【喪服じゃなくてもいいの?】葬儀や通夜の服装の正解

最新編集日:2022年06月21日

【喪服じゃなくてもいいの?】葬儀や通夜の服装の正解

葬儀や通夜などに急に参加しなければいけない時、何を着て行こう?とりあえず黒い服?子供には何を着せよう?と迷ってしまいますよね。

人生にそう何度もあることでない葬儀。
今回は喪服について、男性・女性・子供の3パターンに分けて、基本的な服装について詳しく紹介します。

  

基本は喪服?

通夜・葬儀といえば喪服を思い浮かべる人が多いでしょう。
その認識は昔から変わっておらず、現代でも、喪主や遺族をはじめ、参列する人のほとんどが喪服を着用します。

通夜の時は喪服でなくてもOK?

突然の通夜であれば地味な平服で参列しても構いません。
華美な服装は避け、黒か濃紺、グレーなどでまとめましょう。

急な通夜に限っては、喪服を着てしまうと事前に不幸があることを予期していたと捉えられる一面もあります。

とはいえ特に首都圏では通夜が行われるまでに日数が空いている場合が多く、十分準備の時間があるため、準備ができるなら喪服で参列する方が無難です。

仕事終わりに参列しなければならない場合などには、地味な平服での参列でも問題ありません。。

通夜でも親族は着物を着ないとダメ?

着物の喪服を思い浮かべる方もいるでしょう。
基本的に着物の喪服を着るのは故人から見て2親等ぐらいまでの女性が多いです。

しかし絶対に着物でなければならないというルールはありません。女性も男性も洋服の喪服で構いません。

通夜ではどんな服装をするべき?

それでは通夜ではどのような服装をするのがいいのでしょうか?
男性・女性・子供とそれぞれについてご紹介します。

男性の場合

男性は、黒のフォーマルスーツで白いワイシャツを着用します。
ネクタイは黒無地にし、タイピンはつけません。ベルト、靴下、靴などの小物類も黒にします。
靴は金具や装飾がついていないものを選びます。

急な通夜でどうしても喪服が用意できない場合は、喪服を着用せず平服として黒や濃紺、グレーのスーツでもかまいません。
その際も白のワイシャツを着て黒のネクタイを締めるようにしましょう。
コンビニや売店でも売っているので用意できます。ネクタイピンは外しましょう。


※喪服と黒いビジネススーツを一緒に考えてしまいがちですが、喪服とビジネススーツとでは素材が全く違うため、注意が必要です。

女性の場合

女性は、黒のワンピースかスーツで肌を露出しないものが基本です。
服やバッグ、靴などの素材は光沢のないものを選びます。
ストッキングは、黒か肌色のものを選びましょう。

和装の場合は、染め抜き日向紋を五つ付けた黒無地の着物を弔事の第一礼装とするのが一般的です。

派手な化粧を避ける必要もあります。
とはいえ葬儀は正装をする場ですので、ノーメイクでもいけません。礼儀ある品のいい薄めのメイクにします。

アクセサリーは、葬儀の際につけていても良いとされているものは「結婚指輪」と「パール」の2種類のみです。
それ以外は外すようにしましょう。

子供の場合

子供が幼児・学生で制服がある場合は簡単です。
フォーマルな場所での服装は「学生服」とされています。

幼児・学生でない場合や、制服がない場合はどうしましょうか?
その場合は、黒や白、グレーなど地味めな色の普段着でよいとされています。
特に幼児に関しては、普段となれない環境と服装でぐずってしまう可能性があるので、キャラクターものやあまりに派手な色だけは避けて、地味な色味で普段着慣れているような素材や形の服や靴にしてあげましょう。


※赤ちゃん、乳幼児の場合
基本的に、赤ちゃん用の喪服はありませんが、この場合も同様に、白・黒・グレーといった地味めな色の服を着せてあげましょう。
また服装だけでなく、泣いてしまった場合などにすぐに退出できるようにしておくなどの配慮もしておく必要があります。

まとめ

通夜の服装について気を付けるべきポイントをまとめます。

・急な通夜の時は、地味な平服ならOK
・基本的に黒・白・灰色なら何とかなる
・女性は過度な肌の露出や、派手な化粧は避ける
・子供は制服があれば、制服で
・制服がない子供は、派手な色・キャラクターものは避けて、白・黒・グレーの服を


基本的に遺族に失礼のないような服装を心掛ければ大丈夫です。
とはいえ社会人ともなれば、いつ冠婚葬祭に参加するか分からないので喪服を一着は準備しておくと安心ですね。

関連する記事 関連記事画像 夏の葬儀の正しい服装とは?マナーと暑さ対策を解説 この記事では、 <b>・夏の葬儀での正しい服装とは何か ・マナーを守りながら暑さ対策する方法</b> について書いています。 どんどん気温が上がっていく夏の日。 悲しいことですが、猛暑の夏は人が亡くなりやすい時期でもあります。 もし夏の日の葬儀に参列...(続きを読む

