【喪服じゃなくてもいいの?】葬儀や通夜の服装の正解

最新編集日:2022年03月17日

【喪服じゃなくてもいいの?】葬儀や通夜の服装の正解

葬儀や通夜などに急に参加しなければいけない時、何を着て行こう?とりあえず黒い服?子供には何を着せよう?と迷ってしまいますよね。

人生にそう何度もあることでない葬儀。
今回は喪服について、男性・女性・子供の3パターンに分けて、基本的な服装について詳しく紹介します。

基本は喪服?

通夜・葬儀といえば喪服を思い浮かべる人が多いでしょう。
その認識は昔から変わっておらず、現代でも、喪主や遺族をはじめ、参列する人のほとんどが喪服を着用します。

通夜の時は喪服でなくてもOK?

突然の通夜であれば地味な平服で参列しても構いません。
華美な服装は避け、黒か濃紺、グレーなどでまとめましょう。

急な通夜に限っては、喪服を着てしまうと事前に不幸があることを予期していたと捉えられる一面もあります。

とはいえ特に首都圏では通夜が行われるまでに日数が空いている場合が多く、十分準備の時間があるため、準備ができるなら喪服で参列する方が無難です。

仕事終わりに参列しなければならない場合などには、地味な平服での参列でも問題ありません。。

通夜でも親族は着物を着ないとダメ?

着物の喪服を思い浮かべる方もいるでしょう。
基本的に着物の喪服を着るのは故人から見て2親等ぐらいまでの女性が多いです。

しかし絶対に着物でなければならないというルールはありません。女性も男性も洋服の喪服で構いません。

通夜ではどんな服装をするべき?

それでは通夜ではどのような服装をするのがいいのでしょうか?
男性・女性・子供とそれぞれについてご紹介します。

男性の場合

男性は、黒のフォーマルスーツで白いワイシャツを着用します。
ネクタイは黒無地にし、タイピンはつけません。ベルト、靴下、靴などの小物類も黒にします。
靴は金具や装飾がついていないものを選びます。

急な通夜でどうしても喪服が用意できない場合は、喪服を着用せず平服として黒や濃紺、グレーのスーツでもかまいません。
その際も白のワイシャツを着て黒のネクタイを締めるようにしましょう。
コンビニや売店でも売っているので用意できます。ネクタイピンは外しましょう。


※喪服と黒いビジネススーツを一緒に考えてしまいがちですが、喪服とビジネススーツとでは素材が全く違うため、注意が必要です。

女性の場合

女性は、黒のワンピースかスーツで肌を露出しないものが基本です。
服やバッグ、靴などの素材は光沢のないものを選びます。
ストッキングは、黒か肌色のものを選びましょう。

和装の場合は、染め抜き日向紋を五つ付けた黒無地の着物を弔事の第一礼装とするのが一般的です。

派手な化粧を避ける必要もあります。
とはいえ葬儀は正装をする場ですので、ノーメイクでもいけません。礼儀ある品のいい薄めのメイクにします。

アクセサリーは、葬儀の際につけていても良いとされているものは「結婚指輪」と「パール」の2種類のみです。
それ以外は外すようにしましょう。

子供の場合

子供が幼児・学生で制服がある場合は簡単です。
フォーマルな場所での服装は「学生服」とされています。

幼児・学生でない場合や、制服がない場合はどうしましょうか?
その場合は、黒や白、グレーなど地味めな色の普段着でよいとされています。
特に幼児に関しては、普段となれない環境と服装でぐずってしまう可能性があるので、キャラクターものやあまりに派手な色だけは避けて、地味な色味で普段着慣れているような素材や形の服や靴にしてあげましょう。


※赤ちゃん、乳幼児の場合
基本的に、赤ちゃん用の喪服はありませんが、この場合も同様に、白・黒・グレーといった地味めな色の服を着せてあげましょう。
また服装だけでなく、泣いてしまった場合などにすぐに退出できるようにしておくなどの配慮もしておく必要があります。

まとめ

通夜の服装について気を付けるべきポイントをまとめます。

・急な通夜の時は、地味な平服ならOK
・基本的に黒・白・灰色なら何とかなる
・女性は過度な肌の露出や、派手な化粧は避ける
・子供は制服があれば、制服で
・制服がない子供は、派手な色・キャラクターものは避けて、白・黒・グレーの服を


基本的に遺族に失礼のないような服装を心掛ければ大丈夫です。
とはいえ社会人ともなれば、いつ冠婚葬祭に参加するか分からないので喪服を一着は準備しておくと安心ですね。

