故人の銀行口座から葬儀費用を引き出すには?|葬儀代の足しにしてもいいの?

最新編集日:2021年07月30日

故人の銀行口座から葬儀費用を引き出すには?|葬儀代の足しにしてもいいの?

「葬儀費用を故人の口座から出したい」
そう思う方に向けて、葬儀費用を故人の口座から引き出す方法、その注意点について解説します。

葬儀費用は、結婚式などと違って突然用意しなければならず、自分で用意するのは大変。入院などしていたらその治療費や入院費もかかってくることも。
そうなると、故人の口座から出せないか?ということになるのも不思議ではありません。
何も考えずに、ただ勝手に引き出してしまうと後々面倒なことになるので、しっかりと注意点を確認しておきましょう。

故人の口座は凍結される?

銀行は人が亡くなったことを確認するとその人の口座を凍結させます。口座が凍結されるとATMでの引き出しはもちろん、入金や公共料金の引き落としなど、一切の操作が出来なくなります。
これは、相続トラブルを避けるために行われる措置です。
亡くなった人の財産は「相続財産」となり、法定相続人で分けなければならないとされています。そこで誰かが勝手に出金等をしてしまうと、後に相続人間でトラブルになりかねません。それを避けるために銀行は亡くなった人の口座を凍結して一切操作できなくするのです。
遺産分割が確定したら、申請により凍結が解除され引き出しが可能になります。逆にいうとその前には凍結した口座に勝手に手を付けることはできません。

口座凍結前に引き出してもいい?

葬儀費用を立て替える余裕がない場合には、口座凍結前に引き出しておくのが一番簡単です。
銀行が死亡を知るのは、基本的には遺族からの連絡によるものです。また新聞の訃報欄や地域の案内板などによって知る場合もあります。死亡届を提出したら役所から銀行に連絡がいくと思っている方もいらっしゃるかもしれませんが、それは間違いです。そのため、銀行に死亡の連絡をする前であれば葬儀費用などを引き出すことが可能です。
しかし、その際いくら家族であっても勝手に引き出してはいけません。必ず他の相続人となる親族に了承を得て、引き出した金額とその使い道を明確にしておきましょう。葬儀費用や医療費等の領収書や明細などを保管しておくことが重要です。
それらを怠ると他の相続人から、故人の財産を着服したと疑われてトラブルになりかねません。また高齢である場合などは元気なうちに相続人と話し合って、万が一の際には口座凍結前に引き出してもよいという合意を交わしておくとなお良いでしょう。

凍結された口座からもお金を引き出せるようになった?

2019年7月の民法改正により、他の相続人の同意がなくても凍結された口座からのお金を一定額引き出せるようになりました。
これは「預貯金仮払い制度」と呼ばれる制度です。
それまでは口座凍結後にお金を引き出すには、相続人全員の同意を証明する書類などが必要でかなり手続きが面倒でしたが、この制度により比較的手続きが楽になりました。
では「預貯金仮払い制度」について、解説します。

引き出せる額は?
引き出せる額は、以下のどちらか「金額が低い方」です。
・「死亡時の預貯金」×「申請する人の法定相続分」×3分の1
・150万円

例えば、亡くなった方の配偶者が申請する場合(故人の両親は他界している)、故人の死亡時の預貯金が1200万円なら、法定相続分2分1の600万の3分の1が、200万円。150万円のほうが金額が低いので上限は150万円となります。
同じケースで死亡時の預貯金が300万であれば、法定相続分2分1の150万の3分の1が、50万円。150万円より金額が低いので上限は50万円となります。

この上限額は「金融機関ごと」です。仮に3つ口座があれば、それぞれの口座に入っている額それぞれで計算をします。
もし3つの口座で全て上限が150万円となれば、合計で450万円引き出せることになります。

申請方法は、各金融機関によって異なりますので、窓口に問合わせましょう。

相続分から葬儀費用を捻出する

葬儀費用を立て替える余裕がある場合には、口座凍結を解除した後に、相続分から葬儀費用を捻出するといいでしょう。これが最もトラブルに繋がりにくい方法と言えます。
遺産分割協議の確定後、故人の戸籍謄本や相続人全員の戸籍謄本などの書類を銀行に提出することで、凍結を解除することができます。
遺言書の有無や銀行によっても必要書類が変わってくるため、必ず銀行に問い合わせをしてください。
ちなみに相続分を葬儀費用に充てた場合、葬儀費用(香典返し、位牌や仏壇、お墓の購入費等は除く)は相続税の課税対象から控除されます。控除の申請の際のために葬儀費用の領収書等は保管しておきましょう。

