【男女別】葬儀にふさわしい靴とは?喪服に合う最適な靴の選び方(チェックリスト付)

最新編集日:2022年09月29日

【男女別】葬儀にふさわしい靴とは?喪服に合う最適な靴の選び方(チェックリスト付)

突然葬儀に参列することになったとき、どのような靴を履けばいいか迷ってしまいますよね。
葬儀は故人の冥福を祈る儀式であるため、必要なドレスコードが存在します。
靴は小さなアイテムに見えて実は目立つものです。

今回は
「葬儀にどのような靴を履いていけばいいのかわからない」
「葬儀に適した靴とは」
という疑問についてお答えします。

  

葬儀に最適な靴とは?

葬儀に最適な靴とは?

一般的に葬儀では、礼式を重んじたフォーマルな格好が好ましいです。
喪服には故人を偲び弔わせていただきますという意味があります。同様に靴も喪に服しているという意味を示さなければなりません。

葬儀に最適な靴とは、
ツヤ、光沢のない革靴装飾のないシンプルなデザイン
です。

1つずつその内容を見ていきましょう。

黒の革靴を選ぶ

葬儀に履いていく革靴は「黒」です。
葬儀において黒は「喪に服す」という意味があります。
故人を悼む気持ちを込めて黒の靴を選びましょう。

葬儀にふさわしい・ふさわしくない素材

葬儀にふさわしい・ふさわしくない素材

葬儀の靴で最も適切な素材はツヤ・光沢のない革靴です。
清潔感と品があり、落ち着いた印象になります。

同じ革の靴ではありますが、エナメルやスエードが使われた靴を葬儀に履くのはやめましょう。
エナメルは光沢感がつよく華美な印象を与えること、スエードは革の風合いが強いので殺生を連想させることがあるためマナー違反になります。

同様の理由で本革も避けた方がいいでしょう。

装飾のないシンプルなデザイン

葬儀の場では装飾のないシンプルなデザインの靴にしましょう。
柄や装飾のついている華美な靴はおしゃれをしに来ているような印象を与えてしまいます。スパンコールや刺繍、リボン、柄がついている靴は控えましょう。

ストラップ付の靴は華美な靴にはなりません。
葬儀では移動が多い場合もあるため、歩きやすい靴での参列をオススメします。

【女性用】葬儀に履く靴の選び方

【女性用】葬儀に履く靴の選び方

男女によって葬儀に履く靴の気を付けるべきポイントは違います。
まずは女性の靴について紹介します。

つま先のデザイン

つま先のデザイン

パンプスのデザインはラウンド型がオススメです。
ラウンド型をオススメする理由は2つあります。

1つ目は落ち着いた印象になることです。
丸みのあるつま先はフォーマルな場所にふさわしい落ち着きと柔らかさを与えます。

2つ目はつま先が痛くなりづらいことです。
慣れない靴を長時間はいているとつま先が痛くなることがありますよね。
しかしラウンドトゥであれば、パンプスの中でもつま先の幅にゆとりがあり、指先を圧迫することがすくないです。
長時間履いている必要がある葬儀にオススメです。

ただしつま先が開いていないデザインの靴であれば、履いていて問題はありません。
自分の足に合った靴を履きましょう。

ヒールの高さ

葬儀に履くパンプスのヒールの高さは3~5cmが好ましいです。
華美になりすぎず、フォーマルな印象を与えられるからです。
足が疲れてしまうことが懸念点ですが、フラットシューズよりもヒールがある方が無難です。

ストッキングにも注意を払おう

ストッキングは基本薄い黒のものを履いていきましょう。
目安は30デニール程度のものが無難です。
暑い日でもストッキングを履いていくことはマナーとして必須です。

しかし寒い日には厚手のタイツを履いて問題ありません。
防寒を第一に考えてあたたかくなるような格好して臨みましょう。

オススメの靴

これまで葬儀にふさわしい靴について紹介してきました。
では葬儀に参列するうえで似合う靴とはどのようなものでしょうか。

ここでは、葬儀に履いていく女性用の靴のオススメを紹介しましょう。

ブラックフォーマル パンプス
取り外しストラップ 2wayパンプス ブラックヒール仕様
ベーシックパンプス

【男性用】葬儀に履く靴の選び方

【男性用】葬儀に履く靴の選び方

次に男性用の葬儀に履く靴の選び方についてお話します。
男性はひも靴以外のもの、金属のバックルやボタンがついているものはマナー違反になります。気を付けましょう。

つま先のデザイン

つま先のデザイン

男性の葬儀に履いていく靴にも気を付けるポイントがあります。
特につま先のデザインです。

葬儀に履いていく靴はストレートチップかプレーントゥの靴にしましょう。
最も格式が高い靴は足の甲部分に一本のステッチが入っているストレートチップです。
ステッチのないプレーントゥでも参列には問題ありません。

