遺影が決まれば葬儀の打合せは半分終わる⁉

最新編集日:2022年03月17日

遺影が決まれば葬儀の打合せは半分終わる⁉

『遺影写真を決めていますか?』
皆さんのお宅やご身内のなかに高齢の方がいらっしゃるのなら“写真を撮っておいて下さい”と私は言います。葬儀で一番・・と言っては大袈裟ですが、私はかなり高い位置で“遺影写真”の存在を挙げています。その根拠を実証に基づき挙げていきたいと思います。

  

参列者は遺影写真しか見ない

もしあなたがどなたかの葬儀に参列したとします。式場に出向いて、受付を済ませて、誰かと挨拶したりして・・。最初にどんなものが目に入りますか?そう、『遺影写真』なのです。祭壇の真ん中にドーンと飾られている、アレです。あとは、「お花が綺麗だなー」とか、「自分が出した供花はどの辺りにあるのかな?」とか、そんな感じでしょう。一番印象に残るのは間違いなく『遺影写真』なのです。

公営の斎場などは、幾つか葬儀式場が並んでいる場合があります。間違えないように会場の入口には“看板”を出しています。

“◯◯家 故◯◯◯様 葬儀式場”

みたいなものですね。動揺されるのか、慌てて来られる参列者もいらっしゃいます。慌てて式場に入ってきて、受付して香典を出して、いざ焼香・・となって祭壇の写真を見て、そこで気づきます。
「ここの式場じゃない!」
焼香しないで受付の前に再び来て
「式場を間違えたみたいです。さっきの香典返して下さい」
受付の係の人は、預かっている香典のなかからその人の出した香典を探し当て、お返しします。慌てて来たものだから、正面の看板など見ていないのです。きっと隣の式場と間違えたのですね。半年に一度くらい、そういう方がいらっしゃいます。(本当です。)

葬儀のメイン看板って、決して小さいものではないですよ。8尺とか10尺とかの高さで入口横に立てているはずです。でも、見ていない。目に入らない。確実に見るのは『写真』なのです。写真を侮ってはいけません。お客様も決して写真を軽んじている訳ではないでしょうが、きっとそこまで分からないのでしょう。

写真さえ決まれば、葬儀の打ち合わせは半分以上は決まったものと、私は考えます。どんな祭壇にするとか、お料理や返礼品などは、葬儀の規模やご予算によって自ずと決まってきます。写真ばかりは、お客様の領分なのです。私どもがどれだけ努力したところで、写真だけはどうしても我々からは出てきません。(当たり前ですが)

写真自体が少ない場合

「あまり写真が無いんです」
亡くなったのが高齢の方だとよく耳にする言葉です。それでも、探していただきたいのです。何かあります。
晩年に老人ホームに住まれたり、デイサービスを利用されたりすると、施設では写真を撮ってくれているのでありがたいです。
それを預かって遺影写真をお作りします。施設のスタッフさんには本当に頭が下がります。

「携帯(スマホ)に写真は撮ってますので」
スマホやデジタルカメラをお持ちだと、そのなかに写真を撮ってあることもあるでしょう。
でもスマホのなかには、いろんな写真があるはずです。
1枚2枚じゃない、何百枚、何千枚とあるかもしれません。
そのなかから“これだ!”と思える写真を探し出すのは、結構大変な作業です。
葬儀の準備に、そう何日もかけることは出来ません。数日間の間でいくつものことを決めていきます。
急な事故で亡くなった場合は、それは急ごしらえに写真を決めることもあるかもしれません。でもかなりの高齢だったり、大変言いにくいのですが・・終末期の病気だったりするのであれば、写真は決めておくと万が一の際に慌てずに済みます。

一番良い遺影写真とは......?

一番良い写真は、写真スタジオなどで撮ったものです。つまりプロに撮ってもらったものには間違いが有りません。ピントから背景から光量から、すべてが完璧です。少々お堅い表情かもしれませんが、それはそれで良いと思います。

おとはお花見で撮った写真ですね。日本人ほど花見を好む国民はないでしょう。満開の桜を前にして、しかめっ面する人はいません。大抵笑います。服も艶やかなものを着ていると思います。そこでパシャッと撮るのです。お花見の写真はテキメンです。家族などでパーティーしている写真も良いですね。大勢の方と一緒にワイワイやっている姿も、見ているこちらも気持ちのよいものです。お人柄が自然と出る写真だと思っています。

写真自体が小さくても引き延ばせますが、お顔の輪郭は大きくぼやけます。出来るだけご本人が大きく映っているものの方が無難です。

その時になって慌てないために

プリントして持っておくのが一番です。何百枚何千枚のなかから慌てて一枚選んで葬儀屋さんに渡し、あとになって「こっちのほうが良かった」となっても遅いのです。(追加で作ることは可能ですが、オプションにはなるでしょうから。)

私の父は9年前に亡くなりましたが、亡くなる一年以上前から“これを遺影にする”と写真を決めていました。兄たちにも見せていて了承を得ていました。なので写真に割く時間は一切無し。ほかのことが沢山できたので有難かったのを覚えています。それくらい写真のウェートは大きいのです。

