【究極の終活】葬儀のリハーサル「模擬葬儀」

最新編集日:2022年03月17日

【究極の終活】葬儀のリハーサル「模擬葬儀」

「模擬葬儀」という言葉はご存知でしょうか。「模擬面接」や「模擬裁判」などと同じように、本番さながらに似せて行う葬儀のことです。

自分の葬儀を自分で体験できるのです。生前に自分の葬儀の準備をする人が増えている中、「模擬葬儀」を行う人も増えてきているようです。
ここでは、いわば葬儀のリハーサルともいえる「模擬葬儀」についてご紹介します。

  

「模擬葬儀」とは

先述の通り、「模擬葬儀」とは葬儀のリハーサルです。
主に葬儀社や、寺院が開催しています。
また、イベント会社による終活イベントのようなものに組み込まれている場合もあります。
葬儀社が自社の斎場やサービスをアピールする場として開催することが多いようです。

「模擬葬儀」ではなにをする?

「模擬葬儀」という名の通り、本番さながらの祭壇を飾り、僧侶の読経、お焼香、挨拶、出棺、など葬儀の一通りの流れを体験します。

参加者は参列者役になり、葬儀社などの開催側が司会役や受付役などを行うことが多いです。
また実際に棺の中に入る「入棺体験」ができたり、通夜振る舞いや精進落としなどで出される料理を実際に食べることができることもあります。

もちろん始まる前に、開催側から流れについての説明があるので安心です。開催に合わせて、終活セミナーや遺影写真の撮影会などが行われることもあります。

「模擬葬儀」のメリット

模擬葬儀を行うことのメリットをご紹介します。

本番で焦らなくてすむ

「模擬葬儀」に限らず、「模擬〇〇」とは本番さながらを体験することで、本番に失敗しないよう備えるために行うものです。
家族で参加すれば、実際に流れを把握でき、いざ実際に遺族になって葬儀を行う際に焦らずに済みます。

故人の希望を確認できる

自由葬などが増え、葬儀のスタイルの多様化が進む中、かえって遺族がどのような葬儀をしたらいいか分からなくなってしまうことがあります。

葬儀は残された側が行うものですが、出来るだけ故人の希望通りの葬儀を行ってあげたいものです。
「模擬葬儀」を行うことで、どのような葬儀にしてほしいかを、具体的に伝えることができます。
「質素にやってくれ」などと言っても、どの程度のものなのかイメージが出来ませんが、実際に形にして「模擬葬儀」を行えばかなり具体的になります。
家族としても具体的なイメージがつくので、いざという時に迷わずに故人の希望に沿った葬儀を行うことができるのです。

葬儀社のサービスを実際に体験できる

「模擬葬儀」は葬儀社が自社の斎場やサービスをアピールする目的で行われることが多いです。「斎場の広さは適切か」「花は綺麗か」「葬儀社の担当者の雰囲気はどうか」などを生前に見ることができます。
いざという時よりも、冷静な目で判断することができるでしょう。

「死」を疑似体験することで「生」を考えることができる

死を疑似体験することは、生きているうちにしておかなければならないこと、しておきたいことを考えるきっかけになります。

家族にとっても、残りの人生におけるその人との関わり方などを考えるきっかけにもなり、また家族の死を受け入れる準備にもなります。つまり、「死」の疑似体験はこれからどのように生きていくかといった「生」を考えることに繋がるのです。

自殺率の高い韓国では、従業員に命の大切さを実感させて自殺を防止するために、模擬葬儀を行う企業もあるそうです。

まとめ

葬儀は誰にとっても一度きりのものです。
遺族としても一度きりの故人の葬儀を納得のいく形で行いたいはずです。そのための備えとして、「模擬葬儀」を検討してみてはいかがでしょうか。家族と自身の死後に関して話し合うキッカケになることでしょう。

この記事を書いた人

亀井 洋一 (葬儀の口コミ編集部)

東京都出身。親の葬儀を経験したことで葬儀業界に興味をもち、大学を卒業後葬儀社で勤務。10年の現場経験を経て、退職。
消費者に有益な情報を届けたいという想いから、現在「葬儀の口コミ」を運営している。

