葬儀の日程の組み方について

最新編集日:2021年07月30日

葬儀の日程の組み方について

葬儀は突然やってきます。普段の生活にしても、明日も明後日も皆さんそれぞれ予定があると思います。そんな忙しい日々の中、急にここは葬儀だからと事前にスケジュールを立てられるはずもありませんよね。今回はご逝去の後、葬儀を終えるまでのスケジュールの決め方、日程を決める際に必要なものについてご説明します。

  

一般的な葬儀の日程・スケジュール

一般的な葬儀は、亡くなった翌日には通夜、2日後には葬儀というスケジュールになります。午後から夜にかけて亡くなった時は、翌々日の夜にお通夜、その次の日に告別式・火葬と、後ろに1日ずつずらすこともあります。
具体的に○日後にやらなければならないという決まりはありませんが、安置の関係上、準備が整い次第行うようにしましょう。
亡くなったその日に葬儀を行うことがないのは、法律で死後24時間以上経過しないと火葬をしてはいけないと決まっているからです。

日程が決まる要素

火葬場の空き状況

地方の場合ですとほぼほぼ希望通りで行えますが、都心や都市近郊はそうはいきません。何日か先まで予約が埋まってしまう場合もあり、11時~13時の時間帯から予約枠が埋まっていきます。この火葬の予約が重要で、これが決まらないと葬儀・告別式の日程も決まりません。

菩提寺・僧侶の都合

通夜、葬儀を行うには僧侶を呼ばなければなりません。菩提寺(代々お世話になっているお寺)のある方はそちらに連絡する場合もあるでしょう。菩提寺にも都合がありますので、それを確認しつつ日程をたてましょう。どうしても予定が合わない、または遠方に菩提寺があるなどの場合は同じ宗派の他の寺院を紹介してもらうなどすると、後で菩提寺とのトラブルになりません。

葬儀日程

【火葬場マニアへの道】の記事でもふれていますが、友引の日に葬儀を行うことは避けられています。また、地域によっては友引日以外の六曜で避けるべき日があるかもしれません。その地域の風習もよく確認しておきましょう。

参列親族のスケジュール

故人が住んでいた所から、遠いところに遺族が住んでいる場合、葬儀はその遺族が間に合うように日程を組みましょう。

日程が延びてしまったら

葬儀は突然来るものなので、菩提寺の予定が合わなかったり、出席すべき親族がどうしても集まれなかったりなど、予定通りにいかない場合もあります。そういった時は延期することになりますが、その場合一体どのような事をすればいいのでしょうか。

対策1:遺体の保存

通常どこの葬儀社も大体2~3日程度の安置料はあらかじめ費用に含まれています。ですが、様々な要因でその期間が延びてしまう場合、ドライアイスと施設使用料が追加で発生します。一日当たりドライアイスで5,000~10,000円、施設使用料で5,000~30,000円程かかります。日程が延びてしまうかもしれない場合、その費用も考慮して葬儀社と相談しましょう。

対策2:身内だけで葬儀をした後、本葬やお別れ会をする

対策1の場合、2.3日延びる程度でしたらまだ許容範囲ですが、1週間以上になってしまうとご遺体の保全のためのドライアイス代も安置料もかなりの値段になってきます。その場合には身内のみで簡単な葬儀と火葬をすませ、後日本葬を行うといった方法もあります。ただしこちらの方法ですと、来ていただいた参列者の方に、故人のお顔を見てのお別れをしていただけないというデメリットがあります。

終わりに

遺族、お寺、火葬場などの都合がありますが、できるだけ早く決めていくことが重要です。安置期間が長引いてしまうとそれだけ料金が発生してしまいます。事前に葬儀社と相談しておくことを強くおススメします。

この記事を書いた人

亀井 洋一 (葬儀の口コミ編集部)

東京都出身。親の葬儀を経験したことで葬儀業界に興味をもち、大学を卒業後葬儀社で勤務。10年の現場経験を経て、退職。
消費者に有益な情報を届けたいという想いから、現在「葬儀の口コミ」を運営している。

