利用規約

株式会社ディライト(以下「当社」といいます)は、当社の運営するウェブサイト「葬儀の口コミ」(以下「本サービス」といいます)を利⽤する者(以下「お客様」といいます)との間で、本サービス利用に関する契約締結を目的とする「葬儀の口コミ」利用規約(以下「本規約」といいます)を、ここに提⽰します。

第 1 条(本サービスの内容)
本サービスとは、当社が提供する掲載費用無料、成果報酬型の葬儀広告掲載サービスをいいます。

第 2 条(利用の申込み)
1. お客様は、本規約に同意の上、当社所定の『申込書』に記入することにより、本サービスの申込み⼿続きを行うものとします。
2. お客様が『申込書』にて申込みを行う場合、お客様は、『申込書』に記名、捺印の上、これを郵送、FAXまたは電子メール(捺印されたデータのみ可能)で当社まで送信するものとします。お客様が本サービス内の申込フォームから申込みを行う場合、お客様は、当社が別途定める方法に従い必要情報を入力の上、当社に送信するものとします。
3.前二項に基づくお客様からの申込みに対し、当社がこれを承諾のうえ次条に基づきお客様にID及びパスワードを付与した時点で、お客様と当社との間で、本規約に基づくサービス利用契約(以下「本契約」といいます)が成立するものとします。

第 3 条 (ID及びパスワードの管理)
1. 当社は、『申込書』を受領した場合、お客様に対してID及びパスワードを付与するものとします。ただし、当社は、当社の裁量でお客様からの利用の申込みを承諾しない場合があります。
2. お客様は、当社から付与されたID及びパスワードの管理責任を負うものとし、漏えいや使用上の過誤等によるお客様の損害について、当社は一切責任を負わないものとします。
3. お客様は、当社が認めた場合を除き、ID及びパスワードを第三者に使⽤、譲渡、名義変更、売買、質入れ等をしてはならないものとします。
4. お客様は、ID及びパスワードの盗難があった場合、ID及びパスワードの失念があった場合、またはID及びパスワードがお客様の意に反して第三者に使用されていることが判明した場合には、直ちに当社にその旨を連絡し、当社の指⽰に従うものとします。

第 4 条(葬儀広告掲載)
お客様は、当社の付与したID及びパスワードを⽤いて、本サービスの管理画面を通じて、葬儀広告(葬儀広告を構成するテキスト、デザイン、画像、動画、リンク先の表示内容等を含みます。)の作成・掲載を行うことができます。

第 5 条(サービス料金の発生)
1.お客様が作成した葬儀広告の掲載開始後、お客様が本サービスを通じて葬儀を受注した場合、もしくは本サービスを通じて問合せをした消費者から葬儀を受注した場合、当該受注時点で、お客様に申込書または本サービスの管理画面上に記載のサービス料金の支払義務が発生するものとします。ただし、当社は、1ヵ月以上の告知期間を設け、電子メール、本サービスの管理者向けページにて告知の上、サービス料金の改定または部分的変更を行うことができるものとします。
2. 本規約において、「受注」とは、葬儀の規模、葬儀の形態を問わず、消費者から葬儀の依頼を受け、葬儀を施行すること(火葬のみも含む)をいいます。また、掲載された葬儀広告のプランと実際に施行されたプランに齟齬(そご)がある場合であっても、掲載された葬儀広告のプランと同一条件での受注があったものとみなします。
3. 本サービスを介してお客様の葬儀広告に問合せ・申込みをした葬儀の受注は、すべてサービス料金の対象となるものとします。ただし、お客様が本サービスを利用する前から知得していた消費者から葬儀を受注したことを申告したときは、その事実を証する書面等により当該事実が認められると当社が判断する場合に限り、サービス料金が発生しないものとします。

第 6 条(お客様の報告義務)
1.本サービス上で消費者からお客様に対する問合わせがあった場合、当社からお客様に対し、メールまたはFAXにて、当社所定の「送客通知書」をお送りします。お客様は、当該「送客通知書」に必要項目を記入後、遅滞なく当社に対してFAXを行うものとします。
2. お客様は、本サービスを介して消費者から葬儀を受注した場合は「送客通知書」に必要事項を記入後、ただちに当社に対してFAXを行うものとします。

