ禍になってから葬儀の形も変わりつつあります。

今回はコロナ禍での葬儀の現状・注意点について説明します。

コロナ禍でも葬儀はできる?

そもそもコロナ禍の現在、葬儀はできるのでしょうか。また今まで通り通夜・告別式のある「葬儀」という形で行えるのでしょうか。
まずはここから説明ます。

関連する記事 関連記事画像 コロナで葬儀も「自粛」ムード? 2020年3月現在、まだまだ感染拡大が続いている新型コロナウイルス感染症。 3月1日、政府から「換気が悪く、人が密に集まって過ごすような空間に集団で集まること」を避けるよう勧告が出され、音楽ライブや各種イベントの中止や延期が続々と発表されるなど世間は完全に「自粛」...(続きを読む

コロナ禍でも葬儀はできる

結論から言いますと、コロナ禍でも葬儀はできます。

しかし、今までどおりの通夜・告別式がある大規模な葬儀を選ぶ方は少なく、家族葬や火葬式を選ぶ人が増えました。感染リスクを避けるために、葬儀でも少人数で行える形を選ぶからです。

コロナ禍の葬儀は感染症対策をしっかりとしましょう

コロナになってから、葬儀社には国からの具体的な指示や制限はありません。各葬儀社・自治体ごとに独自の制限や感染対策の基準を設けています。
コロナ禍での葬儀では葬儀社と相談しつつ、主催者側も参列者側も各々で感染症対策をしっかりと行う必要があります。

コロナ禍で葬儀を行うことの注意点

それでは、コロナ禍で葬儀を行うときはどのような点に注意すればいいのでしょうか。
今回は2つの点について紹介します。

コロナ禍で葬儀を行う注意点についてもっと詳しく知りたい方は、関連記事も合わせてご覧ください。

葬儀の参列者はどこまで招く?

まず参列者についてです。
コロナ禍の葬儀では、故人から2親等までを呼ぶことが多いです。

理由は2つあります。
1つ目は人数を絞れること。
参列する人数が多いとコロナに罹患するリスクが高まります。

2つ目は人数を絞るための理由付けが明確なこと。
血縁関係で分かりやすいルールを決めることによって、親族の中で参列する・しないというトラブルを防ぎやすくなります。

他にも、故人と親交が深かった方、葬儀場と地域が近い方などの基準で参列者を区切ることがありました。
もっと知りたい方はこちらの記事をご覧ください。

関連する記事 関連記事画像 【2022年版】コロナ禍の葬儀みんなどうしているの? 「こんな状況での葬儀、みなさんどうされていますか?」 2020年以降、葬儀社への問合せの中で急増した言葉です。 ワクチン接種も進み、落ち着き始めたかなぁ......と思ったところでデルタ株、オミクロン株などと変異株が猛威を振るい、感染者数が再び拡大中。 そ...(続きを読む

食事や会食は行っていいの?

外食や会食が自粛される中、葬儀で精進落としなどの食事は行っていいのでしょうか。

基本的に葬儀中の食事は避けることが多いです。
どうしても哀悼の意や参列者への感謝を込めて食事を行いたい方は、パーテーションを設ける、お弁当にするなどの工夫をして食事ができることもあります。

詳しく知りたい方はこちらの記事をご覧ください。

関連する記事 関連記事画像 【2022年版】コロナ禍の葬儀みんなどうしているの? 「こんな状況での葬儀、みなさんどうされていますか?」 2020年以降、葬儀社への問合せの中で急増した言葉です。 ワクチン接種も進み、落ち着き始めたかなぁ......と思ったところでデルタ株、オミクロン株などと変異株が猛威を振るい、感染者数が再び拡大中。 そ...(続きを読む

家族がコロナで死去。どのような葬儀ができる?

家族が新型コロナウイルス感染症で亡くなった場合、葬儀ができるのでしょうか。
こちらも結論から言うと、故人に適切な処置が行われていれば、本来ならば葬儀を行うことはできます。
しかし火葬場による独自の制限などにより、実際にはコロナで亡くなった方のほとんどが葬儀を行えないでいるのが現実です。

ここからコロナで亡くなった方の葬儀を行う際に、不透明になりがちな3つのポイントについて解説します。

関連する記事 関連記事画像 【首都圏版】コロナで亡くなったら葬儀はできる? 日本で新型コロナウイルス感染症の拡大が始まってから、約1年半。 死亡者数は日本国内で約15,000人、東京都内だけでも約2,500人以上までにのぼっています。 昨年は、志村けんさんや岡江久美子さんなど、新型コロナウイルス感染症で亡くなったら面会も立ち合いもできな...(続きを読む

故人との面会はできる?

