葬儀の費用はなぜ高い?費用の内訳と安く抑える方法を紹介

最新編集日:2022年04月28日

葬儀の費用はなぜ高い?費用の内訳と安く抑える方法を紹介

「葬儀費用は高い」とよく耳にしますよね。なぜそんなに費用が高くなるのでしょうか。ここでは、一般的な葬儀はどのくらいの費用になるのか、なぜ高額になってしまうのかを具体的に説明します。

最後に葬儀費用を安く抑える方法についても紹介します。参考にしてみてくださいね。

葬儀費用はなぜ高額なのか

葬儀にかかわる経験は滅多にあるものではなく、よくわからないという方がほとんどだと思います。一般的に葬儀の流れは、ご遺体の安置→旅支度→通夜→葬儀・告別式→火葬になります。

葬儀費用が高いというイメージには、葬儀費用の内訳が複雑であることも関係しています。
自社で準備できる葬儀社を除いて、葬儀に用いる料理や花、スタッフなどを専門業者に手配します。このため支払い先も複数になり、だるま方式で増え、結果的に当初の見積もりよりも高額な請求になるのです。

葬儀費用は葬儀の形式・規模・オプション・葬儀社の取り扱うプランなどによって変わります。どんなところに費用がかかるのか、あらかじめ知っておくことで葬儀社との打ち合わせを円滑におこなうことができます。

これから、一般的な葬儀費用の相場や内訳を紹介していきます。

平均葬儀費用は195万円。その内訳とは?

日本消費者協会の葬儀費用アンケートによると2017年の全国平均の葬儀費用は195万円でした。もちろん宗派や地域・規模によっても異なりますが、「高い」と感じる方も多いのではないでしょうか。

では、いったい葬儀のどこに費用がかかるのか、内訳を見てみましょう。

① 葬儀に用いる一式の費用:120万円

一般的に葬儀一式費用とは、ご遺体の搬送から安置、通夜~葬儀・告別式、そして火葬と葬儀全般を執り行うために必要な費用です。

具体的には、搬送する際のドライアイス代、会場代、祭壇や棺などの装具や人件費などが含まれています。こちらは安置する日数や参列者の人数、祭壇・棺の種類などによって変動します。また、地域によっても異なります。

葬儀費用の大部分を占めるところなので、見積りの際には内訳をよく確認しましょう。内訳をしっかり説明しない葬儀社には注意です。

②食事や接待費:30万円

通夜振る舞いや精進落としなどの食事代は葬儀一式に含まれると思われがちですが、多くの場合で別途見積もりになります。

弔問客の人数を葬儀前に把握するのは難しく、飲物は栓を開けたものを数えて清算するということが多いため、事前にはおおよその見積もりしか出せないのです。

通夜~葬儀を行った場合、食事は通夜振る舞いと精進落としの2回です。1人当たりの飲食代は3,000円~5000円、そこに人件費・接待費も含むと30万円程度といわれています。

③寺院へのお布施など:45万円

葬儀にお坊さんを呼んだ場合、読経・故人の戒名などに感謝を込めて「お布施」という形で費用がかかります。

一般的にお布施の金額は45万円と言われていますが、宗派やお寺によって異なるため、分からない方は葬儀社やお寺に相談することをオススメします。

葬儀費用を抑えるにはどうすればいいの?

ここまで平均的な費用を参考にして内訳を紹介してきました。しかし、あくまでも目安の金額です。ここから葬儀に必要なもの・不必要なものを見極めることが重要になってきます。

①葬儀プランを変更する

葬儀社の中にはいくつかの葬儀プランを用意しているところがあります。葬儀のプランを安いものに設定することで、大幅に費用を抑えることができます。

最近では費用を抑えるために、身内や親しい友人のみの少数で行われる家族葬やお通夜を設けない一日葬、お通夜・告別式を設けない火葬式など様々なニーズに合わせたプランがあります。

予算にあったプランにすることで安価に抑えることができます。

②オプションを確認する

葬儀プランにつけるオプションによっても金額は大きく異なります。見積もりが高いと感じている方は、オプションを今一度確認しましょう。

オプションは最初から高価なものに設定されている場合があります。祭壇や棺は過度に高価なものになっていないか、不要な工程や華美な装飾が付きすぎていないか、1つずつ確認することで価格を抑えられることがあります。

③給付金を活用する

国民健康保険や社会保険などに加入している方が亡くなった場合、葬儀や埋葬に対して給付金が支給されます。加入している場所によって、給付金額は変わるので確認しましょう。

一般的には葬儀後に窓口での手続きが必要です。申告には期限があるため、早めに手続きを行うことをオススメします。

最後に

大切な方が亡くなって、すぐに葬儀のことを考えることは負担かもしれません。しかし葬儀の内容を葬儀社任せにした結果、費用が高額になってしまい、もっと抑えられたのに…と後悔される方も少なくありません。