第 7 条(問合せをした消費者に対する取扱)
1. 本サービスを通じて問合せをした消費者から、当該問合わせ後1年以内にお客様が受注した場合も、本サービスを介した受注とみなし、お客様の当社に対するサービス料金の支払義務が発⽣します。
2. お客様は、当社から要請を受けた場合、前項に規定する受注の有無に関する資料を提出するものとします。また、当社は、本サービスを介した葬儀受注の申告漏れが疑われる場合その他当社がサービス料金の対象となる受注の有無の判断のため合理的に必要と判断した場合、お客様に対して事前通知をした上で、お客様の事務所に立ち入り、受注の有無に関する資料を調査できるものとします。

第 8 条(支払方法)
1. サービス料金の支払いは毎月末締めとし、お客様は、当社の算出したサービス料金を翌月末日限り、当社の指定する銀行口座に振込送金して支払うものとします。なお、振込手数料はお客様の負担とします。
2. お客様が前項の支払いを遅延した場合には、年14.6%(年365日の日割計算)の割合による遅延損害金が発生するものとします。

第 9 条 (返金について)
本規約に明示的に定める場合を除き、当社は、その理由の如何を問わず、お客様から当社に対して支払われたサービス料金の返金には一切応じないものとし、お客様はあらかじめこれを了承するものとします。

第 10 条 (広告掲載基準 )
当社は、お客様が掲載を希望する葬儀広告につき、以下の各号の一に該当すると当社が判断したときは、本サービスへの掲載を承諾しない場合があります。
(1)葬儀広告が法律、政令、省令、条例、条約、業界規制等に違反する場合
(2)葬儀広告が当社または本サービスの品位を損なうおそれがある場合
(3)葬儀広告が虚偽、または消費者の誤認を誘発するおそれがある場合
(4)葬儀広告に以下に掲げる表現が含まれる場合
ア 犯罪行為を肯定または美化する表現
イ 残虐な表現、性的な表現その他、閲覧者に不快感を与えるおそれのある表現
ウ 科学的根拠を欠く迷信的な内容を含み、閲覧者を惑わせまたは不安を与える表現
エ 詐欺的商法、連鎖販売またはマルチ商法への誘導、宣伝を含む表現
オ わいせつな表現、暴力的な表現
(5)当社、他のお客様その他の第三者の知的財産権(著作権、特許権、実用新案権、商標権、意匠権それらの権利を取得しまたはそれらの権利につき登録等を出願する権利を含みます。)、パブリシティ権、プライバシー権その他一切の権利を侵害する内容を含む場合
(6)その他、当社が不適当と判断した場合

第 11 条 (お客様の責任)
1.お客様は、当社に対し、次に定める事項を保証するものとします。
(1)葬儀広告を本サービスに掲載することについて適法な権利を有していること
(2)葬儀広告が、当社または第三者の知的財産権、パブリシティ権、プライバシー権その他一切の権利を侵害していないこと
(3)葬儀広告が、法令、官公庁の公表するガイドライン、業界団体の自主規制、慣習に抵触していないこと
(4)葬儀広告の内容が正確かつ最新の記載であり、虚偽の記載、コンピュータウイルスその他の有害な情報を含み、または閲覧者に混乱を生じさせる内容でないこと
(5)葬儀広告が公序良俗に反し、または第三者を誹謗中傷しもしくはその名誉を毀損するものでないこと
(6)前各号の他、葬儀広告が、当社の定める葬儀広告掲載基準に違反していないこと
2. 葬儀広告が前条各号のいずれかに該当し、またはお客様が本条第 1 項各号に該当することを理由として当社が第三者から損害賠償請求その他の請求を受けた場合には、お客様の費用と責任においてこれを解決するものとします。この場合、お客様は、当該請求への対応に要した費用その他当社に直接または間接に生じた一切の損害(弁護士等専門家費用及び当社において対応に要した人件費相当額を含みます。)を賠償するものとします。

第 12 条 (広告掲載の停止)
1.当社は、葬儀広告掲載が開始された後であっても、葬儀広告が第 10 条各号のいずれかに該当し、またはお客様が前条第1項各号に規定する保証に違反すると当社が判断した場合は、葬儀広告の全部または一部の掲載を停止することができます。
2.前項に基づき当社が掲載を停止したことによりお客様に損害が生じた場合であっても、当社は、一切の責任を負わないものとします。

