何日間大丈夫?自宅での安置の注意点

最新編集日:2021年11月08日

何日間大丈夫?自宅での安置の注意点

大切な人が亡くなった後、まず一番に決めなければいけないのが「安置場所」です。

安置施設に預かってもらうか、自宅に安置をするかを選ぶことになります。
そこで
「自宅に連れて帰りたいけど、うちではムリかな......」
「暑い時期だから、腐敗しないか心配......」
などの不安を抱える方が多いのではないでしょうか。

そのためここでは、自宅安置に関して良く聞かれる不安に対しお答えするとともに、自宅安置のメリットデメリット、注意点などを紹介します。

  

自宅安置でよく聞かれる不安

それでは早速、自宅安置でよく聞かれる不安についてお答えします。

夏でも自宅安置できる?

夏でも自宅での安置は可能です。
ただしクーラーをガンガンに効かせて室温を18℃以下には保つようにする必要があります。

何日ぐらい自宅で安置できる?

適切に温度の管理がなされていれば、7日間ほどは問題ないとされています。
しかし自宅に置いてしっかりと温度を管理し続けるのは、大変です。
遺体は日々腐敗していってしまうため、葬儀までの日程が長引いた場合でも4日目ぐらいには専用の安置施設へ移動することをオススメします。

マンションやアパートでも安置できる?

マンションやアパートだからと言って自宅安置ができないということはありません。
確認しなければならないのは、共有スペースやエレベーターなどの搬送経路が確保できるかどうかです。
特にエレベーターは遺体を担架やストレッチャーに乗せて寝かせたままでは入れないことが多いです。
大きな荷物を搬送する用のエレベーターが完備されているマンションもあるので、管理会社に確認してみましょう。
もしない場合には、遺体を立ててエレベーターに乗せる必要があります。

布団はどうしたらいい?

布団は故人が寝るときに使用していた、枕や敷布団、軽めの掛布団を用意します。

シーツやカバーはできるだけ新しいものを用意し、白で統一するようにしましょう。
防水性のシーツは、葬儀社が用意してくれます。

自宅安置の方法

自宅安置の方法を簡単に説明します。
宗教や地域性、住宅の状況によって方法は異なります。
ほとんどの場合、葬儀社が行ってくれるため細かいことを把握しておく必要はありません。

まずは安置場所の確保です。
基本的には仏間ですが、仏間がない場合には冷房の効くできるだけ広い部屋にしましょう。
そして冷房を付け、布団を用意します。

そして故人を寝かせますが、その際に頭の向きは北枕となるようにしましょう。
部屋の都合上、北が難しい場合には西向きでも問題ありません。
寝かせたら、ドライアイスを下腹部と首の下にあてます。

手は胸元で、合掌させ、数珠を持たせます。
布団の上には、魔除けの役割として守り刀を置きます。その時に守り刀の刃先が故人の足側に向くようにしましょう。

枕元には、枕飾りをします。
香炉、ろうそく、水の入ったコップなどをお供えするのが一般的です。こちらも葬儀社がセッティングしてくれるので安心してください。

次に、自宅に神棚がある場合には「神棚封じ」をします。
神棚を閉じて、白い布や半紙をはります。
神棚に死の穢れがはいらないように、という意味です。

自宅安置のメリット・デメリット

自宅での安置を行うことには、次のようなメリットデメリットがあります。

自宅安置のメリット

自宅安置のをすることには、次のようなメリットがあります。
・故人の住み慣れた自宅に帰してあげる事ができる
・自宅で家族とゆっくりお別れの時間を過ごせる
・安置施設の使用料がかからない
・葬儀に来られない方々などに、お別れに来ていただける

主に、お別れの時間をしっかりととれることがメリットと言えます。
もし故人が長く入院していて、自宅に帰ることを希望していた場合には、故人の念願を叶える事ができる選択です。

