葬儀の香典の相場・渡し方ーコロナ渦での郵送方法も解説

最新編集日:2021年07月30日

葬儀の香典の相場・渡し方ーコロナ渦での郵送方法も解説

葬儀に参列するときに持参する香典。
人生でそう多くあることでないため、「いくらつつめばいいの?」「どうやって渡すのがマナー?」と金額の相場や包み方について分からないことが多いのではないでしょうか。

そこでここではいざという時に迷わないよう、香典の金額相場や渡し方のマナーについてまとめていきたいと思います。

【参考】香典袋の書き方はコチラ

  

香典とは?

香典には、もともと線香や抹香などの供え物を金銭にかえて故人に贈るという意味があります。
また、遺族が負担することになる多額の葬儀代金を補う扶助的な意味も。

以前は告別式で渡すのが通例でしたが、最近では通夜のみ参列する人が増えたことから、通夜に香典を渡すことが多くなりました。
通夜・告別式の同日とも参列する場合、香典を出すのはいずれか一方で構いません。
むしろ2回渡すのはマナー違反です。

いくら包めばいいの?ー金額相場ー

「いくら包めばいいのか」多くの方が迷うところです。

香典の相場は故人との関係性や自分の年齢によっても変わります。
一般的には故人との関係性が深いほど多く包みますが、金額が多すぎても香典返しの際にご遺族の負担となるので注意が必要です。
また、持参した金額が少ないことに気づいて後から追加で送るのも、不幸を重ねるという意味につながるのでタブーです。

ここでは故人との関係性や自身の年齢による相場をまとめて紹介しますが、あくまでも目安として参考にしてください。

親族

・両親
20代:30,000円~100,000円
30代~40代:50,000円~100,000円
50代・60代:100,000円

配偶者の父母(義理の父、義理の母)の場合も同様です。また自分が喪主の場合や両親に扶養されている場合には香典を包む必要はありません。

・祖父母
20代:10,000円
30代:10,000円~30,000円
40代:30,000円~50,000円
50代・60代:50,000円
こちらも配偶者の祖父母(義理の祖父・義理の祖母)の場合も同様です。とはいえ夫婦連名で包むことが多いです。
そして両親に扶養されている場合には包みません。

・兄弟姉妹
20代:30,000円~50,000円
30代:50,000円
40代〜60代:50,000円

こちらも義理の兄弟姉妹でも同様です。他にも兄弟姉妹がいる場合には金額を合わせたほうがいいので、相談をしましょう。

・おじ・おば
20代:10,000円
30代:10,000~30,000円
40代〜60代:30,000円~

おじ、おばの場合には、生前の関係性によっても変わってきます。
ほとんど交流がなかった場合には10,000円が多い傾向にあります。


・その他・・・5,000~30,000円
その他の親族に関しても、生前の関係性の強さによって金額が異なります。

職場関係

・勤務先の人/その家族の場合
20代:3,000円~5,000円
30代・40代:3,000円~10,000円
50代・60代:10,000円

職場の人と連名で包むことも多いので、相談をしましょう。
また上司よりも高額にならないように、相場を参考にしてください。

・取引先の人・・・5,000~10,000円

その他

・友人・知人/近所の人
20代:3,000円~5,000円
30代・40代:3,000円~10,000円
50代・60代:10,000円

友人・知人/近所の人の場合には、生前の関係性の強さで金額が大きく変わります。


香典の金額は偶数が付くものは避けるのがマナーとされています。また、4や9などの語呂が禁忌とされている数を含む金額も避けましょう。

上記はあくまでも目安です。
一緒に行く方と相談したり、過去にもらった香典の金額などを参考にしましょう。
地域によっても差があるので、親族や地域の方に聞いてみるのもありです。

香典を渡すときのマナー

手渡しをするとき

香典は基本的に、通夜または告別式の焼香前に受付に手渡します。
香典は袱紗(ふくさ)に包んで持ち歩きます。
袱紗の色は、鼠色、紫色、藍色などを利用します。迷ったときは紫色を用意しましょう。紫色の袱紗はお祝い事にも使う事ができます。

畳み方は、袱紗の中央からやや右に香典袋の表側を上にして置き、右・下・上・左の順に折り畳み、右側にはみ出す部分があるので、内側に折り込みます。

そして渡すときには香典を出し、袱紗を畳みます。
畳んだ袱紗の上に香典を置き、相手側から見て正面になるよう向きを変え、両手で手渡します。その際に「このたびはご愁傷様です。」などお悔みの言葉を添えてもいいでしょう。
最後まで言い切らずに言葉を濁したり、黙礼するだけでも問題ありません。

【コロナ渦で急増】香典を郵送で送るとき

通夜や告別式に参列できない場合には、郵送するという手もあります。
特に昨今のコロナ渦で、遺族のみで葬儀を行うことが多くなり、香典は郵送で送るという機会も増えました。

マナーを守らず送ってしまうと遺族に迷惑をかけることになりかねませんので、郵送で香典を送る方法やマナーを確認しておきましょう。

郵送で香典を送る時には現金書留を用います。
現金書留の封筒に直接現金をいれるのはマナー違反です。
きちんと持参するときと同様に不祝儀袋にいれて、外袋と中袋に必要な事項を記入します。
そして、手紙を添えて現金書留用の封筒に入れます。手紙にはお悔みの言葉と参列できないことのお詫びを書きましょう。
また故人と親しくしていても遺族との面識がない場合には、故人との関係性を書いておきましょう。そうでないと、受け取った遺族が戸惑ってしまいます。

