大晦日や三が日に家族が亡くなったら?年末年始の葬儀事情をご紹介

最新編集日:2021年12月13日

大晦日や三が日に家族が亡くなったら?年末年始の葬儀事情をご紹介

大晦日や三が日などに、身内の不幸のタイミングが重なる可能性があります。
一般的には多くの会社が休みとなっている年末年始。
通常通り葬儀を行うことができるのでしょうか?

ここでは年末年始の葬儀に関して、葬儀を行えるのかどうかや注意点についてご紹介します。

  

葬儀社は年末年始もやってる?

年末年始に葬儀を行わないとしても、亡くなったら遺体の搬送や葬儀の日までの安置などを行うために葬儀社に依頼をしなければなりません。

葬儀社は24時間365日年中無休。
年末に亡くなっても、正月に亡くなってもすぐに葬儀社に連絡をしましょう。

搬送や安置の道具を持って、対応に来てくれます。

年末年始で葬儀費用が増えることがある?

年末年始で葬儀費用が増える可能性があるのではないかと心配する方もいらっしゃいます。

年末年始で葬儀費用が増える可能性があるとするなら次の2点です。

①安置料やドライアイス料
⇒万が一火葬場が1月3日までだった場合、火葬ができるのは早くても1月4日以降です。
もし大晦日に亡くなった場合、火葬を行うまでに最低でも3日以上はかかり、それまでの安置料や遺体を保全するためのドライアイス料がかかってしまいます。
最短で4日に火葬場の予約が取れればいいですが、休業明けは火葬場が混み合っていることが多く、さらに葬儀まで日数がかかることになります。
ただし、これは冬の死亡者が多い時期だと年末年始に限らず発生するもの。
「年末年始だから」という理由だけで特別に費用が上がるものではありません。

②遠方の親族の宿泊代など
直接の葬儀費用ではありませんが、遠方から親族や参列者が来てホテルなどに宿泊する際には注意が必要です。
年末年始は、ホテルや旅館の費用が比較的高価格に設定されている傾向にあります。

年末年始で香典を用意できない時はどうする?

年末年始でも香典を用意する必要がありますが、手持ちがない場合金融機関に行かなければなりません。
しかし年末年始だと金融機関も休業していることがほとんど。
その場合にはどうしたらいいでしょうか?

まずはコンビニなどでおろせないかを検討してください。最近では24時間365日コンビニなどのATMでおろすことができます。
もしどうしても用意ができない場合には、後日郵送でお送りしましょう。
郵送でお送りする場合には、必ず現金書留を使用し、一筆お悔やみのお手紙を同封します。

関連する記事 関連記事画像 葬儀の香典の相場・渡し方ーコロナ渦での郵送方法も解説 葬儀に参列するときに持参する香典。 人生でそう多くあることでないため、「いくらつつめばいいの?」「どうやって渡すのがマナー?」と金額の相場や包み方について分からないことが多いのではないでしょうか。 そこでここではいざという時に迷わないよう、香典の金額相場や渡し方...(続きを読む

【関連】年末年始に香典返し送ってもいい?

もし秋ごろに葬儀を行った場合、香典返しを送るタイミングが年末年始と重なる場合もあります。

ただし三が日や松の内の間に香典返しを送るのは、縁起が悪いと考える方もいるため避けたほうがいいでしょう。
もし年末年始に香典返しを送る場合には、松の内が明けた1月7日以降に届くようにします。

年賀状を出してしまっていたら?

年末年始に亡くなった場合には、既に年賀状を出してしまっているということがほとんどでしょう。
その場合には松の内を過ぎた7日以降に寒中見舞いを出します。
年賀状をいただいたことへのお礼、いつだれが亡くなったか、連絡が遅くなったことへのお詫びの旨を入れておきましょう。

まとめ

年末年始の葬儀についてご紹介しました。
火葬場が空いていれば、年末年始でも葬儀を行う事ができます。

しかし参列者への気遣いで、年末年始の葬儀を避けることも多いのが事実です。
年末年始の火葬場の状況やなどについては、近隣の葬儀社に相談しましょう。
もしものことが年末年始におきそう、という危ない状況の場合には早めに葬儀社や、お墓のあるお寺に連絡をしておくことをオススメします。

この記事を書いた人

亀井 洋一 (葬儀の口コミ編集部)

東京都出身。親の葬儀を経験したことで葬儀業界に興味をもち、大学を卒業後葬儀社で勤務。10年の現場経験を経て、退職。
消費者に有益な情報を届けたいという想いから、現在「葬儀の口コミ」を運営している。

