お通夜への参列、通夜振る舞いのマナー

最新編集日:2022年03月17日

お通夜への参列、通夜振る舞いのマナー

お葬式は大抵の人が人生の中で数回は経験するかと思います。しかし、そこまで頻繁にあるものでもないので、どのように振る舞えばいいのか忘れがちです。ここでは遺族に失礼のない通夜でのマナーをご紹介します。

通夜でのマナー

まずは通夜の一連のマナーをご紹介します。

参列される場合

お通夜は大体午後6時より始まり午後9、10時頃までおこなわれます。参列される際は、10分前を目安に着く位がいいと思います。
受付での受け答えなどは、「このたびはご愁傷さまでございます。心からお悔やみ申し上げます」「大変お気の毒でございました。」等があります。

これはあくまで一般的なお悔みの言葉ですが、宗教によっては必ずしも正しいとは言えないので注意しましょう。
例えばキリスト教では、死は悲しみにくれるものではなく、神のもとに召されるというものです。
この点で仏式とまた違うものですので、お悔やみの言葉は「安らかなお眠りをお祈り申し上げます」といった方が良いでしょう。

通夜の会場での会話について

通夜では普段集まらない遠方の親戚などが集まって近況を話したり、久しぶりに会う友人などと故人についての昔話にはながさくかもしれません。
しかし、通夜はあくまで故人の死を悼む場ですので小声を基本として、挨拶などをするときも黙礼するくらいにしましょう。

関連する記事関連記事画像お通夜の意味とは?必要なの?日本では、従来一般的に葬儀と言えばお通夜と葬儀・告別式を行うものという認識でした。 しかし近年、一日葬という通夜を行わない葬儀を行う人も増えていました。 そして2020年、新型コロナウイルス感染症の影響により一日葬を行う人が急増。多くの方が感染対策として通夜を行わず...(続きを読む

注意したい言葉(忌み言葉)

受験のときなどに「滑る」「落ちるな」という言葉を避けるように、お悔みの言葉にも使ってはいけないものがあります。
・不幸が重なることを連想させる言葉「重ね重ね」「たびたび」「ますます」等
その他にも直接的な言葉も言い換えるようにしましょう。「亡くなる」「死去」などもいっけん大丈夫そうですが「ご逝去」「他界される」などにしましょう。

通夜に参列できないとき

通夜に参列できない場合には、次のような対応をしましょう。

都合が合わなくていけない

通夜に参列できない場合は、欠席の返事を出しましょう。その際、詳細などは具体的にあげなくても大丈夫です。「やむを得ない事情がありまして」「どうしても都合がつかず」という言葉を添えましょう。欠席理由を詳細に伝えてしまうとかえって遺族の方に失礼となる可能性もあります。

弔電を打つ場合

やむを得ず欠席しても、弔意を伝いたいときなどは弔電が便利です。電報でお悔みの言葉を送ることができます。NTTをはじめ様々な会社が取り扱っており、それぞれ異なった特徴があります。また、申込方法もインターネットなど手軽にできるものもありますので、ご自身にあった弔電を選びましょう。

香典を渡す

通夜に参列する場合は、受付に渡す又は遺族に手渡しなどできますが、香典を送る場合は、参列される他の者に一緒に渡してもらったり、香典袋に入れ、表書きに御霊前と書き、お悔みの手紙を同封し現金書留で郵送といった方法があります。表書きは宗教により異なり、神式は「御神前」「御玉串料」、キリスト教式は「御花料」などがあります。

通夜振る舞いについて

通夜の後に食べる料理、通夜振る舞いについてのマナーをご紹介します。

地域によって様々

宗教や地域の慣習により異なりますが、読経と焼香の行われた後は、通夜振る舞いがあります。これは参列された弔問客への感謝と故人への供養を兼ね、お料理やお酒が振る舞われるものです。

通夜振る舞いでのマナー

通夜後、案内がありましたら基本参加しましょう。あまり食べる気分ではなくても、一口程度は頂きましょう。これは、食べることにより故人の供養になると言われてします。また、振る舞いの席は、故人を偲ぶ場ですので、あまり故人に関係ない話、大きな声や度が過ぎた笑い声など控え節度を守りましょう。

遺族を気遣いつつ、長居はしない

通夜振る舞いは基本的に1~2時間で行われるものです。ですが、故人、遺族などと親しい付き合いのある方ではない場合、あまり長居はせず、大体30分程度で退席しましょう。

事情があり通夜振る舞いを断らなければならない時

通夜には参列出来ても、その後に予定があり通夜振る舞いに参加できない方もいるかもしれません。そのような場合は、遺族、世話人に挨拶、退席などの場合も隣り合った席の方に挨拶をして退席しましょう。