厚生労働省の出しているガイドライン によると、大切な人のご遺体は非透過性納体袋に収容することが推奨されています。この非透過性とは液体が漏れ出ないという意味で、色は透明でも問題ありません。納体袋の状態で故人と面会することはできます。

ご遺体に直接触れることは、万一の接触感染を防ぐために推奨されていません。

故人から感染する可能性は?

基本的に遺体が納体袋に入っていれば、感染するリスクはほぼありません。コロナウイルスの感染経路は飛沫感染・接触感染であるため、故人の遺体からの感染リスクは低いと言えます。
しかし万一の感染リスクを考慮して、故人に直接触れることは控えた方がいいでしょう。

コロナでの故人の処置は誰がどうする?

厚生労働省のガイドライン上では、新型コロナウイルス感染症で亡くなると、遺体を納体袋に納め、密閉し、さらに表面を消毒したうえ、納体袋が破損しないよう厳重に注意することとされています。

この措置は、基本的に医療従事者などや葬儀社の担当者が適切な手順と道具を持って行います。故人に直接触れるエンゼルメイクを行いたい場合には、医療従事者の方にお願いしましょう。

実際のコロナ禍の葬儀の事例紹介

これまでコロナ禍でも工夫すれば葬儀も可能であることについてお話してきました。では、葬儀を行っている人は具体的にどのようにしているのでしょうか。
ここからは実際の葬儀の事例を紹介します。

詳しく知りたい方はこちらの記事も参考にしてください。

関連する記事 関連記事画像 【首都圏版】コロナで亡くなったら葬儀はできる? 日本で新型コロナウイルス感染症の拡大が始まってから、約1年半。 死亡者数は日本国内で約15,000人、東京都内だけでも約2,500人以上までにのぼっています。 昨年は、志村けんさんや岡江久美子さんなど、新型コロナウイルス感染症で亡くなったら面会も立ち合いもできな...(続きを読む

アルファードと駐車場を借りてお別れ

故人は厚生労働省のガイドライン通り、非透過性の納体袋に納まっており、表面の消毒を施しました。さらに袋ごと棺にも納められた状態。

コロナで亡くなった方の葬儀を受け入れている式場がご自宅近くになかったため、遺族が大きめの車であるアルファードと駐車場を借りて、故人と最期のお別れをしました。

コロナ自宅療養中に亡くなり、遺族が濃厚接触者の場合

コロナ自宅療養中に亡くなり、家族が濃厚接触者という家庭感染の場合、感染リスクが高いため対応できる葬儀社は限られています。葬儀の流れは、訪問医療の先生が自宅で死亡診断書を発行し、自宅に安置し、火葬日に火葬場に移動するというものです。

とある方は自宅安置の間に、自宅で簡単な飾り付けを行ったり、お坊さんにオンラインでの読経をお願いしたりして、お別れの時間を過ごしました。

コロナ禍でオススメな葬儀の形

一般的にコロナ禍にオススメな葬儀とはどのような形なのでしょうか。
今回は4つの形を紹介します。

関連する記事 関連記事画像 【2022年版】コロナ禍の葬儀みんなどうしているの? 「こんな状況での葬儀、みなさんどうされていますか?」 2020年以降、葬儀社への問合せの中で急増した言葉です。 ワクチン接種も進み、落ち着き始めたかなぁ......と思ったところでデルタ株、オミクロン株などと変異株が猛威を振るい、感染者数が再び拡大中。 そ...(続きを読む

一日葬

最もオススメな葬儀の形が一日葬です。
一日葬は、通夜を行わずに、火葬の当日に火葬前1~2時間ほど時間を取り葬儀・告別式を行います。
お別れの時間を確保・時間も短くできることから感染リスクを減らせます。これらの理由から「一日葬」が選ばれています。

関連する記事 関連記事画像 知っておきたい葬儀の種類。家族葬、一般葬などの特徴とメリットデメリットも解説 近年は葬儀の形を選べる時代です。葬儀には宗教や形式によって様々なプランがあります。それぞれに特徴があり、費用や規模などが大きく変わってきます。 さらに近年では特定の宗派を持たない方が増えたこともあり、宗教色の少ない葬儀も増えてきました。 万が一の時、数多くの...(続きを読む