【知らなきゃ損】葬儀の情報一覧

トップ画像 亡くなってから葬儀までの日数と葬儀の流れを解説!葬儀まで1週間かかるって本当? この記事では ・亡くなってから葬儀までの日数 ・亡くなってから葬儀までが長時間の場合どうするのか について書いています。 皆さんは、亡くなってから葬儀まではどのくらいの日数がかかるか知っていますか? 地域や時期の差もありますが、ところによっては1週間以上か...(続きを読む トップ画像 コロナで亡くなっても普通の葬儀が可能に。納体袋も不要。厚労省ガイドラインを見直し。 1月6日、「コロナで亡くなった方の葬儀に関するガイドライン」が改訂されました。 このガイドラインの改定により、コロナで亡くなった方でも納体袋に収めずに普通に葬儀ができるようになっていきます。 詳しく見ていきましょう。...(続きを読む トップ画像 「葬儀しない、墓もいらない」ときの供養の方法とは?遺族への頼み方・お墓を持たない方法を解説。 この記事では、 ・自分の葬儀をシンプルにしたい人 ・葬儀も墓も要らないとき、家族への伝え方が分からない人 ・お墓を持たずに供養する方法 について書いています。 日本の葬儀の平均費用は約190万円と言われています。 親族をはじめ、友人や会社関係の人まで参列...(続きを読む トップ画像 喪中の読み方、意味とは?忌中と喪中の違い、やってはいけないこと この記事では、 ・喪中・忌中の読み方と意味 ・喪中と忌中の違いについて ・喪中・忌中の間にやってはいけないこと ・喪中はがきの出し方 について紹介しています。 「喪中」や「忌中」という言葉は知っていても、 どのような意味なのか、どのように過ごせばいいの...(続きを読む トップ画像 戒名を付けるお金がないときどうする?戒名なしでの葬儀、安く戒名を付ける方法を解説 この記事は、 「戒名を付けるお金がないとき、どのような対処ができるのか」 「戒名を付けずに荼毘に付すことはできるのか」 「安く戒名を付けることはできるのか」 という疑問にお答えします。 戒名を付けるにはまとまったお金を僧侶にお支払いしなければなりません。 ...(続きを読む トップ画像 【解説】火葬場に行ってはいけない人とは?火葬に参列できるのはどこまで? 葬儀のあとに故人を荼毘にふす火葬場。 実は火葬場には誰でも入れるわけではありません。 火葬場に入れる人と入れない人がいることを知っているでしょうか。 この記事では、 ・火葬場に行ってはいけない人は誰か ・火葬場に行ってはいけない理由とは何か ・火葬場に参...(続きを読む トップ画像 喪服はしまむらで安く買える!お手頃でマナーを守ったアイテムを紹介【靴・小物もOK】 葬儀のお知らせは突然入ります。 昔購入した喪服が入らなかったり、持っていなかったりすると、早急に喪服を購入しなければなりません。 でも喪服ってなかなか高価で出費も痛いですよね…。 そこで、喪服を調達するのにオススメなのが「しまむら」です! 今回は、しまむ...(続きを読む トップ画像 喪服にタイツはOK!女性用喪服の足元マナー、最適なストッキングのデニール数は? 葬儀に参列するとなると、悩んでしまいがちな葬儀の足元マナー。 タイツやストッキングを履いていいのか、どのような色やデニールにしたらいいのか、マナーを守った服装を選ぶのは難しいですよね。 結論から言うと、葬儀にタイツは着用OKです。 今回は、 「葬儀にタイ...(続きを読む トップ画像 亡くなる前の兆候は目に現れる!そのとき家族ができること。後悔しない別れをするには 大切な人とのお別れはだれでも悲しいものです。 目が濁る・手が冷たくなるなど、人は亡くなる前になるといくつかの変化や予兆が見られる場合があります。 予兆の現れ方などを知っておくことで、心の準備や今できることがわかります。 この記事では、 「人が亡くなる前の兆候...(続きを読む トップ画像 葬儀費用の平均と安く抑える方法7選!誰が負担するのか、払えないときの対処法まで この記事は、 「葬儀の平均費用について知りたい」 「葬儀の費用を抑える方法について知りたい」 という方に向けて書いています。 葬儀社から見積もりを取ったものの、その金額か妥当かなかなか分かりづらいですよね。 今回は葬儀の平均費用と葬儀費用の抑え方も紹介しま...(続きを読む
▶すべての記事を見る