【喪服じゃなくてもいいの?】葬儀や通夜の服装の正解

最新編集日:2022年06月21日

【喪服じゃなくてもいいの?】葬儀や通夜の服装の正解

葬儀や通夜などに急に参加しなければいけない時、何を着て行こう?とりあえず黒い服?子供には何を着せよう?と迷ってしまいますよね。

人生にそう何度もあることでない葬儀。
今回は喪服について、男性・女性・子供の3パターンに分けて、基本的な服装について詳しく紹介します。

  

基本は喪服?

通夜・葬儀といえば喪服を思い浮かべる人が多いでしょう。
その認識は昔から変わっておらず、現代でも、喪主や遺族をはじめ、参列する人のほとんどが喪服を着用します。

通夜の時は喪服でなくてもOK?

突然の通夜であれば地味な平服で参列しても構いません。
華美な服装は避け、黒か濃紺、グレーなどでまとめましょう。

急な通夜に限っては、喪服を着てしまうと事前に不幸があることを予期していたと捉えられる一面もあります。

とはいえ特に首都圏では通夜が行われるまでに日数が空いている場合が多く、十分準備の時間があるため、準備ができるなら喪服で参列する方が無難です。

仕事終わりに参列しなければならない場合などには、地味な平服での参列でも問題ありません。。

通夜でも親族は着物を着ないとダメ?

着物の喪服を思い浮かべる方もいるでしょう。
基本的に着物の喪服を着るのは故人から見て2親等ぐらいまでの女性が多いです。

しかし絶対に着物でなければならないというルールはありません。女性も男性も洋服の喪服で構いません。

通夜ではどんな服装をするべき?

それでは通夜ではどのような服装をするのがいいのでしょうか?
男性・女性・子供とそれぞれについてご紹介します。

男性の場合

男性は、黒のフォーマルスーツで白いワイシャツを着用します。
ネクタイは黒無地にし、タイピンはつけません。ベルト、靴下、靴などの小物類も黒にします。
靴は金具や装飾がついていないものを選びます。

急な通夜でどうしても喪服が用意できない場合は、喪服を着用せず平服として黒や濃紺、グレーのスーツでもかまいません。
その際も白のワイシャツを着て黒のネクタイを締めるようにしましょう。
コンビニや売店でも売っているので用意できます。ネクタイピンは外しましょう。


※喪服と黒いビジネススーツを一緒に考えてしまいがちですが、喪服とビジネススーツとでは素材が全く違うため、注意が必要です。

女性の場合

女性は、黒のワンピースかスーツで肌を露出しないものが基本です。
服やバッグ、靴などの素材は光沢のないものを選びます。
ストッキングは、黒か肌色のものを選びましょう。

和装の場合は、染め抜き日向紋を五つ付けた黒無地の着物を弔事の第一礼装とするのが一般的です。

派手な化粧を避ける必要もあります。
とはいえ葬儀は正装をする場ですので、ノーメイクでもいけません。礼儀ある品のいい薄めのメイクにします。

アクセサリーは、葬儀の際につけていても良いとされているものは「結婚指輪」と「パール」の2種類のみです。
それ以外は外すようにしましょう。

子供の場合

子供が幼児・学生で制服がある場合は簡単です。
フォーマルな場所での服装は「学生服」とされています。

幼児・学生でない場合や、制服がない場合はどうしましょうか?
その場合は、黒や白、グレーなど地味めな色の普段着でよいとされています。
特に幼児に関しては、普段となれない環境と服装でぐずってしまう可能性があるので、キャラクターものやあまりに派手な色だけは避けて、地味な色味で普段着慣れているような素材や形の服や靴にしてあげましょう。


※赤ちゃん、乳幼児の場合
基本的に、赤ちゃん用の喪服はありませんが、この場合も同様に、白・黒・グレーといった地味めな色の服を着せてあげましょう。
また服装だけでなく、泣いてしまった場合などにすぐに退出できるようにしておくなどの配慮もしておく必要があります。

まとめ

通夜の服装について気を付けるべきポイントをまとめます。

・急な通夜の時は、地味な平服ならOK
・基本的に黒・白・灰色なら何とかなる
・女性は過度な肌の露出や、派手な化粧は避ける
・子供は制服があれば、制服で
・制服がない子供は、派手な色・キャラクターものは避けて、白・黒・グレーの服を


基本的に遺族に失礼のないような服装を心掛ければ大丈夫です。
とはいえ社会人ともなれば、いつ冠婚葬祭に参加するか分からないので喪服を一着は準備しておくと安心ですね。

関連する記事 関連記事画像 夏の葬儀の正しい服装とは?マナーと暑さ対策を解説 この記事では、 <b>・夏の葬儀での正しい服装とは何か ・マナーを守りながら暑さ対策する方法</b> について書いています。 どんどん気温が上がっていく夏の日。 悲しいことですが、猛暑の夏は人が亡くなりやすい時期でもあります。 もし夏の日の葬儀に参列...(続きを読む