この記事を書いた人

亀井 洋一 (葬儀の口コミ編集部)

東京都出身。親の葬儀を経験したことで葬儀業界に興味をもち、大学を卒業後葬儀社で勤務。10年の現場経験を経て、退職。
消費者に有益な情報を届けたいという想いから、現在「葬儀の口コミ」を運営している。

【知らなきゃ損】葬儀の情報一覧

トップ画像 亡くなってから葬儀までの日数と葬儀の流れを解説!葬儀まで1週間かかるって本当? この記事では ・亡くなってから葬儀までの日数 ・亡くなってから葬儀までが長時間の場合どうするのか について書いています。 皆さんは、亡くなってから葬儀まではどのくらいの日数がかかるか知っていますか? 地域や時期の差もありますが、ところによっては1週間以上か...(続きを読む トップ画像 コロナで亡くなっても普通の葬儀が可能に。納体袋も不要。厚労省ガイドラインを見直し。 1月6日、「コロナで亡くなった方の葬儀に関するガイドライン」が改訂されました。 このガイドラインの改定により、コロナで亡くなった方でも納体袋に収めずに普通に葬儀ができるようになっていきます。 詳しく見ていきましょう。...(続きを読む トップ画像 「葬儀しない、墓もいらない」ときの供養の方法とは?遺族への頼み方・お墓を持たない方法を解説。 この記事では、 ・自分の葬儀をシンプルにしたい人 ・葬儀も墓も要らないとき、家族への伝え方が分からない人 ・お墓を持たずに供養する方法 について書いています。 日本の葬儀の平均費用は約190万円と言われています。 親族をはじめ、友人や会社関係の人まで参列...(続きを読む トップ画像 喪中の読み方、意味とは?忌中と喪中の違い、やってはいけないこと この記事では、 ・喪中・忌中の読み方と意味 ・喪中と忌中の違いについて ・喪中・忌中の間にやってはいけないこと ・喪中はがきの出し方 について紹介しています。 「喪中」や「忌中」という言葉は知っていても、 どのような意味なのか、どのように過ごせばいいの...(続きを読む トップ画像 戒名を付けるお金がないときどうする?戒名なしでの葬儀、安く戒名を付ける方法を解説 この記事は、 「戒名を付けるお金がないとき、どのような対処ができるのか」 「戒名を付けずに荼毘に付すことはできるのか」 「安く戒名を付けることはできるのか」 という疑問にお答えします。 戒名を付けるにはまとまったお金を僧侶にお支払いしなければなりません。 ...(続きを読む トップ画像 【解説】火葬場に行ってはいけない人とは?火葬に参列できるのはどこまで? 葬儀のあとに故人を荼毘にふす火葬場。 実は火葬場には誰でも入れるわけではありません。 火葬場に入れる人と入れない人がいることを知っているでしょうか。 この記事では、 ・火葬場に行ってはいけない人は誰か ・火葬場に行ってはいけない理由とは何か ・火葬場に参...(続きを読む トップ画像 喪服はしまむらで安く買える!お手頃でマナーを守ったアイテムを紹介【靴・小物もOK】 葬儀のお知らせは突然入ります。 昔購入した喪服が入らなかったり、持っていなかったりすると、早急に喪服を購入しなければなりません。 でも喪服ってなかなか高価で出費も痛いですよね…。 そこで、喪服を調達するのにオススメなのが「しまむら」です! 今回は、しまむ...(続きを読む トップ画像 喪服にタイツはOK!女性用喪服の足元マナー、最適なストッキングのデニール数は? 葬儀に参列するとなると、悩んでしまいがちな葬儀の足元マナー。 タイツやストッキングを履いていいのか、どのような色やデニールにしたらいいのか、マナーを守った服装を選ぶのは難しいですよね。 結論から言うと、葬儀にタイツは着用OKです。 今回は、 「葬儀にタイ...(続きを読む トップ画像 亡くなる前の兆候は目に現れる!そのとき家族ができること。後悔しない別れをするには 大切な人とのお別れはだれでも悲しいものです。 目が濁る・手が冷たくなるなど、人は亡くなる前になるといくつかの変化や予兆が見られる場合があります。 予兆の現れ方などを知っておくことで、心の準備や今できることがわかります。 この記事では、 「人が亡くなる前の兆候...(続きを読む トップ画像 葬儀費用の平均と安く抑える方法7選!誰が負担するのか、払えないときの対処法まで この記事は、 「葬儀の平均費用について知りたい」 「葬儀の費用を抑える方法について知りたい」 という方に向けて書いています。 葬儀社から見積もりを取ったものの、その金額か妥当かなかなか分かりづらいですよね。 今回は葬儀の平均費用と葬儀費用の抑え方も紹介しま...(続きを読む
▶すべての記事を見る