知らないと思わぬ出費に…戒名のランクや費用について解説

最新編集日:2022年03月17日

知らないと思わぬ出費に…戒名のランクや費用について解説

キリスト教、神道、無宗教とたくさんの宗派があるものの今日行われているほとんどの葬儀は仏教です。

そんな中でも意外と高くついてしまうのが戒名です。
言葉だけは聞いたことはあってもそもそも戒名って何?となりますよね。

ここではなぜ高くなるのか、また戒名を安くする方法などを紹介します。

  

戒名=亡くなった人ではない。戒名の本来の意味は?

各宗教によって呼ばれ方は様々ですが(例・法名、法号等)意味合いとしてはどの宗教でも一緒です。

本来、戒名は修行僧が出家し仏門に入った際に授かる名前のことを指します。
これは仏の弟子として仏の定めた戒律の世界に生きるという証という意味合いがこめられています。
亡くなった人に対してつけられる名前と思われがちですが、あくまで亡くなった人も仏の弟子として弔いますよというのが本来の意味です。

戒名の費用は10万前後~100万以上。その差とは

戒名の費用は、10万円~100万円以上と場合によって大きな開きがあります。
なぜそのような差が生じるのでしょうか。

お布施

戒名の支払いは厳密には、読経+戒名合わせて「お布施」という形で支払います。
このお布施、元々は読経や戒名をつけていただいた「お礼」として自発的に渡すものというものであり、明確に値段が決まっていないというなかなか厄介なものです。

戒名のランクによって異なる費用

何をもって、金額に差が出るかというと、ズバリ「ランク(位)」です。

戒名には、低いランクから「信士・信女」(10万~)、最高ランクですと「院居士・院大姉」で(100万~)となります。

低いランクの10万でも高いと感じてしまうのに、名前つけるだけで100万なんて別の世界の話みたいですね。
ちなみに、最高位の戒名は故人の生前の行い(社会的な地位)やその寺院への貢献度などで決定するので、高いお布施を支払ったからといって、遺族が選べるとも限らないので注意が必要です。

戒名料を安く抑えるには

高くついてしまう戒名料、その費用を抑える方法をご紹介します。

事前に低い位の戒名にしてもらうよう頼む

例えば、故人が生前お寺と懇意にしていた場合、お寺も相応の戒名をつけるはずです。
そんな時もし手元にあまり無ければ大変です。
素直に費用を抑えたいので戒名は一般的なもので構わないという趣旨の相談をしましょう。

ネットの格安サービスの利用

ネットなどで調べますと、破格の2万円から戒名をつけてもらえるサービスなどもあります。
こんなに安いとなにも考えずに即決しがちですが、注意が必要です。

お世話になっているお寺さん(菩提寺)がない方の場合は、そこまで気にせずに利用してもいいのですが、菩提寺がある場合、最悪そのお寺との関係が悪化し納骨などをさせてもらえなくなってしまいます。

もし利用を検討してるならば、その旨を菩提寺に伝えて相談をしてください。

自分で戒名をつける

戒名は決まった法則があり、つけようと思えば自分でつけられます。

ただし菩提寺がある場合には難しいことがほとんど。念のため相談をしてみるといいでしょう。

そもそも戒名って必要?

ここまで読んできて、やっぱり納得できないという方もいるかもしれません。

そもそも亡くなった人に戒名をつける文化は本来の仏教にはなく日本だけです。
ただし風習として、亡くなった際には菩提寺の住職様に戒名をつけるのが一般的。菩提寺との関係などもありますので、つけたほうが賢明でしょう。

戒名に限らず葬儀にはトラブルや揉め事がつきものです。
そうならないためにも、事前に調べたり、身内のみで勝手に決めたりせずきちんと菩提寺、葬儀社とも相談をしましょう。

この記事を書いた人

亀井 洋一 (葬儀の口コミ編集部)

東京都出身。親の葬儀を経験したことで葬儀業界に興味をもち、大学を卒業後葬儀社で勤務。10年の現場経験を経て、退職。
消費者に有益な情報を届けたいという想いから、現在「葬儀の口コミ」を運営している。

