喪中の人に年賀状を出してもいいの?

最新編集日:2022年03月17日

喪中の人に年賀状を出してもいいの?

一般的に身内が亡くなった年の11月下旬頃までに、喪中ハガキというものを親族や知人に送ります。

これは「喪中のため、新年の喜びの挨拶を控える。」ということを相手に伝える為のものです。

喪中ハガキを受け取った場合には年賀状を送らない、年賀状の代わりに「寒中見舞い」というものを出すというのが一般的です。ところが近年「喪中だが、例年通り年賀状を送ってほしい。」という内容の喪中ハガキを送る人も多くなっているようです。
この場合、受け取った側はどのように対処すればよいのでしょうか?

喪中でも年賀状が欲しい

高齢になり、人付き合いが少なくなってくると、年一回の年賀状でのやり取りでその人の近況を知るということも多くあります。
その年一回の年賀状が来ないというのは、寂しいものです。
また、身内が亡くなった上に、年賀状が一通もないと更に寂しくなるという人もいます。

年賀状が来なくなるのが嫌だからという理由で、あえて喪中ハガキをださずに、年が明けた後で寒中見舞いを出すという人も少なからずいます。

そのような人がいることから、近年「喪中だが、例年通り年賀状を送ってほしい。」という旨の文章を入れた喪中ハガキのプリントサービスも行われていますし、インターネットにも文例が多く載っています。
「年賀状は励みになりますのでお気遣いなくお送りいただけますと幸いです。」
「例年通り、近況をお知らせください。」などがよく見られる文例です。
また親しい相手であれば、手書きで「もしよかったら年賀状送ってください。」などと書き添える方法もあります。

喪中の人に年賀状を送るのはマナー違反?

相手が受取るという意思表示をしているのであれば、年賀状を送ってもマナー違反にはなりません。

そもそも喪中ハガキは、送る側が年始の挨拶ができないことを告げるものであり、受け取った側が年賀状を出すかどうかは関係ありません。
しかし喪中の相手に「おめでとう」というのも気が引けますし、マナー・風習として年賀状は出さないものと認識されています。

そのため、年賀状が欲しい人はあえて喪中ハガキに年賀状を受け取る旨を表記します。相手が受取りたいと言っているのだから、むしろ送って差し上げた方が喜ぶのではないでしょうか?

喪中の人に年賀状を送る時に気を付けること

とは言っても喪に服している人に対して「明けましておめでとうございます!!」というのは気が引けますね。でかでかと「HAPPY NEW YEAR!!」と書かれているのもいかがなものかと悩む方もいると思います。
そんな時にはお祝いの言葉を避けるという方法をお勧めします。

年賀状ではなく、「年始状」という形にする方法です。「新年のお慶び申し上げます。」や「新年明けましておめでとうございます。」ではなく「新年のご挨拶を申し上げます。」「本年もよろしくお願いいたします。」などという文章にすれば、お祝いの意味を避けながらも新年の挨拶をすることができます。
お悔みや相手を気遣い励ますような言葉を添えてもいいでしょう。

それでも、やはり気が引けるという方は、「寒中見舞い」を送るのが無難です。これは従来から一般的に喪中の相手への年賀状代わりとして用いられてきた方法です。「寒中見舞い」は、本来は寒い季節に相手を気遣う、季節の挨拶状です。1月8日以降に届くように送るのがマナーとされています。

まとめ

相手を気遣いながらも新年の挨拶をする方法として、「年始状」や「寒中見舞い」という方法をご紹介しました。

あえて、喪中ハガキに年賀状を受け取るという意思表示をしている方には年始状という形で送って差し上げれば、喪中であることを気遣いながらも新年の挨拶ができますし、年賀状を楽しみにしているお気持ちにも応えることができます。

「年賀状をお待ちしています。」と書かれた喪中ハガキを受け取った時に、思い出してみてください。

この記事を書いた人

亀井 洋一

東京都出身。親の葬儀を経験したことで葬儀業界に興味をもち、大学を卒業後葬儀社で勤務。10年の現場経験を経て、退職。
消費者に有益な情報を届けたいという想いから、現在「葬儀の口コミ」を運営している。

