【供花とは? 】送り方のマナーを徹底解説

最新編集日:2021年08月19日

【供花とは? 】送り方のマナーを徹底解説

「供花ってなに?」「供花ってどうやって送るの?」「失礼がないように供花を送りたい」というあなたに、供花についての基本的な知識・相場・マナーをご紹介します。

祭壇の両脇に「〇〇一同」などの札が立った花籠がたくさん並べられているのを見たことがありませんか?

あれは「供花」と呼ばれ、「きょうか」もしくは「くげ」と読み、故人に供える花のことを指します。

供花を送る際には、守らなければならないマナーなどがありますので、ここでしっかり知識を付けて、遺族に失礼のないよう供花を手配しましょう。

供花の手配の仕方・マナー

遺族の了承を得る

供花を送る場合は、まず最初に遺族の了承を得る必要があります。
訃報の連絡を受けた際に「ご供花をお送りしてもよろしいですか?」と尋ねるといいでしょう。
家族葬などで、香典や供花をお断りするケースもあるので、確認が必要です。

また遺族の了承を得ずに、供花の送り主がそれぞれ自由に花の種類を決めて手配してしまうと、祭壇に添える花の統一感が無くなってしまい、祭壇自体の見栄えが悪くなってしまう可能性があります。

葬儀社に電話する

遺族の了承を得たら、次に葬儀を担当する葬儀社を遺族から聞いて、その葬儀社に電話をします。
そして「○○家にご供花をお送りしたいのですが」と伝えれば手配が出来ます。
この際、お通夜や葬儀の日程・喪家名を伝えると、話がスムーズです。

自分で花屋に直接依頼することもできますが、葬儀を担当する葬儀社に直接依頼するのがベスト。
祭壇との統一感が失われることや、宗教宗派等の違いにより送った花が飾れないという事態を防ぐためです。

そこからは葬儀社によって色々な方法がありますが、供花の注文用紙をFAXやメールで送ってもらうことが多いです。
そこに、供花の札に出す名前や花の種類を記入し、返送をします。
名前に間違いがあってはいけないので、正確に記入しましょう。

精算はこれも葬儀社によりますが、後日請求書が送られてくるか葬儀に参列するのであれば現地精算ということもあります。
注文時に確認しましょう。

自分で手配する場合

自分で花を選んで送りたい場合は、花屋やインターネットなどを通して手配することもできます。
ただし外部からの供花を受け付けていない場合もあります。
必ず葬儀の担当者に他の店で買った供花も受け付けているのかの確認と了承をとってから手配しましょう。
確認が取れたら、他の供花の色味や種類に合わせたお花選びます。
葬儀社に確認する際に、どのような色みや種類がいいかを聞いておきましょう。
そして、お通夜の前に会場に届くように時間を指定しましょう。開式ギリギリにならないよう注意してください。

供花の種類

供花の種類やマナーは宗教によって異なります。
葬儀社に依頼する場合には、自分で考える必要はありません。

自分で手配して供花を選ぶ際は、事前に葬儀の形式について遺族に確認し、適切な花を選びましょう。

仏式・神式

仏式・神式の葬儀に用いられるお悔やみの花は、菊・百合などの白い花です。
白い花をメインとして他の色の花を飾る際にも、華美にならないように調整します。
どのような規模の会場でも利用しやすいように籠盛りにしたフラワーアレンジメントが一般的です。

キリスト教

キリスト教の供花の意味合いは「故人の霊を慰める」ではなく「遺族への慰め」とされています。
仏式でよく使われる白い菊等ではなく、ランやユリ、カーネーションなどの洋花が多く使われます。

花環

「花環」も供花と意味合いは同じで、主に式場の入口に飾られます。(「花輪」と書く場合もあります)
近年、都心部ではほとんど見られません。
スペース問題や景観の規定などから花輪は辞退される傾向があります。

地方ではまだまだ花環の文化が残っているところが多いので、花輪を頼む際は葬儀を担当している葬儀社に花輪を受付けているかの確認してみましょう。

金額の相場

供花は2つセット(1対)で送るものとされていた時代もありましたが、今では、1つ(1基)で送ることも増えています。
平均的な金額相場は、1基なら¥15,000~¥20,000です。
一対にして送るなら2つセットで倍になるため、¥30,000~¥40,000となっています。

あまりに相場からかけ離れた金額の供花をしてしまうと、遺族に気を遣わせてしまう可能性があるので相場を考えることも大切です。
自身と故人との関係を思い返して、適切な価格帯の供花を選ぶようにしましょう。

【遺族向け】供花に対するお礼のマナー

供花は故人へのお供えなので、本来は香典返しと違い、お礼の品物を返す必要はないとされています。しかし、できるだけ早くお礼状を出すのがマナーとされています。
もしもお返しの品を送る場合は、贈られた供花の約1/2~1/3の金額を相場として、お茶やお菓子など無くなるものなどを送ります。
判断に困ったときは葬儀社や周りの人に相談してみてください。


