葬儀費用で家族に迷惑をかけたくない人のための【葬儀保険】

最新編集日:2021年07月30日

葬儀費用で家族に迷惑をかけたくない人のための【葬儀保険】

葬儀には多額の費用が必要となります。葬儀費用は本来は喪主が負担し、足りない分は香典等で賄うとされてきました。
しかし自分の死後、残される家族に負担を掛けたくないと思う方も増えてきました。
そこで今回は自分の葬儀費用を自分で準備する方法の一つとして「葬儀保険」をご紹介します。

  

葬儀保険とは

「葬儀保険」とは、その名の通り葬儀費用の負担軽減という目的に特化した保険です。「少額短期保険(ミニ保険)」と呼ばれるものの一種で、保険金額が少額で保険期間が1年と短いものです。
支払われる保険金額は最大300万円と他の生命保険等よりも少額になっており、掛け金も月々1000円程度のものが多く、加入しやすいという特徴があります。
掛け金が少額という事以外にも、様々なメリットがあります。一方で注意しなければならない点もあるのでそれぞれご紹介します。

メリット

医師の診断書が要らない

葬儀保険の加入条件は、他の生命保険等に比べてかなり緩やかです。まず医師の審査・診断書が必要ないという点が特徴的です。現在の健康状態や病歴等を保険業者に告知する義務がありませんので、万が一持病があっても加入することができます。

高齢でも加入できる

年齢審査もとても緩やかです。通常の生命保険は高齢になると入りにくくなり、また80代で打ち切られてしまうという事が多いです。しかし多くの葬儀保険では79歳まで新規加入が可能で、更新すれば99歳まで保障が受けられます。もちろん年齢が上がるにつれて保険料も上がっていきますので、年齢次第では加入しない方がお得になるという場合もあります。加入前にきちんと確認しましょう。

掛け金が少ない

月々の掛け金が通常の生命保険と比べてかなり安価で、利用しやすいという特徴があります。主要な葬儀保険では50歳までは数百円程度、50歳から69歳で1000円程度という料金設定になっています。
年齢が上がれば保険料も上がりますが、それでも通常の生命保険に比べればかなりリーズナブルです。

支払いが早い

請求から支払いまでの期間が短いことも葬儀保険の大きなメリットです。被保険者が亡くなり、受取人が請求をしてから翌営業日には支払われるものも多くあります。
そのため、受け取った保険料をそのまま葬儀社に支払うことが可能です。多額の費用を用意する必要がないため遺族の負担は大きく軽減されます。また相続税に関しても受取る金額が500万円以下のため非課税となります。この点も遺族にとっては大きなメリットといえるでしょう。

注意点

以上のようにメリットの多い葬儀保険ですが、注意するべき点もありますので確認しておきましょう。

年齢によっては入らない方が得

その他の保険でも同じことが言えますが、高齢になるほど支払う保険料が高くなります。葬儀に掛かる費用と支払う保険料の額が釣り合わないこともあるので、きちんと確認しましょう。

葬儀の規模に見合わないことも

葬儀費用と保険料の金額が釣り合うかを確認するには、葬儀費用がどのくらいになるかをある程度把握しておかなければなりません。葬儀費用は葬儀の規模に大きく影響されます。小規模な葬儀でそれほど費用がかからないと見込まれる場合には、加入する必要はないでしょう。また、加入を検討している保険内容で、どの程度の葬儀ができるのかをきちんと把握しておくことも大切です。

経済的な影響で保険金額が下がることも

終身型の葬儀保険では、会社の破綻や物価変動などの経済的な影響によって、受け取れる保険金額が下がる可能性もあるので考慮に入れておきましょう。

まとめ

自身の死後、遺族に負担を欠けたくないという方におすすめな「葬儀保険」をご紹介しました。ご遺族にとっても多くのメリットがあるものなので検討してみはいかがでしょうか?その際には自身の年齢、考えている葬儀の規模と、保険料や契約内容が釣り合っているかをよく確認しましょう。

この記事を書いた人

亀井 洋一 (葬儀の口コミ編集部)

東京都出身。親の葬儀を経験したことで葬儀業界に興味をもち、大学を卒業後葬儀社で勤務。10年の現場経験を経て、退職。
消費者に有益な情報を届けたいという想いから、現在「葬儀の口コミ」を運営している。