まとめ

故人の預貯金を葬儀費用に充てるには
・口座凍結前に引き出しておく
・預貯金仮払い制度を利用する
・まずは立て替えて、相続分から充てる
という方法があります。

いずれの方法をとるにしても、葬儀費用や相続等をめぐる親族とのトラブルを防ぐ重要なポイントは
・相続人となる他の親族との話し合いを怠らないこと
・葬儀費用等の領収書等を保存しておくこと 
です。余裕があれば生前に話し合いをしておくこともお勧めします。

この記事を書いた人

亀井 洋一

東京都出身。親の葬儀を経験したことで葬儀業界に興味をもち、大学を卒業後葬儀社で勤務。10年の現場経験を経て、退職。
消費者に有益な情報を届けたいという想いから、現在「葬儀の口コミ」を運営している。

【知らなきゃ損】葬儀の情報一覧

トップ画像家族葬・葬儀の見積書を見ても理解できない!見積りを簡単に比較する方法少し前までは「葬儀の事前準備をするなんて不謹慎な!」という方も多くいらっしゃいましたが、「終活」という言葉も生まれ、事前に葬儀の相談をするのが当たり前の時代になりました。 ただ、数社から葬儀社から見積書を取り寄せたのはいいが「何を比較すれば良いかわからない」「どの...(続きを読むトップ画像【業界激震】東京23区で火葬場に直接葬儀を依頼できるようにー東京博善と公益社が提携通常、火葬場を利用する際には葬儀社に依頼をする必要があり、火葬場に連絡をしても「葬儀社さんを通してください」と言われることがほとんどです。 しかし2022年7月から東京23区内の6つの火葬場で、火葬場に直接連絡をしても葬儀を行うことができるようになります。 どう...(続きを読むトップ画像葬儀社をキャンセルするとキャンセル料がかかる?大切な方が亡くなって慌てて葬儀社に搬送をお願いしたけど、出してもらった見積もりが高かった......。 そこで葬儀社をキャンセルしたいと思ったときに気になるのが、キャンセル料を取られるのか、そもそもキャンセルができるのかどうかではないでしょうか。 この記事では葬...(続きを読むトップ画像葬儀社を始めるのに許可はいらない?葬儀社を認可制にする動き特別な資格が必要な葬儀社ですが、実は認可制・届け出制ではないことをご存知でしょうか? そのため実際に葬儀社がどのくらいあるのかが分からなかったり、災害時や今回のコロナ禍などに情報伝達がうまくいかないことも。 そこで葬儀社を届け出制にする、という動きが少しずつ始ま...(続きを読むトップ画像2021年の葬儀から見る「今年の葬儀の決め方」2022年になり、既に1か月が経ちました。未だコロナの脅威は衰えず、思ったように行動できない日々を過ごしていることと思います。 今回は2021年を振り返り、去年の葬儀形式のトレンド、今後葬儀業界がどうなっていくかを調査していきましょう。なお、今回の調査は過去1年の当社...(続きを読むトップ画像親の葬儀に参列しないのは非常識?どうしても参列できない時の対処法血のつながった親でも、何らかの理由で葬儀に参列できない、したくないこともあるかもしれません。 その時にはどのように対処したらいいでしょうか? 親の葬儀に参列しない例や、その時の対処法についてご紹介します。...(続きを読むトップ画像日本初の映画葬「さらば!千葉真一」お別れ会の概要と運営会社をご紹介2022年1月22日(土)、東京都港区「増上寺 光摂殿」にて映画俳優の千葉真一さん(享年82)のお別れ会が開かれました。 『さらば!千葉真一』と名付けられ、過去の映像や写真がふんだんに映し出されたお別れ会。 その概要と、そんなお別れ会を実現した運営会社「株式会社セロ...(続きを読むトップ画像雪が降ったら葬儀はどうなる?今年も1月に雪が降りました。 雪が降ると公共交通機関や道路状況に様々な影響が及びます。 葬儀当日に雪が降った場合にはどのような影響があるのでしょうか? 雪が葬儀に及ぼす影響や対処法、葬儀に参列する際の注意点などをご紹介します。...(続きを読むトップ画像震災が起きたら葬儀はどうなる?東日本から約11年目東日本大震災から約11年が経とうとしています。 この震災では約16,000人が亡くなり、約2000人もの方がいまだに行方不明です。 震災の時には、様々な部分で混乱が生じますが葬儀も例外ではありません。 同時に多くの方が亡くなる大震災。その時葬儀や火葬はどのよう...(続きを読むトップ画像遺言書の強制力は?葬儀について書かれてたらどうする?亡くなる前に故人が残した遺言書。 それにはどのくらいの効力があるのか、遺言書に書かれている内容に従わなかった時にどうなるのか、気になる方が多いのではないでしょうか。 ここでは遺言書の強制力について葬儀について書かれていた場合なども含めて詳しく解説していきます。...(続きを読む
▶すべての記事を見る