供花についての基本的な知識・相場・マナーについて紹介しました。プレゼントを選ぶ際にもらった相手の気持ちを考える事が大切であるのと同じように、供花は誰がいくらお金をかけたのかを競うようなものではありません。お返しなどで遺族の方に過度に気を使わせてしまうことの無いよう、相手に思いやりをもって、常識の範囲内で選ぶようにしましょう。

この記事を書いた人

亀井 洋一

東京都出身。親の葬儀を経験したことで葬儀業界に興味をもち、大学を卒業後葬儀社で勤務。10年の現場経験を経て、退職。
消費者に有益な情報を届けたいという想いから、現在「葬儀の口コミ」を運営している。

【知らなきゃ損】葬儀の情報一覧

トップ画像家族葬・葬儀の見積書を見ても理解できない!見積りを簡単に比較する方法少し前までは「葬儀の事前準備をするなんて不謹慎な!」という方も多くいらっしゃいましたが、「終活」という言葉も生まれ、事前に葬儀の相談をするのが当たり前の時代になりました。 ただ、数社から葬儀社から見積書を取り寄せたのはいいが「何を比較すれば良いかわからない」「どの...(続きを読むトップ画像【業界激震】東京23区で火葬場に直接葬儀を依頼できるようにー東京博善と公益社が提携通常、火葬場を利用する際には葬儀社に依頼をする必要があり、火葬場に連絡をしても「葬儀社さんを通してください」と言われることがほとんどです。 しかし2022年7月から東京23区内の6つの火葬場で、火葬場に直接連絡をしても葬儀を行うことができるようになります。 どう...(続きを読むトップ画像葬儀社をキャンセルするとキャンセル料がかかる?大切な方が亡くなって慌てて葬儀社に搬送をお願いしたけど、出してもらった見積もりが高かった......。 そこで葬儀社をキャンセルしたいと思ったときに気になるのが、キャンセル料を取られるのか、そもそもキャンセルができるのかどうかではないでしょうか。 この記事では葬...(続きを読むトップ画像葬儀社を始めるのに許可はいらない?葬儀社を認可制にする動き特別な資格が必要な葬儀社ですが、実は認可制・届け出制ではないことをご存知でしょうか? そのため実際に葬儀社がどのくらいあるのかが分からなかったり、災害時や今回のコロナ禍などに情報伝達がうまくいかないことも。 そこで葬儀社を届け出制にする、という動きが少しずつ始ま...(続きを読むトップ画像2021年の葬儀から見る「今年の葬儀の決め方」2022年になり、既に1か月が経ちました。未だコロナの脅威は衰えず、思ったように行動できない日々を過ごしていることと思います。 今回は2021年を振り返り、去年の葬儀形式のトレンド、今後葬儀業界がどうなっていくかを調査していきましょう。なお、今回の調査は過去1年の当社...(続きを読むトップ画像親の葬儀に参列しないのは非常識?どうしても参列できない時の対処法血のつながった親でも、何らかの理由で葬儀に参列できない、したくないこともあるかもしれません。 その時にはどのように対処したらいいでしょうか? 親の葬儀に参列しない例や、その時の対処法についてご紹介します。...(続きを読むトップ画像日本初の映画葬「さらば!千葉真一」お別れ会の概要と運営会社をご紹介2022年1月22日(土)、東京都港区「増上寺 光摂殿」にて映画俳優の千葉真一さん(享年82)のお別れ会が開かれました。 『さらば!千葉真一』と名付けられ、過去の映像や写真がふんだんに映し出されたお別れ会。 その概要と、そんなお別れ会を実現した運営会社「株式会社セロ...(続きを読むトップ画像雪が降ったら葬儀はどうなる?今年も1月に雪が降りました。 雪が降ると公共交通機関や道路状況に様々な影響が及びます。 葬儀当日に雪が降った場合にはどのような影響があるのでしょうか? 雪が葬儀に及ぼす影響や対処法、葬儀に参列する際の注意点などをご紹介します。...(続きを読むトップ画像震災が起きたら葬儀はどうなる?東日本から約11年目東日本大震災から約11年が経とうとしています。 この震災では約16,000人が亡くなり、約2000人もの方がいまだに行方不明です。 震災の時には、様々な部分で混乱が生じますが葬儀も例外ではありません。 同時に多くの方が亡くなる大震災。その時葬儀や火葬はどのよう...(続きを読むトップ画像遺言書の強制力は?葬儀について書かれてたらどうする?亡くなる前に故人が残した遺言書。 それにはどのくらいの効力があるのか、遺言書に書かれている内容に従わなかった時にどうなるのか、気になる方が多いのではないでしょうか。 ここでは遺言書の強制力について葬儀について書かれていた場合なども含めて詳しく解説していきます。...(続きを読む
▶すべての記事を見る