「湯灌」(ゆかん)とは?

最新編集日:2021年10月21日

「湯灌」(ゆかん)とは?

湯灌(ゆかん)と聞いて、どのようなものかパッと思い浮かぶ方は少ないかと思います。簡単に言うと赤ちゃんが生まれた時の産湯のようなものです。ここではこの湯灌にどういった意味があるのか、必要なものなのかご説明します。

  

湯灌をする理由と意味

宗教的な意味合い

湯灌とは、産湯のようなものと説明しましたが、要は故人の体を洗い清める儀式のことです。これは来世への旅装束の準備をするため行われます。その他にも現世での悩み、苦しみを洗い流し、無事に成仏できるようにといった願いが込められています。

衛生面

人間の身体は亡くなったときから、徐々に腐敗が始まり、それと同時に体液の漏れ、鼻や口からの出血、皮膚も変色していきます。そういったことを防ぐため、湯灌では鼻や口に綿花ををつめ、漏れを防ぎます。出血などしている場合は、それも処置し、納棺の際にドライアイスをあて腐敗の進行を抑えます。

湯灌の流れ

湯灌は自宅で行われることや、葬儀会館などで行われることが多いです。今回は自宅で行う場合の流れを説明をしていきます。多くの場合、基本的に湯灌師と呼ばれるスタッフが湯灌専用の浴槽やその他の用意をしてくれますし、流れを説明しながら行っていきますのでご遺族があまり心配することはありません。

湯灌の準備

湯灌ですので浴槽の用意から始まります。介護用の浴槽を使用します。お湯の準備は、水から浴槽に入れ、そこにお湯を注いで温度調節をします。これは「逆さ水」と言われる風習によるものです。

湯灌

ご遺体を浴槽に移したら、儀式の口上を述べてからご遺体を綺麗にします。始めにご遺族がご遺体の足元から胸元へかけて洒水(しゃすい)をしていきます。洒水を終えたら、丁寧に洗います。 基本的に湯灌は男女1組のスタッフで行われ、男性が洗髪、顔剃りを担当、女性が身体を担当します。故人が男性であれば顔剃り、女性であれば産毛を剃ります。また、身体を洗うときは逆さ水と同じく逆さの作法に従い左足から右足に向かって洗います。清拭の場合は、アルコールに浸したガーゼや脱脂綿で全身をふいていきます。

身支度

全身を清め終わったら、故人を床へ移し、身支度を整えます。 白い仏衣を着せ、死化粧を施します。宗派によって着せるものは異なったりもしますが最近では故人が生前気に入っていた服を着せることもあります。また、遺体から体液が流れ出ないよう脱脂綿なども詰めておきます。
死化粧と聞くと、女性だけが行うものと思われがちですが、近年は男性でも希望があれば生前のように血色がよく見える化粧を施すこともあります。

湯灌の費用

湯灌は葬儀とは別で追加費用がかかってしまいます。その費用も5~10万と決して安くはありません。また、故人の体を綺麗にするという意味では、病院でも簡単ながら行ってもらえます。あくまで儀式的な側面が強いものだと思って、葬儀費用に余裕があれば行うぐらいでいいかもしれません。

最後に

葬儀には湯灌に限らず様々な追加オプションがあり、中には、消費者が詳しくないことをいいことに、高額なプランを勧めてくるところもあります。決して惑わされたりせず、どんな葬儀を希望していて、どんなサービスが必要かを把握しておくようにしましょう。

この記事を書いた人

亀井 洋一 (葬儀の口コミ編集部)

東京都出身。親の葬儀を経験したことで葬儀業界に興味をもち、大学を卒業後葬儀社で勤務。10年の現場経験を経て、退職。
消費者に有益な情報を届けたいという想いから、現在「葬儀の口コミ」を運営している。