【知らなきゃ損】葬儀の情報一覧

トップ画像 葬儀費用の平均と安く抑える方法7選!誰が負担するのか、払えないときの対処法まで この記事は、 「葬儀の平均費用について知りたい」 「葬儀の費用を抑える方法について知りたい」 という方に向けて書いています。 葬儀社から見積もりを取ったものの、その金額か妥当かなかなか分かりづらいですよね。 今回は葬儀の平均費用と葬儀費用の抑え方も紹介しま...(続きを読む トップ画像 遺族へのお悔やみの言葉はなんて言ったらいいの?葬儀のマナーと気遣いのある一言 この記事では、 「葬儀で亡くなった遺族へのお悔やみの言葉ってどうしたらいいの?」 「マナーを守ったお悔やみの言葉って?」 という疑問にお答えします。 葬儀に参列する際、遺族に会う機会は結構あります。 その際黙って通りすぎるのではなく、大切な人が亡くなって悲...(続きを読む トップ画像 喪服にコートは着ていいの?色や素材、着用時の葬儀マナーを解説 この記事では 「喪服にコートは着ていいのか」 「自分のコートを着ていきたいけど、葬儀にふさわしいのかわからない」 「葬儀にふさわしいコートとは」 という疑問にお答えします。 寒い日の葬儀の服装は悩みますよね。 今回はマナーを守りながら防寒対策できる服装に...(続きを読む トップ画像 国葬って実際いくらかかるの?何をするか、過去の国葬費用も紹介 2022年9月27日に日本武道館で安倍元首相の国葬が執り行われます。 元総理大臣を国費で弔うことやその費用が巨額であることから話題を集めている国葬。 今回は国葬とは実際にどのくらいの費用がかかるのか、国葬とはどんなことをするのか紹介します。...(続きを読む トップ画像 葬儀に供える花「供花」とは?送り方・花代の相場・名前の書き方のマナーを解説 この記事では、 「葬儀に供える供花とは?」 「葬儀に供花を送る方法」 「供花の種類、相場、失礼にならないマナー」 について紹介しています。 葬儀に行くと会場内や祭壇まわりなどに名札のついた美しい花が飾られていますよね。 それらの花のことを「供花」といいま...(続きを読む トップ画像 【高額】互助会の解約には手数料がかかる!?トラブル例や解約方法を紹介 インターネットでは「やばい」と評されることもある互助会。 便利なサービスですが、昨今の葬儀形態の変化や掛け金が満期になったために解約を考える方もいるでしょう。 しかし、互助会の解約には解約手数料がかかる場合があります。 解約手数料が高額なために解約をやめる方もいま...(続きを読む トップ画像 コロナ禍でも葬儀はできる?コロナ禍での葬儀事例・具体的な感染症対策を紹介 この記事は、 ・コロナ禍でも葬儀を行う方法を知りたい ・家族がコロナで亡くなった際の葬儀の方法を知りたい ・コロナ禍の葬儀に呼ばれた時の断り方を知りたい という疑問にお答えする記事です。 新型コロナウイルス感染症が広がって約3年。 コロナ禍になってから葬...(続きを読む トップ画像 国葬とは?歴史や国民葬との違いをご紹介 銃撃により亡くなった安倍晋三元総理の葬儀が、9月27日に国葬の形で行われる方向で調整されているという報道が話題になっています。 話題になっているものの「国葬ってなんだろう?」と疑問をお持ちの方も多いのではないでしょうか。 そこでこの記事では、国葬とは何か?国葬の...(続きを読む トップ画像 【男女・年代別】ユニクロで喪服は買える!マナーを守ったお手頃な略喪服を紹介 この記事では、 ・ユニクロで喪服は購入できるのか? ・ユニクロの喪服は葬儀でのマナー違反にならないのか? ・ユニクロ以外で安価にすぐ喪服を用意する方法は? という疑問にお答えします。 急に葬儀が入るも喪服がすぐ調達できないときや喪服をもっていないとき、身近...(続きを読む トップ画像 夏の葬儀の正しい服装とは?マナーと暑さ対策を解説 この記事では、 <b>・夏の葬儀での正しい服装とは何か ・マナーを守りながら暑さ対策する方法</b> について書いています。 どんどん気温が上がっていく夏の日。 悲しいことですが、猛暑の夏は人が亡くなりやすい時期でもあります。 もし夏の日の葬儀に参列...(続きを読む
▶すべての記事を見る