家族葬

次にオススメな葬儀の形は家族葬です。
家族葬は親しい方を中心にお見送りする葬儀です。家族のみでなく、親しい友人も含めて少人数での葬儀も含めます。

家族葬は少人数での葬儀になるため、感染リスクが大きくなく、お別れができるでしょう。

関連する記事 関連記事画像 家族葬とは?家族葬のメリットデメリットを一挙公開 「家族葬」 インターネットなどで安価な値段で紹介されていることから、漠然と「うちもいざとなったら家族葬で」と思っていませんか? しかし、その内容をきちんと知らないと、想像していた葬儀とは全く違うモノになり、後悔することに。 たった一回の葬儀で後悔することのないよう...(続きを読む

自宅葬

3つ目は自宅葬です。
「家族だけでひっそり見送りたい」「故人が住み慣れたところでゆっくり見送りたい」という方にピッタリの葬儀です。大切な人が眠れ、数人が参列できるスペースが必要になりますが、時間を気にせずゆっくりとお別れの時間を過ごすことができ、感染リスクも抑えることができます。

関連する記事 関連記事画像 コロナ禍の家族葬なら自宅で!自宅葬のメリットデメリット、対応葬儀社一覧 コロナ禍で家族だけで見送る家族葬が急増しました。 そこで注目が集まっているのが「自宅葬」です。 家族だけで、故人や家族が住み慣れた家で葬儀を行う「自宅葬」。 この記事では、自宅葬のメリット・デメリット、そして関東首都圏で対応している葬儀社を紹介します。 ...(続きを読む

オンライン葬儀

オンライン葬儀とは遠方にいる家族や親戚・故人の友人たちなどに、パソコンやスマートフォンからリモートで葬儀に参列してもらうサービスです。「Skype」や「Zoom」、「LINE」などのサービスを使用する場合が多いです。
オンラインでの面会にはなりますが、移動や混雑によるコロナ感染を防ぐことができます。

コロナ禍での葬儀の参列を頼まれたら

コロナ禍で近しい人が亡くなった場合、参列を頼まれることがあるかもしれません。
しかし、状況によってはご自身が参列しづらい場合もあると思います。
そのような事態では、どのように対処したらいいでしょうか。

コロナ禍での葬儀への参列は断ってもいい

コロナ禍での葬儀への参列は断って問題ありません。
葬儀は大人数が集まる場でもあります。

まず、発熱などの体調不良・持病がある方などは参列を控えておきましょう。また、小さいお子さんがいる方・お年寄りもなるべく避けたほうがいいでしょう。感染リスクなどにより参列が怖いと感じた方も丁重にお断りした上で、参列を避けても問題ありません。

どうしても決めきれない方は、ご遺族に相談してみましょう。

コロナ禍での葬儀への参列の断り方

葬儀の参列を辞退する場合は、決断後すみやかに喪主にお伝えましょう。また喪主やご遺族からの辞退の申し出がなければ、香典を郵送などでお送りする、供花を出し、故人を悼む気持ちを示すことが大切です。

喪主への連絡を取る際の例文は、こちらの記事を参考にしてください。

関連する記事 関連記事画像 【文例付き】コロナ渦中の葬儀の参列どうする?|参列の断り方 新型コロナウイルスの影響で「遠方の親族を通夜や葬儀に呼ぶのはやめた方がいい?」と悩む喪主・親族の方や、「親族から訃報連絡を受けたが、通夜や葬儀への参列を控えたほうがいい?」と悩む参列者の方に、 「参列は断った方がいいのか?」「断るときはどうしたらいいのか?」などに...(続きを読む

まとめ

今回はコロナ禍で葬儀ができるのか、コロナ禍で葬儀を行うためのポイントについてお話しました。
コロナ禍の葬儀を検討されている方、葬儀の参列を迷っている方は、各パートの関連記事も参考にしてみてください。

この記事を書いた人

亀井 洋一

東京都出身。親の葬儀を経験したことで葬儀業界に興味をもち、大学を卒業後葬儀社で勤務。10年の現場経験を経て、退職。
消費者に有益な情報を届けたいという想いから、現在「葬儀の口コミ」を運営している。

