葬儀でマスクを外すタイミングはいつ?

最新編集日:2021年11月12日

葬儀でマスクを外すタイミングはいつ?

新型コロナウイルス感染症が流行し始め、マスクをして過ごすのが当たり前の生活になってから約1年。

しかしワクチン接種が世界的にも進み、国によってはマスクをしない生活に戻りつつある国もあります。
日本においても、寒い冬を超えて花粉症の季節も超えた来春~来夏辺りには、マスクを外した生活に戻れるのかどうか?ということが議論になりそうです。

葬儀においてはどうなるでしょうか?
ここでは葬儀にマスクをつけていくべきか、どんなマスクをつけていくべきか、マスクを外すタイミングについてご紹介します。

  

葬儀にマスクはつけていくべき?

葬儀にもマスクを着用していきましょう。
コロナ禍以前では、冠婚葬祭の場でのマスクはマナー違反とされることが多くありましたが、今ではむしろ人が集まる葬儀という場においては、マスクを着用することがマナーです。

葬儀社や斎場も、ワクチン接種をしている方でも葬儀の参列時にはマスクの着用を求めているところがほとんど。
「失礼にならないか?」など心配せずにマスクを着用したままで参列しましょう。

いつになったら外せる?

それではいつになったら、マスクを把持して葬儀に参列できるようになるのでしょうか?
日本においては、まだ人が集まる場では必ずマスクを着用することが求められています。

葬儀においても、他のイベンなどと同様です。
他のイベントごとなどでもマスクをもう外して大丈夫ではないか、となったタイミングでマスクを外して参列できるようになるでしょう。
海外では、もうすでにマスクを外した生活に戻っているところもあります。
しかし日本ではコロナ前からインフルエンザや花粉症の季節にはマスクを着用する人が多かったことや、同調圧力が働きやすいこともあり、マスクを外した生活に戻るのは海外に比べて遅いのではないかと予想されます。

葬儀にはどんなマスクをつけていくべき?

それでは葬儀にはどんなマスクをつけていくのが適切でしょうか?

特に「これでなくてはいけない」という明確な線はありません。
葬儀という厳粛な場にふさわしいよう、あまり派手でなく地味なものを選びましょう。

基本的に白か黒の不織布または布のマスクであれば問題ありません。グレーなどの淡い色のものも大丈夫です。
避けるべきなのは、原色などの明るい色、全面にキャラクターなどの派手な柄が入っているものなど。
これはマスクに限らず、服装や持ち物でも意識すべきことです。
端にロゴなどが入っている程度なら許容範囲とも思われますが、人の主観によるものなので無地ものを選んでおくのが無難です。

またコロナ禍でマスクでもオシャレを、ということで飾りのようなものを付けることもありますが、葬儀の場では相応しくありません。

黒マスクがマナーって本当?

一時期「葬儀には黒マスクをつけていくのがマナーだ」という噂が広まりましたが、もうすでにネタ化されているぐらい「デマ」のマナーです。

葬儀中にマスクを外すタイミングは?

参列の際にはマスクを着用しますが、タイミングによってマスクを外すべきか迷うこともあるかもしれません。

・遺族に挨拶するとき
人と会話をすることになるので基本的にはマスクをしたままにしましょう。
葬儀で久々に会う人で、顔を見たい場合もあるかもしれません。関係性によっては「ちょっと顔見せてちょうだい」と一時的にマスクを外してもらって顔を見せ合ったりすることはあってもいいでしょう。
しかし会話の際には、できるだけマスクを着用しましょう。

・焼香の際
焼香の際はしゃべらないため、マスクを外してもいいのでは?と思うかもしれません。
しかし、焼香は基本的に色んな方が触れるものなの。マスクを外す際に手に着用したものが付着してしまう可能性もあるため、基本的にはマスクはつけたままにしましょう。

・食事の際
コロナ禍により、葬儀の場で食事をすることは少なくなりました。
もし食事をすることになる場合には、マスクを外すことになります。
その際には他の飲食店においての食事と同様に、会話をする際にはマスクをするなどの注意をしましょう。

まとめ

以上、葬儀にマスクをしていくべきかやどんなマスクをしていくべきかなどについて解説しました。

今後専門家などの見地も踏まえて都度情報発信していきます。

この記事を書いた人

亀井 洋一 (葬儀の口コミ編集部)

東京都出身。親の葬儀を経験したことで葬儀業界に興味をもち、大学を卒業後葬儀社で勤務。10年の現場経験を経て、退職。
消費者に有益な情報を届けたいという想いから、現在「葬儀の口コミ」を運営している。