いつか“その時”は必ず来ます。残念ですが来るのです。どうせ“その時”が来るのなら、せめて納得のいくものにしたい・・その想いだけです。

写真は・・皆さんが思っている以上に見つからないものです。撮っておいて下さい。

この記事を書いた人

亀井 洋一 (葬儀の口コミ編集部)

東京都出身。親の葬儀を経験したことで葬儀業界に興味をもち、大学を卒業後葬儀社で勤務。10年の現場経験を経て、退職。
消費者に有益な情報を届けたいという想いから、現在「葬儀の口コミ」を運営している。

【知らなきゃ損】葬儀の情報一覧

トップ画像 葬儀費用の平均と安く抑える方法7選!誰が負担するのか、払えないときの対処法まで この記事は、 「葬儀の平均費用について知りたい」 「葬儀の費用を抑える方法について知りたい」 という方に向けて書いています。 葬儀社から見積もりを取ったものの、その金額か妥当かなかなか分かりづらいですよね。 今回は葬儀の平均費用と葬儀費用の抑え方も紹介しま...(続きを読む トップ画像 遺族へのお悔やみの言葉はなんて言ったらいいの?葬儀のマナーと気遣いのある一言 この記事では、 「葬儀で亡くなった遺族へのお悔やみの言葉ってどうしたらいいの?」 「マナーを守ったお悔やみの言葉って?」 という疑問にお答えします。 葬儀に参列する際、遺族に会う機会は結構あります。 その際黙って通りすぎるのではなく、大切な人が亡くなって悲...(続きを読む トップ画像 喪服にコートは着ていいの?色や素材、着用時の葬儀マナーを解説 この記事では 「喪服にコートは着ていいのか」 「自分のコートを着ていきたいけど、葬儀にふさわしいのかわからない」 「葬儀にふさわしいコートとは」 という疑問にお答えします。 寒い日の葬儀の服装は悩みますよね。 今回はマナーを守りながら防寒対策できる服装に...(続きを読む トップ画像 国葬って実際いくらかかるの?何をするか、過去の国葬費用も紹介 2022年9月27日に日本武道館で安倍元首相の国葬が執り行われます。 元総理大臣を国費で弔うことやその費用が巨額であることから話題を集めている国葬。 今回は国葬とは実際にどのくらいの費用がかかるのか、国葬とはどんなことをするのか紹介します。...(続きを読む トップ画像 葬儀に供える花「供花」とは?送り方・花代の相場・名前の書き方のマナーを解説 この記事では、 「葬儀に供える供花とは?」 「葬儀に供花を送る方法」 「供花の種類、相場、失礼にならないマナー」 について紹介しています。 葬儀に行くと会場内や祭壇まわりなどに名札のついた美しい花が飾られていますよね。 それらの花のことを「供花」といいま...(続きを読む トップ画像 【高額】互助会の解約には手数料がかかる!?トラブル例や解約方法を紹介 インターネットでは「やばい」と評されることもある互助会。 便利なサービスですが、昨今の葬儀形態の変化や掛け金が満期になったために解約を考える方もいるでしょう。 しかし、互助会の解約には解約手数料がかかる場合があります。 解約手数料が高額なために解約をやめる方もいま...(続きを読む トップ画像 コロナ禍でも葬儀はできる?コロナ禍での葬儀事例・具体的な感染症対策を紹介 この記事は、 ・コロナ禍でも葬儀を行う方法を知りたい ・家族がコロナで亡くなった際の葬儀の方法を知りたい ・コロナ禍の葬儀に呼ばれた時の断り方を知りたい という疑問にお答えする記事です。 新型コロナウイルス感染症が広がって約3年。 コロナ禍になってから葬...(続きを読む トップ画像 国葬とは?歴史や国民葬との違いをご紹介 銃撃により亡くなった安倍晋三元総理の葬儀が、9月27日に国葬の形で行われる方向で調整されているという報道が話題になっています。 話題になっているものの「国葬ってなんだろう?」と疑問をお持ちの方も多いのではないでしょうか。 そこでこの記事では、国葬とは何か?国葬の...(続きを読む トップ画像 【男女・年代別】ユニクロで喪服は買える!マナーを守ったお手頃な略喪服を紹介 この記事では、 ・ユニクロで喪服は購入できるのか? ・ユニクロの喪服は葬儀でのマナー違反にならないのか? ・ユニクロ以外で安価にすぐ喪服を用意する方法は? という疑問にお答えします。 急に葬儀が入るも喪服がすぐ調達できないときや喪服をもっていないとき、身近...(続きを読む トップ画像 夏の葬儀の正しい服装とは?マナーと暑さ対策を解説 この記事では、 <b>・夏の葬儀での正しい服装とは何か ・マナーを守りながら暑さ対策する方法</b> について書いています。 どんどん気温が上がっていく夏の日。 悲しいことですが、猛暑の夏は人が亡くなりやすい時期でもあります。 もし夏の日の葬儀に参列...(続きを読む
▶すべての記事を見る