【知らなきゃ損】葬儀の情報一覧

トップ画像 亡くなってから葬儀までの日数と葬儀の流れを解説!葬儀まで1週間かかるって本当? この記事では ・亡くなってから葬儀までの日数 ・亡くなってから葬儀までが長時間の場合どうするのか について書いています。 皆さんは、亡くなってから葬儀まではどのくらいの日数がかかるか知っていますか? 地域や時期の差もありますが、ところによっては1週間以上か...(続きを読む トップ画像 コロナで亡くなっても普通の葬儀が可能に。納体袋も不要。厚労省ガイドラインを見直し。 1月6日、「コロナで亡くなった方の葬儀に関するガイドライン」が改訂されました。 このガイドラインの改定により、コロナで亡くなった方でも納体袋に収めずに普通に葬儀ができるようになっていきます。 詳しく見ていきましょう。...(続きを読む トップ画像 「葬儀しない、墓もいらない」ときの供養の方法とは?遺族への頼み方・お墓を持たない方法を解説。 この記事では、 ・自分の葬儀をシンプルにしたい人 ・葬儀も墓も要らないとき、家族への伝え方が分からない人 ・お墓を持たずに供養する方法 について書いています。 日本の葬儀の平均費用は約190万円と言われています。 親族をはじめ、友人や会社関係の人まで参列...(続きを読む トップ画像 喪中の読み方、意味とは?忌中と喪中の違い、やってはいけないこと この記事では、 ・喪中・忌中の読み方と意味 ・喪中と忌中の違いについて ・喪中・忌中の間にやってはいけないこと ・喪中はがきの出し方 について紹介しています。 「喪中」や「忌中」という言葉は知っていても、 どのような意味なのか、どのように過ごせばいいの...(続きを読む トップ画像 戒名を付けるお金がないときどうする?戒名なしでの葬儀、安く戒名を付ける方法を解説 この記事は、 「戒名を付けるお金がないとき、どのような対処ができるのか」 「戒名を付けずに荼毘に付すことはできるのか」 「安く戒名を付けることはできるのか」 という疑問にお答えします。 戒名を付けるにはまとまったお金を僧侶にお支払いしなければなりません。 ...(続きを読む トップ画像 【解説】火葬場に行ってはいけない人とは?火葬に参列できるのはどこまで? 葬儀のあとに故人を荼毘にふす火葬場。 実は火葬場には誰でも入れるわけではありません。 火葬場に入れる人と入れない人がいることを知っているでしょうか。 この記事では、 ・火葬場に行ってはいけない人は誰か ・火葬場に行ってはいけない理由とは何か ・火葬場に参...(続きを読む トップ画像 喪服はしまむらで安く買える!お手頃でマナーを守ったアイテムを紹介【靴・小物もOK】 葬儀のお知らせは突然入ります。 昔購入した喪服が入らなかったり、持っていなかったりすると、早急に喪服を購入しなければなりません。 でも喪服ってなかなか高価で出費も痛いですよね…。 そこで、喪服を調達するのにオススメなのが「しまむら」です! 今回は、しまむ...(続きを読む トップ画像 喪服にタイツはOK!女性用喪服の足元マナー、最適なストッキングのデニール数は? 葬儀に参列するとなると、悩んでしまいがちな葬儀の足元マナー。 タイツやストッキングを履いていいのか、どのような色やデニールにしたらいいのか、マナーを守った服装を選ぶのは難しいですよね。 結論から言うと、葬儀にタイツは着用OKです。 今回は、 「葬儀にタイ...(続きを読む トップ画像 亡くなる前の兆候は目に現れる!そのとき家族ができること。後悔しない別れをするには 大切な人とのお別れはだれでも悲しいものです。 目が濁る・手が冷たくなるなど、人は亡くなる前になるといくつかの変化や予兆が見られる場合があります。 予兆の現れ方などを知っておくことで、心の準備や今できることがわかります。 この記事では、 「人が亡くなる前の兆候...(続きを読む トップ画像 葬儀費用の平均と安く抑える方法7選!誰が負担するのか、払えないときの対処法まで この記事は、 「葬儀の平均費用について知りたい」 「葬儀の費用を抑える方法について知りたい」 という方に向けて書いています。 葬儀社から見積もりを取ったものの、その金額か妥当かなかなか分かりづらいですよね。 今回は葬儀の平均費用と葬儀費用の抑え方も紹介しま...(続きを読む
▶すべての記事を見る