【知らなきゃ損】葬儀の情報一覧

トップ画像 亡くなってから葬儀までの日数と葬儀の流れを解説!葬儀まで1週間かかるって本当? この記事では ・亡くなってから葬儀までの日数 ・亡くなってから葬儀までが長時間の場合どうするのか について書いています。 皆さんは、亡くなってから葬儀まではどのくらいの日数がかかるか知っていますか? 地域や時期の差もありますが、ところによっては1週間以上か...(続きを読む トップ画像 コロナで亡くなっても普通の葬儀が可能に。納体袋も不要。厚労省ガイドラインを見直し。 1月6日、「コロナで亡くなった方の葬儀に関するガイドライン」が改訂されました。 このガイドラインの改定により、コロナで亡くなった方でも納体袋に収めずに普通に葬儀ができるようになっていきます。 詳しく見ていきましょう。...(続きを読む トップ画像 「葬儀しない、墓もいらない」ときの供養の方法とは?遺族への頼み方・お墓を持たない方法を解説。 この記事では、 ・自分の葬儀をシンプルにしたい人 ・葬儀も墓も要らないとき、家族への伝え方が分からない人 ・お墓を持たずに供養する方法 について書いています。 日本の葬儀の平均費用は約190万円と言われています。 親族をはじめ、友人や会社関係の人まで参列...(続きを読む トップ画像 喪中の読み方、意味とは?忌中と喪中の違い、やってはいけないこと この記事では、 ・喪中・忌中の読み方と意味 ・喪中と忌中の違いについて ・喪中・忌中の間にやってはいけないこと ・喪中はがきの出し方 について紹介しています。 「喪中」や「忌中」という言葉は知っていても、 どのような意味なのか、どのように過ごせばいいの...(続きを読む トップ画像 戒名を付けるお金がないときどうする?戒名なしでの葬儀、安く戒名を付ける方法を解説 この記事は、 「戒名を付けるお金がないとき、どのような対処ができるのか」 「戒名を付けずに荼毘に付すことはできるのか」 「安く戒名を付けることはできるのか」 という疑問にお答えします。 戒名を付けるにはまとまったお金を僧侶にお支払いしなければなりません。 ...(続きを読む トップ画像 【解説】火葬場に行ってはいけない人とは?火葬に参列できるのはどこまで? 葬儀のあとに故人を荼毘にふす火葬場。 実は火葬場には誰でも入れるわけではありません。 火葬場に入れる人と入れない人がいることを知っているでしょうか。 この記事では、 ・火葬場に行ってはいけない人は誰か ・火葬場に行ってはいけない理由とは何か ・火葬場に参...(続きを読む トップ画像 喪服はしまむらで安く買える!お手頃でマナーを守ったアイテムを紹介【靴・小物もOK】 葬儀のお知らせは突然入ります。 昔購入した喪服が入らなかったり、持っていなかったりすると、早急に喪服を購入しなければなりません。 でも喪服ってなかなか高価で出費も痛いですよね…。 そこで、喪服を調達するのにオススメなのが「しまむら」です! 今回は、しまむ...(続きを読む トップ画像 喪服にタイツはOK!女性用喪服の足元マナー、最適なストッキングのデニール数は? 葬儀に参列するとなると、悩んでしまいがちな葬儀の足元マナー。 タイツやストッキングを履いていいのか、どのような色やデニールにしたらいいのか、マナーを守った服装を選ぶのは難しいですよね。 結論から言うと、葬儀にタイツは着用OKです。 今回は、 「葬儀にタイ...(続きを読む トップ画像 亡くなる前の兆候は目に現れる!そのとき家族ができること。後悔しない別れをするには 大切な人とのお別れはだれでも悲しいものです。 目が濁る・手が冷たくなるなど、人は亡くなる前になるといくつかの変化や予兆が見られる場合があります。 予兆の現れ方などを知っておくことで、心の準備や今できることがわかります。 この記事では、 「人が亡くなる前の兆候...(続きを読む トップ画像 葬儀費用の平均と安く抑える方法7選!誰が負担するのか、払えないときの対処法まで この記事は、 「葬儀の平均費用について知りたい」 「葬儀の費用を抑える方法について知りたい」 という方に向けて書いています。 葬儀社から見積もりを取ったものの、その金額か妥当かなかなか分かりづらいですよね。 今回は葬儀の平均費用と葬儀費用の抑え方も紹介しま...(続きを読む
▶すべての記事を見る