遺族の気持ちを第一に

どのような形式の葬儀であれ、遺族にとって大切な時間です。また、葬儀をあげるまでの精神的、肉体的にも疲れていることもあるかもしれません。参列される場合はそのようなことも考えつつ接したいものです。

この記事を書いた人

亀井 洋一

東京都出身。親の葬儀を経験したことで葬儀業界に興味をもち、大学を卒業後葬儀社で勤務。10年の現場経験を経て、退職。
消費者に有益な情報を届けたいという想いから、現在「葬儀の口コミ」を運営している。

【知らなきゃ損】葬儀の情報一覧

トップ画像家族葬・葬儀の見積書を見ても理解できない!見積りを簡単に比較する方法少し前までは「葬儀の事前準備をするなんて不謹慎な!」という方も多くいらっしゃいましたが、「終活」という言葉も生まれ、事前に葬儀の相談をするのが当たり前の時代になりました。 ただ、数社から葬儀社から見積書を取り寄せたのはいいが「何を比較すれば良いかわからない」「どの...(続きを読むトップ画像【業界激震】東京23区で火葬場に直接葬儀を依頼できるようにー東京博善と公益社が提携通常、火葬場を利用する際には葬儀社に依頼をする必要があり、火葬場に連絡をしても「葬儀社さんを通してください」と言われることがほとんどです。 しかし2022年7月から東京23区内の6つの火葬場で、火葬場に直接連絡をしても葬儀を行うことができるようになります。 どう...(続きを読むトップ画像葬儀社をキャンセルするとキャンセル料がかかる?大切な方が亡くなって慌てて葬儀社に搬送をお願いしたけど、出してもらった見積もりが高かった......。 そこで葬儀社をキャンセルしたいと思ったときに気になるのが、キャンセル料を取られるのか、そもそもキャンセルができるのかどうかではないでしょうか。 この記事では葬...(続きを読むトップ画像葬儀社を始めるのに許可はいらない?葬儀社を認可制にする動き特別な資格が必要な葬儀社ですが、実は認可制・届け出制ではないことをご存知でしょうか? そのため実際に葬儀社がどのくらいあるのかが分からなかったり、災害時や今回のコロナ禍などに情報伝達がうまくいかないことも。 そこで葬儀社を届け出制にする、という動きが少しずつ始ま...(続きを読むトップ画像2021年の葬儀から見る「今年の葬儀の決め方」2022年になり、既に1か月が経ちました。未だコロナの脅威は衰えず、思ったように行動できない日々を過ごしていることと思います。 今回は2021年を振り返り、去年の葬儀形式のトレンド、今後葬儀業界がどうなっていくかを調査していきましょう。なお、今回の調査は過去1年の当社...(続きを読むトップ画像親の葬儀に参列しないのは非常識?どうしても参列できない時の対処法血のつながった親でも、何らかの理由で葬儀に参列できない、したくないこともあるかもしれません。 その時にはどのように対処したらいいでしょうか? 親の葬儀に参列しない例や、その時の対処法についてご紹介します。...(続きを読むトップ画像日本初の映画葬「さらば!千葉真一」お別れ会の概要と運営会社をご紹介2022年1月22日(土)、東京都港区「増上寺 光摂殿」にて映画俳優の千葉真一さん(享年82)のお別れ会が開かれました。 『さらば!千葉真一』と名付けられ、過去の映像や写真がふんだんに映し出されたお別れ会。 その概要と、そんなお別れ会を実現した運営会社「株式会社セロ...(続きを読むトップ画像雪が降ったら葬儀はどうなる?今年も1月に雪が降りました。 雪が降ると公共交通機関や道路状況に様々な影響が及びます。 葬儀当日に雪が降った場合にはどのような影響があるのでしょうか? 雪が葬儀に及ぼす影響や対処法、葬儀に参列する際の注意点などをご紹介します。...(続きを読むトップ画像震災が起きたら葬儀はどうなる?東日本から約11年目東日本大震災から約11年が経とうとしています。 この震災では約16,000人が亡くなり、約2000人もの方がいまだに行方不明です。 震災の時には、様々な部分で混乱が生じますが葬儀も例外ではありません。 同時に多くの方が亡くなる大震災。その時葬儀や火葬はどのよう...(続きを読むトップ画像遺言書の強制力は?葬儀について書かれてたらどうする?亡くなる前に故人が残した遺言書。 それにはどのくらいの効力があるのか、遺言書に書かれている内容に従わなかった時にどうなるのか、気になる方が多いのではないでしょうか。 ここでは遺言書の強制力について葬儀について書かれていた場合なども含めて詳しく解説していきます。...(続きを読む
▶すべての記事を見る