「本当に安心?」病院から紹介された葬儀社の断り方

最新編集日:2022年03月14日

「本当に安心?」病院から紹介された葬儀社の断り方

大切な方が病院で亡くなって、葬儀社が決まっていない。
そんな時に、病院から葬儀社を紹介されたら、安心してそのまま依頼してしまいそうですよね。
それが大きな落とし穴。

病院から紹介された葬儀社は断っても全く問題ありません。
他の葬儀社としっかり比較して選ばないと、後悔することになります。
ここでは、病院から紹介された葬儀社にそのまま依頼する危険性と、断り方や注意すべき点を解説します。

  

病院が葬儀社を紹介する本当の理由とは?

病院が葬儀社を紹介する本当の理由、大きく2つあります。

1つは「早く病室を空けてほしいから」
病院も稼働率を上げたいので、遺体を何日も病室に置いておくことは嫌がります。
だから早く葬儀社を決めて、自宅または病院、とりあえず病院外に搬送してほしいのです。だから決まっていない遺族には、葬儀社を紹介します。


2つ目は「葬儀社との金銭関係」です。
これは一昔前はよくあった話で、今は少なくなっているようです。
葬儀社が、病院に権利金を支払う代わりに葬儀を検討している方を紹介してもらったり、紹介手数料を払って病院に葬儀社を紹介してもらうといったことがありました。
かなり減ったものの、一部の大学病院では未だにその風習が残っているようです。

病院に紹介された葬儀社を断りにくいのはなぜ?

想像してみてください。いざ大切な人を亡くしたその時。
おそらくあなたは大きな悲しみに包まれ、落ち込むことでしょう。
それと同時に、このあとどのようにしたいいか分からず不安な気持ちにもなります。
そんな状態で病院からは「葬儀社を決めてください」そう言われ急かされます。

そんな時に「葬儀社さん、ご紹介しましょうか?」という提案があったら、ホッとして依頼してしまいませんか?
しかし他の葬儀社と比較することなく、ただその葬儀社に依頼すると後悔することになりかねません。

病院から紹介された葬儀社に電話をすると、まずは遺体を搬送してくれます。
遺体の搬送だけしてもらって葬儀を断ることも全く問題ありません。
しかし遺体の移動をお願いした葬儀社に対して
「他の葬儀社知らないし」「運んでもらったのに依頼しないのは申し訳ないから」「他と比べるのはもう面倒」などという感情が生まれそのまま葬儀を依頼することがほとんど。

実はそこが起きな落とし穴です。

遺体の移動後に打合せを行います。
見積もりをしてもらって想定内の金額であれば問題ありません。

しかし「ちょっと高いな」「ちょっと予算と合わないな」と思ったとき、きっぱりと断ることができますか?
「ここまでやってもらったのに、今更断っていいものか…」そう思って断れないことがほとんどです。

また断った時もなにかと問題が発生することが多々あります。
実際に口コミでよく見かけるのが「葬儀を断ったら搬送代金だけで高額な請求をされた」とか「嫌な顔、対応をされた」などという声。
そうなってしまうことを考えるとますます断りにくくなってしまうのが現実です。

安置先に注意

病院から紹介された葬儀社に搬送をお願いした場合でも、必ずしも葬儀もお願いしなければいけないわけではありません。
はっきり断ってもルールやマナー的には問題なし。

しかし自然にその葬儀社に葬儀を依頼する流れに持っていかれるケースが多いので注意が必要です。
特にご自宅にご遺体を安置できない場合。
搬送に来た葬儀社に自宅への安置が難しいことを伝えると、
「弊社に安置室ございますので、そちらにお運びしましょう。」
という流れになる可能性があります。

安置場所に困っている状況でそのような提案を受けると、少しほっとしたような気持ちになり、お願いしたくなるかもしれません。
しかしその葬儀社所有の施設に連れていかれてしまうと、いよいよ葬儀の施行を断りにくくなってしまいます。
自宅に安置できない場合には、事前にお住まいの地域の公営斎場などに安置施設があるかどうかを調べておき、そちらに搬送してもらうようにしましょう。
自治体のホームページや葬儀の口コミなどで事前に調べておくことが重要です。

事前に準備をしておくことが大切

繰り返しになりますが、病院では人が亡くなると迅速に遺体を搬送しなければなりません。

全く何も準備をしていない状態では複数の葬儀社を比較検討する時間、そして心理的な余裕もなく、病院から紹介された葬儀社に搬送をお願いすることもあるでしょう。
もちろん病院から紹介された葬儀社すべてが悪いわけではありません。
予算内だったり、対応のいい葬儀社であれば依頼をしてもいいでしょう。

そうでなかった場合には、断っても問題ありません。
しかし断りずらかったり、多額の搬送代金を請求されたり、嫌な対応をされたりと問題が生じることが多いという事実があります。
そうならない為にも、事前に調べて葬儀社を決めておくことが大切です。
そして万が一の際、病院から葬儀社の紹介を受けたら「葬儀社は決めてあります。」とはっきり断りましょう。

