【葬儀の見積り前に要チェック】費用の見積もり・比較の注意点

最新編集日:2021年07月30日

【葬儀の見積り前に要チェック】費用の見積もり・比較の注意点

最近、インターネットで簡単に葬儀費用の見積りがとれるようになりました。
見積りをもらったら、まずどこを見ますか?
つらつら~と色々書いてあっても、結局見るのは「総額」だけでないですか?数社比較するとき、総額だけで比べていませんか?

それが失敗の元なのです。いざ葬儀が終わって請求書を見たら見積もりの金額と全然違ったという声が多く寄せられています。
そうならない為にも、葬儀の見積りを見るとき、比較するときの注意点を確認しておきましょう。

  

①「料金プラン」にオプションがかかる

「料金プラン」には、祭壇費用や棺、寝台車や霊柩車代、安置料やドライアイス代などが含まれています。(葬儀社によって含まれる内容は異なります。)

例えば、料金プランの中に「ドライアイス3日分」が含まれていたとします。火葬場が混みあっていて、葬儀が出来るのが死後7日後になってしまいました。その場合7日間安置とドライアイスが必要になります。するとプランに含まれていない「ドライアイス4日分」は別途追加費用になってしまうのです。

何日間、安置が必要になるかは、亡くなってから火葬場の状況を確認するので、事前だと分かりません。そのため見積りで正確な費用を出すコトが難しいのです。

②料理や返礼品の数が予測できない

②料理や返礼品は、葬儀に来る人数によって大きく変動します。
事前の見積りでは、来る人数が分からないため、おおよその想定の人数で見積りを出すしかないのです。
そもそも②の項目は見積りに入れない葬儀社もあります。

見積りを見るとき・比較するときのコツ

①の料金プランに、何が含まれているかを確認しましょう。
さきほどのドライアイス代の例だと、「1日分しか含まれていない」葬儀社もあれば「何日でもOK」の葬儀社もあります。そもそもドライアイス代が含まれていない場合もあります。
その場合には、1日安置するだけでも追加費用がかかることになるのです。

「料金プラン」の費用が低価格だと、含まれている内容が少ない傾向にあるので、注意が必要です。
一見料金プランが高くても、含まれている項目が豊富で、追加費用が全くないという葬儀社もあります。


想定人数に注意する

そもそも見積りに、料理や返礼品などの費用が入っていない時には葬儀社に問合せて、何人分ならいくらなのかを聞きましょう。

また相見積もりを取る際には想定人数を揃えて依頼することをオススメします。
人数によって請求が変わるので、きちんと見積りに単価が書いてあるかは確認しましょう。

安さに騙されない

葬儀社も商売なので、お客さんに自社を選んでもらうために様々な工夫をします。

その中の1つが、「見積りを安く見せる」です。
本来必要なものを入れずに、安い見積りを出して、葬儀後にオプションとして高額な追加費用を請求する。そんな葬儀社もいます。

安すぎる見積りには注意しましょう。

「よく分からない見積り」に注意

以上のようなことを見ようにも、そもそも詳細が書いていない見積りもあります。
そんな時は、その時点でその葬儀社はやめておいた方がいいです。

適正な価格を提供している葬儀社であれば、堂々とその内訳をきちんと記載できるはずです。

直接話を聞いてみよう

もらった見積りを見ながら、葬儀社と直接話をしてみましょう。
「この項目は、なんのためのものか」「追加になる可能性があるものは何か」などなど、詳細にきちんと説明してくれる葬儀社を選ぶことをオススメします。

【写真】他社の見積りとも合わせて、費用の説明をしてくれる、東京都新宿区の葬儀社「東京葬儀」

事前見積りがオススメ

亡くなる前の事前見積りをオススメします。不謹慎だ!縁起でもない!と思う方もいるでしょう。
それでもオススメする理由は、後悔のない葬儀を行ってほしいからです。

想像してみてください、大切な人を亡くしてから数日間の間に色んなことを決めなきゃいけないんです。悲しむ暇もないし、疲れるし、、、冷静な判断なんてできなくて当たり前。
葬儀社に言われるがまま、決めていって、葬儀が終わって冷静になったころに届く請求書。「えっ?こんなに?」となる方がたっくさんいるんです。
大切な人のお見送りで、そんな想い絶対したくないですよね。

だから、事前に余裕があるうちに見積りをもらって、冷静に判断してください。
葬儀社とも冷静に話すことが出来ます。
「あれ?この見積りおかしいな??」「この葬儀社の説明あやふやだな?」そう思ったら、すぐ断れるのも事前だからこそです。

後悔のない葬儀を

葬儀は、たった一度のものです。
絶対に後悔してほしくない、それが「葬儀の口コミ」の想いです。

だから、費用だけでなく葬儀社の「口コミ」を見て、評判のいいところに電話して、話してみてください。
話てみて「合わない」って思ったら、他の葬儀社にまた電話すればいいんです。
「電話で話してみた感じ」って結構大事です。

