【葬儀の見積り前に要チェック】費用の見積もり・比較の注意点

最新編集日:2021年07月30日

【葬儀の見積り前に要チェック】費用の見積もり・比較の注意点

最近、インターネットで簡単に葬儀費用の見積りがとれるようになりました。
見積りをもらったら、まずどこを見ますか?
つらつら~と色々書いてあっても、結局見るのは「総額」だけでないですか?数社比較するとき、総額だけで比べていませんか?

それが失敗の元なのです。いざ葬儀が終わって請求書を見たら見積もりの金額と全然違ったという声が多く寄せられています。
そうならない為にも、葬儀の見積りを見るとき、比較するときの注意点を確認しておきましょう。

  

①「料金プラン」にオプションがかかる

「料金プラン」には、祭壇費用や棺、寝台車や霊柩車代、安置料やドライアイス代などが含まれています。(葬儀社によって含まれる内容は異なります。)

例えば、料金プランの中に「ドライアイス3日分」が含まれていたとします。火葬場が混みあっていて、葬儀が出来るのが死後7日後になってしまいました。その場合7日間安置とドライアイスが必要になります。するとプランに含まれていない「ドライアイス4日分」は別途追加費用になってしまうのです。

何日間、安置が必要になるかは、亡くなってから火葬場の状況を確認するので、事前だと分かりません。そのため見積りで正確な費用を出すコトが難しいのです。

②料理や返礼品の数が予測できない

②料理や返礼品は、葬儀に来る人数によって大きく変動します。
事前の見積りでは、来る人数が分からないため、おおよその想定の人数で見積りを出すしかないのです。
そもそも②の項目は見積りに入れない葬儀社もあります。

見積りを見るとき・比較するときのコツ

①の料金プランに、何が含まれているかを確認しましょう。
さきほどのドライアイス代の例だと、「1日分しか含まれていない」葬儀社もあれば「何日でもOK」の葬儀社もあります。そもそもドライアイス代が含まれていない場合もあります。
その場合には、1日安置するだけでも追加費用がかかることになるのです。

「料金プラン」の費用が低価格だと、含まれている内容が少ない傾向にあるので、注意が必要です。
一見料金プランが高くても、含まれている項目が豊富で、追加費用が全くないという葬儀社もあります。


想定人数に注意する

そもそも見積りに、料理や返礼品などの費用が入っていない時には葬儀社に問合せて、何人分ならいくらなのかを聞きましょう。

また相見積もりを取る際には想定人数を揃えて依頼することをオススメします。
人数によって請求が変わるので、きちんと見積りに単価が書いてあるかは確認しましょう。

安さに騙されない

葬儀社も商売なので、お客さんに自社を選んでもらうために様々な工夫をします。

その中の1つが、「見積りを安く見せる」です。
本来必要なものを入れずに、安い見積りを出して、葬儀後にオプションとして高額な追加費用を請求する。そんな葬儀社もいます。

安すぎる見積りには注意しましょう。

「よく分からない見積り」に注意

以上のようなことを見ようにも、そもそも詳細が書いていない見積りもあります。
そんな時は、その時点でその葬儀社はやめておいた方がいいです。

適正な価格を提供している葬儀社であれば、堂々とその内訳をきちんと記載できるはずです。

直接話を聞いてみよう

もらった見積りを見ながら、葬儀社と直接話をしてみましょう。
「この項目は、なんのためのものか」「追加になる可能性があるものは何か」などなど、詳細にきちんと説明してくれる葬儀社を選ぶことをオススメします。

【写真】他社の見積りとも合わせて、費用の説明をしてくれる、東京都新宿区の葬儀社「東京葬儀」

事前見積りがオススメ

亡くなる前の事前見積りをオススメします。不謹慎だ!縁起でもない!と思う方もいるでしょう。
それでもオススメする理由は、後悔のない葬儀を行ってほしいからです。

想像してみてください、大切な人を亡くしてから数日間の間に色んなことを決めなきゃいけないんです。悲しむ暇もないし、疲れるし、、、冷静な判断なんてできなくて当たり前。
葬儀社に言われるがまま、決めていって、葬儀が終わって冷静になったころに届く請求書。「えっ?こんなに?」となる方がたっくさんいるんです。
大切な人のお見送りで、そんな想い絶対したくないですよね。

だから、事前に余裕があるうちに見積りをもらって、冷静に判断してください。
葬儀社とも冷静に話すことが出来ます。
「あれ?この見積りおかしいな??」「この葬儀社の説明あやふやだな?」そう思ったら、すぐ断れるのも事前だからこそです。

後悔のない葬儀を

葬儀は、たった一度のものです。
絶対に後悔してほしくない、それが「葬儀の口コミ」の想いです。

だから、費用だけでなく葬儀社の「口コミ」を見て、評判のいいところに電話して、話してみてください。
話てみて「合わない」って思ったら、他の葬儀社にまた電話すればいいんです。
「電話で話してみた感じ」って結構大事です。