第 13 条(不保証)
1. 当社は、本サービスの品質及び機能に関して、技術上または商業上の完全性、正確性及び有用性等につき、保証を行うものではありません。また、当社は、お客様が本サービスを利用して行った葬儀広告の成果については、一切の責を負わないものとします。
2. 当社は、本サービスの利用に関連してお客様と第三者との間にトラブルが発⽣した場合であっても、当社の故意または重過失がある場合を除き、当該トラブルに関して何ら関知せず、責を負わないものとします。

第 14 条(転載権利帰属)
1.お客様の葬儀広告に関する著作権は、お客様自身に留保されるものとし、当社は葬儀広告に関する著作権を取得しません。ただし、当社は現在及び将来にわたり、本サービスの提供、維持及び拡充を目的として、当社が運営する別の媒体及び第三者たる企業、組織または団体が運営する媒体にお客様の葬儀広告を転載することができるものとします。
2. 前項に定める転載行為において、当社は以下の各号の規定を適用します。
(1)情報提供元が本サービスであることを明記する
(2)本サービスにおいて制作された広告の内容を改変しない
3.お客様は、葬儀広告に関し、当社及び当社から権利を承継しまたは許諾された者に対し、著作者人格権を行使しないことに同意するものとします。

第 15 条(業務委託・提携)
当社は現在及び将来にわたり、本サービスの業務を遂行し、あるいは事業を拡充する為に、継続的に第三者たる企業、組織または団体に業務を委託し、または業務提携等することができるものとします。この場合、当社は、当該業務委託先または提携先に本契約上の義務と同等の義務を遵守させるものとし、その行為につき責任を負うものとします。

第 16 条(機密保持)
当社は、お客様が機密情報である旨を明示して開示した情報(以下「機密情報」といいます)を、機密として保持し、開示された目的以外には利用せず、また、お客様の事前の承諾なく第三者に開示・漏えいせず、善良なる管理者の注意をもって管理するものとします。ただし、以下にあげる個人情報以外の情報に関してはこの限りではありません。
(1)開示の時点ですでに公知となっている情報
(2)開示後当社の責によらずに公知となった情報
(3)機密情報によらず当社が独自に開発した情報
(4)第三者から適法に開示された情報

第 17 条(本サービスを通じてお客様が取得する個人情報の取扱)
1. お客様は、本サービスを通じて取得された個人情報を、当社の事前の書面による承諾なくお客様以外の第三者に提供すること、並びに葬儀及びこれに付随する営業活動以外の目的で使用しないものとします。
2. お客様が前項に違反したことを理由として、当社が第三者から損害賠償請求その他の請求を受けた場合には、お客様の費用と責任においてこれを解決するものとします。この場合、お客様は、当該請求への対応に要した費用その他当社に直接または間接に生じた一切の損害(弁護士等専門家費用及び当社において対応に要した人件費相当額を含みます。)を賠償するものとします。

第 18 条(有効期間)
1. 本サービス利用についての有効期間は、当社がお客様にID及びパスワードを付与した日から 1 年間とします。ただし、当社又はお客様のいずれかが有効期間満了の 30 日前までに更新拒絶の意思表示をしないかぎり、有効期間はさらに 1 年間自動更新するものとし、以後も同様とします。
2. 前項にかかわらず、当社及びお客様は、相手方に対して、書面による通知により、いつでも本サービスの全部もしくは一部の利用停止または本契約の解約の意思表示をすることができるものとし、お客様からの利用停止または解約については、当該通知書面が当社に到達した日より起算して7営業日後に、サービスの利用が停止されまたは本契約が終了するものとします。

第 19 条(サービスの停止等)
1. 次の各号のいずれかに該当する場合には、当社はお客様への事前通知なしに、自らの判断により、本サービスの全部または⼀部を停止・中止もしくは運営方法を変更できるものとします。お客様は、当社の責めに帰すべき事由に基づく場合を除き、停止や運営方法の変更に関して、当社に対して損害賠償等を請求することはできません。
(1)本サービスの保守点検を定期または緊急に行う場合
(2)火災、停電などにより本サービスの提供ができなくなった場合
(3)天災地変などにより本サービスの提供ができなくなった場合
(4)当社が設置または管理する設備の異常、故障、障害その他本サービスをお客様に提供できない事由が生じた場合
(5)当社の責によらない事由により本サービスの提供ができなくなった場合
(6)その他、当社が⼀時的な中断・停止を必要と判断した場合
2. お客様が次の各号に一つでも該当する場合、当社は何ら催告なくお客様に付与したID及びパスワードを無効化し、お客様のサービス利用を拒否しまたは本契約を解約できるものとします。
(1)本規約の各条項のいずれかに違反した場合
(2)掲載された葬儀広告と業務の実態が異なり、これによって第三者から苦情を申し立てられた場合、またはその恐れがある場合
(3)本規約違反の疑いにつき当社から説明を求められたにもかかわらず、合理的な説明を行えない場合
(4)破産、民事再生手続開始、特別清算手続開始、会社更生手続開始の申し立てを受け、または自ら申し立てた場合、もしくは事実上倒産した場合、またはその蓋然性が高いと当社が判断した場合
(5)集団的または常習的に暴力的不法行為等を行うことを助長する恐れのある団体に属している場合、または、これらの者と取引があることが判明した場合
(6)その他、本サービスを継続しがたい事由が発生したと当社が判断した場合