【知らなきゃ損】葬儀の情報一覧

トップ画像 亡くなってから葬儀までの日数と葬儀の流れを解説!葬儀まで1週間かかるって本当? この記事では ・亡くなってから葬儀までの日数 ・亡くなってから葬儀までが長時間の場合どうするのか について書いています。 皆さんは、亡くなってから葬儀まではどのくらいの日数がかかるか知っていますか? 地域や時期の差もありますが、ところによっては1週間以上か...(続きを読む トップ画像 コロナで亡くなっても普通の葬儀が可能に。納体袋も不要。厚労省ガイドラインを見直し。 1月6日、「コロナで亡くなった方の葬儀に関するガイドライン」が改訂されました。 このガイドラインの改定により、コロナで亡くなった方でも納体袋に収めずに普通に葬儀ができるようになっていきます。 詳しく見ていきましょう。...(続きを読む トップ画像 「葬儀しない、墓もいらない」ときの供養の方法とは?遺族への頼み方・お墓を持たない方法を解説。 この記事では、 ・自分の葬儀をシンプルにしたい人 ・葬儀も墓も要らないとき、家族への伝え方が分からない人 ・お墓を持たずに供養する方法 について書いています。 日本の葬儀の平均費用は約190万円と言われています。 親族をはじめ、友人や会社関係の人まで参列...(続きを読む トップ画像 喪中の読み方、意味とは?忌中と喪中の違い、やってはいけないこと この記事では、 ・喪中・忌中の読み方と意味 ・喪中と忌中の違いについて ・喪中・忌中の間にやってはいけないこと ・喪中はがきの出し方 について紹介しています。 「喪中」や「忌中」という言葉は知っていても、 どのような意味なのか、どのように過ごせばいいの...(続きを読む トップ画像 戒名を付けるお金がないときどうする?戒名なしでの葬儀、安く戒名を付ける方法を解説 この記事は、 「戒名を付けるお金がないとき、どのような対処ができるのか」 「戒名を付けずに荼毘に付すことはできるのか」 「安く戒名を付けることはできるのか」 という疑問にお答えします。 戒名を付けるにはまとまったお金を僧侶にお支払いしなければなりません。 ...(続きを読む トップ画像 【解説】火葬場に行ってはいけない人とは?火葬に参列できるのはどこまで? 葬儀のあとに故人を荼毘にふす火葬場。 実は火葬場には誰でも入れるわけではありません。 火葬場に入れる人と入れない人がいることを知っているでしょうか。 この記事では、 ・火葬場に行ってはいけない人は誰か ・火葬場に行ってはいけない理由とは何か ・火葬場に参...(続きを読む トップ画像 喪服はしまむらで安く買える!お手頃でマナーを守ったアイテムを紹介【靴・小物もOK】 葬儀のお知らせは突然入ります。 昔購入した喪服が入らなかったり、持っていなかったりすると、早急に喪服を購入しなければなりません。 でも喪服ってなかなか高価で出費も痛いですよね…。 そこで、喪服を調達するのにオススメなのが「しまむら」です! 今回は、しまむ...(続きを読む トップ画像 喪服にタイツはOK!女性用喪服の足元マナー、最適なストッキングのデニール数は? 葬儀に参列するとなると、悩んでしまいがちな葬儀の足元マナー。 タイツやストッキングを履いていいのか、どのような色やデニールにしたらいいのか、マナーを守った服装を選ぶのは難しいですよね。 結論から言うと、葬儀にタイツは着用OKです。 今回は、 「葬儀にタイ...(続きを読む トップ画像 亡くなる前の兆候は目に現れる!そのとき家族ができること。後悔しない別れをするには 大切な人とのお別れはだれでも悲しいものです。 目が濁る・手が冷たくなるなど、人は亡くなる前になるといくつかの変化や予兆が見られる場合があります。 予兆の現れ方などを知っておくことで、心の準備や今できることがわかります。 この記事では、 「人が亡くなる前の兆候...(続きを読む トップ画像 葬儀費用の平均と安く抑える方法7選!誰が負担するのか、払えないときの対処法まで この記事は、 「葬儀の平均費用について知りたい」 「葬儀の費用を抑える方法について知りたい」 という方に向けて書いています。 葬儀社から見積もりを取ったものの、その金額か妥当かなかなか分かりづらいですよね。 今回は葬儀の平均費用と葬儀費用の抑え方も紹介しま...(続きを読む
▶すべての記事を見る