「葬儀の口コミ」では、様々な葬儀社を紹介しています。
だから絶対にあなたに合う葬儀社が見つかります。

この記事を書いた人

亀井 洋一 (葬儀の口コミ編集部)

東京都出身。親の葬儀を経験したことで葬儀業界に興味をもち、大学を卒業後葬儀社で勤務。10年の現場経験を経て、退職。
消費者に有益な情報を届けたいという想いから、現在「葬儀の口コミ」を運営している。

【知らなきゃ損】葬儀の情報一覧

トップ画像 葬儀費用の平均と安く抑える方法7選!誰が負担するのか、払えないときの対処法まで この記事は、 「葬儀の平均費用について知りたい」 「葬儀の費用を抑える方法について知りたい」 という方に向けて書いています。 葬儀社から見積もりを取ったものの、その金額か妥当かなかなか分かりづらいですよね。 今回は葬儀の平均費用と葬儀費用の抑え方も紹介しま...(続きを読む トップ画像 遺族へのお悔やみの言葉はなんて言ったらいいの?葬儀のマナーと気遣いのある一言 この記事では、 「葬儀で亡くなった遺族へのお悔やみの言葉ってどうしたらいいの?」 「マナーを守ったお悔やみの言葉って?」 という疑問にお答えします。 葬儀に参列する際、遺族に会う機会は結構あります。 その際黙って通りすぎるのではなく、大切な人が亡くなって悲...(続きを読む トップ画像 喪服にコートは着ていいの?色や素材、着用時の葬儀マナーを解説 この記事では 「喪服にコートは着ていいのか」 「自分のコートを着ていきたいけど、葬儀にふさわしいのかわからない」 「葬儀にふさわしいコートとは」 という疑問にお答えします。 寒い日の葬儀の服装は悩みますよね。 今回はマナーを守りながら防寒対策できる服装に...(続きを読む トップ画像 国葬って実際いくらかかるの?何をするか、過去の国葬費用も紹介 2022年9月27日に日本武道館で安倍元首相の国葬が執り行われます。 元総理大臣を国費で弔うことやその費用が巨額であることから話題を集めている国葬。 今回は国葬とは実際にどのくらいの費用がかかるのか、国葬とはどんなことをするのか紹介します。...(続きを読む トップ画像 葬儀に供える花「供花」とは?送り方・花代の相場・名前の書き方のマナーを解説 この記事では、 「葬儀に供える供花とは?」 「葬儀に供花を送る方法」 「供花の種類、相場、失礼にならないマナー」 について紹介しています。 葬儀に行くと会場内や祭壇まわりなどに名札のついた美しい花が飾られていますよね。 それらの花のことを「供花」といいま...(続きを読む トップ画像 【高額】互助会の解約には手数料がかかる!?トラブル例や解約方法を紹介 インターネットでは「やばい」と評されることもある互助会。 便利なサービスですが、昨今の葬儀形態の変化や掛け金が満期になったために解約を考える方もいるでしょう。 しかし、互助会の解約には解約手数料がかかる場合があります。 解約手数料が高額なために解約をやめる方もいま...(続きを読む トップ画像 コロナ禍でも葬儀はできる?コロナ禍での葬儀事例・具体的な感染症対策を紹介 この記事は、 ・コロナ禍でも葬儀を行う方法を知りたい ・家族がコロナで亡くなった際の葬儀の方法を知りたい ・コロナ禍の葬儀に呼ばれた時の断り方を知りたい という疑問にお答えする記事です。 新型コロナウイルス感染症が広がって約3年。 コロナ禍になってから葬...(続きを読む トップ画像 国葬とは?歴史や国民葬との違いをご紹介 銃撃により亡くなった安倍晋三元総理の葬儀が、9月27日に国葬の形で行われる方向で調整されているという報道が話題になっています。 話題になっているものの「国葬ってなんだろう?」と疑問をお持ちの方も多いのではないでしょうか。 そこでこの記事では、国葬とは何か?国葬の...(続きを読む トップ画像 【男女・年代別】ユニクロで喪服は買える!マナーを守ったお手頃な略喪服を紹介 この記事では、 ・ユニクロで喪服は購入できるのか? ・ユニクロの喪服は葬儀でのマナー違反にならないのか? ・ユニクロ以外で安価にすぐ喪服を用意する方法は? という疑問にお答えします。 急に葬儀が入るも喪服がすぐ調達できないときや喪服をもっていないとき、身近...(続きを読む トップ画像 夏の葬儀の正しい服装とは?マナーと暑さ対策を解説 この記事では、 <b>・夏の葬儀での正しい服装とは何か ・マナーを守りながら暑さ対策する方法</b> について書いています。 どんどん気温が上がっていく夏の日。 悲しいことですが、猛暑の夏は人が亡くなりやすい時期でもあります。 もし夏の日の葬儀に参列...(続きを読む
▶すべての記事を見る