「葬儀の口コミ」では、様々な葬儀社を紹介しています。
だから絶対にあなたに合う葬儀社が見つかります。

この記事を書いた人

亀井 洋一 (葬儀の口コミ編集部)

東京都出身。親の葬儀を経験したことで葬儀業界に興味をもち、大学を卒業後葬儀社で勤務。10年の現場経験を経て、退職。
消費者に有益な情報を届けたいという想いから、現在「葬儀の口コミ」を運営している。

【知らなきゃ損】葬儀の情報一覧

トップ画像 亡くなってから葬儀までの日数と葬儀の流れを解説!葬儀まで1週間かかるって本当? この記事では ・亡くなってから葬儀までの日数 ・亡くなってから葬儀までが長時間の場合どうするのか について書いています。 皆さんは、亡くなってから葬儀まではどのくらいの日数がかかるか知っていますか? 地域や時期の差もありますが、ところによっては1週間以上か...(続きを読む トップ画像 コロナで亡くなっても普通の葬儀が可能に。納体袋も不要。厚労省ガイドラインを見直し。 1月6日、「コロナで亡くなった方の葬儀に関するガイドライン」が改訂されました。 このガイドラインの改定により、コロナで亡くなった方でも納体袋に収めずに普通に葬儀ができるようになっていきます。 詳しく見ていきましょう。...(続きを読む トップ画像 「葬儀しない、墓もいらない」ときの供養の方法とは?遺族への頼み方・お墓を持たない方法を解説。 この記事では、 ・自分の葬儀をシンプルにしたい人 ・葬儀も墓も要らないとき、家族への伝え方が分からない人 ・お墓を持たずに供養する方法 について書いています。 日本の葬儀の平均費用は約190万円と言われています。 親族をはじめ、友人や会社関係の人まで参列...(続きを読む トップ画像 喪中の読み方、意味とは?忌中と喪中の違い、やってはいけないこと この記事では、 ・喪中・忌中の読み方と意味 ・喪中と忌中の違いについて ・喪中・忌中の間にやってはいけないこと ・喪中はがきの出し方 について紹介しています。 「喪中」や「忌中」という言葉は知っていても、 どのような意味なのか、どのように過ごせばいいの...(続きを読む トップ画像 戒名を付けるお金がないときどうする?戒名なしでの葬儀、安く戒名を付ける方法を解説 この記事は、 「戒名を付けるお金がないとき、どのような対処ができるのか」 「戒名を付けずに荼毘に付すことはできるのか」 「安く戒名を付けることはできるのか」 という疑問にお答えします。 戒名を付けるにはまとまったお金を僧侶にお支払いしなければなりません。 ...(続きを読む トップ画像 【解説】火葬場に行ってはいけない人とは?火葬に参列できるのはどこまで? 葬儀のあとに故人を荼毘にふす火葬場。 実は火葬場には誰でも入れるわけではありません。 火葬場に入れる人と入れない人がいることを知っているでしょうか。 この記事では、 ・火葬場に行ってはいけない人は誰か ・火葬場に行ってはいけない理由とは何か ・火葬場に参...(続きを読む トップ画像 喪服はしまむらで安く買える!お手頃でマナーを守ったアイテムを紹介【靴・小物もOK】 葬儀のお知らせは突然入ります。 昔購入した喪服が入らなかったり、持っていなかったりすると、早急に喪服を購入しなければなりません。 でも喪服ってなかなか高価で出費も痛いですよね…。 そこで、喪服を調達するのにオススメなのが「しまむら」です! 今回は、しまむ...(続きを読む トップ画像 喪服にタイツはOK!女性用喪服の足元マナー、最適なストッキングのデニール数は? 葬儀に参列するとなると、悩んでしまいがちな葬儀の足元マナー。 タイツやストッキングを履いていいのか、どのような色やデニールにしたらいいのか、マナーを守った服装を選ぶのは難しいですよね。 結論から言うと、葬儀にタイツは着用OKです。 今回は、 「葬儀にタイ...(続きを読む トップ画像 亡くなる前の兆候は目に現れる!そのとき家族ができること。後悔しない別れをするには 大切な人とのお別れはだれでも悲しいものです。 目が濁る・手が冷たくなるなど、人は亡くなる前になるといくつかの変化や予兆が見られる場合があります。 予兆の現れ方などを知っておくことで、心の準備や今できることがわかります。 この記事では、 「人が亡くなる前の兆候...(続きを読む トップ画像 葬儀費用の平均と安く抑える方法7選!誰が負担するのか、払えないときの対処法まで この記事は、 「葬儀の平均費用について知りたい」 「葬儀の費用を抑える方法について知りたい」 という方に向けて書いています。 葬儀社から見積もりを取ったものの、その金額か妥当かなかなか分かりづらいですよね。 今回は葬儀の平均費用と葬儀費用の抑え方も紹介しま...(続きを読む
▶すべての記事を見る