この記事を書いた人

亀井 洋一

東京都出身。親の葬儀を経験したことで葬儀業界に興味をもち、大学を卒業後葬儀社で勤務。10年の現場経験を経て、退職。
消費者に有益な情報を届けたいという想いから、現在「葬儀の口コミ」を運営している。

【知らなきゃ損】葬儀の情報一覧

トップ画像家族葬・葬儀の見積書を見ても理解できない!見積りを簡単に比較する方法少し前までは「葬儀の事前準備をするなんて不謹慎な!」という方も多くいらっしゃいましたが、「終活」という言葉も生まれ、事前に葬儀の相談をするのが当たり前の時代になりました。 ただ、数社から葬儀社から見積書を取り寄せたのはいいが「何を比較すれば良いかわからない」「どの...(続きを読むトップ画像【業界激震】東京23区で火葬場に直接葬儀を依頼できるようにー東京博善と公益社が提携通常、火葬場を利用する際には葬儀社に依頼をする必要があり、火葬場に連絡をしても「葬儀社さんを通してください」と言われることがほとんどです。 しかし2022年7月から東京23区内の6つの火葬場で、火葬場に直接連絡をしても葬儀を行うことができるようになります。 どう...(続きを読むトップ画像葬儀社をキャンセルするとキャンセル料がかかる?大切な方が亡くなって慌てて葬儀社に搬送をお願いしたけど、出してもらった見積もりが高かった......。 そこで葬儀社をキャンセルしたいと思ったときに気になるのが、キャンセル料を取られるのか、そもそもキャンセルができるのかどうかではないでしょうか。 この記事では葬...(続きを読むトップ画像葬儀社を始めるのに許可はいらない?葬儀社を認可制にする動き特別な資格が必要な葬儀社ですが、実は認可制・届け出制ではないことをご存知でしょうか? そのため実際に葬儀社がどのくらいあるのかが分からなかったり、災害時や今回のコロナ禍などに情報伝達がうまくいかないことも。 そこで葬儀社を届け出制にする、という動きが少しずつ始ま...(続きを読むトップ画像2021年の葬儀から見る「今年の葬儀の決め方」2022年になり、既に1か月が経ちました。未だコロナの脅威は衰えず、思ったように行動できない日々を過ごしていることと思います。 今回は2021年を振り返り、去年の葬儀形式のトレンド、今後葬儀業界がどうなっていくかを調査していきましょう。なお、今回の調査は過去1年の当社...(続きを読むトップ画像親の葬儀に参列しないのは非常識?どうしても参列できない時の対処法血のつながった親でも、何らかの理由で葬儀に参列できない、したくないこともあるかもしれません。 その時にはどのように対処したらいいでしょうか? 親の葬儀に参列しない例や、その時の対処法についてご紹介します。...(続きを読むトップ画像日本初の映画葬「さらば!千葉真一」お別れ会の概要と運営会社をご紹介2022年1月22日(土)、東京都港区「増上寺 光摂殿」にて映画俳優の千葉真一さん(享年82)のお別れ会が開かれました。 『さらば!千葉真一』と名付けられ、過去の映像や写真がふんだんに映し出されたお別れ会。 その概要と、そんなお別れ会を実現した運営会社「株式会社セロ...(続きを読むトップ画像雪が降ったら葬儀はどうなる?今年も1月に雪が降りました。 雪が降ると公共交通機関や道路状況に様々な影響が及びます。 葬儀当日に雪が降った場合にはどのような影響があるのでしょうか? 雪が葬儀に及ぼす影響や対処法、葬儀に参列する際の注意点などをご紹介します。...(続きを読むトップ画像震災が起きたら葬儀はどうなる?東日本から約11年目東日本大震災から約11年が経とうとしています。 この震災では約16,000人が亡くなり、約2000人もの方がいまだに行方不明です。 震災の時には、様々な部分で混乱が生じますが葬儀も例外ではありません。 同時に多くの方が亡くなる大震災。その時葬儀や火葬はどのよう...(続きを読むトップ画像遺言書の強制力は?葬儀について書かれてたらどうする?亡くなる前に故人が残した遺言書。 それにはどのくらいの効力があるのか、遺言書に書かれている内容に従わなかった時にどうなるのか、気になる方が多いのではないでしょうか。 ここでは遺言書の強制力について葬儀について書かれていた場合なども含めて詳しく解説していきます。...(続きを読む
▶すべての記事を見る