第 20 条(その他禁止事項)
1. 本サービスに関する著作権その他の権利は当社に帰属します。お客様は当社の権利を侵害してはならず、また、本サービスを逆アセンブル、逆コンパイル、リバースエンジニアリング、変更、改変、改造等しないものとします。
2. 当社は、お客様と別途業務委託契約を締結することにより、葬儀広告の作成を行う場合があります。かかる業務委託契約に基づき撮影・制作した写真・原稿については、お客様が著作権を所有し、本サービスでのみ使用できるものとします。
3. お客様は、本サービスを利用することにより得た葬儀広告サイト運営方法の情報・技術情報、個人情報等をもとに、当社と同様の業務を行ってはならないものとします。また、有償無償を問わず、同情報を第三者に提供してはなりません。
4. お客様は、本申込みに基づく地位、及びこれに関して生じた当社に対する債権その他いかなる権利も、当社の同意なしに第三者に移転または譲渡してはなりません。

第 21 条(暴力団等排除条項)
1. 当社及びお客様は、本サービスの申込み時に、自ら及びその役員、使用人が暴力団等(暴力団、暴力団員、暴力団関係企業・団体またはその関係者、その他反社会勢力)でないことを各々表明し、誓約するものとします。
2. 当社及びお客様は、相手方が次の各号に一つでも該当する場合、何らの催告なしに直ちに本サービスを停止することができるものとします。
(1)自らまたは第三者を利用して、当社に対し暴力的行為、詐術、強迫的言辞、業務妨害行為などの行為をした場合
(2)自らまたはその役員ないし使用人が、暴力団等であることが判明した場合
(3)相手方から求められた暴力団等でないことの確認に関する調査等に協力せず、資料等を提出しない場合
3. 当社及びお客様は、相手方が前条項により本サービスを停止した場合のほか、自らまたはその役員ないし使用人が暴力団等であることを理由として詐欺・錯誤等に基づき取引を終了した場合、一切の損害賠償を請求することはできません。

第 22 条(違約金及び損害賠償額等)
1. お客様が本規約に違反しまたは不正もしくは違法な行為を行ったことにより当社に損害が生じた場合、お客様はその⼀切の損害(弁護士費用を含む)を当社に賠償する責を負います。
2. お客様が本サービスを通じて葬儀を受注したにもかかわらず、過失によるものではなく故意に、送客通知書において当社に対し未受注と回答した場合及び、送客通知書の回答を2ヶ月に渡り怠った場合、お客様は、前項に定める損害賠償金とは別に、違約⾦として100万円を支払うものとします。

第 23 条(協議事項)
お客様及び当社は、本規約に定めのない事項及び本規約の各条項の解釈について疑義が発生した場合に、お互いに誠意をもって協議し、解決するものとします。

第 24 条(準拠法)
本規約の成立、効力、履行及び解釈に関しては、日本法が適用されるものとします。

第 25 条(合意管轄)
本規約に関して、裁判上の争いが生じたときは、東京地方裁判所又は東京簡易裁判所を第 1 審の専属的合意管轄裁判所とします。

第 26 条(規約の変更)
当社は、お客様の確認をもって本規約を随時変更することができ、変更後の規約(以下「新規約」といいます)は、お客様と当社との間に適用されます。
ただし、規約の変更時には1ヶ月の告知期間を設け、電子メール、管理者向けサイト上で告知をするものとし、この告知を以ってお客様の確認はされたものとします。また、本規約に基づいて現に発生している権利義務は新規約による影響を受けないものとします。

制定 2016 年 2 月 1 日
改訂 2016 年 4 月 7 日
改訂 2016 年 7 月 1 日