コロナで葬儀も「自粛」ムード?

最新編集日:2021年11月23日

コロナで葬儀も「自粛」ムード?

2020年3月現在、まだまだ感染拡大が続いている新型コロナウイルス感染症。

3月1日、政府から「換気が悪く、人が密に集まって過ごすような空間に集団で集まること」を避けるよう勧告が出され、音楽ライブや各種イベントの中止や延期が続々と発表されるなど世間は完全に「自粛」ムード。

葬儀も例外ではありません。

「家族以外の方は呼ばない方がいいのかな?」
「お世話になった方々に参列してほしいけど、こんなときに迷惑かな?」
と頭を悩ませる方が増えています。

葬儀は「中止」ができません。
そんな中、みんなどのような対策をしながら葬儀を行っているのでしょうか?

新型コロナウイルス感染症の拡大は葬儀にどのような影響を及ぼしてるのか、そしてどのような対策を行うべきか、最新の調査結果と葬儀社の方のお話をもとに紹介します。

新型コロナウイルス感染拡大の葬儀への影響

葬儀紹介業を営む「よりそう」の調査によると、今回の新型コロナウイルス感染拡大の影響により「一般の参列者を呼ばない家族葬や、火葬のみでお別れをする火葬式を選ぶ人が増えた」とのこと。

10年前と比べて家族葬や火葬式といった小規模な葬儀が増えているなか、今回の新型コロナウイルスの影響により、その傾向がさらに高まっているようです。

新宿区の葬儀社「東京葬儀」の古橋さんによると、すでに人が亡くなっており、差し迫って式を行わなければなないことが多いため、延期するわけにもいかずにやむを得なく家族葬や火葬式を選んだ人もいるそうです。

しかし、たった一度の最後のお別れ。
お世話になった方々にお別れをしてもらいたい、その想いを叶えることはできないのでしょうか?

「きちんと対策をして参列者を招くこともできます。そのために我々葬儀社も万全の対策をしています。」という古橋さん。

【写真】自粛ムードの中、万全の対策をし「家族葬」をおこなう「東京葬儀」

安心して参列者を招くために、家族や葬儀社ができる対策を紹介します。

葬儀での新型コロナウイルス感染症対策

<マスク着用を徹底する>

式中であってもスタッフ全員にマスクを着用してもらう、参列者用のマスクを用意してもらうなど、マスク着用の徹底を葬儀社に提案しましょう。
葬儀社側からは「マナー違反」を懸念して提案しづらい対策。しかし家族から提案されれば断る理由はありません。
通常は「マナー違反」とされるので、式当日には説明のための張り紙なども用意してくれます。

【写真】いち早く、スタッフ全員のマスク着用を義務付けた「花葬儀」

<アルコール消毒液を置いてもらう>

葬儀では、香典や返礼品など物品の受け渡しが多いため、斎場にアルコール消毒液を置く葬儀社が増えています。
打合せの際に「アルコール消毒液は用意してくれますか?」と確認してみましょう。

【写真】2月には、斎場内のアルコール消毒など対応をおこなっていた「東京メモリードホール」

<一般の参列者は「焼香のみ」にする>

これは式場内での濃厚接触を避けるための対策です。一般の参列者には、式場に着席せずに焼香のみをして退出してもらう形式にしましょう。

<料理は取り分けた状態にする>

葬儀で振舞われる料理にはビュッフェ形式のものもあります。これは多くの人がトングや箸を共有するため感染のリスクが高まります。
スタッフが全て取り分けた状態で提供するか、お弁当形式に変更するなどの対策をしましょう。

<別日にお別れ会をする>

家族のみで火葬だけを済ませ、新型コロナウイルス感染症の影響が落ち着いてきた時期に、改めてお別れ会を開くという選択肢もあります。
感染拡大が落ち着いていれば、家族も参列する方も安心してお見送りができるでしょう。

この記事を書いた人

亀井 洋一

東京都出身。親の葬儀を経験したことで葬儀業界に興味をもち、大学を卒業後葬儀社で勤務。10年の現場経験を経て、退職。
消費者に有益な情報を届けたいという想いから、現在「葬儀の口コミ」を運営している。

