葬儀費用を支払うタイミング

最新編集日:2021年07月30日

葬儀費用を支払うタイミング

葬儀をすることになったとき、心配事の一つとして葬儀費用が思い浮かぶかと思います。葬儀でかかる平均費用は全国平均では約200万円といわれていて、そこからさらに飲食費用やお坊さんへのお布施などで費用がかさんでいきます。最近ではできるだけ費用を安くしようと家族葬や近親者だけの葬儀も人気がありますが、それでもやはり数十万円~百万円以上はかかってしまいます。では、そのような大金をいったいいつまでに用意すればいいのでしょうか?
ここでは「いつ」、「だれが」、「どのように」葬儀費用を支払うのかといったことを説明していきたいと思います。

  

「いつ」支払うか・葬儀費用を支払うタイミング

一般的に葬儀費用を支払うタイミングは、「葬儀終了日から一週間程度」になっていることが多いです。また、葬儀社によっては依頼した際に前金として総額の半額や数万円を支払うケースもあるようです。
しかし、葬儀は突然のことであるので、十分に葬儀費用が用意できない場合も多いです。この場合、高額な費用をすぐに工面することは難しいことを葬儀社も理解しているので事前の相談にもよりますが、葬儀社によっては支払いを少し待ってくれるところや、ローンでの分割支払いにしてくれるところもあります。
支払い方法についてはトラブルが発生しやすいので、一度冷静になって前もって支払いについて考えておいたことを葬儀社に相談しましょう。

「だれが」支払うのか・葬儀費用を支払う人

一般的な慣例として、「葬儀費用は喪主が支払うべきもの」だとされています。しかし、葬儀費用を誰が支払うべきなのかは法律では定まっていません。そのため葬儀費用は、まずは相互扶助の考えで喪主に贈られた香典や弔慰金を葬儀費用に当て、それでも足りない場合は、故人の財産から捻出すると考えられています。

「どのように」支払うか・葬儀費用の支払い方法

葬儀費用の支払い方法は、葬儀社にもよりますが主に3つの方法があります。

現金

最も一般的な支払方法とされています。葬儀社に直接手渡しに行ったり、銀行振り込みで支払います。しかし、法要や墓の費用、病院への支払い、故人の遺品の整理といった葬儀社の支払い以外にもお金が必要となってくる場合もあるため、今後のことも考えてから選択しましょう。
現金手渡しで支払う場合は、お布施のように特別な封筒へ入れる必要はありませんのでご安心ください。

クレジットカード

最近ではクレジットカードで支払いが選択できる葬儀社も増えてきました。
支払い方法は通常のお買い物と同じく、一括・分割払い・ボーナス払いを選択できる他、クレジットカードのポイントもためることができます。分割払いにする場合は、葬儀費用が高額なため利息も発生してしまうので注意しましょう。
また、葬儀費用が高額なためにクレジットカードの利用限度額に引っかかってしまい、支払うことができない場合は、クレジットカード会社に問い合わせて「利用限度額の一時引き上げ」サービスの確認をしてみましょう。

ローン支払い

現金支払いが難しく、クレジットカードも持っていない・使えない場合には、「葬儀ローン」というものを利用することができます。
葬儀ローンは、その名の通り信販会社と葬儀社が提携して取り扱うローンです。こちらは葬儀社で手続きが出来るため、あまり手間がかからず、融資も早いです。また、ローンの審査はありますが、多くは即日審査も可能となっています。
葬儀ローンはクレジットカードの分割払いと同様に利息が発生するので、返済計画をきちんと考える必要がありますが、支払いが難しい場合は検討するとよいでしょう。

注意点

葬儀費用の支払いには次の点に注意をして冷静に対処するよう心がけましょう。

見積もりの際

葬儀費用のトラブルの多くは、請求された金額が把握していた金額と違う場合に起こります。そのようなトラブルを避けるために、見積もりをする際に「総額の見積もり」をもらうことが大切です。また、その際に他にかかる費用がないのか確認をとってメモなどを残しておくといいでしょう。

互助会・共済会に入っている場合

この場合でも総額の見積もりをもらっておきましょう。互助会・共済会に入っている方は、今までの積立金ですべての葬儀費用を充当できると考えている方もいらっしゃいます。しかし、葬儀プランによっては葬儀当日になってみたら想像を超えた金額を提示され、積立金では足りなかったという例は少なくありません。場合によっては積み立てを解約して、別の葬儀プランにした方が安かった。といったケースもあるので、一度葬儀社に問い合わせてみるといいでしょう。

故人の預金口座の凍結

金融機関は口座主が死亡したことを知ると、預金口座を凍結します。凍結された口座から預金を引き出す為には、相続人全員の同意やさまざまな書類が必要になるため気をつけてください。もし葬儀費用を死亡した人の口座から支払いたい場合は、まず一つの方法として、法定相続人全員に了承をもらった上で、銀行に死亡の連絡をする前に葬儀費用相当額を下ろしてしまう方法がありますが、必ずすべての法定相続人の了承をとっておかないと、持ち逃げと思われる恐れがありますので十分注意しましょう。

