コロナで葬儀も「自粛」ムード?

最新編集日:2021年11月23日

コロナで葬儀も「自粛」ムード?

2020年3月現在、まだまだ感染拡大が続いている新型コロナウイルス感染症。

3月1日、政府から「換気が悪く、人が密に集まって過ごすような空間に集団で集まること」を避けるよう勧告が出され、音楽ライブや各種イベントの中止や延期が続々と発表されるなど世間は完全に「自粛」ムード。

葬儀も例外ではありません。

「家族以外の方は呼ばない方がいいのかな?」
「お世話になった方々に参列してほしいけど、こんなときに迷惑かな?」
と頭を悩ませる方が増えています。

葬儀は「中止」ができません。
そんな中、みんなどのような対策をしながら葬儀を行っているのでしょうか?

新型コロナウイルス感染症の拡大は葬儀にどのような影響を及ぼしてるのか、そしてどのような対策を行うべきか、最新の調査結果と葬儀社の方のお話をもとに紹介します。

  

新型コロナウイルス感染拡大の葬儀への影響

葬儀紹介業を営む「よりそう」の調査によると、今回の新型コロナウイルス感染拡大の影響により「一般の参列者を呼ばない家族葬や、火葬のみでお別れをする火葬式を選ぶ人が増えた」とのこと。

10年前と比べて家族葬や火葬式といった小規模な葬儀が増えているなか、今回の新型コロナウイルスの影響により、その傾向がさらに高まっているようです。

新宿区の葬儀社「東京葬儀」の古橋さんによると、すでに人が亡くなっており、差し迫って式を行わなければなないことが多いため、延期するわけにもいかずにやむを得なく家族葬や火葬式を選んだ人もいるそうです。

しかし、たった一度の最後のお別れ。
お世話になった方々にお別れをしてもらいたい、その想いを叶えることはできないのでしょうか?

「きちんと対策をして参列者を招くこともできます。そのために我々葬儀社も万全の対策をしています。」という古橋さん。

【写真】自粛ムードの中、万全の対策をし「家族葬」をおこなう「東京葬儀」

安心して参列者を招くために、家族や葬儀社ができる対策を紹介します。

葬儀での新型コロナウイルス感染症対策

<マスク着用を徹底する>

式中であってもスタッフ全員にマスクを着用してもらう、参列者用のマスクを用意してもらうなど、マスク着用の徹底を葬儀社に提案しましょう。
葬儀社側からは「マナー違反」を懸念して提案しづらい対策。しかし家族から提案されれば断る理由はありません。
通常は「マナー違反」とされるので、式当日には説明のための張り紙なども用意してくれます。

【写真】いち早く、スタッフ全員のマスク着用を義務付けた「花葬儀」

<アルコール消毒液を置いてもらう>

葬儀では、香典や返礼品など物品の受け渡しが多いため、斎場にアルコール消毒液を置く葬儀社が増えています。
打合せの際に「アルコール消毒液は用意してくれますか?」と確認してみましょう。

【写真】2月には、斎場内のアルコール消毒など対応をおこなっていた「東京メモリードホール」

<一般の参列者は「焼香のみ」にする>

これは式場内での濃厚接触を避けるための対策です。一般の参列者には、式場に着席せずに焼香のみをして退出してもらう形式にしましょう。

<料理は取り分けた状態にする>

葬儀で振舞われる料理にはビュッフェ形式のものもあります。これは多くの人がトングや箸を共有するため感染のリスクが高まります。
スタッフが全て取り分けた状態で提供するか、お弁当形式に変更するなどの対策をしましょう。

<別日にお別れ会をする>

家族のみで火葬だけを済ませ、新型コロナウイルス感染症の影響が落ち着いてきた時期に、改めてお別れ会を開くという選択肢もあります。
感染拡大が落ち着いていれば、家族も参列する方も安心してお見送りができるでしょう。

この記事を書いた人

亀井 洋一 (葬儀の口コミ編集部)

東京都出身。親の葬儀を経験したことで葬儀業界に興味をもち、大学を卒業後葬儀社で勤務。10年の現場経験を経て、退職。
消費者に有益な情報を届けたいという想いから、現在「葬儀の口コミ」を運営している。