手紙は便箋のままでも構いません。もし封筒に入れるのであれば無地の一重の封筒を使います。二重タイプの封筒は不幸が重なるという意味に繋がるためNGです。

郵送先は喪主の自宅です。葬儀の1週間以内に送りましょう。遅すぎるとお金の清算等が終わった後の到着となって、遺族の迷惑になりかねないので注意してください。


ここでは香典についてのマナーを紹介しました。
葬儀に参列するときには、故人を悼む気持ちとともに遺族への気遣いが大切です。
葬儀前後のご遺族の負担は想像以上に大きなものです。まずは故人への贈り物である香典のマナーを守ることでご遺族を気遣い、ともに気持ちよく故人を見送りましょう。

この記事を書いた人

亀井 洋一 (葬儀の口コミ編集部)

東京都出身。親の葬儀を経験したことで葬儀業界に興味をもち、大学を卒業後葬儀社で勤務。10年の現場経験を経て、退職。
消費者に有益な情報を届けたいという想いから、現在「葬儀の口コミ」を運営している。

【知らなきゃ損】葬儀の情報一覧

トップ画像 亡くなってから葬儀までの日数と葬儀の流れを解説!葬儀まで1週間かかるって本当? この記事では ・亡くなってから葬儀までの日数 ・亡くなってから葬儀までが長時間の場合どうするのか について書いています。 皆さんは、亡くなってから葬儀まではどのくらいの日数がかかるか知っていますか? 地域や時期の差もありますが、ところによっては1週間以上か...(続きを読む トップ画像 コロナで亡くなっても普通の葬儀が可能に。納体袋も不要。厚労省ガイドラインを見直し。 1月6日、「コロナで亡くなった方の葬儀に関するガイドライン」が改訂されました。 このガイドラインの改定により、コロナで亡くなった方でも納体袋に収めずに普通に葬儀ができるようになっていきます。 詳しく見ていきましょう。...(続きを読む トップ画像 「葬儀しない、墓もいらない」ときの供養の方法とは?遺族への頼み方・お墓を持たない方法を解説。 この記事では、 ・自分の葬儀をシンプルにしたい人 ・葬儀も墓も要らないとき、家族への伝え方が分からない人 ・お墓を持たずに供養する方法 について書いています。 日本の葬儀の平均費用は約190万円と言われています。 親族をはじめ、友人や会社関係の人まで参列...(続きを読む トップ画像 喪中の読み方、意味とは?忌中と喪中の違い、やってはいけないこと この記事では、 ・喪中・忌中の読み方と意味 ・喪中と忌中の違いについて ・喪中・忌中の間にやってはいけないこと ・喪中はがきの出し方 について紹介しています。 「喪中」や「忌中」という言葉は知っていても、 どのような意味なのか、どのように過ごせばいいの...(続きを読む トップ画像 戒名を付けるお金がないときどうする?戒名なしでの葬儀、安く戒名を付ける方法を解説 この記事は、 「戒名を付けるお金がないとき、どのような対処ができるのか」 「戒名を付けずに荼毘に付すことはできるのか」 「安く戒名を付けることはできるのか」 という疑問にお答えします。 戒名を付けるにはまとまったお金を僧侶にお支払いしなければなりません。 ...(続きを読む トップ画像 【解説】火葬場に行ってはいけない人とは?火葬に参列できるのはどこまで? 葬儀のあとに故人を荼毘にふす火葬場。 実は火葬場には誰でも入れるわけではありません。 火葬場に入れる人と入れない人がいることを知っているでしょうか。 この記事では、 ・火葬場に行ってはいけない人は誰か ・火葬場に行ってはいけない理由とは何か ・火葬場に参...(続きを読む トップ画像 喪服はしまむらで安く買える!お手頃でマナーを守ったアイテムを紹介【靴・小物もOK】 葬儀のお知らせは突然入ります。 昔購入した喪服が入らなかったり、持っていなかったりすると、早急に喪服を購入しなければなりません。 でも喪服ってなかなか高価で出費も痛いですよね…。 そこで、喪服を調達するのにオススメなのが「しまむら」です! 今回は、しまむ...(続きを読む トップ画像 喪服にタイツはOK!女性用喪服の足元マナー、最適なストッキングのデニール数は? 葬儀に参列するとなると、悩んでしまいがちな葬儀の足元マナー。 タイツやストッキングを履いていいのか、どのような色やデニールにしたらいいのか、マナーを守った服装を選ぶのは難しいですよね。 結論から言うと、葬儀にタイツは着用OKです。 今回は、 「葬儀にタイ...(続きを読む トップ画像 亡くなる前の兆候は目に現れる!そのとき家族ができること。後悔しない別れをするには 大切な人とのお別れはだれでも悲しいものです。 目が濁る・手が冷たくなるなど、人は亡くなる前になるといくつかの変化や予兆が見られる場合があります。 予兆の現れ方などを知っておくことで、心の準備や今できることがわかります。 この記事では、 「人が亡くなる前の兆候...(続きを読む トップ画像 葬儀費用の平均と安く抑える方法7選!誰が負担するのか、払えないときの対処法まで この記事は、 「葬儀の平均費用について知りたい」 「葬儀の費用を抑える方法について知りたい」 という方に向けて書いています。 葬儀社から見積もりを取ったものの、その金額か妥当かなかなか分かりづらいですよね。 今回は葬儀の平均費用と葬儀費用の抑え方も紹介しま...(続きを読む
▶すべての記事を見る