お布施の金額相場と渡し方

最新編集日:2022年03月17日

お布施の金額相場と渡し方

仏式の葬儀を行うとなると必ず必要になるのが「お布施」というものです。
簡単に言うとお坊さんに渡すお礼のお金のことですが、葬儀にかかる費用の中でも意外と大きなウェイトを占めるものです。

しかし普段からお寺とお付き合いがなければ馴染みのないものなので「いくら包めばいいの?」「いつどうやって渡せばいいの?」と多くの方が頭を悩ませています。
そこで本記事では、葬儀の際のお布施の相場や渡す際のマナーなどについてまとめて解説します。

  

葬儀における「お布施」とは

先述の通りお布施とは、簡単に言えばお坊さんに渡すお礼のことです。
仏式の葬儀では、お坊さんにお経を読んでもらい、故人の死後の名前である戒名をつけてもらうので、それに対するお礼という事になります。
それとは別に、お坊さんが移動するのにかかった交通費「お車代」と、お坊さんが精進落としをご一緒しない場合に料理の代わりにお渡しする「御膳料」というものも渡します。
「お車代」と「御膳料」は本来はお布施とは意味が違うのですが、葬儀の際にはそれら全てを含めてお布施と呼ぶことが多いです。

金額の相場

一番知りたいのは具体的な金額相場だと思います。
しかしお布施の金額は具体的に決まっていません。これが多くの人の頭を悩ませる原因です。
お布施の金額は、宗派やお寺との付き合いの深さや戒名のランク、地域などによって大きく変わります。そのためここではあくまで平均的な値段をご紹介します。

葬儀でかかったお布施の金額の全国平均は47.3万円となっています。
まず、2日間の葬儀で読経をお願いした場合のお布施の読経料は約15万~40万円あたりが多いようです。
地域による違いもあり、関東圏では20万~35万が相場とされていますが、関西圏では20万円前後が多いようです。少なくとも読経料だけで15万円以上はかかると思っておけばいいでしょう。
そこに戒名料が加わります。
戒名料は、もらう戒名のランクや宗派によって変わってきます。10万円前後から、高いランクであれば100万円以上の事もあります。
一般の方に多くつけられる「信士・信女」というものであれば平均的には10万~50万円ほどになります。
これにお車代5,000~100,000円、御膳料5000~100,000円が加わり、2日間の葬儀でのお布施の平均は50万円程になります。

先述の通りこれはあくまでも平均の値段です。
親族・知人などに相談してもいいですし、それでも分からないときには葬儀社にいくらぐらい包めばいいか聞きましょう。お坊さんに直接聞くのも実はマナー違反ではありません。ただし「いくら包めばいいですか?」と聞いても「お気持ちで」と答えられてしまう可能性があるので、「他の方はどれくらい包んでいらっしゃいますか?」などと聞くといいでしょう。
最近ではインターネットで、定額のお布施+手配料でかなり安価にお坊さんを手配できるサービスもあります。手配料にお布施の金額が含まれている場合が多く、費用を節約できるうえに、お布施が定額化されているため「いくら包めばいいの?」と悩まなくて済む便利なサービスです。特定のお寺と関係を持っていない場合はそのようなサービスを利用してもいいでしょう。

渡すタイミング

お布施を渡すタイミングに決まりはありませんが、一般的には葬儀や法要が終わった後や、始まる前の挨拶のときに渡すことが多いです。葬儀前に渡す場合は「本日はどうぞよろしくお願いします。」葬儀後なら「お世話になりました。」などの言葉を添えて、「どうぞお納めくださいませ。」と一声添えてからお布施を渡すといいでしょう。

渡すときのマナー

お布施をお坊さんに渡すときにもマナーはあります。まずお布施をそのまま手渡しするのはマナー違反なので避けましょう。一般的に、お布施は「お盆にのせて渡す」または「袱紗にのせて渡す」のどちらかの方法で渡します。

お盆にのせて渡す

切手盆(きってぼん)というお盆に乗せて渡すのが一般的です。
お盆にのせて渡す際は、正面をお坊さん側へ向けてお盆のまま渡すかお坊さんの前にお盆を置く、どちらかの方法で渡すといいでしょう。ただし、お盆を床に置いてからお坊さんの前まで引きずって寄せる行為はマナー違反なので注意するようにしましょう。渡すお盆が無くても、葬儀社が用意してくれることもあるので確認してみましょう。

袱紗(ふくさ)にのせて渡す

切手盆が用意できなければ、袱紗に乗せて渡すという方法があります。
自宅以外で葬儀をおこなう際には、基本的にお布施は袱紗に包んで持ち歩きます。そして渡す際にはお布施を包んだ封筒を袱紗から取り出して袱紗の上にお坊さんから見て正面になるようにのせて渡します。袱紗を床に置かないように注意しましょう。