経済的な事情でどうしても葬儀費用が賄えない場合

この場合、生活保護葬とも呼ばれる、葬祭扶助制度を利用した葬儀をあげる方法もあります。
ですが、この葬祭扶助制度は生活保護法に基づいて支給されるため、扶助を受けるには条件を満たしている必要があります。その条件とは「遺族が困窮のため最低限度の生活を維持することができない場合」、そして「扶養義務者がいない方が亡くなり、家主や民生委員といった方が葬儀を行う場合」の2点です。どちらかの条件を満たしている方は葬祭扶助を受けることもできる場合がありますので、調べておいてみてもいいかもしれません。

今回は葬儀費用にまつわることをいくつかご紹介いたしました。繰り返しになりますが、葬儀費用は高額で、形式や規模によって大きく変化していきます。対応する葬儀社によって支払うタイミングや方法も異なってきますので、後で後悔しないためにも事前に納得のいくまでご相談されることをおススメいたします。

この記事を書いた人

亀井 洋一 (葬儀の口コミ編集部)

東京都出身。親の葬儀を経験したことで葬儀業界に興味をもち、大学を卒業後葬儀社で勤務。10年の現場経験を経て、退職。
消費者に有益な情報を届けたいという想いから、現在「葬儀の口コミ」を運営している。

【知らなきゃ損】葬儀の情報一覧

トップ画像 亡くなってから葬儀までの日数と葬儀の流れを解説!葬儀まで1週間かかるって本当? この記事では ・亡くなってから葬儀までの日数 ・亡くなってから葬儀までが長時間の場合どうするのか について書いています。 皆さんは、亡くなってから葬儀まではどのくらいの日数がかかるか知っていますか? 地域や時期の差もありますが、ところによっては1週間以上か...(続きを読む トップ画像 コロナで亡くなっても普通の葬儀が可能に。納体袋も不要。厚労省ガイドラインを見直し。 1月6日、「コロナで亡くなった方の葬儀に関するガイドライン」が改訂されました。 このガイドラインの改定により、コロナで亡くなった方でも納体袋に収めずに普通に葬儀ができるようになっていきます。 詳しく見ていきましょう。...(続きを読む トップ画像 「葬儀しない、墓もいらない」ときの供養の方法とは?遺族への頼み方・お墓を持たない方法を解説。 この記事では、 ・自分の葬儀をシンプルにしたい人 ・葬儀も墓も要らないとき、家族への伝え方が分からない人 ・お墓を持たずに供養する方法 について書いています。 日本の葬儀の平均費用は約190万円と言われています。 親族をはじめ、友人や会社関係の人まで参列...(続きを読む トップ画像 喪中の読み方、意味とは?忌中と喪中の違い、やってはいけないこと この記事では、 ・喪中・忌中の読み方と意味 ・喪中と忌中の違いについて ・喪中・忌中の間にやってはいけないこと ・喪中はがきの出し方 について紹介しています。 「喪中」や「忌中」という言葉は知っていても、 どのような意味なのか、どのように過ごせばいいの...(続きを読む トップ画像 戒名を付けるお金がないときどうする?戒名なしでの葬儀、安く戒名を付ける方法を解説 この記事は、 「戒名を付けるお金がないとき、どのような対処ができるのか」 「戒名を付けずに荼毘に付すことはできるのか」 「安く戒名を付けることはできるのか」 という疑問にお答えします。 戒名を付けるにはまとまったお金を僧侶にお支払いしなければなりません。 ...(続きを読む トップ画像 【解説】火葬場に行ってはいけない人とは?火葬に参列できるのはどこまで? 葬儀のあとに故人を荼毘にふす火葬場。 実は火葬場には誰でも入れるわけではありません。 火葬場に入れる人と入れない人がいることを知っているでしょうか。 この記事では、 ・火葬場に行ってはいけない人は誰か ・火葬場に行ってはいけない理由とは何か ・火葬場に参...(続きを読む トップ画像 喪服はしまむらで安く買える!お手頃でマナーを守ったアイテムを紹介【靴・小物もOK】 葬儀のお知らせは突然入ります。 昔購入した喪服が入らなかったり、持っていなかったりすると、早急に喪服を購入しなければなりません。 でも喪服ってなかなか高価で出費も痛いですよね…。 そこで、喪服を調達するのにオススメなのが「しまむら」です! 今回は、しまむ...(続きを読む トップ画像 喪服にタイツはOK!女性用喪服の足元マナー、最適なストッキングのデニール数は? 葬儀に参列するとなると、悩んでしまいがちな葬儀の足元マナー。 タイツやストッキングを履いていいのか、どのような色やデニールにしたらいいのか、マナーを守った服装を選ぶのは難しいですよね。 結論から言うと、葬儀にタイツは着用OKです。 今回は、 「葬儀にタイ...(続きを読む トップ画像 亡くなる前の兆候は目に現れる!そのとき家族ができること。後悔しない別れをするには 大切な人とのお別れはだれでも悲しいものです。 目が濁る・手が冷たくなるなど、人は亡くなる前になるといくつかの変化や予兆が見られる場合があります。 予兆の現れ方などを知っておくことで、心の準備や今できることがわかります。 この記事では、 「人が亡くなる前の兆候...(続きを読む トップ画像 葬儀費用の平均と安く抑える方法7選!誰が負担するのか、払えないときの対処法まで この記事は、 「葬儀の平均費用について知りたい」 「葬儀の費用を抑える方法について知りたい」 という方に向けて書いています。 葬儀社から見積もりを取ったものの、その金額か妥当かなかなか分かりづらいですよね。 今回は葬儀の平均費用と葬儀費用の抑え方も紹介しま...(続きを読む
▶すべての記事を見る