【知らなきゃ損】葬儀の情報一覧

トップ画像 亡くなってから葬儀までの日数と葬儀の流れを解説!葬儀まで1週間かかるって本当? この記事では ・亡くなってから葬儀までの日数 ・亡くなってから葬儀までが長時間の場合どうするのか について書いています。 皆さんは、亡くなってから葬儀まではどのくらいの日数がかかるか知っていますか? 地域や時期の差もありますが、ところによっては1週間以上か...(続きを読む トップ画像 コロナで亡くなっても普通の葬儀が可能に。納体袋も不要。厚労省ガイドラインを見直し。 1月6日、「コロナで亡くなった方の葬儀に関するガイドライン」が改訂されました。 このガイドラインの改定により、コロナで亡くなった方でも納体袋に収めずに普通に葬儀ができるようになっていきます。 詳しく見ていきましょう。...(続きを読む トップ画像 「葬儀しない、墓もいらない」ときの供養の方法とは?遺族への頼み方・お墓を持たない方法を解説。 この記事では、 ・自分の葬儀をシンプルにしたい人 ・葬儀も墓も要らないとき、家族への伝え方が分からない人 ・お墓を持たずに供養する方法 について書いています。 日本の葬儀の平均費用は約190万円と言われています。 親族をはじめ、友人や会社関係の人まで参列...(続きを読む トップ画像 喪中の読み方、意味とは?忌中と喪中の違い、やってはいけないこと この記事では、 ・喪中・忌中の読み方と意味 ・喪中と忌中の違いについて ・喪中・忌中の間にやってはいけないこと ・喪中はがきの出し方 について紹介しています。 「喪中」や「忌中」という言葉は知っていても、 どのような意味なのか、どのように過ごせばいいの...(続きを読む トップ画像 戒名を付けるお金がないときどうする?戒名なしでの葬儀、安く戒名を付ける方法を解説 この記事は、 「戒名を付けるお金がないとき、どのような対処ができるのか」 「戒名を付けずに荼毘に付すことはできるのか」 「安く戒名を付けることはできるのか」 という疑問にお答えします。 戒名を付けるにはまとまったお金を僧侶にお支払いしなければなりません。 ...(続きを読む トップ画像 【解説】火葬場に行ってはいけない人とは?火葬に参列できるのはどこまで? 葬儀のあとに故人を荼毘にふす火葬場。 実は火葬場には誰でも入れるわけではありません。 火葬場に入れる人と入れない人がいることを知っているでしょうか。 この記事では、 ・火葬場に行ってはいけない人は誰か ・火葬場に行ってはいけない理由とは何か ・火葬場に参...(続きを読む トップ画像 喪服はしまむらで安く買える!お手頃でマナーを守ったアイテムを紹介【靴・小物もOK】 葬儀のお知らせは突然入ります。 昔購入した喪服が入らなかったり、持っていなかったりすると、早急に喪服を購入しなければなりません。 でも喪服ってなかなか高価で出費も痛いですよね…。 そこで、喪服を調達するのにオススメなのが「しまむら」です! 今回は、しまむ...(続きを読む トップ画像 喪服にタイツはOK!女性用喪服の足元マナー、最適なストッキングのデニール数は? 葬儀に参列するとなると、悩んでしまいがちな葬儀の足元マナー。 タイツやストッキングを履いていいのか、どのような色やデニールにしたらいいのか、マナーを守った服装を選ぶのは難しいですよね。 結論から言うと、葬儀にタイツは着用OKです。 今回は、 「葬儀にタイ...(続きを読む トップ画像 亡くなる前の兆候は目に現れる!そのとき家族ができること。後悔しない別れをするには 大切な人とのお別れはだれでも悲しいものです。 目が濁る・手が冷たくなるなど、人は亡くなる前になるといくつかの変化や予兆が見られる場合があります。 予兆の現れ方などを知っておくことで、心の準備や今できることがわかります。 この記事では、 「人が亡くなる前の兆候...(続きを読む トップ画像 葬儀費用の平均と安く抑える方法7選!誰が負担するのか、払えないときの対処法まで この記事は、 「葬儀の平均費用について知りたい」 「葬儀の費用を抑える方法について知りたい」 という方に向けて書いています。 葬儀社から見積もりを取ったものの、その金額か妥当かなかなか分かりづらいですよね。 今回は葬儀の平均費用と葬儀費用の抑え方も紹介しま...(続きを読む
▶すべての記事を見る