故人の希望に沿った葬儀、また遺された家族が満足する葬儀を行うために、必要なもの・不必要なものを取捨選択していくことが大切です。不安なことがあれば、葬儀社に確認しましょう。

この記事を書いた人

亀井 洋一

東京都出身。親の葬儀を経験したことで葬儀業界に興味をもち、大学を卒業後葬儀社で勤務。10年の現場経験を経て、退職。
消費者に有益な情報を届けたいという想いから、現在「葬儀の口コミ」を運営している。

【知らなきゃ損】葬儀の情報一覧

トップ画像家族葬・葬儀の見積書を見ても理解できない!見積りを簡単に比較する方法少し前までは「葬儀の事前準備をするなんて不謹慎な!」という方も多くいらっしゃいましたが、「終活」という言葉も生まれ、事前に葬儀の相談をするのが当たり前の時代になりました。 ただ、数社から葬儀社から見積書を取り寄せたのはいいが「何を比較すれば良いかわからない」「どの...(続きを読むトップ画像【業界激震】東京23区で火葬場に直接葬儀を依頼できるようにー東京博善と公益社が提携通常、火葬場を利用する際には葬儀社に依頼をする必要があり、火葬場に連絡をしても「葬儀社さんを通してください」と言われることがほとんどです。 しかし2022年7月から東京23区内の6つの火葬場で、火葬場に直接連絡をしても葬儀を行うことができるようになります。 どう...(続きを読むトップ画像葬儀社をキャンセルするとキャンセル料がかかる?大切な方が亡くなって慌てて葬儀社に搬送をお願いしたけど、出してもらった見積もりが高かった......。 そこで葬儀社をキャンセルしたいと思ったときに気になるのが、キャンセル料を取られるのか、そもそもキャンセルができるのかどうかではないでしょうか。 この記事では葬...(続きを読むトップ画像葬儀社を始めるのに許可はいらない?葬儀社を認可制にする動き特別な資格が必要な葬儀社ですが、実は認可制・届け出制ではないことをご存知でしょうか? そのため実際に葬儀社がどのくらいあるのかが分からなかったり、災害時や今回のコロナ禍などに情報伝達がうまくいかないことも。 そこで葬儀社を届け出制にする、という動きが少しずつ始ま...(続きを読むトップ画像2021年の葬儀から見る「今年の葬儀の決め方」2022年になり、既に1か月が経ちました。未だコロナの脅威は衰えず、思ったように行動できない日々を過ごしていることと思います。 今回は2021年を振り返り、去年の葬儀形式のトレンド、今後葬儀業界がどうなっていくかを調査していきましょう。なお、今回の調査は過去1年の当社...(続きを読むトップ画像親の葬儀に参列しないのは非常識?どうしても参列できない時の対処法血のつながった親でも、何らかの理由で葬儀に参列できない、したくないこともあるかもしれません。 その時にはどのように対処したらいいでしょうか? 親の葬儀に参列しない例や、その時の対処法についてご紹介します。...(続きを読むトップ画像日本初の映画葬「さらば!千葉真一」お別れ会の概要と運営会社をご紹介2022年1月22日(土)、東京都港区「増上寺 光摂殿」にて映画俳優の千葉真一さん(享年82)のお別れ会が開かれました。 『さらば!千葉真一』と名付けられ、過去の映像や写真がふんだんに映し出されたお別れ会。 その概要と、そんなお別れ会を実現した運営会社「株式会社セロ...(続きを読むトップ画像雪が降ったら葬儀はどうなる?今年も1月に雪が降りました。 雪が降ると公共交通機関や道路状況に様々な影響が及びます。 葬儀当日に雪が降った場合にはどのような影響があるのでしょうか? 雪が葬儀に及ぼす影響や対処法、葬儀に参列する際の注意点などをご紹介します。...(続きを読むトップ画像震災が起きたら葬儀はどうなる?東日本から約11年目東日本大震災から約11年が経とうとしています。 この震災では約16,000人が亡くなり、約2000人もの方がいまだに行方不明です。 震災の時には、様々な部分で混乱が生じますが葬儀も例外ではありません。 同時に多くの方が亡くなる大震災。その時葬儀や火葬はどのよう...(続きを読むトップ画像遺言書の強制力は?葬儀について書かれてたらどうする?亡くなる前に故人が残した遺言書。 それにはどのくらいの効力があるのか、遺言書に書かれている内容に従わなかった時にどうなるのか、気になる方が多いのではないでしょうか。 ここでは遺言書の強制力について葬儀について書かれていた場合なども含めて詳しく解説していきます。...(続きを読む
▶すべての記事を見る