【延長決定】2/3更新-コロナで緊急事態宣言が出たら、葬儀はどうなる!?

最新編集日:2021年07月30日

【延長決定】2/3更新-コロナで緊急事態宣言が出たら、葬儀はどうなる!?

2021年2月2日、政府が新型コロナウイルス感染症の感染拡大の状況から、緊急事態宣言を3月7日まで延長することを決定しました。
対象の地域は、東京、神奈川、埼玉、千葉、大阪、京都、兵庫、愛知、岐阜、福岡の10都道府県です。


さて、緊急事態宣言下の葬儀はどのように行ったらいいのでしょうか?
前回の緊急事態宣言中の葬儀への影響を振り返りながら、緊急事態宣言下の葬儀をどのように行っていくべきかについて解説します。

緊急事態宣言で「葬儀は禁止?」

前回の緊急事態宣言前に、東京都に問合せたところ「現状では、緊急事態宣言が出ても、葬儀は“不要・不急の集まり”とは言えないため、遺族の意向を尊重したうえで、感染拡大防止対策を万全にしたうえで行っていただくしかない」という回答がありました。

今回でも同じような対応になることが予想されます。

日本の法律で葬儀を禁ずることはできないからです。
昨年イタリア、スペインでは葬儀も禁止しましたが、日本の現行法の基では全ての葬儀を禁止することは難しいようです。


あくまでも自粛の要請にとどまり、法的な拘束力はないものになる可能性が高いです。
そのため、各葬儀社も遺族の意向に沿って判断し、臨機応変に対応することになります。

前回の緊急事態宣言下で葬儀はどうなった?

前回の緊急事態宣言発令時には、特に国や自治体から葬儀社、斎場(葬儀場)に具体的な指示はなく、各葬儀社、各斎場(葬儀場)ごとに独自に人数制限や食事の制限や要請が行われました。

主な制限や要請は
・一日葬の推奨
・食事の禁止
・参列人数を10名以下に
・マスク着用/アルコール消毒/換気の徹底
・椅子を離して配置
というものでした。

今回ももし緊急事態宣言が発令されたら、同じような制限・要請があると予想されます。
特に今回は、菅首相が会見で飲食に対する対策について強調していたことから、食事に関しての制限は厳しくなるかもしれません。

葬儀社はどんな対応をしている?

東京都新宿区の葬儀社「東京葬儀」の木南さんに、葬儀社がどのような対応をしているのか聞いてみました。

・葬儀社がマスクを用意、参列者にマスク着用を呼びかける(マスクが不足した時期は配布が難しかったようですが...)
・アルコール消毒液を設置する
・受付・焼香後の食事をなくす
・食事をお弁当形式にして持って帰ってもらう
・食事を振る舞う場合は、向き合わずに一定方向を向いて食べる(学校の教室のような形)
・そもそも参列者を呼ばない
・着席の際、席の間隔を広くとる
・オンラインのビデオ通話を利用する

などの対応をとる葬儀社が多いとのこと。

「参列者を招くも、招かないもやはり“遺族の意向”を一番に尊重して判断したうえで、コロナウイルスに関する情報を日々収集し、万全の対策をとるのが葬儀社の役割」と仰っていました。


前回の緊急事態宣言下では、コロナ対策のための物資の不足や、情報の錯そうなどにより、十分な対策がとりにくいことから、葬儀を行わない「火葬式」が急増しました。
思うような十分なお別れができずに、歯がゆい思いをした遺族もいらしたという話も多く聞かれました。
【参考】緊急事態宣言の影響で10万円台の葬儀が急増してる理由とは?

しかし新型コロナウイルス感染症が流行し始めて、1年が経とうとしています。
その中で、物資や情報がでまわるようになり、葬儀社も様々な対策方法をとれるようになりました。そして様々なケースの葬儀を経験してきました。

そのため対策をきちんと取ったうえで一日葬という形で十分なお別れをすることができるようになっています。
「火葬だけにするしかないかな?」と決めつけずに、とにかく希望を伝え、相談しながら進めていきましょう。

この記事を書いた人

亀井 洋一 (葬儀の口コミ編集部)

東京都出身。親の葬儀を経験したことで葬儀業界に興味をもち、大学を卒業後葬儀社で勤務。10年の現場経験を経て、退職。
消費者に有益な情報を届けたいという想いから、現在「葬儀の口コミ」を運営している。

