喪中の読み方、意味とは?忌中と喪中の違い、やってはいけないこと

最新編集日:2022年12月05日

喪中の読み方、意味とは?忌中と喪中の違い、やってはいけないこと

この記事では、
・喪中・忌中の読み方と意味
・喪中と忌中の違いについて
・喪中・忌中の間にやってはいけないこと
・喪中はがきの出し方
について紹介しています。

「喪中」や「忌中」という言葉は知っていても、
どのような意味なのか、どのように過ごせばいいのか、分からないことも多いですよね。

喪中や忌中の期間には気を付けなければならないポイントがいくつかあります。

  

喪中の意味・読み方

喪中の意味・読み方

喪中は、(もちゅう)と読みます。
人の死後・親族が喪に服す期間のことを指します。

喪に服す期間は亡くなった方との関係性によって変わってきます。
一般的には、両親、配偶者の両親、夫婦、子どもの2親等までは喪中の範囲にあたります。

孫や祖父母に関しては、3親等の扱いになるため、必ずしも喪中の範囲ではありません。
しかし、同居をしているなど故人との縁が深い場合には喪に服してもよいと言われています。

忌中の意味・読み方

忌中の意味・読み方

忌中は(きちゅう)と読みます。
こちらも喪中同様、人の死後に親族が喪に服す期間のことを指します。

忌中は神道の考えから生まれたもので、
死の穢れを他人に移さないために外に出ず、身を慎む期間を設けたことに由来します。

今ではあまり行われませんが、過去には
・喪服を身に着けて家の門戸をしっかり閉めて外と隔絶する
・お酒やお肉を口にせず、精進料理を食べて過ごす
という風習がありました。

喪中と忌中の違い

喪中と忌中の違いは、期間です。
喪中は故人が亡くなってから1年間、忌中は故人が亡くなってから仏になるまでの49日間を指します。

忌中は喪中の中でも特に喪に服す期間になります。
葬儀から49日後に四十九日法要を行った後は「忌明け」といい、
故人の魂が仏に変わり、忌中の終わりを示す言葉として用いられます。

喪中・忌中にしてはいけないこと

喪中・忌中にしてはいけないこと

喪中と忌中の間には、避けた方がいいことがいくつかあります。
代表的なものは以下の通りです。

・神社への参拝
・結婚式などの慶事や祭典の開催・参加
・旅行・スポーツ・飲み会などのレジャー
・お中元・お歳暮を贈ること
・お正月のお祝い

・神社への参拝

喪中(特に忌中)の間には神社の参拝は控えましょう。

神道の考え方は、「死を穢れたもの」としてみなします。
神社という神様の領域に「穢れ」を持ち込むことはタブーと言われており、
祈願や初詣などは避けた方がいいでしょう。

寺にお参りすることは問題ありません。

・結婚式などの慶事や祭典の開催・参加

結婚式などの喜ばしい席への出席も控えましょう。
不幸をお祝いの席に持ち込まない気遣いと親族の喪に服す期間であるからです。

しかし、結婚式は数か月前から予定されていたり、
席を準備されていたりと急遽断るのは申し訳ないと感じますよね。

そのようなときは、主催のお2人に聞いてみましょう。
もし「喪中でも気にしないから、ぜひ来てほしい」と言われたら参加しても問題ありません。

・旅行・スポーツ・飲み会などのレジャー

喪中の範囲であるのに盛り上がったりはしゃいだりするような宴会も避けましょう。
年末年始の忘年会・新年会なども含まれます。

・お中元・お歳暮を贈ること

忌中のときにお中元やお歳暮を贈ることは控えましょう。

お中元やお歳暮はお年賀などの祝い事とは異なります。
忌中の期間にお歳暮等を控えなくてはいけない理由は、
忌中はまだ故人が仏になる前に魂として旅に出ている期間であり、
自分の家の不幸を人に移さないようにするためです。

忌明け後は喪中でもお中元・お歳暮を贈ることは問題ありません。

・お正月のお祝い

喪中の期間は、新年のあいさつやお祝いは控えます。
関係性のある親族や友人、仕事関係の方には前もって喪中はがきを出して挨拶を控えることを伝えるといいでしょう。

結婚式など催事の断り方

結婚式など催事の断り方

喪中や忌中でお祝い事を断らないといけないとき、どのように断ればいいでしょうか。
不幸は仕方のないこととはいえ、招待してくれた方のご厚意を無下にするのも気が引けますよね。

喜びの席に水を差さないよう、喪中で欠席するという理由は伏せて書くのがマナーです。
しかし、友人など関係性によっては正直に書いてもいいでしょう。

ここでは結婚式を例に、心のこもった断り方の例文を紹介します。

喪中での結婚式の断り方例文

この度はご結婚おめでとうございます。

大変恐れ入りますが、やむをえない事情があり欠席させていただきます。
ご招待いただいたにも関わらず、申し訳ございません。

〇〇さんには昔からお世話になっており、
晴れの日に立ち会うことを私自身楽しみに思っておりました。

お二人の末永いお幸せを心よりお祈り申し上げます。

喪中での結婚式の断り方例文2

この度はご結婚おめでとうございます。

先日、出席するとお伝えしましたが、家の都合で欠席させていただきます。
席のご準備等いただいたにも関わらず、ごめんなさい。

〇〇さんにご紹介いただいたとき、とてもお似合いのお二人だと感じました。
晴れの門出に立ち会えないことが残念ですが、
遠くからお二人の幸せをお祈りしております。

お二人が末永く幸せでありますように。

喪中はがきの意味

喪中はがきの意味

喪中はがきは、家族や親戚が亡くなったときに
年賀状をやり取りしている方に対して年賀状を出し控えることをお伝えするはがきです。

喪中はがきは喪中期間の正月に「新年を喜ぶ挨拶を控えること」を謝る意味があります。
「訃報を知らせる」ためのはがきではないので注意しましょう。

喪中はがきの郵送時期は11~12月上旬までが目安です。
11月中には文言やデザインを決めて郵送しましょう。
年末になくなってしまった場合は、喪中はがきを送るのではなく、「寒中見舞い」を送ります。
寒中見舞いは1/8~2/3ごろまでに送るのが目安です。

