Array

【延長決定】2/3更新-コロナで緊急事態宣言が出たら、葬儀はどうなる!?

最新編集日:2021年02月03日

【延長決定】2/3更新-コロナで緊急事態宣言が出たら、葬儀はどうなる!?

2021年2月2日、政府が新型コロナウイルス感染症の感染拡大の状況から、緊急事態宣言を3月7日まで延長することを決定しました。
対象の地域は、東京、神奈川、埼玉、千葉、大阪、京都、兵庫、愛知、岐阜、福岡の10都道府県です。


さて、緊急事態宣言下の葬儀はどのように行ったらいいのでしょうか?
前回の緊急事態宣言中の葬儀への影響を振り返りながら、緊急事態宣言下の葬儀をどのように行っていくべきかについて解説します。

緊急事態宣言で「葬儀は禁止?」

前回の緊急事態宣言前に、東京都に問合せたところ「現状では、緊急事態宣言が出ても、葬儀は“不要・不急の集まり”とは言えないため、遺族の意向を尊重したうえで、感染拡大防止対策を万全にしたうえで行っていただくしかない」という回答がありました。

今回でも同じような対応になることが予想されます。

日本の法律で葬儀を禁ずることはできないからです。
昨年イタリア、スペインでは葬儀も禁止しましたが、日本の現行法の基では全ての葬儀を禁止することは難しいようです。


あくまでも自粛の要請にとどまり、法的な拘束力はないものになる可能性が高いです。
そのため、各葬儀社も遺族の意向に沿って判断し、臨機応変に対応することになります。

前回の緊急事態宣言下で葬儀はどうなった?

前回の緊急事態宣言発令時には、特に国や自治体から葬儀社、斎場(葬儀場)に具体的な指示はなく、各葬儀社、各斎場(葬儀場)ごとに独自に人数制限や食事の制限や要請が行われました。

主な制限や要請は
・一日葬の推奨
・食事の禁止
・参列人数を10名以下に
・マスク着用/アルコール消毒/換気の徹底
・椅子を離して配置
というものでした。

今回ももし緊急事態宣言が発令されたら、同じような制限・要請があると予想されます。
特に今回は、菅首相が会見で飲食に対する対策について強調していたことから、食事に関しての制限は厳しくなるかもしれません。

葬儀社はどんな対応をしている?

東京都新宿区の葬儀社「東京葬儀」の木南さんに、葬儀社がどのような対応をしているのか聞いてみました。

・葬儀社がマスクを用意、参列者にマスク着用を呼びかける(マスクが不足した時期は配布が難しかったようですが...)
・アルコール消毒液を設置する
・受付・焼香後の食事をなくす
・食事をお弁当形式にして持って帰ってもらう
・食事を振る舞う場合は、向き合わずに一定方向を向いて食べる(学校の教室のような形)
・そもそも参列者を呼ばない
・着席の際、席の間隔を広くとる
・オンラインのビデオ通話を利用する

などの対応をとる葬儀社が多いとのこと。

「参列者を招くも、招かないもやはり“遺族の意向”を一番に尊重して判断したうえで、コロナウイルスに関する情報を日々収集し、万全の対策をとるのが葬儀社の役割」と仰っていました。


前回の緊急事態宣言下では、コロナ対策のための物資の不足や、情報の錯そうなどにより、十分な対策がとりにくいことから、葬儀を行わない「火葬式」が急増しました。
思うような十分なお別れができずに、歯がゆい思いをした遺族もいらしたという話も多く聞かれました。
【参考】緊急事態宣言の影響で10万円台の葬儀が急増してる理由とは?

しかし新型コロナウイルス感染症が流行し始めて、1年が経とうとしています。
その中で、物資や情報がでまわるようになり、葬儀社も様々な対策方法をとれるようになりました。そして様々なケースの葬儀を経験してきました。

そのため対策をきちんと取ったうえで一日葬という形で十分なお別れをすることができるようになっています。
「火葬だけにするしかないかな?」と決めつけずに、とにかく希望を伝え、相談しながら進めていきましょう。

葬儀でクラスターを発生させないように

前回の緊急事態宣言前、愛媛県で葬儀の参列者内でクラスターが発生した事例もあります。

葬儀がクラスターの発生源になってしまったら故人も浮かばれませんので
「こんな状況でも葬儀はたった一度のものだから、しっかりと行いたい」
という場合には、きちんと葬儀社に希望を伝え、万全の対策をとりましょう。