しかしつま先に模様がついているウイングチップは非常にカジュアルな印象になります。葬儀の場では避けた方がいいでしょう。

靴の羽について

靴の羽について

男性用の革靴のポイントは外羽根か中羽根の2つのタイプがあります。
葬儀に参列する際には、できればフォーマル感のある中羽根の革靴を選ぶのがいいでしょう。

しかしそこまで故人とのご縁が深くない参列者であれば、外羽根の革靴でも失礼に当たることはありません。
故人や遺族との関係性を考えたうえで選びましょう。

靴下にも注意

男性はスーツで見えないと思っても、かがんだり座ったりしたときに靴下が見えてしまうことがあります。
黒の無地の靴下をはきましょう。

色が黒であっても柄やワンポイントが入っている靴下は、カジュアルに見えてしまうのでマナー違反になります。

靴下の長さは脛くらいまでの長さにしましょう。くるぶし丈や短い丈ですと、座ったときに肌が見えてしまい、カジュアルな印象になってしまいます。

オススメの靴

葬儀に履いていく男性用の靴のオススメを紹介します。
内羽根式ストレートチップシューズ JOURNAL WORKS
【ケンフォード メンズ】K422 プレーントウ/ビジネスシューズ
SCOTCH GRAIN (Men)/スコッチグレイン ストレート 00496

その靴は葬儀にはいてもOK?チェックリスト

その靴は葬儀にはいてもOK?チェックリスト

これまで葬儀にふさわしい靴についてお話してきました。
ただし葬儀に参列する機会とはそう多くあるものではありません。できれば、手持ちの靴で参列したいですよね。

そこで、手持ちの靴が葬儀に参列できる靴か、チェックリストを作成しました。
ぜひ自分の靴と照らし合わせてみてくださいね。













 





葬儀に参列する靴のチェックリスト
チェック項目解説
靴は黒色のものを選びましょう。
素材光沢のない合皮のものを選びましょう。
つまさきのデザイン女性なら飾りのないラウンドトゥなどのつま先が開いていないもの。
男性なら飾りのついていないストレートチップのものを選びましょう。
ヒール(女性)ピンヒールはNG。ヒールの高さは3~5cmのものが目安です。
靴の羽(男性)外羽根または中羽根の靴
目上の人やお世話になった人などの葬儀では中羽根の靴を選びましょう。


ブーツや長靴は履いていいの?

雪が降った時や非常に悪天候なときも葬儀が行われることはあります。そのような日にはブーツや長靴を履いても問題ありません。

ただし悪天候でもないのに、ブーツを履いていくことはマナー違反です。
荷物に余裕がある場合や自家用車で行く場合は、会場近くでパンプスや革靴に履き替えることも検討してみてください。

子どもの靴はフォーマルでなくてもいい

子どもが葬儀に履いていく靴は履きやすい運動靴でも構いません。
葬儀に参列すると、なれない場所で長い時間、靴を履いていることになります。子供には足に慣れている靴を履くのがいいでしょう。

もし周囲から目立ってしまう、故人への敬意を示したいなどの理由から喪服に合わせた靴を選ぶ場合は、黒っぽいスニーカーやローファーなどにしましょう。

おしゃれよりも喪に服す心を

葬儀には黒の落ち着いた靴が好まれます。
葬儀の場は遺族・参列者で故人と最期にお別れをする場所です。
自分に似合うことよりもマナーを守った格好であることを優先させましょう。

葬儀にふさわしい靴で参列できるように、本記事を参考にしてくださいね。

この記事を書いた人

亀井 洋一 (葬儀の口コミ編集部)

東京都出身。親の葬儀を経験したことで葬儀業界に興味をもち、大学を卒業後葬儀社で勤務。10年の現場経験を経て、退職。
消費者に有益な情報を届けたいという想いから、現在「葬儀の口コミ」を運営している。

