お通夜の意味とは?必要なの?

最新編集日:2021年10月22日

お通夜の意味とは?必要なの?

日本では、従来一般的に葬儀と言えばお通夜と葬儀・告別式を行うものという認識でした。
しかし近年、一日葬という通夜を行わない葬儀を行う人も増えていました。
そして2020年、新型コロナウイルス感染症の影響により一日葬を行う人が急増。多くの方が感染対策として通夜を行わずに一日で葬儀を行いました。

そうなってくると「お通夜は本当に必要なもの?」「お通夜って何のためにするの?」「家族だけならお通夜はしなくていいのでは?」といった疑問が湧いてきます。お通夜は果たして必要なものなのでしょうか?
コロナ禍でお通夜を行う人が減った今だからこそ、改めてお通夜を行う意味について考えてみましょう。

お通夜の曲がれやマナーについてもご紹介します。

  

本来の意味※諸説あり

そもそもお通夜には、どんな意味があったのでしょうか?
諸説あるのでそれぞれ紹介します。

故人の復活を願う

お通夜は元々、遺族や親族だけで執り行うもので、一晩中線香の日を絶やさずに故人の思い出を語り合う時間でした。
これには、故人の事を語り合うことで、故人の復活を願うという意味合いがあったようです。

宗教的な意味合い

お釈迦様が亡くなった時に、弟子たちがその遺体のそばに集まって、夜通しお釈迦様の教えについて語り合ったことに由来しているとも言われています。

また、魂の抜けた遺体に悪霊が入り込まないように見張るという意味があったという説もあり、お通夜には宗教的な意味もあると言われています。

お坊さんに聞いてみると、宗派によって色々お話を聞くことができて面白いですよ。

本当に亡くなっているかの確認

生死の見極めが曖昧だった時代に一晩おいて死亡を確認するためという現実的な意味があったという説もあります。
まだ生きてしまっている人を火葬してしまったら大変ですからね。

医学が進歩した現代ではそのような心配はありませんが......。

さまざまな説がありますが、要は遺族が故人に夜通し付き添う時間だったということは間違いないでしょう。

お通夜の位置づけの変化

しかし、そのような意味合いは現在では薄くなっています。
自宅でなく、斎場で葬儀を行う人が増えたことが原因の一つです。防犯・防災上の理由から一晩中線香の火をつけておくことを禁じている斎場が多く、また斎場に遺族が宿泊できる施設が備えられているとも限りません。

宿泊できる場所にも故人との関係性や人数による制限を設けている場所が多いです。
そのため、遺族や親族が夜通し線香の火を絶やさずに、故人の思い出を語り合って過ごすということは減りました。

参列者が来やすい時間だから行う?

現在では、昼間に行われることの多い葬儀・告別式に参列できない人でも、仕事終わりなどに参列して故人とのお別れができるように、お通夜を行うという別の意味合いが強くなりました。
本来は遺族や親族だけで行うものであったお通夜に、友人や近所の方、会社関係の方などが参列することが多くなったのはこの為です。
お通夜の後に参列者にお酒や料理を振る舞う、「通夜振る舞い」の場で、故人との思い出を偲びます。

お通夜って必要?

以上の意味で現在では、故人の友人や会社関係の方、近所の方などをお呼びするのであれば、参列者への配慮としてお通夜を行うのが一般的です。

しかし、形式などにこだわらずに会社関係の方や近所の方を呼ばない「家族葬」を行うのであれば、必ずしもお通夜が必要というわけではなさそうですね。

遺族や親族が遠方に住んでいたり、高齢である場合などはお通夜を行わずに、一日葬で済ます方が負担が少ないです。
また費用を抑えることもできます。

家族葬であっても、お通夜を行えば時間をかけてゆっくり故人とお別れをするという選択肢も。
家族だけならば参列者に振る舞う料理や香典返しが必要ないため費用を抑えてお通夜を行うこともできます。

コロナの影響でお通夜をしない人が急増

新型コロナウイルス感染症の影響で、できるだけ集まりを短時間にすること、そして参列者を呼ばないことから、お通夜をしない人が急増しました。

コロナが収まったらお通夜を行う人数が戻るかどうか、それはお通夜の意味を皆さんがどう考えるか、その意味を伝えられるお坊さんや葬儀社がいるかどうかによってくるでしょう。

お通夜をしないと怒るお坊さんもいる?