【知らなきゃ損】葬儀の情報一覧

トップ画像 亡くなってから葬儀までの日数と葬儀の流れを解説!葬儀まで1週間かかるって本当? この記事では ・亡くなってから葬儀までの日数 ・亡くなってから葬儀までが長時間の場合どうするのか について書いています。 皆さんは、亡くなってから葬儀まではどのくらいの日数がかかるか知っていますか? 地域や時期の差もありますが、ところによっては1週間以上か...(続きを読む トップ画像 コロナで亡くなっても普通の葬儀が可能に。納体袋も不要。厚労省ガイドラインを見直し。 1月6日、「コロナで亡くなった方の葬儀に関するガイドライン」が改訂されました。 このガイドラインの改定により、コロナで亡くなった方でも納体袋に収めずに普通に葬儀ができるようになっていきます。 詳しく見ていきましょう。...(続きを読む トップ画像 「葬儀しない、墓もいらない」ときの供養の方法とは?遺族への頼み方・お墓を持たない方法を解説。 この記事では、 ・自分の葬儀をシンプルにしたい人 ・葬儀も墓も要らないとき、家族への伝え方が分からない人 ・お墓を持たずに供養する方法 について書いています。 日本の葬儀の平均費用は約190万円と言われています。 親族をはじめ、友人や会社関係の人まで参列...(続きを読む トップ画像 喪中の読み方、意味とは?忌中と喪中の違い、やってはいけないこと この記事では、 ・喪中・忌中の読み方と意味 ・喪中と忌中の違いについて ・喪中・忌中の間にやってはいけないこと ・喪中はがきの出し方 について紹介しています。 「喪中」や「忌中」という言葉は知っていても、 どのような意味なのか、どのように過ごせばいいの...(続きを読む トップ画像 戒名を付けるお金がないときどうする?戒名なしでの葬儀、安く戒名を付ける方法を解説 この記事は、 「戒名を付けるお金がないとき、どのような対処ができるのか」 「戒名を付けずに荼毘に付すことはできるのか」 「安く戒名を付けることはできるのか」 という疑問にお答えします。 戒名を付けるにはまとまったお金を僧侶にお支払いしなければなりません。 ...(続きを読む トップ画像 【解説】火葬場に行ってはいけない人とは?火葬に参列できるのはどこまで? 葬儀のあとに故人を荼毘にふす火葬場。 実は火葬場には誰でも入れるわけではありません。 火葬場に入れる人と入れない人がいることを知っているでしょうか。 この記事では、 ・火葬場に行ってはいけない人は誰か ・火葬場に行ってはいけない理由とは何か ・火葬場に参...(続きを読む トップ画像 喪服はしまむらで安く買える!お手頃でマナーを守ったアイテムを紹介【靴・小物もOK】 葬儀のお知らせは突然入ります。 昔購入した喪服が入らなかったり、持っていなかったりすると、早急に喪服を購入しなければなりません。 でも喪服ってなかなか高価で出費も痛いですよね…。 そこで、喪服を調達するのにオススメなのが「しまむら」です! 今回は、しまむ...(続きを読む トップ画像 喪服にタイツはOK!女性用喪服の足元マナー、最適なストッキングのデニール数は? 葬儀に参列するとなると、悩んでしまいがちな葬儀の足元マナー。 タイツやストッキングを履いていいのか、どのような色やデニールにしたらいいのか、マナーを守った服装を選ぶのは難しいですよね。 結論から言うと、葬儀にタイツは着用OKです。 今回は、 「葬儀にタイ...(続きを読む トップ画像 亡くなる前の兆候は目に現れる!そのとき家族ができること。後悔しない別れをするには 大切な人とのお別れはだれでも悲しいものです。 目が濁る・手が冷たくなるなど、人は亡くなる前になるといくつかの変化や予兆が見られる場合があります。 予兆の現れ方などを知っておくことで、心の準備や今できることがわかります。 この記事では、 「人が亡くなる前の兆候...(続きを読む トップ画像 葬儀費用の平均と安く抑える方法7選!誰が負担するのか、払えないときの対処法まで この記事は、 「葬儀の平均費用について知りたい」 「葬儀の費用を抑える方法について知りたい」 という方に向けて書いています。 葬儀社から見積もりを取ったものの、その金額か妥当かなかなか分かりづらいですよね。 今回は葬儀の平均費用と葬儀費用の抑え方も紹介しま...(続きを読む
▶すべての記事を見る