葬儀費用で家族に迷惑をかけたくない人のための【葬儀保険】

最新編集日:2021年07月30日

葬儀費用で家族に迷惑をかけたくない人のための【葬儀保険】

葬儀には多額の費用が必要となります。葬儀費用は本来は喪主が負担し、足りない分は香典等で賄うとされてきました。
しかし自分の死後、残される家族に負担を掛けたくないと思う方も増えてきました。
そこで今回は自分の葬儀費用を自分で準備する方法の一つとして「葬儀保険」をご紹介します。

  

葬儀保険とは

「葬儀保険」とは、その名の通り葬儀費用の負担軽減という目的に特化した保険です。「少額短期保険(ミニ保険)」と呼ばれるものの一種で、保険金額が少額で保険期間が1年と短いものです。
支払われる保険金額は最大300万円と他の生命保険等よりも少額になっており、掛け金も月々1000円程度のものが多く、加入しやすいという特徴があります。
掛け金が少額という事以外にも、様々なメリットがあります。一方で注意しなければならない点もあるのでそれぞれご紹介します。

メリット

医師の診断書が要らない

葬儀保険の加入条件は、他の生命保険等に比べてかなり緩やかです。まず医師の審査・診断書が必要ないという点が特徴的です。現在の健康状態や病歴等を保険業者に告知する義務がありませんので、万が一持病があっても加入することができます。

高齢でも加入できる

年齢審査もとても緩やかです。通常の生命保険は高齢になると入りにくくなり、また80代で打ち切られてしまうという事が多いです。しかし多くの葬儀保険では79歳まで新規加入が可能で、更新すれば99歳まで保障が受けられます。もちろん年齢が上がるにつれて保険料も上がっていきますので、年齢次第では加入しない方がお得になるという場合もあります。加入前にきちんと確認しましょう。

掛け金が少ない

月々の掛け金が通常の生命保険と比べてかなり安価で、利用しやすいという特徴があります。主要な葬儀保険では50歳までは数百円程度、50歳から69歳で1000円程度という料金設定になっています。
年齢が上がれば保険料も上がりますが、それでも通常の生命保険に比べればかなりリーズナブルです。

支払いが早い

請求から支払いまでの期間が短いことも葬儀保険の大きなメリットです。被保険者が亡くなり、受取人が請求をしてから翌営業日には支払われるものも多くあります。
そのため、受け取った保険料をそのまま葬儀社に支払うことが可能です。多額の費用を用意する必要がないため遺族の負担は大きく軽減されます。また相続税に関しても受取る金額が500万円以下のため非課税となります。この点も遺族にとっては大きなメリットといえるでしょう。

注意点

以上のようにメリットの多い葬儀保険ですが、注意するべき点もありますので確認しておきましょう。

年齢によっては入らない方が得

その他の保険でも同じことが言えますが、高齢になるほど支払う保険料が高くなります。葬儀に掛かる費用と支払う保険料の額が釣り合わないこともあるので、きちんと確認しましょう。

葬儀の規模に見合わないことも

葬儀費用と保険料の金額が釣り合うかを確認するには、葬儀費用がどのくらいになるかをある程度把握しておかなければなりません。葬儀費用は葬儀の規模に大きく影響されます。小規模な葬儀でそれほど費用がかからないと見込まれる場合には、加入する必要はないでしょう。また、加入を検討している保険内容で、どの程度の葬儀ができるのかをきちんと把握しておくことも大切です。

経済的な影響で保険金額が下がることも

終身型の葬儀保険では、会社の破綻や物価変動などの経済的な影響によって、受け取れる保険金額が下がる可能性もあるので考慮に入れておきましょう。

まとめ

自身の死後、遺族に負担を欠けたくないという方におすすめな「葬儀保険」をご紹介しました。ご遺族にとっても多くのメリットがあるものなので検討してみはいかがでしょうか?その際には自身の年齢、考えている葬儀の規模と、保険料や契約内容が釣り合っているかをよく確認しましょう。

この記事を書いた人

亀井 洋一 (葬儀の口コミ編集部)

東京都出身。親の葬儀を経験したことで葬儀業界に興味をもち、大学を卒業後葬儀社で勤務。10年の現場経験を経て、退職。
消費者に有益な情報を届けたいという想いから、現在「葬儀の口コミ」を運営している。