大切な人が亡くなった直後なので、落ち着いた判断が出来ずに病院や葬儀社の言われるがままになってしまいがちです。
葬儀等が落ち着き、請求書を見てから後悔する人が多くいます。
亡くなる前に葬儀のことを考えるのは不謹慎と思われるかもしれませんが、大切な人を納得いく形で送ってあげられるよう準備しておくことは大切なことです。
納得のいく葬儀を行うために、事前にしっかりと調べておきましょう。

この記事を書いた人

亀井 洋一 (葬儀の口コミ編集部)

東京都出身。親の葬儀を経験したことで葬儀業界に興味をもち、大学を卒業後葬儀社で勤務。10年の現場経験を経て、退職。
消費者に有益な情報を届けたいという想いから、現在「葬儀の口コミ」を運営している。

【知らなきゃ損】葬儀の情報一覧

トップ画像 亡くなってから葬儀までの日数と葬儀の流れを解説!葬儀まで1週間かかるって本当? この記事では ・亡くなってから葬儀までの日数 ・亡くなってから葬儀までが長時間の場合どうするのか について書いています。 皆さんは、亡くなってから葬儀まではどのくらいの日数がかかるか知っていますか? 地域や時期の差もありますが、ところによっては1週間以上か...(続きを読む トップ画像 コロナで亡くなっても普通の葬儀が可能に。納体袋も不要。厚労省ガイドラインを見直し。 1月6日、「コロナで亡くなった方の葬儀に関するガイドライン」が改訂されました。 このガイドラインの改定により、コロナで亡くなった方でも納体袋に収めずに普通に葬儀ができるようになっていきます。 詳しく見ていきましょう。...(続きを読む トップ画像 「葬儀しない、墓もいらない」ときの供養の方法とは?遺族への頼み方・お墓を持たない方法を解説。 この記事では、 ・自分の葬儀をシンプルにしたい人 ・葬儀も墓も要らないとき、家族への伝え方が分からない人 ・お墓を持たずに供養する方法 について書いています。 日本の葬儀の平均費用は約190万円と言われています。 親族をはじめ、友人や会社関係の人まで参列...(続きを読む トップ画像 喪中の読み方、意味とは?忌中と喪中の違い、やってはいけないこと この記事では、 ・喪中・忌中の読み方と意味 ・喪中と忌中の違いについて ・喪中・忌中の間にやってはいけないこと ・喪中はがきの出し方 について紹介しています。 「喪中」や「忌中」という言葉は知っていても、 どのような意味なのか、どのように過ごせばいいの...(続きを読む トップ画像 戒名を付けるお金がないときどうする?戒名なしでの葬儀、安く戒名を付ける方法を解説 この記事は、 「戒名を付けるお金がないとき、どのような対処ができるのか」 「戒名を付けずに荼毘に付すことはできるのか」 「安く戒名を付けることはできるのか」 という疑問にお答えします。 戒名を付けるにはまとまったお金を僧侶にお支払いしなければなりません。 ...(続きを読む トップ画像 【解説】火葬場に行ってはいけない人とは?火葬に参列できるのはどこまで? 葬儀のあとに故人を荼毘にふす火葬場。 実は火葬場には誰でも入れるわけではありません。 火葬場に入れる人と入れない人がいることを知っているでしょうか。 この記事では、 ・火葬場に行ってはいけない人は誰か ・火葬場に行ってはいけない理由とは何か ・火葬場に参...(続きを読む トップ画像 喪服はしまむらで安く買える!お手頃でマナーを守ったアイテムを紹介【靴・小物もOK】 葬儀のお知らせは突然入ります。 昔購入した喪服が入らなかったり、持っていなかったりすると、早急に喪服を購入しなければなりません。 でも喪服ってなかなか高価で出費も痛いですよね…。 そこで、喪服を調達するのにオススメなのが「しまむら」です! 今回は、しまむ...(続きを読む トップ画像 喪服にタイツはOK!女性用喪服の足元マナー、最適なストッキングのデニール数は? 葬儀に参列するとなると、悩んでしまいがちな葬儀の足元マナー。 タイツやストッキングを履いていいのか、どのような色やデニールにしたらいいのか、マナーを守った服装を選ぶのは難しいですよね。 結論から言うと、葬儀にタイツは着用OKです。 今回は、 「葬儀にタイ...(続きを読む トップ画像 亡くなる前の兆候は目に現れる!そのとき家族ができること。後悔しない別れをするには 大切な人とのお別れはだれでも悲しいものです。 目が濁る・手が冷たくなるなど、人は亡くなる前になるといくつかの変化や予兆が見られる場合があります。 予兆の現れ方などを知っておくことで、心の準備や今できることがわかります。 この記事では、 「人が亡くなる前の兆候...(続きを読む トップ画像 葬儀費用の平均と安く抑える方法7選!誰が負担するのか、払えないときの対処法まで この記事は、 「葬儀の平均費用について知りたい」 「葬儀の費用を抑える方法について知りたい」 という方に向けて書いています。 葬儀社から見積もりを取ったものの、その金額か妥当かなかなか分かりづらいですよね。 今回は葬儀の平均費用と葬儀費用の抑え方も紹介しま...(続きを読む
▶すべての記事を見る