【文例付き】コロナ渦中の葬儀の参列どうする?|参列の断り方

最新編集日:2021年10月21日

【文例付き】コロナ渦中の葬儀の参列どうする?|参列の断り方

新型コロナウイルスの影響で「遠方の親族を通夜や葬儀に呼ぶのはやめた方がいい?」と悩む喪主・親族の方や、「親族から訃報連絡を受けたが、通夜や葬儀への参列を控えたほうがいい?」と悩む参列者の方に、

「参列は断った方がいいのか?」「断るときはどうしたらいいのか?」などについて解説します。

緊急事態宣言が解除され、少しずつコロナ以前のように、一般の参列者をお招きしたり、2日間で葬儀を行う方も増えてきました。

それでもまだ「遠方の親族はどうしたらいいだろう?」と悩む人もたくさんいらっしゃいます。
首都圏に住んでいる人も、地方に住んでいる人も「首都圏から地方にウイルスを持ち込んでしまったらどうしよう」「首都圏に行って、地方に持って帰ってしまったらどうしよう」と心配ですよね。

そこで葬儀への参列は断った方がいいのか?断るときはどうしたらいいのか?について例文も含めて解説します。

遠方に住んでいる親族の参列を断るべき?(喪主)

家族が亡くなった。近親者のみで葬儀を行うことにしたが、親族は遠方に住んでいる。
この場合はどうしたらいいでしょうか?

まずは「葬儀に参列してもらうか」を決めましょう。
高齢の方々が多い場合には、安全に配慮してお断りする方もいらっしゃいます。
2親等まではお呼びするなど、親戚関係の近さによって判断する方も多いです。


もし、葬儀への参列をお断りする場合には訃報の連絡をする際に、その旨をお伝えします。
電話での連絡が一般的です。関係性によってはLINEやメールでの連絡でも構いませんが、親族などには電話での連絡をオススメします。

●参列をお断りする際の例文
「○月〇日 父○○○○が死去いたしました。
誠に勝手ながら、昨今の状況下を鑑みて、葬儀は家族のみで行うことにいたしました。」

合わせて生前のお世話になったことへのお礼や、先方のお身体を気遣う言葉を添えるといいでしょう。
また香典を辞退する場合には、その旨もお伝えします。

香典や供花等をお断りしない場合には、葬儀の日時や、葬儀を行う場所、担当の葬儀社を伝えると親切です。


やむなく親族に葬儀への参列を遠慮してもらった方の中には、葬儀の様子を動画で撮影して送る、ライブ配信をする、コロナ終息後に「後日葬」を行う方もいるようです。葬儀社と相談・検討してみましょう。

訃報の連絡を受けたが葬儀へ参列するべき?

遠方の親族が亡くなったとの連絡を受けた。でもコロナがまた拡大しているから参列するべきか迷っている。
この場合はどうしたらいいでしょうか?

まずは遺族の意向を一番に尊重しましょう。参列を遠慮してほしいということであれば、お悔やみの言葉をお伝えし、意向通りに参列を控えましょう。
また弔電を打つ、香典などの辞退の申し出がなければ、香典を郵送などでお送りする、供花を出すなどの対応をとります。

遺族から特に申し出がない場合は、自己判断となります。
体調がすぐれない、熱がある場合には参列すべきではありません。高齢の場合、持病がある場合も控えましょう。
参列を遠慮する場合には、電話やメールでその旨を喪主に伝え、弔電を打つ、供花を送る、香典を送るなどします。
【参考】供花の手配の仕方
【参考】香典袋の書き方
【参考】香典の郵送での送り方


●参列を遠慮する場合の例文

「○○さんを直接お見送りしたかったのですが、このような状況のため、お伺いできず申し訳ございません。」
「本来ならすぐにでも駆けつけるところですが、昨今の状況を鑑みると、叶わず誠に残念でなりません。」
遺族は葬儀の準備に追われているため、電話で伝える場合には、なるべく手短に伝えましょう。
家族も、新型コロナウイルスが蔓延している状況は理解しているはずなので、具体的に事情を伝えなくても問題ありません。
香典をお送りする際に、同封する手紙にこのような文章をいれるといいでしょう。

もし参列する際には、マスクの着用や手洗いうがいの徹底など十分な感染拡大防止対策をして参列しましょう。
葬儀社側も、アルコール消毒液の設置やマスク着用の徹底、斎場の消毒などのコロナ対策をしています。


葬儀はたった一度のもの。直接顔を見てお見送りしたい気持ちを抑えるのは心苦しいかもしれません。

しかし、葬儀に参列したことが原因で参列者からコロナ感染者が出たり、クラスターが発生したら故人が浮かばれません。

故人を弔う気持ちは、顔を見なくても伝わるはず。事態が一刻も早く収束することを願い、今はひっそりと自宅で故人を偲ぶという判断くだす必要もあるのではないでしょうか。

この記事を書いた人

亀井 洋一 (葬儀の口コミ編集部)