【知らなきゃ損】葬儀の情報一覧

トップ画像 戒名を付けるお金がないときどうする?戒名なしでの葬儀、安く戒名を付ける方法を解説 この記事は、 「戒名を付けるお金がないとき、どのような対処ができるのか」 「戒名を付けずに荼毘に付すことはできるのか」 「安く戒名を付けることはできるのか」 という疑問にお答えします。 戒名を付けるにはまとまったお金を僧侶にお支払いしなければなりません。 ...(続きを読む トップ画像 【解説】火葬場に行ってはいけない人とは?火葬に参列できるのはどこまで? 葬儀のあとに故人を荼毘にふす火葬場。 実は火葬場には誰でも入れるわけではありません。 火葬場に入れる人と入れない人がいることを知っているでしょうか。 この記事では、 ・火葬場に行ってはいけない人は誰か ・火葬場に行ってはいけない理由とは何か ・火葬場に参...(続きを読む トップ画像 喪服はしまむらで安く買える!お手頃でマナーを守ったアイテムを紹介【靴・小物もOK】 葬儀のお知らせは突然入ります。 昔購入した喪服が入らなかったり、持っていなかったりすると、早急に喪服を購入しなければなりません。 でも喪服ってなかなか高価で出費も痛いですよね…。 そこで、喪服を調達するのにオススメなのが「しまむら」です! 今回は、しまむ...(続きを読む トップ画像 喪服にタイツはOK!女性用喪服の足元マナー、最適なストッキングのデニール数は? 葬儀に参列するとなると、悩んでしまいがちな葬儀の足元マナー。 タイツやストッキングを履いていいのか、どのような色やデニールにしたらいいのか、マナーを守った服装を選ぶのは難しいですよね。 結論から言うと、葬儀にタイツは着用OKです。 今回は、 「葬儀にタイ...(続きを読む トップ画像 亡くなる前の兆候は目に現れる!そのとき家族ができること。後悔しない別れをするには 大切な人とのお別れはだれでも悲しいものです。 目が濁る・手が冷たくなるなど、人は亡くなる前になるといくつかの変化や予兆が見られる場合があります。 予兆の現れ方などを知っておくことで、心の準備や今できることがわかります。 この記事では、 「人が亡くなる前の兆候...(続きを読む トップ画像 葬儀費用の平均と安く抑える方法7選!誰が負担するのか、払えないときの対処法まで この記事は、 「葬儀の平均費用について知りたい」 「葬儀の費用を抑える方法について知りたい」 という方に向けて書いています。 葬儀社から見積もりを取ったものの、その金額か妥当かなかなか分かりづらいですよね。 今回は葬儀の平均費用と葬儀費用の抑え方も紹介しま...(続きを読む トップ画像 【男女別】葬儀にふさわしい靴とは?喪服に合う最適な靴の選び方(チェックリスト付) 突然葬儀に参列することになったとき、どのような靴を履けばいいか迷ってしまいますよね。 葬儀は故人の冥福を祈る儀式であるため、必要なドレスコードが存在します。 靴は小さなアイテムに見えて実は目立つものです。 今回は 「葬儀にどのような靴を履いていけばいいのかわ...(続きを読む トップ画像 遺族へのお悔やみの言葉はなんて言ったらいいの?葬儀のマナーと気遣いのある一言 この記事では、 「葬儀で亡くなった遺族へのお悔やみの言葉ってどうしたらいいの?」 「マナーを守ったお悔やみの言葉って?」 という疑問にお答えします。 葬儀に参列する際、遺族に会う機会は結構あります。 その際黙って通りすぎるのではなく、大切な人が亡くなって悲...(続きを読む トップ画像 喪服にコートは着ていいの?色や素材、着用時の葬儀マナーを解説 この記事では 「喪服にコートは着ていいのか」 「自分のコートを着ていきたいけど、葬儀にふさわしいのかわからない」 「葬儀にふさわしいコートとは」 という疑問にお答えします。 寒い日の葬儀の服装は悩みますよね。 今回はマナーを守りながら防寒対策できる服装に...(続きを読む トップ画像 国葬って実際いくらかかるの?何をするか、過去の国葬費用も紹介 2022年9月27日に日本武道館で安倍元首相の国葬が執り行われます。 元総理大臣を国費で弔うことやその費用が巨額であることから話題を集めている国葬。 今回は国葬とは実際にどのくらいの費用がかかるのか、国葬とはどんなことをするのか紹介します。...(続きを読む
▶すべての記事を見る