まとめ

今回は、喪中・忌中の意味と違い、喪中・忌中の期間にやってはいけないことについて紹介しました。

昔は厳しかった喪中のマナーも今ではだいぶ緩くなっているケースもあります。

しかし喪中・忌中のマナーは、地域やその家の考え方によっても大きく異なります。
結婚式の参列や喪中はがきなど誰かが関わるマナーは、注意と気遣いを持てるといいですね。

この記事を書いた人

亀井 洋一 (葬儀の口コミ編集部)

東京都出身。親の葬儀を経験したことで葬儀業界に興味をもち、大学を卒業後葬儀社で勤務。10年の現場経験を経て、退職。
消費者に有益な情報を届けたいという想いから、現在「葬儀の口コミ」を運営している。

【知らなきゃ損】葬儀の情報一覧

トップ画像 亡くなってから葬儀までの日数と葬儀の流れを解説!葬儀まで1週間かかるって本当? この記事では ・亡くなってから葬儀までの日数 ・亡くなってから葬儀までが長時間の場合どうするのか について書いています。 皆さんは、亡くなってから葬儀まではどのくらいの日数がかかるか知っていますか? 地域や時期の差もありますが、ところによっては1週間以上か...(続きを読む トップ画像 コロナで亡くなっても普通の葬儀が可能に。納体袋も不要。厚労省ガイドラインを見直し。 1月6日、「コロナで亡くなった方の葬儀に関するガイドライン」が改訂されました。 このガイドラインの改定により、コロナで亡くなった方でも納体袋に収めずに普通に葬儀ができるようになっていきます。 詳しく見ていきましょう。...(続きを読む トップ画像 「葬儀しない、墓もいらない」ときの供養の方法とは?遺族への頼み方・お墓を持たない方法を解説。 この記事では、 ・自分の葬儀をシンプルにしたい人 ・葬儀も墓も要らないとき、家族への伝え方が分からない人 ・お墓を持たずに供養する方法 について書いています。 日本の葬儀の平均費用は約190万円と言われています。 親族をはじめ、友人や会社関係の人まで参列...(続きを読む トップ画像 喪中の読み方、意味とは?忌中と喪中の違い、やってはいけないこと この記事では、 ・喪中・忌中の読み方と意味 ・喪中と忌中の違いについて ・喪中・忌中の間にやってはいけないこと ・喪中はがきの出し方 について紹介しています。 「喪中」や「忌中」という言葉は知っていても、 どのような意味なのか、どのように過ごせばいいの...(続きを読む トップ画像 戒名を付けるお金がないときどうする?戒名なしでの葬儀、安く戒名を付ける方法を解説 この記事は、 「戒名を付けるお金がないとき、どのような対処ができるのか」 「戒名を付けずに荼毘に付すことはできるのか」 「安く戒名を付けることはできるのか」 という疑問にお答えします。 戒名を付けるにはまとまったお金を僧侶にお支払いしなければなりません。 ...(続きを読む トップ画像 【解説】火葬場に行ってはいけない人とは?火葬に参列できるのはどこまで? 葬儀のあとに故人を荼毘にふす火葬場。 実は火葬場には誰でも入れるわけではありません。 火葬場に入れる人と入れない人がいることを知っているでしょうか。 この記事では、 ・火葬場に行ってはいけない人は誰か ・火葬場に行ってはいけない理由とは何か ・火葬場に参...(続きを読む トップ画像 喪服はしまむらで安く買える!お手頃でマナーを守ったアイテムを紹介【靴・小物もOK】 葬儀のお知らせは突然入ります。 昔購入した喪服が入らなかったり、持っていなかったりすると、早急に喪服を購入しなければなりません。 でも喪服ってなかなか高価で出費も痛いですよね…。 そこで、喪服を調達するのにオススメなのが「しまむら」です! 今回は、しまむ...(続きを読む トップ画像 喪服にタイツはOK!女性用喪服の足元マナー、最適なストッキングのデニール数は? 葬儀に参列するとなると、悩んでしまいがちな葬儀の足元マナー。 タイツやストッキングを履いていいのか、どのような色やデニールにしたらいいのか、マナーを守った服装を選ぶのは難しいですよね。 結論から言うと、葬儀にタイツは着用OKです。 今回は、 「葬儀にタイ...(続きを読む トップ画像 亡くなる前の兆候は目に現れる!そのとき家族ができること。後悔しない別れをするには 大切な人とのお別れはだれでも悲しいものです。 目が濁る・手が冷たくなるなど、人は亡くなる前になるといくつかの変化や予兆が見られる場合があります。 予兆の現れ方などを知っておくことで、心の準備や今できることがわかります。 この記事では、 「人が亡くなる前の兆候...(続きを読む トップ画像 葬儀費用の平均と安く抑える方法7選!誰が負担するのか、払えないときの対処法まで この記事は、 「葬儀の平均費用について知りたい」 「葬儀の費用を抑える方法について知りたい」 という方に向けて書いています。 葬儀社から見積もりを取ったものの、その金額か妥当かなかなか分かりづらいですよね。 今回は葬儀の平均費用と葬儀費用の抑え方も紹介しま...(続きを読む
▶すべての記事を見る