まとめ

ここまで、一般的なお布施の相場や渡し方のマナーについて紹介しました。
宗派や地域によってマナーが変わるということもあります。普段お坊さんと付き合いが無ければ戸惑うのは当然の事です。葬儀社にお坊さんを手配してもらった場合、分からないことがあったら遠慮せずに葬儀社に聞きましょう。菩提寺であれば親族に相談してみるといいかもしれません。

この記事を書いた人

亀井 洋一 (葬儀の口コミ編集部)

東京都出身。親の葬儀を経験したことで葬儀業界に興味をもち、大学を卒業後葬儀社で勤務。10年の現場経験を経て、退職。
消費者に有益な情報を届けたいという想いから、現在「葬儀の口コミ」を運営している。

【知らなきゃ損】葬儀の情報一覧

トップ画像 葬儀費用の平均と安く抑える方法7選!誰が負担するのか、払えないときの対処法まで この記事は、 「葬儀の平均費用について知りたい」 「葬儀の費用を抑える方法について知りたい」 という方に向けて書いています。 葬儀社から見積もりを取ったものの、その金額か妥当かなかなか分かりづらいですよね。 今回は葬儀の平均費用と葬儀費用の抑え方も紹介しま...(続きを読む トップ画像 遺族へのお悔やみの言葉はなんて言ったらいいの?葬儀のマナーと気遣いのある一言 この記事では、 「葬儀で亡くなった遺族へのお悔やみの言葉ってどうしたらいいの?」 「マナーを守ったお悔やみの言葉って?」 という疑問にお答えします。 葬儀に参列する際、遺族に会う機会は結構あります。 その際黙って通りすぎるのではなく、大切な人が亡くなって悲...(続きを読む トップ画像 喪服にコートは着ていいの?色や素材、着用時の葬儀マナーを解説 この記事では 「喪服にコートは着ていいのか」 「自分のコートを着ていきたいけど、葬儀にふさわしいのかわからない」 「葬儀にふさわしいコートとは」 という疑問にお答えします。 寒い日の葬儀の服装は悩みますよね。 今回はマナーを守りながら防寒対策できる服装に...(続きを読む トップ画像 国葬って実際いくらかかるの?何をするか、過去の国葬費用も紹介 2022年9月27日に日本武道館で安倍元首相の国葬が執り行われます。 元総理大臣を国費で弔うことやその費用が巨額であることから話題を集めている国葬。 今回は国葬とは実際にどのくらいの費用がかかるのか、国葬とはどんなことをするのか紹介します。...(続きを読む トップ画像 葬儀に供える花「供花」とは?送り方・花代の相場・名前の書き方のマナーを解説 この記事では、 「葬儀に供える供花とは?」 「葬儀に供花を送る方法」 「供花の種類、相場、失礼にならないマナー」 について紹介しています。 葬儀に行くと会場内や祭壇まわりなどに名札のついた美しい花が飾られていますよね。 それらの花のことを「供花」といいま...(続きを読む トップ画像 【高額】互助会の解約には手数料がかかる!?トラブル例や解約方法を紹介 インターネットでは「やばい」と評されることもある互助会。 便利なサービスですが、昨今の葬儀形態の変化や掛け金が満期になったために解約を考える方もいるでしょう。 しかし、互助会の解約には解約手数料がかかる場合があります。 解約手数料が高額なために解約をやめる方もいま...(続きを読む トップ画像 コロナ禍でも葬儀はできる?コロナ禍での葬儀事例・具体的な感染症対策を紹介 この記事は、 ・コロナ禍でも葬儀を行う方法を知りたい ・家族がコロナで亡くなった際の葬儀の方法を知りたい ・コロナ禍の葬儀に呼ばれた時の断り方を知りたい という疑問にお答えする記事です。 新型コロナウイルス感染症が広がって約3年。 コロナ禍になってから葬...(続きを読む トップ画像 国葬とは?歴史や国民葬との違いをご紹介 銃撃により亡くなった安倍晋三元総理の葬儀が、9月27日に国葬の形で行われる方向で調整されているという報道が話題になっています。 話題になっているものの「国葬ってなんだろう?」と疑問をお持ちの方も多いのではないでしょうか。 そこでこの記事では、国葬とは何か?国葬の...(続きを読む トップ画像 【男女・年代別】ユニクロで喪服は買える!マナーを守ったお手頃な略喪服を紹介 この記事では、 ・ユニクロで喪服は購入できるのか? ・ユニクロの喪服は葬儀でのマナー違反にならないのか? ・ユニクロ以外で安価にすぐ喪服を用意する方法は? という疑問にお答えします。 急に葬儀が入るも喪服がすぐ調達できないときや喪服をもっていないとき、身近...(続きを読む トップ画像 夏の葬儀の正しい服装とは?マナーと暑さ対策を解説 この記事では、 <b>・夏の葬儀での正しい服装とは何か ・マナーを守りながら暑さ対策する方法</b> について書いています。 どんどん気温が上がっていく夏の日。 悲しいことですが、猛暑の夏は人が亡くなりやすい時期でもあります。 もし夏の日の葬儀に参列...(続きを読む
▶すべての記事を見る