【知らなきゃ損】葬儀の情報一覧

トップ画像 亡くなってから葬儀までの日数と葬儀の流れを解説!葬儀まで1週間かかるって本当? この記事では ・亡くなってから葬儀までの日数 ・亡くなってから葬儀までが長時間の場合どうするのか について書いています。 皆さんは、亡くなってから葬儀まではどのくらいの日数がかかるか知っていますか? 地域や時期の差もありますが、ところによっては1週間以上か...(続きを読む トップ画像 コロナで亡くなっても普通の葬儀が可能に。納体袋も不要。厚労省ガイドラインを見直し。 1月6日、「コロナで亡くなった方の葬儀に関するガイドライン」が改訂されました。 このガイドラインの改定により、コロナで亡くなった方でも納体袋に収めずに普通に葬儀ができるようになっていきます。 詳しく見ていきましょう。...(続きを読む トップ画像 「葬儀しない、墓もいらない」ときの供養の方法とは?遺族への頼み方・お墓を持たない方法を解説。 この記事では、 ・自分の葬儀をシンプルにしたい人 ・葬儀も墓も要らないとき、家族への伝え方が分からない人 ・お墓を持たずに供養する方法 について書いています。 日本の葬儀の平均費用は約190万円と言われています。 親族をはじめ、友人や会社関係の人まで参列...(続きを読む トップ画像 喪中の読み方、意味とは?忌中と喪中の違い、やってはいけないこと この記事では、 ・喪中・忌中の読み方と意味 ・喪中と忌中の違いについて ・喪中・忌中の間にやってはいけないこと ・喪中はがきの出し方 について紹介しています。 「喪中」や「忌中」という言葉は知っていても、 どのような意味なのか、どのように過ごせばいいの...(続きを読む トップ画像 戒名を付けるお金がないときどうする?戒名なしでの葬儀、安く戒名を付ける方法を解説 この記事は、 「戒名を付けるお金がないとき、どのような対処ができるのか」 「戒名を付けずに荼毘に付すことはできるのか」 「安く戒名を付けることはできるのか」 という疑問にお答えします。 戒名を付けるにはまとまったお金を僧侶にお支払いしなければなりません。 ...(続きを読む トップ画像 【解説】火葬場に行ってはいけない人とは?火葬に参列できるのはどこまで? 葬儀のあとに故人を荼毘にふす火葬場。 実は火葬場には誰でも入れるわけではありません。 火葬場に入れる人と入れない人がいることを知っているでしょうか。 この記事では、 ・火葬場に行ってはいけない人は誰か ・火葬場に行ってはいけない理由とは何か ・火葬場に参...(続きを読む トップ画像 喪服はしまむらで安く買える!お手頃でマナーを守ったアイテムを紹介【靴・小物もOK】 葬儀のお知らせは突然入ります。 昔購入した喪服が入らなかったり、持っていなかったりすると、早急に喪服を購入しなければなりません。 でも喪服ってなかなか高価で出費も痛いですよね…。 そこで、喪服を調達するのにオススメなのが「しまむら」です! 今回は、しまむ...(続きを読む トップ画像 喪服にタイツはOK!女性用喪服の足元マナー、最適なストッキングのデニール数は? 葬儀に参列するとなると、悩んでしまいがちな葬儀の足元マナー。 タイツやストッキングを履いていいのか、どのような色やデニールにしたらいいのか、マナーを守った服装を選ぶのは難しいですよね。 結論から言うと、葬儀にタイツは着用OKです。 今回は、 「葬儀にタイ...(続きを読む トップ画像 亡くなる前の兆候は目に現れる!そのとき家族ができること。後悔しない別れをするには 大切な人とのお別れはだれでも悲しいものです。 目が濁る・手が冷たくなるなど、人は亡くなる前になるといくつかの変化や予兆が見られる場合があります。 予兆の現れ方などを知っておくことで、心の準備や今できることがわかります。 この記事では、 「人が亡くなる前の兆候...(続きを読む トップ画像 葬儀費用の平均と安く抑える方法7選!誰が負担するのか、払えないときの対処法まで この記事は、 「葬儀の平均費用について知りたい」 「葬儀の費用を抑える方法について知りたい」 という方に向けて書いています。 葬儀社から見積もりを取ったものの、その金額か妥当かなかなか分かりづらいですよね。 今回は葬儀の平均費用と葬儀費用の抑え方も紹介しま...(続きを読む
▶すべての記事を見る