自宅安置のデメリット

自宅安置には、次のようなデメリットがあります。
・安置に十分なスペースを確保しなければならない
・適切な室温管理をする必要がある
・近所の方の目に触れる可能性が高い

寝台車や葬儀社が出入りする必要があるため、近所の方の目に触れる可能性は高くなります。
そのため近所の方に知られたくないなどの事情がある場合には、自宅での安置は避けたほうがいいでしょう。

自宅安置の注意点・ポイント

それでは次に、自宅安置の際に注意すべき点やポイントをご紹介します。

スペースを確保する

まずは故人を寝かせてあげるスペースを確保しなければなりません。

仏間または冷房の付けられる部屋で、6畳以上は確保できるといいでしょう。
搬送や搬出をしやすくなるよう、また弔問に人が訪れてもいいよう、物をできるだけ片づけておくことをオススメします。

部屋の温度を低くする

一番重要なのは、部屋の温度をなるべく低くしておくことです。
遺体の腐敗はどんどん進んでしまいます。
ドライアイスを充てていますが、冷房などで18℃以下には保っておきましょう。
暖房をつけてはいけません。加湿器も温度を上げてしまう可能性があるので、付けないようにしましょう。

エンバーミングって必要?

自宅で長い間安置をする場合「エンバーミング」を勧められることもあります。
エンバーミングは通常、15~20万円ほどかかる高額なものです。
エンバーミングとは何かを把握しておき、必要性を見極めましょう。

エンバーミングとは

エンバーミングとは、血液を抜いて防腐剤を入れたり、消化器官内の残存物を除去することで、遺体を保全、消毒、殺菌、修復することです。
専門の資格を持ったエンバーマーが行います。
エンバーミングを行うと最大50日、1ヵ月程度は、遺体が腐敗せず保全されます。

エンバーミングが必要な場合

自宅安置だからと言って、かならずしもエンバーミングが必要なわけではありません。
エンバーミングが必要となるのは次のような場合です。

・1週間以上の安置が必要な場合
もし自宅で1週間以上安置をしたい、という場合には遺体の保全のためにエンバーミングを行うことをオススメします。

・海外から遺体を移送する場合
⇒海外で亡くなり、遺体を移送する場合には、安全上飛行機にドライアイスを載せることができない為、エンバーミングが必要となります。

・元気なころの姿にしてあげたい場合
事故などにより遺体の損傷が激しかったり、長い闘病生活で頬がこけてしまっていたり、反対にむくんでしまっていたりすることがあります。
最後のお別れは、元気なころの姿で、と希望する遺族も多いです。
エンバーミングを行うと、元気だったころの姿に近づけることができます。

まとめ

自宅安置に関して、よく聞かれる不安や自宅安置の注意点をご紹介しました。
自宅での安置ができれば、故人が住み慣れた自宅に帰ることができ、家族や周囲の方ともゆっくりお別れができます。
方法については、葬儀社にお任せできるので安心してください。

自宅での安置場所が確保できない、近隣にばれたくない、という場合には葬儀社に預けることもできます。
面会可能な安置施設や、遺族が宿泊できる安置室もあるので、葬儀社に相談してみましょう。

この記事を書いた人

亀井 洋一 (葬儀の口コミ編集部)

東京都出身。親の葬儀を経験したことで葬儀業界に興味をもち、大学を卒業後葬儀社で勤務。10年の現場経験を経て、退職。
消費者に有益な情報を届けたいという想いから、現在「葬儀の口コミ」を運営している。