この記事を書いた人

亀井 洋一 (葬儀の口コミ編集部)

東京都出身。親の葬儀を経験したことで葬儀業界に興味をもち、大学を卒業後葬儀社で勤務。10年の現場経験を経て、退職。
消費者に有益な情報を届けたいという想いから、現在「葬儀の口コミ」を運営している。

【知らなきゃ損】葬儀の情報一覧

トップ画像 葬儀費用の平均と安く抑える方法7選!誰が負担するのか、払えないときの対処法まで この記事は、 「葬儀の平均費用について知りたい」 「葬儀の費用を抑える方法について知りたい」 という方に向けて書いています。 葬儀社から見積もりを取ったものの、その金額か妥当かなかなか分かりづらいですよね。 今回は葬儀の平均費用と葬儀費用の抑え方も紹介しま...(続きを読む トップ画像 遺族へのお悔やみの言葉はなんて言ったらいいの?葬儀のマナーと気遣いのある一言 この記事では、 「葬儀で亡くなった遺族へのお悔やみの言葉ってどうしたらいいの?」 「マナーを守ったお悔やみの言葉って?」 という疑問にお答えします。 葬儀に参列する際、遺族に会う機会は結構あります。 その際黙って通りすぎるのではなく、大切な人が亡くなって悲...(続きを読む トップ画像 喪服にコートは着ていいの?色や素材、着用時の葬儀マナーを解説 この記事では 「喪服にコートは着ていいのか」 「自分のコートを着ていきたいけど、葬儀にふさわしいのかわからない」 「葬儀にふさわしいコートとは」 という疑問にお答えします。 寒い日の葬儀の服装は悩みますよね。 今回はマナーを守りながら防寒対策できる服装に...(続きを読む トップ画像 国葬って実際いくらかかるの?何をするか、過去の国葬費用も紹介 2022年9月27日に日本武道館で安倍元首相の国葬が執り行われます。 元総理大臣を国費で弔うことやその費用が巨額であることから話題を集めている国葬。 今回は国葬とは実際にどのくらいの費用がかかるのか、国葬とはどんなことをするのか紹介します。...(続きを読む トップ画像 葬儀に供える花「供花」とは?送り方・花代の相場・名前の書き方のマナーを解説 この記事では、 「葬儀に供える供花とは?」 「葬儀に供花を送る方法」 「供花の種類、相場、失礼にならないマナー」 について紹介しています。 葬儀に行くと会場内や祭壇まわりなどに名札のついた美しい花が飾られていますよね。 それらの花のことを「供花」といいま...(続きを読む トップ画像 【高額】互助会の解約には手数料がかかる!?トラブル例や解約方法を紹介 インターネットでは「やばい」と評されることもある互助会。 便利なサービスですが、昨今の葬儀形態の変化や掛け金が満期になったために解約を考える方もいるでしょう。 しかし、互助会の解約には解約手数料がかかる場合があります。 解約手数料が高額なために解約をやめる方もいま...(続きを読む トップ画像 コロナ禍でも葬儀はできる?コロナ禍での葬儀事例・具体的な感染症対策を紹介 この記事は、 ・コロナ禍でも葬儀を行う方法を知りたい ・家族がコロナで亡くなった際の葬儀の方法を知りたい ・コロナ禍の葬儀に呼ばれた時の断り方を知りたい という疑問にお答えする記事です。 新型コロナウイルス感染症が広がって約3年。 コロナ禍になってから葬...(続きを読む トップ画像 国葬とは?歴史や国民葬との違いをご紹介 銃撃により亡くなった安倍晋三元総理の葬儀が、9月27日に国葬の形で行われる方向で調整されているという報道が話題になっています。 話題になっているものの「国葬ってなんだろう?」と疑問をお持ちの方も多いのではないでしょうか。 そこでこの記事では、国葬とは何か?国葬の...(続きを読む トップ画像 【男女・年代別】ユニクロで喪服は買える!マナーを守ったお手頃な略喪服を紹介 この記事では、 ・ユニクロで喪服は購入できるのか? ・ユニクロの喪服は葬儀でのマナー違反にならないのか? ・ユニクロ以外で安価にすぐ喪服を用意する方法は? という疑問にお答えします。 急に葬儀が入るも喪服がすぐ調達できないときや喪服をもっていないとき、身近...(続きを読む トップ画像 夏の葬儀の正しい服装とは?マナーと暑さ対策を解説 この記事では、 <b>・夏の葬儀での正しい服装とは何か ・マナーを守りながら暑さ対策する方法</b> について書いています。 どんどん気温が上がっていく夏の日。 悲しいことですが、猛暑の夏は人が亡くなりやすい時期でもあります。 もし夏の日の葬儀に参列...(続きを読む
▶すべての記事を見る