【知らなきゃ損】葬儀の情報一覧

トップ画像 亡くなってから葬儀までの日数と葬儀の流れを解説!葬儀まで1週間かかるって本当? この記事では ・亡くなってから葬儀までの日数 ・亡くなってから葬儀までが長時間の場合どうするのか について書いています。 皆さんは、亡くなってから葬儀まではどのくらいの日数がかかるか知っていますか? 地域や時期の差もありますが、ところによっては1週間以上か...(続きを読む トップ画像 コロナで亡くなっても普通の葬儀が可能に。納体袋も不要。厚労省ガイドラインを見直し。 1月6日、「コロナで亡くなった方の葬儀に関するガイドライン」が改訂されました。 このガイドラインの改定により、コロナで亡くなった方でも納体袋に収めずに普通に葬儀ができるようになっていきます。 詳しく見ていきましょう。...(続きを読む トップ画像 「葬儀しない、墓もいらない」ときの供養の方法とは?遺族への頼み方・お墓を持たない方法を解説。 この記事では、 ・自分の葬儀をシンプルにしたい人 ・葬儀も墓も要らないとき、家族への伝え方が分からない人 ・お墓を持たずに供養する方法 について書いています。 日本の葬儀の平均費用は約190万円と言われています。 親族をはじめ、友人や会社関係の人まで参列...(続きを読む トップ画像 喪中の読み方、意味とは?忌中と喪中の違い、やってはいけないこと この記事では、 ・喪中・忌中の読み方と意味 ・喪中と忌中の違いについて ・喪中・忌中の間にやってはいけないこと ・喪中はがきの出し方 について紹介しています。 「喪中」や「忌中」という言葉は知っていても、 どのような意味なのか、どのように過ごせばいいの...(続きを読む トップ画像 戒名を付けるお金がないときどうする?戒名なしでの葬儀、安く戒名を付ける方法を解説 この記事は、 「戒名を付けるお金がないとき、どのような対処ができるのか」 「戒名を付けずに荼毘に付すことはできるのか」 「安く戒名を付けることはできるのか」 という疑問にお答えします。 戒名を付けるにはまとまったお金を僧侶にお支払いしなければなりません。 ...(続きを読む トップ画像 【解説】火葬場に行ってはいけない人とは?火葬に参列できるのはどこまで? 葬儀のあとに故人を荼毘にふす火葬場。 実は火葬場には誰でも入れるわけではありません。 火葬場に入れる人と入れない人がいることを知っているでしょうか。 この記事では、 ・火葬場に行ってはいけない人は誰か ・火葬場に行ってはいけない理由とは何か ・火葬場に参...(続きを読む トップ画像 喪服はしまむらで安く買える!お手頃でマナーを守ったアイテムを紹介【靴・小物もOK】 葬儀のお知らせは突然入ります。 昔購入した喪服が入らなかったり、持っていなかったりすると、早急に喪服を購入しなければなりません。 でも喪服ってなかなか高価で出費も痛いですよね…。 そこで、喪服を調達するのにオススメなのが「しまむら」です! 今回は、しまむ...(続きを読む トップ画像 喪服にタイツはOK!女性用喪服の足元マナー、最適なストッキングのデニール数は? 葬儀に参列するとなると、悩んでしまいがちな葬儀の足元マナー。 タイツやストッキングを履いていいのか、どのような色やデニールにしたらいいのか、マナーを守った服装を選ぶのは難しいですよね。 結論から言うと、葬儀にタイツは着用OKです。 今回は、 「葬儀にタイ...(続きを読む トップ画像 亡くなる前の兆候は目に現れる!そのとき家族ができること。後悔しない別れをするには 大切な人とのお別れはだれでも悲しいものです。 目が濁る・手が冷たくなるなど、人は亡くなる前になるといくつかの変化や予兆が見られる場合があります。 予兆の現れ方などを知っておくことで、心の準備や今できることがわかります。 この記事では、 「人が亡くなる前の兆候...(続きを読む トップ画像 葬儀費用の平均と安く抑える方法7選!誰が負担するのか、払えないときの対処法まで この記事は、 「葬儀の平均費用について知りたい」 「葬儀の費用を抑える方法について知りたい」 という方に向けて書いています。 葬儀社から見積もりを取ったものの、その金額か妥当かなかなか分かりづらいですよね。 今回は葬儀の平均費用と葬儀費用の抑え方も紹介しま...(続きを読む
▶すべての記事を見る