東京都出身。親の葬儀を経験したことで葬儀業界に興味をもち、大学を卒業後葬儀社で勤務。10年の現場経験を経て、退職。
消費者に有益な情報を届けたいという想いから、現在「葬儀の口コミ」を運営している。

【知らなきゃ損】葬儀の情報一覧

トップ画像 夏の葬儀の正しい服装とは?マナーと暑さ対策を解説 この記事では、 <b>・夏の葬儀での正しい服装とは何か ・マナーを守りながら暑さ対策する方法</b> について書いています。 どんどん気温が上がっていく夏の日。 悲しいことですが、猛暑の夏は人が亡くなりやすい時期でもあります。 もし夏の日の葬儀に参列...(続きを読む トップ画像 家族葬・葬儀の見積書を見ても理解できない!見積りを簡単に比較する方法 少し前までは「葬儀の事前準備をするなんて不謹慎な!」という方も多くいらっしゃいましたが、「終活」という言葉も生まれ、事前に葬儀の相談をするのが当たり前の時代になりました。 ただ、数社から葬儀社から見積書を取り寄せたのはいいが「何を比較すれば良いかわからない」「どの...(続きを読む トップ画像 【業界激震】東京23区で火葬場に直接葬儀を依頼できるようにー東京博善と公益社が提携 通常、火葬場を利用する際には葬儀社に依頼をする必要があり、火葬場に連絡をしても「葬儀社さんを通してください」と言われることがほとんどです。 しかし2022年7月から東京23区内の6つの火葬場で、火葬場に直接連絡をしても葬儀を行うことができるようになります。 どう...(続きを読む トップ画像 葬儀社をキャンセルするとキャンセル料がかかる? 大切な方が亡くなって慌てて葬儀社に搬送をお願いしたけど、出してもらった見積もりが高かった......。 そこで葬儀社をキャンセルしたいと思ったときに気になるのが、キャンセル料を取られるのか、そもそもキャンセルができるのかどうかではないでしょうか。 この記事では葬...(続きを読む トップ画像 葬儀社を始めるのに許可はいらない?葬儀社を認可制にする動き 特別な資格が必要な葬儀社ですが、実は認可制・届け出制ではないことをご存知でしょうか? そのため実際に葬儀社がどのくらいあるのかが分からなかったり、災害時や今回のコロナ禍などに情報伝達がうまくいかないことも。 そこで葬儀社を届け出制にする、という動きが少しずつ始ま...(続きを読む トップ画像 2021年の葬儀から見る「今年の葬儀の決め方」 2022年になり、既に1か月が経ちました。未だコロナの脅威は衰えず、思ったように行動できない日々を過ごしていることと思います。 今回は2021年を振り返り、去年の葬儀形式のトレンド、今後葬儀業界がどうなっていくかを調査していきましょう。なお、今回の調査は過去1年の当社...(続きを読む トップ画像 親の葬儀に参列しないのは非常識?どうしても参列できない時の対処法 血のつながった親でも、何らかの理由で葬儀に参列できない、したくないこともあるかもしれません。 その時にはどのように対処したらいいでしょうか? 親の葬儀に参列しない例や、その時の対処法についてご紹介します。...(続きを読む トップ画像 日本初の映画葬「さらば!千葉真一」お別れ会の概要と運営会社をご紹介 2022年1月22日(土)、東京都港区「増上寺 光摂殿」にて映画俳優の千葉真一さん(享年82)のお別れ会が開かれました。 『さらば!千葉真一』と名付けられ、過去の映像や写真がふんだんに映し出されたお別れ会。 その概要と、そんなお別れ会を実現した運営会社「株式会社セロ...(続きを読む トップ画像 雪が降ったら葬儀はどうなる? 今年も1月に雪が降りました。 雪が降ると公共交通機関や道路状況に様々な影響が及びます。 葬儀当日に雪が降った場合にはどのような影響があるのでしょうか? 雪が葬儀に及ぼす影響や対処法、葬儀に参列する際の注意点などをご紹介します。...(続きを読む トップ画像 震災が起きたら葬儀はどうなる?東日本から約11年目 東日本大震災から約11年が経とうとしています。 この震災では約16,000人が亡くなり、約2000人もの方がいまだに行方不明です。 震災の時には、様々な部分で混乱が生じますが葬儀も例外ではありません。 同時に多くの方が亡くなる大震災。その時葬儀や火葬はどのよう...(続きを読む
▶すべての記事を見る