葬儀社に「お通夜をしないで一日葬をしたい」と伝えると、必ず「お付き合いのあるお坊さん(菩提寺)がいるかどうか」を尋ねられます。
そして、そのお坊さんに一日葬でやりたいと伝えてください、と言われます。

なぜか、お坊さんの中にはお通夜の宗教的な意味合いを重視していて「お通夜をしないとちゃんと供養できない」と考える方もいるからです。
そのためお付き合いのあるお坊さんに、お通夜をしないでも大丈夫かを事前に確認しておくことをオススメします。

コロナの影響もあり、寛容になっているお坊さんも多くなってきているので気軽に聞いてみてください。
またお付き合いのあるお坊さんがおらず、葬儀社に紹介してもらう場合には心配いりません。
お通夜を行わないことも了承しているお坊さんを紹介してもらえます。

お通夜の流れとマナー【遺族側】

それでは次に、お通夜を行う際の流れやマナーについて紹介します。

お通夜の流れ

①会場に到着
お通夜当日は、遅くても開式の1時間半まえほどには会場に行きます。
そこで葬儀社との進行の確認や、僧侶への挨拶などを行うのが一般的です。

②受付開始
開式の30分ほど前を目安に、受付を開始します。
参列者に声をかけられた際には、対応をしましょう。

③通夜開始
喪主や遺族は着席をし、お通夜が始まります。
僧侶が入場し、読経⇒遺族の焼香⇒参列者の焼香となります。焼香のタイミングや順番については、葬儀社が声をかけてくれるので、特に心配はありません。

参列者の焼香の際には、参列者から一礼されるので、座ったまま目礼または礼をして応えます。

④通夜振舞い
故人の供養、そして参列者への感謝の為に通夜後に料理を振る舞います。
僧侶が同席する場合には、遺族が接待をします。

お通夜のマナー

お通夜の際には、遺族は参列者や僧侶への対応をする必要があります。
参列者からお悔やみの言葉をかけられた際には「恐れ入ります」「ありがとうございます」と短くて構いませんので応えましょう。

焼香後、また通夜振舞いの前に喪主は参列者に向けて挨拶をします。
挨拶の内容は「参列への感謝、逝去の報告、生前の故人との関りへの感謝」の言葉を簡単にまとめます。

お通夜のマナー【参列者】

それでは次に参列者側のマナーを紹介します。

関連する記事 関連記事画像 お通夜への参列、通夜振る舞いのマナー お葬式は大抵の人が人生の中で数回は経験するかと思います。しかし、そこまで頻繁にあるものでもないので、どのように振る舞えばいいのか忘れがちです。ここでは遺族に失礼のない通夜でのマナーをご紹介します。...(続きを読む

香典を持参する

特に遺族からの辞退の意向がない限り、香典を持参します。

関連する記事 関連記事画像 葬儀の香典の相場・渡し方ーコロナ渦での郵送方法も解説 葬儀に参列するときに持参する香典。 人生でそう多くあることでないため、「いくらつつめばいいの?」「どうやって渡すのがマナー?」と金額の相場や包み方について分からないことが多いのではないでしょうか。 そこでここではいざという時に迷わないよう、香典の金額相場や渡し方...(続きを読む

お通夜の服装

服は基本的には喪服を着用しますが、お通夜の場合には平服でも問題ありません。

関連する記事 関連記事画像 【喪服じゃなくてもいいの?】葬儀や通夜の服装の正解 葬儀や通夜などに急に参加しなければいけない時、何を着て行こう?とりあえず黒い服?子供には何を着せよう?と迷ってしまいますよね。 人生にそう何度もあることでない葬儀。 今回は喪服について、男性・女性・子供の3パターンに分けて、基本的な服装について詳しく紹介します。...(続きを読む

到着~通夜振舞い

基本的には早くても開式の30分ほど前、特別な事情がないのであれば遅くても5分前には到着しておきましょう。
余り早く着きすぎても、遺族の迷惑になってしまう可能性があるので注意が必要です。
早く着きすぎた場合には、近所の喫茶店または斎場内の喫茶コーナーなどで時間を潰しておきます。
遅れてしまった場合には、葬儀社の指示に従って動きましょう。

遺族は他の参列者への対応などもしなければならないため、遺族へのお悔やみの挨拶はできるだけ手短にします。

開式後は葬儀社の指示に従って、焼香を行います。
焼香前には、遺族に一礼をしましょう。

焼香後の通夜振舞は一口でもいただくのがマナーです。
しかしあまり長居したり、飲みすぎて遺族に迷惑をかけることがないようにしましょう。

この記事を書いた人

亀井 洋一 (葬儀の口コミ編集部)