また、意向をきちんと聞いてくれ、対策をしてくれる葬儀社を選ぶことをオススメします。

【知らなきゃ損】葬儀の記事一覧

トップ画像【コロナ禍で急減】お通夜の意味とは?必要性はあるのか日本では、従来一般的に葬儀と言えばお通夜と葬儀・告別式を行うものという認識でした。 しかし近年、一日葬という通夜を行わない葬儀を行う人も増えていました。 そして2020年、新型コロナウイルス感染症の影響により一日葬を行う人が急増。多くの方が感染対策として通夜を行わず...(続きを読むトップ画像葬儀の香典の相場・渡し方ーコロナ渦での郵送方法も解説葬儀に参列するときに持参する香典。 人生でそう多くあることでないため、「いくらつつめばいいの?」「どうやって渡すのがマナー?」と金額の相場や包み方について分からないことが多いのではないでしょうか。 そこでここではいざという時に迷わないよう、香典の金額相場や渡し方...(続きを読むトップ画像【どうやって書くの?】葬儀の香典袋(不祝儀袋)の書き方葬儀に参列する際に持参する香典。普段なかなか扱うことはありませんね。 そこで多くの人の頭を悩ませるのは、金額の相場や香典を入れる不祝儀袋の書き方、マナーです。ここではその中でも不祝儀袋の書き方を紹介します。 <a href=https://soogi.jp/...(続きを読むトップ画像【2/25更新】コロナ禍の葬儀みんなどうしているの?「こんな状況での葬儀、みなさんどうされていますか?」 2020年、葬儀社への問合せの中で急増した言葉です。 新型コロナウイルス感染症の影響で、3密を避けた新しい生活様式が定着しつつあります。 またイギリスで確認されたコロナの変異ウイルスが国内でも確認されるなど...(続きを読むトップ画像【知らなきゃ損】お金がもらえる?火葬代が戻ってくる給付金制度葬儀にかかったお金の一部を国や自治体が喪主に支給してくれる制度があることはご存知でしょうか? 少しでもお金が返ってくるのは嬉しいことですよね 今回は「葬祭費給付金制度」というものについて紹介したいと思います。これを申請することで、火葬代程度の金額は戻ってくることにな...(続きを読むトップ画像オンライン葬儀・友引営業!23区の火葬場、値上げの裏で新たな動き東京23区内の火葬場、町屋斎場、四ツ木斎場(お花茶屋会館)、桐ケ谷斎場、落合斎場、代々幡斎場、堀ノ内斎場を運営する「東京博善株式会社」 2021年から火葬料の値上げを実施し、新しい動きが見られています。 そして1月25日、公式に発表された「今後の新たな取り組みについ...(続きを読むトップ画像【2/9更新】面会はできる?新型コロナウイルス感染症で亡くなった場合の流れ日本で新型コロナウイルス感染症の拡大が始まってから、約1年。 死者数は日本国内で約6000人、東京都内で約1000人にまでのぼりました。 昨年は、志村けんさんや岡江久美子さんなど、新型コロナウイルス感染症で亡くなったら、面会も立会もできないという情報が広がりまし...(続きを読むトップ画像【延長決定】2/3更新-コロナで緊急事態宣言が出たら、葬儀はどうなる!?2021年2月2日、政府が新型コロナウイルス感染症の感染拡大の状況から、緊急事態宣言を3月7日まで延長することを決定しました。 対象の地域は、東京、神奈川、埼玉、千葉、大阪、京都、兵庫、愛知、岐阜、福岡の10都道府県です。 さて、緊急事態宣言下の葬儀はどのように行っ...(続きを読むトップ画像安く葬儀ができる!?市民葬・区民葬頼む前にメリットデメリットを知っておこう市民葬・区民葬とは、各自治体が葬儀社と提携して葬儀を行う制度です。比較的低価格で葬儀を行うことができます。住民の経済的負担を軽減することを目的としたこの制度。しかし必ずしも「最低価格」で利用できるという訳ではありません。 「低価格で葬儀ができる」というイメージだけで選...(続きを読むトップ画像「どこで葬儀をしようか?」斎場・葬儀場についての知っておこう「通夜や葬儀をどこで行うか。」納得のいく葬儀を行う上で大切な要素の一つです。昔は多くの人が自宅や自治体の集会所などで葬儀を行っていましたが、現在では斎場・葬儀場で葬儀を行う人が多くなっています。特に都市部ではその傾向が大きいようです。一口に斎場といっても、いくつか種類が...(続きを読む
▶すべての記事を見る