【知らなきゃ損】葬儀の情報一覧

トップ画像 葬儀費用の平均と安く抑える方法7選!誰が負担するのか、払えないときの対処法まで この記事は、 「葬儀の平均費用について知りたい」 「葬儀の費用を抑える方法について知りたい」 という方に向けて書いています。 葬儀社から見積もりを取ったものの、その金額か妥当かなかなか分かりづらいですよね。 今回は葬儀の平均費用と葬儀費用の抑え方も紹介しま...(続きを読む トップ画像 遺族へのお悔やみの言葉はなんて言ったらいいの?葬儀のマナーと気遣いのある一言 この記事では、 「葬儀で亡くなった遺族へのお悔やみの言葉ってどうしたらいいの?」 「マナーを守ったお悔やみの言葉って?」 という疑問にお答えします。 葬儀に参列する際、遺族に会う機会は結構あります。 その際黙って通りすぎるのではなく、大切な人が亡くなって悲...(続きを読む トップ画像 喪服にコートは着ていいの?色や素材、着用時の葬儀マナーを解説 この記事では 「喪服にコートは着ていいのか」 「自分のコートを着ていきたいけど、葬儀にふさわしいのかわからない」 「葬儀にふさわしいコートとは」 という疑問にお答えします。 寒い日の葬儀の服装は悩みますよね。 今回はマナーを守りながら防寒対策できる服装に...(続きを読む トップ画像 国葬って実際いくらかかるの?何をするか、過去の国葬費用も紹介 2022年9月27日に日本武道館で安倍元首相の国葬が執り行われます。 元総理大臣を国費で弔うことやその費用が巨額であることから話題を集めている国葬。 今回は国葬とは実際にどのくらいの費用がかかるのか、国葬とはどんなことをするのか紹介します。...(続きを読む トップ画像 葬儀に供える花「供花」とは?送り方・花代の相場・名前の書き方のマナーを解説 この記事では、 「葬儀に供える供花とは?」 「葬儀に供花を送る方法」 「供花の種類、相場、失礼にならないマナー」 について紹介しています。 葬儀に行くと会場内や祭壇まわりなどに名札のついた美しい花が飾られていますよね。 それらの花のことを「供花」といいま...(続きを読む トップ画像 【高額】互助会の解約には手数料がかかる!?トラブル例や解約方法を紹介 インターネットでは「やばい」と評されることもある互助会。 便利なサービスですが、昨今の葬儀形態の変化や掛け金が満期になったために解約を考える方もいるでしょう。 しかし、互助会の解約には解約手数料がかかる場合があります。 解約手数料が高額なために解約をやめる方もいま...(続きを読む トップ画像 コロナ禍でも葬儀はできる?コロナ禍での葬儀事例・具体的な感染症対策を紹介 この記事は、 ・コロナ禍でも葬儀を行う方法を知りたい ・家族がコロナで亡くなった際の葬儀の方法を知りたい ・コロナ禍の葬儀に呼ばれた時の断り方を知りたい という疑問にお答えする記事です。 新型コロナウイルス感染症が広がって約3年。 コロナ禍になってから葬...(続きを読む トップ画像 国葬とは?歴史や国民葬との違いをご紹介 銃撃により亡くなった安倍晋三元総理の葬儀が、9月27日に国葬の形で行われる方向で調整されているという報道が話題になっています。 話題になっているものの「国葬ってなんだろう?」と疑問をお持ちの方も多いのではないでしょうか。 そこでこの記事では、国葬とは何か?国葬の...(続きを読む トップ画像 【男女・年代別】ユニクロで喪服は買える!マナーを守ったお手頃な略喪服を紹介 この記事では、 ・ユニクロで喪服は購入できるのか? ・ユニクロの喪服は葬儀でのマナー違反にならないのか? ・ユニクロ以外で安価にすぐ喪服を用意する方法は? という疑問にお答えします。 急に葬儀が入るも喪服がすぐ調達できないときや喪服をもっていないとき、身近...(続きを読む トップ画像 夏の葬儀の正しい服装とは?マナーと暑さ対策を解説 この記事では、 <b>・夏の葬儀での正しい服装とは何か ・マナーを守りながら暑さ対策する方法</b> について書いています。 どんどん気温が上がっていく夏の日。 悲しいことですが、猛暑の夏は人が亡くなりやすい時期でもあります。 もし夏の日の葬儀に参列...(続きを読む
▶すべての記事を見る