東京都出身。親の葬儀を経験したことで葬儀業界に興味をもち、大学を卒業後葬儀社で勤務。10年の現場経験を経て、退職。
消費者に有益な情報を届けたいという想いから、現在「葬儀の口コミ」を運営している。

【知らなきゃ損】葬儀の情報一覧

トップ画像 葬儀費用の平均と安く抑える方法7選!誰が負担するのか、払えないときの対処法まで この記事は、 「葬儀の平均費用について知りたい」 「葬儀の費用を抑える方法について知りたい」 という方に向けて書いています。 葬儀社から見積もりを取ったものの、その金額か妥当かなかなか分かりづらいですよね。 今回は葬儀の平均費用と葬儀費用の抑え方も紹介しま...(続きを読む トップ画像 遺族へのお悔やみの言葉はなんて言ったらいいの?葬儀のマナーと気遣いのある一言 この記事では、 「葬儀で亡くなった遺族へのお悔やみの言葉ってどうしたらいいの?」 「マナーを守ったお悔やみの言葉って?」 という疑問にお答えします。 葬儀に参列する際、遺族に会う機会は結構あります。 その際黙って通りすぎるのではなく、大切な人が亡くなって悲...(続きを読む トップ画像 喪服にコートは着ていいの?色や素材、着用時の葬儀マナーを解説 この記事では 「喪服にコートは着ていいのか」 「自分のコートを着ていきたいけど、葬儀にふさわしいのかわからない」 「葬儀にふさわしいコートとは」 という疑問にお答えします。 寒い日の葬儀の服装は悩みますよね。 今回はマナーを守りながら防寒対策できる服装に...(続きを読む トップ画像 国葬って実際いくらかかるの?何をするか、過去の国葬費用も紹介 2022年9月27日に日本武道館で安倍元首相の国葬が執り行われます。 元総理大臣を国費で弔うことやその費用が巨額であることから話題を集めている国葬。 今回は国葬とは実際にどのくらいの費用がかかるのか、国葬とはどんなことをするのか紹介します。...(続きを読む トップ画像 葬儀に供える花「供花」とは?送り方・花代の相場・名前の書き方のマナーを解説 この記事では、 「葬儀に供える供花とは?」 「葬儀に供花を送る方法」 「供花の種類、相場、失礼にならないマナー」 について紹介しています。 葬儀に行くと会場内や祭壇まわりなどに名札のついた美しい花が飾られていますよね。 それらの花のことを「供花」といいま...(続きを読む トップ画像 【高額】互助会の解約には手数料がかかる!?トラブル例や解約方法を紹介 インターネットでは「やばい」と評されることもある互助会。 便利なサービスですが、昨今の葬儀形態の変化や掛け金が満期になったために解約を考える方もいるでしょう。 しかし、互助会の解約には解約手数料がかかる場合があります。 解約手数料が高額なために解約をやめる方もいま...(続きを読む トップ画像 コロナ禍でも葬儀はできる?コロナ禍での葬儀事例・具体的な感染症対策を紹介 この記事は、 ・コロナ禍でも葬儀を行う方法を知りたい ・家族がコロナで亡くなった際の葬儀の方法を知りたい ・コロナ禍の葬儀に呼ばれた時の断り方を知りたい という疑問にお答えする記事です。 新型コロナウイルス感染症が広がって約3年。 コロナ禍になってから葬...(続きを読む トップ画像 国葬とは?歴史や国民葬との違いをご紹介 銃撃により亡くなった安倍晋三元総理の葬儀が、9月27日に国葬の形で行われる方向で調整されているという報道が話題になっています。 話題になっているものの「国葬ってなんだろう?」と疑問をお持ちの方も多いのではないでしょうか。 そこでこの記事では、国葬とは何か?国葬の...(続きを読む トップ画像 【男女・年代別】ユニクロで喪服は買える!マナーを守ったお手頃な略喪服を紹介 この記事では、 ・ユニクロで喪服は購入できるのか? ・ユニクロの喪服は葬儀でのマナー違反にならないのか? ・ユニクロ以外で安価にすぐ喪服を用意する方法は? という疑問にお答えします。 急に葬儀が入るも喪服がすぐ調達できないときや喪服をもっていないとき、身近...(続きを読む トップ画像 夏の葬儀の正しい服装とは?マナーと暑さ対策を解説 この記事では、 <b>・夏の葬儀での正しい服装とは何か ・マナーを守りながら暑さ対策する方法</b> について書いています。 どんどん気温が上がっていく夏の日。 悲しいことですが、猛暑の夏は人が亡くなりやすい時期でもあります。 もし夏の日の葬儀に参列...(続きを読む
▶すべての記事を見る