【知らなきゃ損】葬儀の情報一覧

トップ画像 夏の葬儀の正しい服装とは?マナーと暑さ対策を解説 この記事では、 <b>・夏の葬儀での正しい服装とは何か ・マナーを守りながら暑さ対策する方法</b> について書いています。 どんどん気温が上がっていく夏の日。 悲しいことですが、猛暑の夏は人が亡くなりやすい時期でもあります。 もし夏の日の葬儀に参列...(続きを読む トップ画像 家族葬・葬儀の見積書を見ても理解できない!見積りを簡単に比較する方法 少し前までは「葬儀の事前準備をするなんて不謹慎な!」という方も多くいらっしゃいましたが、「終活」という言葉も生まれ、事前に葬儀の相談をするのが当たり前の時代になりました。 ただ、数社から葬儀社から見積書を取り寄せたのはいいが「何を比較すれば良いかわからない」「どの...(続きを読む トップ画像 【業界激震】東京23区で火葬場に直接葬儀を依頼できるようにー東京博善と公益社が提携 通常、火葬場を利用する際には葬儀社に依頼をする必要があり、火葬場に連絡をしても「葬儀社さんを通してください」と言われることがほとんどです。 しかし2022年7月から東京23区内の6つの火葬場で、火葬場に直接連絡をしても葬儀を行うことができるようになります。 どう...(続きを読む トップ画像 葬儀社をキャンセルするとキャンセル料がかかる? 大切な方が亡くなって慌てて葬儀社に搬送をお願いしたけど、出してもらった見積もりが高かった......。 そこで葬儀社をキャンセルしたいと思ったときに気になるのが、キャンセル料を取られるのか、そもそもキャンセルができるのかどうかではないでしょうか。 この記事では葬...(続きを読む トップ画像 葬儀社を始めるのに許可はいらない?葬儀社を認可制にする動き 特別な資格が必要な葬儀社ですが、実は認可制・届け出制ではないことをご存知でしょうか? そのため実際に葬儀社がどのくらいあるのかが分からなかったり、災害時や今回のコロナ禍などに情報伝達がうまくいかないことも。 そこで葬儀社を届け出制にする、という動きが少しずつ始ま...(続きを読む トップ画像 2021年の葬儀から見る「今年の葬儀の決め方」 2022年になり、既に1か月が経ちました。未だコロナの脅威は衰えず、思ったように行動できない日々を過ごしていることと思います。 今回は2021年を振り返り、去年の葬儀形式のトレンド、今後葬儀業界がどうなっていくかを調査していきましょう。なお、今回の調査は過去1年の当社...(続きを読む トップ画像 親の葬儀に参列しないのは非常識?どうしても参列できない時の対処法 血のつながった親でも、何らかの理由で葬儀に参列できない、したくないこともあるかもしれません。 その時にはどのように対処したらいいでしょうか? 親の葬儀に参列しない例や、その時の対処法についてご紹介します。...(続きを読む トップ画像 日本初の映画葬「さらば!千葉真一」お別れ会の概要と運営会社をご紹介 2022年1月22日(土)、東京都港区「増上寺 光摂殿」にて映画俳優の千葉真一さん(享年82)のお別れ会が開かれました。 『さらば!千葉真一』と名付けられ、過去の映像や写真がふんだんに映し出されたお別れ会。 その概要と、そんなお別れ会を実現した運営会社「株式会社セロ...(続きを読む トップ画像 雪が降ったら葬儀はどうなる? 今年も1月に雪が降りました。 雪が降ると公共交通機関や道路状況に様々な影響が及びます。 葬儀当日に雪が降った場合にはどのような影響があるのでしょうか? 雪が葬儀に及ぼす影響や対処法、葬儀に参列する際の注意点などをご紹介します。...(続きを読む トップ画像 震災が起きたら葬儀はどうなる?東日本から約11年目 東日本大震災から約11年が経とうとしています。 この震災では約16,000人が亡くなり、約2000人もの方がいまだに行方不明です。 震災の時には、様々な部分で混乱が生じますが葬儀も例外ではありません。 同時に多くの方が亡くなる大震災。その時葬儀や火葬はどのよう...(続きを読む
▶すべての記事を見る