【知らなきゃ損】葬儀の情報一覧

トップ画像 コロナ禍でも葬儀はできる?コロナ禍での葬儀事例・具体的な感染症対策を紹介 この記事は、 ・コロナ禍でも葬儀を行う方法を知りたい ・家族がコロナで亡くなった際の葬儀の方法を知りたい ・コロナ禍の葬儀に呼ばれた時の断り方を知りたい という疑問にお答えする記事です。 新型コロナウイルス感染症が広がって約3年。 コロナ禍になってから葬...(続きを読む トップ画像 国葬とは?歴史や国民葬との違いをご紹介 銃撃により亡くなった安倍晋三元総理の葬儀が、9月27日に国葬の形で行われる方向で調整されているという報道が話題になっています。 話題になっているものの「国葬ってなんだろう?」と疑問をお持ちの方も多いのではないでしょうか。 そこでこの記事では、国葬とは何か?国葬の...(続きを読む トップ画像 夏の葬儀の正しい服装とは?マナーと暑さ対策を解説 この記事では、 <b>・夏の葬儀での正しい服装とは何か ・マナーを守りながら暑さ対策する方法</b> について書いています。 どんどん気温が上がっていく夏の日。 悲しいことですが、猛暑の夏は人が亡くなりやすい時期でもあります。 もし夏の日の葬儀に参列...(続きを読む トップ画像 家族葬・葬儀の見積書を見ても理解できない!見積りを簡単に比較する方法 少し前までは「葬儀の事前準備をするなんて不謹慎な!」という方も多くいらっしゃいましたが、「終活」という言葉も生まれ、事前に葬儀の相談をするのが当たり前の時代になりました。 ただ、数社から葬儀社から見積書を取り寄せたのはいいが「何を比較すれば良いかわからない」「どの...(続きを読む トップ画像 【業界激震】東京23区で火葬場に直接葬儀を依頼できるようにー東京博善と公益社が提携 通常、火葬場を利用する際には葬儀社に依頼をする必要があり、火葬場に連絡をしても「葬儀社さんを通してください」と言われることがほとんどです。 しかし2022年7月から東京23区内の6つの火葬場で、火葬場に直接連絡をしても葬儀を行うことができるようになります。 どう...(続きを読む トップ画像 葬儀社をキャンセルするとキャンセル料がかかる? 大切な方が亡くなって慌てて葬儀社に搬送をお願いしたけど、出してもらった見積もりが高かった......。 そこで葬儀社をキャンセルしたいと思ったときに気になるのが、キャンセル料を取られるのか、そもそもキャンセルができるのかどうかではないでしょうか。 この記事では葬...(続きを読む トップ画像 葬儀社を始めるのに許可はいらない?葬儀社を認可制にする動き 特別な資格が必要な葬儀社ですが、実は認可制・届け出制ではないことをご存知でしょうか? そのため実際に葬儀社がどのくらいあるのかが分からなかったり、災害時や今回のコロナ禍などに情報伝達がうまくいかないことも。 そこで葬儀社を届け出制にする、という動きが少しずつ始ま...(続きを読む トップ画像 2021年の葬儀から見る「今年の葬儀の決め方」 2022年になり、既に1か月が経ちました。未だコロナの脅威は衰えず、思ったように行動できない日々を過ごしていることと思います。 今回は2021年を振り返り、去年の葬儀形式のトレンド、今後葬儀業界がどうなっていくかを調査していきましょう。なお、今回の調査は過去1年の当社...(続きを読む トップ画像 親の葬儀に参列しないのは非常識?どうしても参列できない時の対処法 血のつながった親でも、何らかの理由で葬儀に参列できない、したくないこともあるかもしれません。 その時にはどのように対処したらいいでしょうか? 親の葬儀に参列しない例や、その時の対処法についてご紹介します。...(続きを読む トップ画像 日本初の映画葬「さらば!千葉真一」お別れ会の概要と運営会社をご紹介 2022年1月22日(土)、東京都港区「増上寺 光摂殿」にて映画俳優の千葉真一さん(享年82)のお別れ会が開かれました。 『さらば!千葉真一』と名付けられ、過去の映像や写真がふんだんに映し出されたお別れ会。 その概要と、そんなお別れ会を実現した運営会社「株式会社セロ...(続きを読む
▶すべての記事を見る