【知らなきゃ損】葬儀の情報一覧

トップ画像家族葬・葬儀の見積書を見ても理解できない!見積りを簡単に比較する方法少し前までは「葬儀の事前準備をするなんて不謹慎な!」という方も多くいらっしゃいましたが、「終活」という言葉も生まれ、事前に葬儀の相談をするのが当たり前の時代になりました。 ただ、数社から葬儀社から見積書を取り寄せたのはいいが「何を比較すれば良いかわからない」「どの...(続きを読むトップ画像【業界激震】東京23区で火葬場に直接葬儀を依頼できるようにー東京博善と公益社が提携通常、火葬場を利用する際には葬儀社に依頼をする必要があり、火葬場に連絡をしても「葬儀社さんを通してください」と言われることがほとんどです。 しかし2022年7月から東京23区内の6つの火葬場で、火葬場に直接連絡をしても葬儀を行うことができるようになります。 どう...(続きを読むトップ画像葬儀社をキャンセルするとキャンセル料がかかる?大切な方が亡くなって慌てて葬儀社に搬送をお願いしたけど、出してもらった見積もりが高かった......。 そこで葬儀社をキャンセルしたいと思ったときに気になるのが、キャンセル料を取られるのか、そもそもキャンセルができるのかどうかではないでしょうか。 この記事では葬...(続きを読むトップ画像葬儀社を始めるのに許可はいらない?葬儀社を認可制にする動き特別な資格が必要な葬儀社ですが、実は認可制・届け出制ではないことをご存知でしょうか? そのため実際に葬儀社がどのくらいあるのかが分からなかったり、災害時や今回のコロナ禍などに情報伝達がうまくいかないことも。 そこで葬儀社を届け出制にする、という動きが少しずつ始ま...(続きを読むトップ画像2021年の葬儀から見る「今年の葬儀の決め方」2022年になり、既に1か月が経ちました。未だコロナの脅威は衰えず、思ったように行動できない日々を過ごしていることと思います。 今回は2021年を振り返り、去年の葬儀形式のトレンド、今後葬儀業界がどうなっていくかを調査していきましょう。なお、今回の調査は過去1年の当社...(続きを読むトップ画像親の葬儀に参列しないのは非常識?どうしても参列できない時の対処法血のつながった親でも、何らかの理由で葬儀に参列できない、したくないこともあるかもしれません。 その時にはどのように対処したらいいでしょうか? 親の葬儀に参列しない例や、その時の対処法についてご紹介します。...(続きを読むトップ画像日本初の映画葬「さらば!千葉真一」お別れ会の概要と運営会社をご紹介2022年1月22日(土)、東京都港区「増上寺 光摂殿」にて映画俳優の千葉真一さん(享年82)のお別れ会が開かれました。 『さらば!千葉真一』と名付けられ、過去の映像や写真がふんだんに映し出されたお別れ会。 その概要と、そんなお別れ会を実現した運営会社「株式会社セロ...(続きを読むトップ画像雪が降ったら葬儀はどうなる?今年も1月に雪が降りました。 雪が降ると公共交通機関や道路状況に様々な影響が及びます。 葬儀当日に雪が降った場合にはどのような影響があるのでしょうか? 雪が葬儀に及ぼす影響や対処法、葬儀に参列する際の注意点などをご紹介します。...(続きを読むトップ画像震災が起きたら葬儀はどうなる?東日本から約11年目東日本大震災から約11年が経とうとしています。 この震災では約16,000人が亡くなり、約2000人もの方がいまだに行方不明です。 震災の時には、様々な部分で混乱が生じますが葬儀も例外ではありません。 同時に多くの方が亡くなる大震災。その時葬儀や火葬はどのよう...(続きを読むトップ画像遺言書の強制力は?葬儀について書かれてたらどうする?亡くなる前に故人が残した遺言書。 それにはどのくらいの効力があるのか、遺言書に書かれている内容に従わなかった時にどうなるのか、気になる方が多いのではないでしょうか。 ここでは遺言書の強制力について葬儀について書かれていた場合なども含めて詳しく解説していきます。...(続きを読む
▶すべての記事を見る