【知らなきゃ損】葬儀の情報一覧

トップ画像家族葬・葬儀の見積書を見ても理解できない!見積りを簡単に比較する方法少し前までは「葬儀の事前準備をするなんて不謹慎な!」という方も多くいらっしゃいましたが、「終活」という言葉も生まれ、事前に葬儀の相談をするのが当たり前の時代になりました。 ただ、数社から葬儀社から見積書を取り寄せたのはいいが「何を比較すれば良いかわからない」「どの...(続きを読むトップ画像【業界激震】東京23区で火葬場に直接葬儀を依頼できるようにー東京博善と公益社が提携通常、火葬場を利用する際には葬儀社に依頼をする必要があり、火葬場に連絡をしても「葬儀社さんを通してください」と言われることがほとんどです。 しかし2022年7月から東京23区内の6つの火葬場で、火葬場に直接連絡をしても葬儀を行うことができるようになります。 どう...(続きを読むトップ画像葬儀社をキャンセルするとキャンセル料がかかる?大切な方が亡くなって慌てて葬儀社に搬送をお願いしたけど、出してもらった見積もりが高かった......。 そこで葬儀社をキャンセルしたいと思ったときに気になるのが、キャンセル料を取られるのか、そもそもキャンセルができるのかどうかではないでしょうか。 この記事では葬...(続きを読むトップ画像葬儀社を始めるのに許可はいらない?葬儀社を認可制にする動き特別な資格が必要な葬儀社ですが、実は認可制・届け出制ではないことをご存知でしょうか? そのため実際に葬儀社がどのくらいあるのかが分からなかったり、災害時や今回のコロナ禍などに情報伝達がうまくいかないことも。 そこで葬儀社を届け出制にする、という動きが少しずつ始ま...(続きを読むトップ画像2021年の葬儀から見る「今年の葬儀の決め方」2022年になり、既に1か月が経ちました。未だコロナの脅威は衰えず、思ったように行動できない日々を過ごしていることと思います。 今回は2021年を振り返り、去年の葬儀形式のトレンド、今後葬儀業界がどうなっていくかを調査していきましょう。なお、今回の調査は過去1年の当社...(続きを読むトップ画像親の葬儀に参列しないのは非常識?どうしても参列できない時の対処法血のつながった親でも、何らかの理由で葬儀に参列できない、したくないこともあるかもしれません。 その時にはどのように対処したらいいでしょうか? 親の葬儀に参列しない例や、その時の対処法についてご紹介します。...(続きを読むトップ画像日本初の映画葬「さらば!千葉真一」お別れ会の概要と運営会社をご紹介2022年1月22日(土)、東京都港区「増上寺 光摂殿」にて映画俳優の千葉真一さん(享年82)のお別れ会が開かれました。 『さらば!千葉真一』と名付けられ、過去の映像や写真がふんだんに映し出されたお別れ会。 その概要と、そんなお別れ会を実現した運営会社「株式会社セロ...(続きを読むトップ画像雪が降ったら葬儀はどうなる?今年も1月に雪が降りました。 雪が降ると公共交通機関や道路状況に様々な影響が及びます。 葬儀当日に雪が降った場合にはどのような影響があるのでしょうか? 雪が葬儀に及ぼす影響や対処法、葬儀に参列する際の注意点などをご紹介します。...(続きを読むトップ画像震災が起きたら葬儀はどうなる?東日本から約11年目東日本大震災から約11年が経とうとしています。 この震災では約16,000人が亡くなり、約2000人もの方がいまだに行方不明です。 震災の時には、様々な部分で混乱が生じますが葬儀も例外ではありません。 同時に多くの方が亡くなる大震災。その時葬儀や火葬はどのよう...(続きを読むトップ画像遺言書の強制力は?葬儀について書かれてたらどうする?亡くなる前に故人が残した遺言書。 それにはどのくらいの効力があるのか、遺言書に書かれている内容に従わなかった時にどうなるのか、気になる方が多いのではないでしょうか。 ここでは遺言書の強制力について葬儀について書かれていた場合なども含めて詳しく解説していきます。...(続きを読む
▶すべての記事を見る